野々原茜役 小笠原早紀さん休業について

kage

2019/05/20 (Mon)

プリンセス公演のレポートを…の前に重大なニュースが飛び込んできましたので、
先にこの件について書きたいと思います。

種田さんの時と同様ですが、このブログはアイマスのブログであるため、
この記事においても小笠原さんの健康が云々、仕事よりも云々、ということは論じず、
あくまでも今回の発表がアイマスに対して与える影響等についてだけ書きます。
よって自称常識人や不謹慎厨の戯言はお断りですので、悪しからず。


「休養」の概要

今回の休業については本人のツイッター、そして事務所のホームページでも
本日発表されたものになりますが、「舌癌」という非常にショッキングなものでした。

いつも応援してくださる皆様へ
https://twitter.com/sachi_oga/status/1130277248706023424

小笠原早紀 休業のお知らせ
http://www.kenproduction.co.jp/news/?p=179

「4月初旬」に既に病気について発覚していた、とのことですが、
4月末の仙台公演では全くもってそのような事態を伺わせることなく、
涙が多いタイプ(多分)ながらその涙すら見せず、笑顔でステージをこなしていました。


故に全くそんな想像もしようもなく、ショックも一際強いものとなりました。
しかもそれがよりよって「癌」、それも「舌」とは…。

仙台公演自体は当然医者のOKが出ていたから出演できたのでしょうが、
それを経てこのタイミングでの発表、というのは神戸プリンセス公演にも、
福岡フェアリー公演にも(語弊を恐れずに言えば)水を差さない最速の時期、
という配慮すらも感じられるもの
で、だとすればより胸に突き刺さります。

実際現時点でどういう状況なのか、そもそも「舌癌」の「ステージ1」とは
どういうものなのか、医学的な知識が全くない私にはまるでわかりませんが、
簡単に調べただけの範囲ならば、少なくとも多くの場合は命に別状はなく、
それ程長い治療は必要とせずに復帰できる、とは見て取れました。

とはいえ病気というものは得てして個人差があるもので、
とりわけ「癌」という響きからはやはりネガティブなイメージを強く受けられます。
事務所からは「手術療養の為」とも明言されており、そこにも不安は募りますが、
実際問題として部外者に何ができるわけでもなく、回復を祈るほかありません。


「休業」に伴うミリオンへの影響

本日時点でアイマス公式から声明は何も出ていませんが、
種田さんのときは、事務所の発表翌日に当件についての発表がありました。

それを踏まえれば小笠原さんに関しても明日あたりに…
とも思えますが、一方で、種田さんのときは4thライブ、TA03が控えており、
そこで欠場・交代がある、と具体的に述べるための発表でもありました。

一方今回は、ライブはまさに6thが開催中であり、万一福岡公演で「7th」の
発表があったとしても、出演者がそこで発表されるという事はないでしょう。

しかし、「TC」についてはが「01」となるはずの「孤島サスペンスホラー」で
役を得ており、ここにダイレクトに影響が出てくる可能性は否定できません。

このTCのイベント並びにCDについては、2周年イベント後、というのが想定されますが、
現時点でゲーム内コミュ、CDドラマ、楽曲といった一連の収録が完了しているか、
というとかなり微妙なタイミングではないか
、とも思えます。

「収録と実装に結構なラグがある」というのは度々言及されていますが、
その「結構」の具合が具体的にどれくらいなのか、という話になるわけです。

もし完了しているのならば、取り急ぎの問題はないはずですが、そうでないならば…。
もし可能ならば「01」ではなく「03」に後ろ倒し、なんならTCを連続実装にせず、
復帰してから収録して実装、としてほしいと思いますが、どうなるでしょうか。

また、2周年ということで「2周目ユニット」が登場していくことも想定されますが、
これについても影響は出ているのかもしれません。
あるいは「ミリシタ2周年曲」があるはずで、それはどうなる、という話もあります。
もちろん、現時点では全くもって何の発表もなく、そもそも「2周目ユニット」も
「2周年曲」も妄想の範疇でしかないわけですが、「ミリシタ3年目」のロードマップを
現時点で描いていないなんてことはありえないはずで、そこに影響はあるはず
、ということです。
実際それがどうなるか、は蓋を開けてみないともちろんわかりませんけども。

