M@STER SPARKLE 02&03 イベント レポート 後編

kage

2017/11/13 (Mon)

ロケットスター☆
(Machico)

とにかくハイテンションで突っ走る、というこの曲がトップバッター。
「喉からCD音源」のボーカルと、星を腕で描くフリも印象的な、キレ良く安定したダンス、
ということでまさにエースの風格を感じさせてくれる
、ロケットスタートとして最高の一曲目。

過去のソロ2曲の中間のタイプ、ということで、らしさも良く出ており、
完成度も早くも十二分な、凄みを感じるステージでした。


プリンセス・アラモード
(諏訪)

ソロ3曲目もまつりらしさ全開、というタイプとなったこの曲。
変わらずハイテンションな電波曲、ということで、ライブパフォーマンス的には
非常にしんどそうでしたが、それをうまくこなした諏訪さんのパフォーマンスは流石でした


HOME RUN SONG♪
(斉藤)

タイトル通りの「野球曲」感溢れる、らしい曲。
とにかく爽やかで清涼感溢れる曲を、トークパートでも言及していたバッティングのフリを含め、
見事に世界観を表現してくれた
と思います。


満腹至極フルコォス
(大関)

試聴段階で「ライブでどうするんだこれ」と思っていた曲がここで来たわけですが、
しかしそんな心配は全くご無用、というパフォーマンスで見事に応えてくれました。

太極拳を思わせるフリからの激しいフリと息継ぎのない歌唱を見事にこなし、
それでいて間奏での煽りもしっかりと、という隙のなさ。

これまでのライブパフォーマンスの一つの集大成、と呼べるものをここで魅せてくれた
とも思え、その意味で感無量でしたし、それでいてまだ完成度を高める余地もある、
という楽しみも残してくれた、と思えることもあり、会心のステージでした。


Only One Second
(駒形)

これまでのソロ2曲とは異なるタイプのアップテンポ系ですが、
だからこそこれを待っていた、とも思えた一曲。

紗代子らしさをこの上なく感じられる世界観を、高いボーカル力で表現し、
それでいて笑顔も溢れて楽しさもあるステージ
、素晴らしいものでした。


ハミングバード
(香里)

CDの曲順ではなくてこれをソロのトリにした、ということがまずは何より。
その上で、新人ながらのソロのトリ、そして他の5曲と異なりメガトンボイスで披露済み、
という過去のステージも踏まえて、ということでハードルは高まっていたかと思います。

しかしながらそのハードルを軽やかに超えていく、心震わせるようなボーカル力を発揮してくれた、
というのだからただただ感嘆するばかりです。後半、やや不安定な部分もあり、
そもそもの曲の難しさも感じられましたが、そこもまた今後の成長への期待にもなりました。

「大型ルーキー」として、初々しさと力強さ、そして今後により期待させてくれるだけの余地、
それら全てをしっかりと感じられる、最高のステージだった
と思います。


MC

ここで全員揃っての、一人ずつの最後の挨拶。
全体的として、今回のソロ曲はまだまだ成長できる、という姿勢を魅せてくれ、
その舞台が5thSSAになるのかどうかはさておき、今後に期待を膨らませられるものでした。


Brand New Theater!
(Machico香里斉藤諏訪大関駒形)

MS02&03には収録されていなくとも、絶対来ると期待していてやはり来たこの曲。
初披露の4th3日目からはまだ1年も経ってはいないわけですが、すっかり安定した定番曲、
という安定感もあり、それでいてこの6人での披露はここだけ、という新鮮味もあり

二つの意味で存分に楽しめる、フィナーレとなりました。


閉幕

最後はいつものようにメンバーが一礼しての閉幕、となりましたが、
ここ最近ずっと続けている大関さんの去り際の投げキッスも受け止められたので何より。

アンコールはもちろんアイマス最高コールもなく退場、
というリリースイベント特有の締めも安定していて非常に良かったと思います。

ソロ曲のリリースイベントはLTH以来、ということで、CDシリーズ自体のテーマであるという
「原点回帰」をその意味でも感じさせてくれ、非常に満足できるイベント
となりました。

演出家の自己顕示欲剥き出しの無駄な演出などなく、シンプルにステージパフォーマンスで勝負、
という構成こそがミリオンには合っている
、とも改めて実感できましたし
(だからこそ今後の大型イベントへの不安は引き続き残りはするのですが)、
これからの更なる成長でより良いものが観られるはず、という期待も持つことができました。

次のミリオンのリリースイベント、MTG02&MS04は年内のようではあるのですが、
当選するか否かはもちろん不明なわけで、今回が年内最後のイベントの可能性もあります。
しかし、そうなったとしてもこの満足感で締めくくれるならそれも悪くはない、とも思えます。

M@STER SPARKLE 02&03 イベント レポート 前編

kage

2017/11/12 (Sun)

本日はこちらのイベントの昼の部に参加してきたので、
いつもどおりそのレポートを書きたいと思います。


ライブ全般

合同武道館以来、1ヶ月ぶりとなった今回のミリオンのイベントですが、
リリースイベントとしては今年4月のLTF03以来、と半年以上ぶりでした。

今回のCDシリーズはLTD、TA、LTFと続いたデュオ・ユニット曲ではない、
LTH以来のソロ曲シリーズ、ということで、その意味ではもっと久しぶりの形態です。

会場は例の柱でお馴染みの「関東近郊某所」であり、番号にも恵まれませんでしたが、
当選したという事実こそが何よりと大事、という事は間違いありません。

また、当選と言えば「絶対必勝」が求められた初星宴舞も両日ともに無事当選し、
安心して年を越せる、という状態で今回のイベントに臨めたのは良かった
です。
その代わり、でもないでしょうが、アイステはものの見事に爆死しましたが…。


入場

例によってリリースイベントの物販は目ぼしいものもなく、会場到着はほぼ集合時間ちょうど、
ということとしました。結局その時間に集合したところで入場までは結構な時間待つのですけどね。

そんなこんなでしたが、いつも通り、大関さんにお贈りしたフラスタを確認しておきました。

ms03fs.jpg


さて、入場開始もまた定刻通り、よりむしろ早めに始まったくらいなのですが、
整理番号40番で呼び上げがストップし、待つこと十数分。
どうも本人確認システムがダウンした、とのことで、当選メールを見せるだけで入場
という形になりました。こんなトラブルが発生したのは初でしたが、
当然のごとくスピーディーに入場はでき、入場開始の遅れは取り返せていました。

入場できればもちろん場所取りが大事、となるのがこの会場ですが、
番号的には後半でやはり苦しく、前方は諦め後方最上段で頭の間からステージを観る
という場所を何とかキープし、番号なりにはマシな位置につくことができたと思います。

あとは開演待ち、というところでMSのBGMが流れる中、開演10分ほど前に
いつものように保坂さんが登場。トラブルについての謝罪を含め、
いつもよりは真面目なトーンで、恒例のグッズ紹介までしたのは良かったと思います。


開演

ほぼ定刻通りに照明が暗転し、アナウンスからのメンバー登場、となりました。
メンバーは02よりMachicoさん、香里さん、斉藤さん、諏訪さん、03より大関さんと駒形さん、
という6人。02と03のバランスは特に取らない、という構成ですね。

いつも通り個々人の挨拶からの開始、となりましたが、最初に司会っぽく進めていた
MachicoさんがMC放棄宣言をしてからの大関さんと駒形さんへのフリ、
ということで、ここからはこの二人が司会という形で進めていくことになりました。


収録エピソード

最初のコーナーは収録エピソード、という定番のものでしたが、人数も多くライブパートに
時間をとる、ということで、昼の部に3人、夜の部に3人、を箱から引いて決める形に。