もちろんそれ以外にも、福岡公演で何かしらの新展開が発表されるのならば、
そこではどうなる、という話はあるでしょうし、影響はどうあれ大きいでしょう。

ただ、希望的観測で考えるのならば、そもそも具体的な休業理由が明らかにされなかった
種田さんのときとは異なり、今回は少なくともそこははっきりしており、
「長期的な話」ではない、と現時点の情報では思える、ということがあります。

すなわち、誰もが絶対に避けたいはずの「声優交代」の選択肢はありえないはず、ということです。

TCはともかく、それ以外は3年目について見えていない今、の諸々の出番を後ろ倒しすることで、
その間に復帰できる、という可能性は当然ある話でしょう。
というかそうあって欲しい、という願望を強く持つ、そういう話でもあります。

「UNION!!」の歌詞、「ひとりも手放さない」は種田さんの件も踏まえてのフレーズ、
と考えるのが妥当なはずで、そしてそれは今回も適応されてしかるべき
です。

「舌癌」ということで、復帰できたとしても全く同じ声にはならない、という可能性も
ゼロではないのかもしれませんが、そうだとしても、小笠原さんが出せる声こそが
野々原茜の声であるはずで、そこは絶対にバンナムも守ると信じるしかありません



私にとっての野々原茜小笠原早紀さん

今後について書いてきましたが、当然私としてもこの事態は非常に辛いところです。

野々原茜というキャラクターは、端的に言うと、私の好きなタイプのキャラではありませんが、
しかしミリオンにおいては、「ウザカワ」の皮を被ったツッコミ役として欠かせない存在で、
シアターにおけるバランサーとしても極めて優れたキャラクターである
と、そう思っています。

小笠原さんについては、個人的にどう、という強い想いがあるわけではありませんが
(そもそもそんなものは一人にしかないのですが)、しかし彼女の持つ強いアイマス愛、
というものは常にひしひしと感じられてきましたし、非常に大きな印象
になっています。

「765プロに入りたい」の夢を叶えたものの、無能の元総合ディレクターに干され、
3rdライブまで出番がなかったわけですが、そのステージでの涙に始まり、
先輩への強いリスペクト、仲間との強い絆、765プロへの強い愛情、
そういったものが節々から感じられる彼女に好意を持てないはずがないのです。

そんな彼女が戻ってくる場所は間違いなくあるわけなので、
私が、私たちができる事は、そこでただ、回復を祈り、待ち続ける事だけしょう。
絶対に手放してはいけない手を、握りしめながら。

ミリオン6thライブ 神戸公演 2日目速報

kage

2019/05/19 (Sun)

さて6thライブツアー神戸プリンセス公演2日目も無事終わりましたので、
本日分も速報を書いておきます。

本日分も出先につきセットリストは後日追記させていただき、
雑感として感想を書いておきます。

※5/20セットリスト追記
1.Princess Be Ambitious!!(プリンセススターズ)
2.Episode. Tiara(STAR ELEMENTS)
3.まっすぐ(STAR ELEMENTS)
4.ギブミーメタファー(STAR ELEMENTS)
5.だってあなたはプリンセス(Charlotte・Charlotte)
6.フタリの記憶(Charlotte・Charlotte)
7.魔法をかけて!(Charlotte・Charlotte)
8.ミラージュ・ミラー(Charlotte・Charlotte)
9.ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム(トゥインクルリズム)
10.Fate of the World!(トゥインクルリズム)
11.Tomorrow Program(トゥインクルリズム)
12.BORN ON DREAM! ~HANABI☆NIGHT~(閃光☆HANABI団)
13.MOONY(閃光☆HANABI団)
14..咲くは浮世の君花火(閃光☆HANABI団)
15.PRETTY DREAMER(原嶋大関浜崎渡部)
16.スポーツ!スポーツ!スポーツ!(上田)
17.アニマル☆ステイション!(原嶋)
18.Super Lover(渡部)
19メメント?モメント♪ルルルルル☆(山崎諏訪村川)
20.Understand? Understand!(上田種田)
21.微笑み日和(郁原)
22.地球儀にない国(伊藤)
23.未来飛行(山崎)
24.Starry Melody(伊藤駒形郁原木戸)
25.DIAMOND DAYS(プリンセススターズ)
E1.UNION‼(プリンセススターズ)
E2.Brand New Theater!(プリンセススターズ)