この昼の部では斉藤さん、諏訪さん、大関さんの3人となり、収録エピソード、というよりは
今回のイベントでどうパフォーマンスをするか、により重点をあてられた話
がされました。

とりわけライブ的にはしんどそうな諏訪さんと大関さんの曲にどう挑むのか、
というところはポイントでしたが、ここでの話でより期待は高まりました。


アウトオブシアターデイズ

続いてのコーナーはこちら。箱から「どこで」「何を」「誰が」の3種のお題が入った紙を引き、
「誰が」にあたった人が即興でセリフを言う、というよくあるパターンのコーナー。

「最初は嫌だ」という香里さんが見事にトップバッターになったのを筆頭に、
収録エピソードを語らなかったMachicoさん、駒形さんの3人が担当となりました。

香里さんのグダグダさは大概でしたが、新人ならでは微笑ましさもあり、
Machicoさんはその適当さが「らしさ」を感じさせ、そして駒形さんはしっかりと
完成度の高いものを披露してくれた、ということで三者三様、良かったと思います。


ライブパートへ

ということでトークパートはそこそこに、ライブパートへ突入。
トップバッターはMachicoさん、と宣言され、CDの曲順ではない、ということが
明示された形でのスタートとなりました。

という事で続きます。

グリー版 ミリオンライブ 更新終了

kage

2017/10/30 (Mon)

さて今回は本日唐突に発表されたこちらの話題について。
「唐突に」とは言っても、4thでミリシタが発表されて以降、実際のグリマス内の動きとしても
この「Xデー」が近々来るのは明らかだったわけで、特に驚くべきことではありません
発表タイミングが「唐突」だったのは確かですけどね。


「グリー版 ミリオンライブ」とは

そもそものグリー版ミリオンライブ、通称「グリマス」とはどんなものだったのか、
過去の記事に記載した内容を切り張りして、まずは簡単に振り返ります。


2013年2月27日にGREEにてソーシャルゲームとしてサービスを開始
舞台を「765プロ」として、既存の13人を含む形での50人体制でのタイトルとなりました。

先行していた、モバゲーで配信されていたシンデレラガールズとの大きな差異として、
アイドルの人数が13人を含めて最初から「50人」で固定であること、
37人のオリジナルアイドル達に最初から声優がついていたこと、
アイドル達の個性がシンデレラほどには「個性的」ではないこと、などあったわけですが、
舞台が示す通り「765の後継者」的な存在として描かれる展開であること自体、
好ましく受け取れない既存層を生んだり、あるいは新規層としては逆に入りにくい、
といった雰囲気を醸し出してしまった節もあり、人気としてはイマイチ、というところでした。

そんな状態ながら、「声優ライブ」をとりわけ強く推しだし、4thライブでは
「夢の舞台」としていた日本武道館でのライブを実現させ、そしてそこで発表された
新作アプリゲーム「シアターデイズ」がリリースとなり、新規層の獲得にも成功した…
わけですが、それと同時にこのグリマスはさらにコンテンツとして停滞していったわけです。

「コンテンツとして停滞」とは、アクティブユーザー数という意味だけでなく、
それまでは「プラチナスターライブ編」「全国キャラバン編」など、テーマをもって展開していた
コンテンツ展開自体がなくなり、復刻イベントを繰り返してみたり、
それまで制限のあった親愛度上限等を一気に解放したり等々、
「ソシャゲの終わり」をまさに体現していた、ということでもあります。

また、アーカイブ機能として充実を図り、そこに意義を持たせようとした形跡もありますが、
それだけで収益があがるわけもないですし、維持管理だけでもコストはかかるわけで、
長期的なビジョンをもって体制が整えられたようにもとても思えませんでした。

そんなこんなで、今回の発表も驚きでも何でもない、というところに落ち着いたわけです。

いずれにせよ、配信開始から4年半以上稼働してきたコンテンツだったわけですが、
ミリシタがリリースされ、それが軌道に乗ったとともに、その役目を終えた、
とも言える形で今回の「更新終了」そして「近い将来のサービス終了」が発表された
ととれます。


私にとっての「グリー版 ミリオンライブ」

そんなグリマスですが、私にとっての第一印象としては、「ソシャゲへの嫌悪感」
「37人への抵抗感」「765プロという葛藤」そして「未来への希望」
、そんなものがありました。

とりわけ、「グリマス」というコンテンツにおいては「ソシャゲへの嫌悪感」が強かったのですが、
紆余曲折あって2014年3月22日に手を付け、本日まで1319日連続ログインを果たし、
プロデューサーレベル517、取得済みカード種類1674種類、等々になっています。

それだけ続けては来たわけですが、ソシャゲへの嫌悪感は減るどころか増えるばかりで、
このコンテンツを面白いと思ったことなど一度たりともないし、満足感を得たこともありません
直近ではミリシタを「ゲームとして面白くない」とこき下ろしてもいますが、
グリマスは「ゲーム」ですらない「ソシャゲ」という作業で、比較すら失礼だと思っています。

そんなグリマスなので、今回終了となる、と聞いてもそれ自体には何の感慨もないし、
3年半以上毎日触れながらも何一つ印象に残ったことがない、と思えてしまうほどです。
それはもちろん、これまで1円たりとも課金などしていないし、イベントにおいても
上位を目指すようなプレーを一度たりともしてこなかったから、ということもあるでしょうが、
「そうしようとすら思えなかった」時点でこうなるのは必然だったのかもしれません。

常々私は「情」というモノが何より大事だと言っていますが、3年半の月日をもってしても
このグリマスには「情」を持てなかったのだから、もはや私の人生における奇跡とすら言えます。

もちろん37人のアイドル達への情は十二分に持っていますが、
それはこのグリマスという一種の監獄に閉じ込められていた、ということから強まった、
とすら言えるので、その意味では十分に「情」に関する装置としては機能したのかもしれません。

何にしても、37人、50人は2人の新たな仲間とともにミリシタという新天地にたどり着いたわけで、
だからこそ今回のグリマス終了はショックでも何でもなかったというのも確かだと思います。
…ミリシタがなければ「ミリオンライブ」というタイトル自体の危機で、話は全く違いますしね。


「別れ」とは「別れ」られず

かつてアイマスには三大テーマがあるとされ、「出会い」「戦い」「別れ」とされていましたが、
現在は「別れ」と呼べる展開はアイドルマスターというタイトル内にほとんど見受けられず、
「別れ」と「別れた」、ともいえる状況となっていた
と思います。

しかしながら今回、「グリマスとの別れ」という明確な「別れ」が訪れることになり、
その意味で、これについて改めて考え直す機会になったのではと思います。

12年もの長きに渡り続いてきたアイマスは、美少女モノ、というか2次元アイドルモノ、
というほうが正しいかもしれませんが、いずれにせよ、奇跡的なまでに長期的に続いてきました。

ここまでくると、この状況が永遠に続くのでは、とすら思えてしまうわけですが、
現実的にはそんなことはないし、こうして別れの時が来るわけです。

そんなことはアイマス以外の多くのタイトルでは当たり前のことなのですが、
しかしアイマスはそれが当たり前に思えないほどに安定してしまっており、
だからこそ、今回のこのトピックはやはり大きなインパクトを与えてくれたと思えます。

軌道に乗りはじめ、これから先の未来は明るいように見えるシアターデイズだって永遠じゃない。
今現在絶対的な人気を保っているシンデレラガールズだって永遠じゃない。
あらゆる危機をここまで乗り越えてきた765プロオールスターズ、13人の物語だって永遠じゃない。
そしてもちろん、「アイドルマスター」だって永遠じゃない

その現実を改めて突きつけられて、そして考える、良い機会でしょう。

奇しくもこのグリマス終了の告知のタイミングは、私の人生における大きなターニングポイントとも
重なり、今後の身の振り方を考えるにあたり、より良い機会になったと、そう思っています。
変化は避けられない、何も永遠じゃない、という事を受けてどうするか、という意味でも。