構成は基本的には1日目と同じ、というのは仙台と変わらずでしたが、
アリーナ最後方だった1日目とは、スタンド最後方とは言えステージが近いサイド、
という座席だったのも含め観え方が大分違って感じました。

というか実際、最終ブロックの曲順は「改善」されていたと思えましたし、
希望しつつも諦めていた「未来飛行」がソロのトリ、となって良かったです。
1日目を踏まえると作成者が別人のようですが、どうあれ全公演全編こうやって組めよ、
と思える曲順でだったとさえ言えます。

個別の曲で言えば「未来飛行」はもちろん、歌い方を変えたという「微笑み日和」も印象的でした。
何にせよ、曲順が曲自体、パフォーマンスにも影響を与えるのは確かでしょうね。

新情報としては、次回ソロがジュリアの「流星群」で、
ジュリアがプロローグ・ルージュを着用時のみギター使用、
という落としどころに落とす、とされたことでした。
ジュリアソロ問題としても、神戸公演での新情報としても、どちらも無難なところでしょう。

ともかく、折り返しの神戸プリンセス公演は終演となり、
残りはクライマックスの福岡フェアリー公演。
果たしてどう締めくくるのか、不安を抱えながら、待つこととなります。

その前に、次からはこの神戸公演について、いつものように詳細に書いていきます。

ミリオン6thライブ 神戸公演 1日目速報

kage

2019/05/18 (Sat)

さて6thライブツアー神戸プリンセス公演1日目が無事終わりましたので、
いつものように速報を書いておきます。

出先につき具体的なセットリストは後日追記させていただくとして、
雑感として本日の感想を書いておきます。

※5/20セットリスト追記
1.Princess Be Ambitious!!(プリンセススターズ)
2.Episode. Tiara(STAR ELEMENTS)
3.まっすぐ(STAR ELEMENTS)
4.ギブミーメタファー(STAR ELEMENTS)
5.だってあなたはプリンセス(Charlotte・Charlotte)
6.フタリの記憶(Charlotte・Charlotte)
7.魔法をかけて!(Charlotte・Charlotte)
8.ミラージュ・ミラー(Charlotte・Charlotte)
9.ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム(トゥインクルリズム)
10.Fate of the World!(トゥインクルリズム)
11.Tomorrow Program(トゥインクルリズム)
12.BORN ON DREAM! ~HANABI☆NIGHT~(閃光☆HANABI団)
13.MOONY(閃光☆HANABI団)
14..咲くは浮世の君花火(閃光☆HANABI団)
15メメント?モメント♪ルルルルル☆(山崎諏訪村川)
16.WE ARE ONE!!(浜崎)
17.Only One Second (駒形)
18.あめにうたおう♪(木戸)
19.朝焼けのクレッシェンド(種田)
20.Starry Melody(伊藤駒形郁原木戸)
21.Understand? Understand!(上田種田)
22.満腹至極フルコォス(大関)
23.チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!(村川)
24.プリンセス・アラモード(諏訪)
25.PRETTY DREAMER(原嶋大関浜崎渡部)
26.DIAMOND DAYS(プリンセススターズ)
E1.UNION‼(プリンセススターズ)
E2.Brand New Theater!(プリンセススターズ)

トータルで言えば、仙台のおかげでハードルは地の底に落ちていたわけで、
まぁこんなもん、と満足はできずとも納得はできました。

そうは言ってもユニットトップバッターがSTAR ELEMENTSで、
予想通りの「まっすぐ」がいきなりぶっこまれたのはドン引きでしたし、
朗読劇も明らかに長すぎでしょう。

その後のユニット順も私の予想の逆で、
どこら辺にテレビ要素があったのかまるで不明なCharlotte・Charlotteが優遇枠、
というのも悪い意味で驚かされました。こちらもカバーは1曲、予想通りでしたが…。

後半パートも相変わらずのアップテンポ重視の選曲で、全く予想を裏切りませんでしたし、
特にソロのトリには閉口しかできません。

もちろん、それぞれのパフォーマンスは素晴らしく、最近なら5th、古くは1st以来の曲を
磨き上げて、というのは感じましたし、見応えはありました。
もっとも、そのうちの何曲かは無断モニター映像に疎外されたわけですが。