まぁどう身を振るにしても、今現在、765プロが健在で、13人の、39人の、52人の物語が
確かにここにあるのならば、私が765プロのプロデューサーであることだけは不変で、
「全ての終わり」が来るその日までは、それだけは絶対に変わらないという覚悟で生きていきます。

シアターデイズ プレー雑感 その6

kage

2017/10/28 (Sat)

新イベントであるプラチナスターツアーが開催されるなど、
状況に大きく変動もありましたので、久々に書いておきます。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは96、劇場ファン数は18万人オーバーのBランク中堅プロデューサー

親愛度は全員1000を超え、新たに手に入ったカードの育成をするだけ、
というところまで来ましたが、プロローグルージュはまだ5着足りていない状況です。

ライブの攻略については、クリアは全曲、フルコンボはMM以外は全曲、
MMは「ココロがかえる場所」と「ハミングバード」のみフルコンボ達成
、となっています。

こうなると、無理にMMのフルコンボを狙う、というよりは6MIX以下の回数達成での
報酬狙いでプレーしていくのが無難、という状況でもありますし、
現在のイベントでは実際そうすることになっています。


イベント プラチナスターツアー FairyTaleじゃいられない

その「現在のイベント」であるのが「プラチナスターツアー」。
これまで開催された「プラチナスターシアター」とは別形式のイベントであり、
先日の合同武道館でチラっと紹介された「FairyTaleじゃいられない」をテーマとしています。

大きな違いとしては、(指定された)通常楽曲やお仕事でもポイントがもらえる、
というところではあるんですが、仕様に明らかに問題があり、2MIXでせこせこアイテムを稼ぎ、
そのアイテムで高難度高倍率のイベント楽曲に挑む、というのがセオリーとして
確立してしまっている
、という状況に早くもなっています。

運営はこうなることをわからずにリリースしたのか、それともわかってリリースしたのか
定かではありませんが、どちらにせよ今後見直しはあってしかるべき仕様でしょう。

といいつつも、私の腕ではMMは安定して一発クリアできない、ということで、
2MIXでアイテムを貯めて6MIXで消化、という状況になっているのですが、
これでもなんとか5万位以内はキープできるはず、という状況です。

イベント自体、というか位置づけとしては、ミリシタでの3タイプのうち「フェアリー」を
ユニットとして、完全新曲を、という事自体はいい試みだと思うのですが、
実際歌唱担当しているメンバーが「いつもの(+新キャラ)」という状況は、
必ずしも良いものだとは言えない
と私は思っています。
静香志保はクレシェンドブルーでやったばっかりだよね?というのも含めて。

また、ポイントとしては、「プリンセス」ではなくて「フェアリー」からイベントが始まり、
次は恐らく「エンジェル」で、「プリンセス」はラストになるであろう、ということ。
この「プリンセス」に合わせて琴葉の復帰、という可能性が高そうに見えますが、果たして。

改めて、イベントとしては結局ライブをポチポチやるだけ、に変わりは全くないのですが、
少しでも戦略性というか、選曲や難度を「考える」余地が出ただけマシだと思いますし、
それをもっと突き詰めて、「同じことの繰り返し」にならないようにしてもらいたいものです。


その他諸々

先日の合同武道館で「自分REST@RT」の配信が発表され、実際に実装されましたが、
そのフォーマットとして「ショップ」からの楽曲購入というものも実装されました。

今回は期間限定無料、となりましたが、今後ここで「完全有料」となる楽曲が出るのか、
というところは一つポイント
になるでしょう。そしてさすがにそれが来るとなると、
これまで無課金でプレーしてきた私もそこは課金をしようかとは思っています。

その「課金」に関連して、「セレクションチケット」という自分で好きなカードを選べるチケットが
有償ガシャとの抱き合わせで販売、となりましたが、有償ゆえ私はこれに課金していません。