また、種田さんの調子が良くなさそうだったのがイヤモニの影響なのかは不明ですが、
病歴(と言うべきか)を踏まえるとやはり不安です。これは明日次第ですね。

まぁ最初に書いた通り、こういうものだとわかれば不満も減る、
というか強制的に減らさないとやってられないですからね。

新情報についてもガシャと秋葉原コラボ、という程度に留まりましたが、
はたして明日は何が出るでしょうか。

明日も現地、物理的にも精神的にも違う風景が観られること祈ります。

ミリオン6thライブ 神戸公演 展望

kage

2019/05/17 (Fri)

明日明後日がミリオン6hライブツアー、折り返しとなる神戸プリンセス公演。
いつものようにこの展望記事を書きたいと思います。


会場

神戸公演の会場は神戸の「神戸ワールド記念ホール」になります。
シンデレラ4thでの使用実績はありますが、ミリオンでは初となり、
私としても初の会場になります。

キャパは8000人のアリーナ、ということで、
幕張メッセイベントホール以上、東京体育館以下という絶妙なサイズ感。

私の座席は1日目は1Fアリーナ、2日目は2Fスタンド席となっていて、
固定席である2Fスタンドはともかく、1Fアリーナは謎のブロック番号となっていて、
行ってみないとわからないですが、まぁ良席である可能性は低そうです。

そういう状況ならばなおのことモニターが重要なわけですが、
それが役に立たないのもわかっており…この点でも不安が尽きません。


出演者

今回の神戸公演では以下の出演者と発表されています。

山崎はるかさん
郁原ゆうさん
上田麗奈さん
大関英里さん
駒形友梨さん
種田梨沙さん
諏訪彩花さん
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
浜崎奈々さん
村川梨衣さん
木戸衣吹さん
渡部優衣さん

プリンセススターズ13人、ですね。
仙台公演を踏まえればサプライズゲスト()もないはずであり、
この13人でやり切ってくれるでしょう。


物販

今回も本日事前物販が開催されていますが、
限定CDはここでも売り切れず、グッズのほうもそれほど酷くはならなかったようです。

まぁ私としては必須だったパンフレットは事前物販で、
そして限定CDも仙台公演でゲットできており、何も焦ることはありません。

出先で荷物を増やすのも…というのもあるので、
現地で売れ残っているものから厳選した上で買うかどうかは検討しようと思います。


新情報

ライブ恒例の新情報ですが、千秋楽を控える折り返し公演であり、
目の前のイベントについては先日の生配信で発表済みで、
2周年についても次回の生配信で、と宣言されている時点で、
果たして何が出てくる事やら…というタイミングになります。

もちろんソロであったり、更にその次のイベント、というのはありそうで、
それだけで終わり、というのは仙台も踏まえれば可能性大
ですが、
もう少し何かあれば、とも思えます。

まぁ「何とかコラボ」的なものくらいは出てくるかもしれませんが、
良い意味で期待を裏切ってくれることを期待しています。


姫よ大志を抱け!!

不安を抱えて始まった6thライブツアーは、開幕の仙台公演でその不安を不満に昇華させる、
という最悪の展開となり、そのダメージを抱えたまま神戸に繋がってきました。

セトリしかり、演出しかり、無能の悪いところを凝縮したかのような構成で、
天使を堕天させた呪いが姫にも降りかかる、という状況なわけです。

ただ唯一救いがあるとすれば、「今回のライブツアーはこう」というのが
わかった上で臨める、ということであり、もう落ちるところまで落ちている以上、
これ以上落ちようもない、という状況でもある、ということです。

そして、このような状況であっても輝きを魅せてくれるのが
ミリオンスターズである、ということもわかってはいるわけで、
今回はそのうちプリンセスの輝きを、煌めきを、この奈落の底から示してくれるはずです。

逆境からの反抗、それがミリオンスターズの、765プロの生き様だと信じています。

次こそ ようこそ 期待しちゃう!

ミリオン6thライブ 神戸公演 セットリスト予想

kage

2019/05/16 (Thu)

今週末がミリオン6thライブ神戸公演、ということで、
仙台に続いてセットリスト予想をしてみたいと思っています。
まぁ、予想というかなんというか、ですが…。


1日目

1.Princess Be Ambitious!!(プリンセススターズ)
2.咲くは浮世の君花火(閃光☆HANABI団)
3.ラムネ色 青春(閃光☆HANABI団)
4.BORN ON DREAM! ~HANABI☆NIGHT~(閃光☆HANABI団)
5.ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム(トゥインクルリズム)
6.MEGARE!(トゥインクルリズム)
7.Tomorrow Program(トゥインクルリズム)
8.だってあなたはプリンセス(Charlotte・Charlotte)
9.フタリの記憶(Charlotte・Charlotte)
10.ミラージュ・ミラー(Charlotte・Charlotte)
11.ギブミーメタファー(STAR ELEMENTS)
12.Fate of the World(STAR ELEMENTS)
13.まっすぐ(STAR ELEMENTS)
14.Episode. Tiara(STAR ELEMENTS)
15.Starry Melody(種田上田諏訪)
16.Home is a coming now!(渡部)
17.透明なプロローグ(伊藤)
18.おまじない(木戸)
19.WE ARE ONE!!(浜崎)
20.夜に輝く星座のように(渡部村川)
21.Only One Second (駒形)
22.カーニヴァル・ジャパネスク(諏訪)
23.チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!(村川)
24.Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!(大関浜崎木戸原嶋)
25メメント?モメント♪ルルルルル☆(山崎伊藤郁原駒形)
26.DIAMOND DAYS(プリンセススターズ)
E1.UNION‼(プリンセススターズ)
E2.Brand New Theater!(プリンセススターズ)


2日目

1.Princess Be Ambitious!!(プリンセススターズ)
2.咲くは浮世の君花火(閃光☆HANABI団)
3.ラムネ色 青春(閃光☆HANABI団)
4.BORN ON DREAM! ~HANABI☆NIGHT~(閃光☆HANABI団)
5.ZETTAI × BREAK!! トゥインクルリズム(トゥインクルリズム)
6.MEGARE!(トゥインクルリズム)
7.Tomorrow Program(トゥインクルリズム)
8.だってあなたはプリンセス(Charlotte・Charlotte)
9.フタリの記憶(Charlotte・Charlotte)
10.ミラージュ・ミラー(Charlotte・Charlotte)
11.ギブミーメタファー(STAR ELEMENTS)
12.Fate of the World(STAR ELEMENTS)
13.まっすぐ(STAR ELEMENTS)
14.Episode. Tiara(STAR ELEMENTS)
15.メメント?モメント♪ルルルルル☆(山崎伊藤郁原駒形)
16.ホントウノワタシ(種田)
17.微笑み日和(郁原)
18.満腹至極フルコォス(大関)
19.夜に輝く星座のように(渡部村川)
20.Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!(大関浜崎木戸原嶋)
21.恋愛ロードランナー(上田)
22.アニマル☆ステイション!(原嶋)
23.未来飛行(山崎)
24.Starry Melody(種田上田諏訪)
25.DIAMOND DAYS(プリンセススターズ)
E1.UNION‼(プリンセススターズ)
E2.Brand New Theater!(プリンセススターズ)


セトリの型自体は仙台で提示されているわけで、それに当てはめるだけ、
ではあるのですが、その当てはめ方も仙台を踏まえれば酷いものになる、
と想定できるため、あえてその「酷さ」を表現してみました

前半のユニットブロックの順はこれしかないはずで、せいぜいあっても
閃光☆HANABI団とトゥインクルリズムが逆、というくらいでしょう。
というかそれ以外の組み方だと「酷い」どころの騒ぎではありません。

カバー曲も「いかにも」なつまらない選曲をしてみましたが、
一番難しいのはSTAR ELEMENTSで、ここをどうするか、がポイントでしょう。

そして仙台でもあった「優遇ユニット」もSTAR ELEMENTSになるはずですが、
そもそも「優遇ユニット」がない可能性もあるのかもしれません。
そうなるといよいよ4 Luxuryの浮き方が異常ですが…。

後半のごった煮()ブロックは、もうメチャクチャです。
まともに考えても無駄なので、どれだけ馬鹿げた構成にできるか、をやってみましたが、
そう宣言してもなお、最後は「未来飛行」と願望を込めて書いてしまったわけですが、
これも木っ端微塵に粉砕されるでしょう。

大型ライブにおいては常にこの「セトリ予想」をしてきたからこそ、
今回も同様にしたわけですが、常軌を逸したセンスのセトリである、
ということが分かり切った上でやるのはやはり苦しい、というのが正直なところです。

まぁもうセトリの流れとかは丸々無視して、一つ一つの曲を楽しむ、
それしかないでしょう。まぁ、それもモニター映像に阻害されるのですが…。

展望に続きます。