結局無償でも出るかもしれない、重複するかもしれないカードのために、
2500円なんて額は馬鹿馬鹿しい
にも程がありますしね。

説明文に「やや時期尚早」と書いているのは、運営に焦りがあることを明言しているに等しく、
思ったより集金できていない状況なのだろうとも思いますが、
だったら課金したいと思えるだけのものを出せよ、という話になってきます。
いやまぁ今回のセレクションチケットが私には響かなくとも、響くPも当然いるのでしょうけど。

リリース当初の悲劇的な運営状況よりは改善されているのは明らかだとは思いますが、
そうは言っても満足に至るかというとその域には達していないというのが現状のミリシタ。

今後はもっと改善され、ゲームとして面白い、あるいは課金したいとさえ思えるような、
そんなものになることを願っています。

アイドルマスター ステラステージ 詩花の声優発表!

kage

2017/10/17 (Tue)

さて昨日のニコ生「ステラチャンネル」にてステラステージに新登場する
961プロのアイドル詩花の声優発表等がありましたの、今回はこれについて簡単に書いておきます。


詩花の声優発表



合同武道館ライブのPV時点で今日の放送でこれが発表され、登場する、というところまで
事実上確定していたわけですが、そのままストレートに発表され、登場しました。

その声優とは、高橋李依さん、ということで、声優業界に疎い私でも名前は聞いたことがある人、
というクラスで、ド新人でもベテランでもない、アイドル声優でもないでしょうが
「若手のホープ」的な、詩花の立ち位置的にもベストであろう人選なのではないかと思いました。
歌声は未披露ながら、セリフとしては声そのものもドンピシャ、に感じられましたしね。

今回は実質この発表が全て、と言っても過言ではないくらいなのですが、
他にもいくつかはあったので書いておきます。


「コーチング」について

「サイコロ」に続いて「すごろく」かよ、と最初のPVではドン引きさせられかけましたが、
要は「スキルパネル」的なもので、アイマス的にはOFAの成長システムが最も近いでしょう。

ただ、能力系だけでなく、衣装や楽曲も取れる、全メンバーで同じ、ということで、
13人をどう割り振っていくか、というあたりに戦略性が出てくるものだと思われます。
…まぁこれで衣装や楽曲もとれる、というのも違和感があるのは確かですが…。

「レベルが上がって能力が上がってライブのポイントが上がるよ!」という
しょうもないものよりは能動性がある分「プロデュース感」が増すのは良い事だと思います。


その他

限定版のアイテムのビジュアルだのプラチナスターズからの引継ぎの詳細だの、
という細かい話もありましたが、まぁ本当に細かい話なので割愛します。
…となると今回の話はもう特にない、というくらいの話なのですが、
要するにやっぱり詩花の声優発表放送だった、ということですね。

11/21に「ステラチャンネル 第3回」が予定されている、とのことですが、
もはや事前発表のネタとしてはその詩花のステージシーンくらいしかないように思えますが、
それ以外に何か隠し玉がまだ残っているとでもいうのでしょうか。

現時点では、「PS環境でのOFAの焼き直し」感が強く、それはそれで決して悪くはないのですが、
詩花がいてもなおインパクトが弱い
、という感じもしています。
それを良い意味で脱却できる何かがあるのか、そんなものはもうないのか、
あるいは悪い意味での爆弾が残っているとでもいうのか…というのこそまた次回、でしょう。

まぁとにもかくにも、今回は今井さんと仁後さんの絡みが久々に拝めた、
ということだけでも十二分に価値があったと、そう思っています。
もちろん詩花の声優発表が大事だったのは確かですが。

せっかくのステラチャンネル、あと何回あるのかわかりませんが、
様々な声優の組み合わせでぜひやってもらいたいものですし、
もちろん良い意味で衝撃を与えてくれる情報がまだ残っていることも期待しています。