カテゴリ:ライブ の記事リスト(エントリー順)

MTG18 イベント レポート 後編

kage

2019/08/26 (Mon)

MTG18 収録エピソード

トークコーナーはまずこちらについてから。
「LEADER!!」の収録について、沼倉さんとしてはこれまでの物語の積み重ねがあった上での
ミリオン初のAS13人曲としての責任のようなものも感じていたが、
としてはまだまだトップへの道中である、という思いを込めた、という話や、
ドラマパートでの収録は何チームかに分かれていて、掛け合いの多かった春香も、
中村さんと平田さんは別だった…という話、釘宮さんの動作が可愛い、という話や
ダンスの動きが腕を上げ過ぎるとサザエさんのタマの動きになってしまうので避けた、
といったエピソードなど、様々な話がありながら、その中での5人の関係性というか、
砕けきった距離感をダイレクトに感じられる、笑いも多く、大きく起こるコーナー
となりました。


リーダーは誰

ボックスからお題を引いて、そのお題のリーダー(ファッションリーダー的な意味で)は誰か、
というのを自薦他薦問わず紹介し合い、それを会場のPの拍手で勝敗を決める、というコーナー。
選択肢は声優、キャラ問わず、となりましたが、ミリオンは対象外らしくASメンバーのみに。
お題は3つあり、結果としては以下の通り。

・機械に弱い
長谷川さん⇒やよい
沼倉さん⇒貴音 <勝利>

・女子力高い
長谷川さん⇒浅倉さん <勝利>
中村さん⇒中村さん(自薦)
平田さん⇒沼倉さん

・運動神経抜群
若林さん⇒仁後さん
沼倉さん⇒沼倉さん(自薦) <勝利>
長谷川さん⇒

という回答になりました。

初戦、長谷川さんのやよいは確かにイメージ通りでしたが中村さんも貴音についたことで
沼倉さんが勝利し、しかし2戦目は浅倉さんという大本命をぶつけて
自薦ギャグに走るしかなかった中村さんを一蹴し無事勝利、
三戦目は沼倉さんが自薦をせざるを得ない流れになり、実際無理やりそうしましたが、
それでも仁後さんとの決戦投票でも勝利、という結果となりました。

所謂「不憫枠」の長谷川さんと沼倉さんを一度は落としながらも
しっかり拾い上げる、という「お約束」の流れを踏む、という構成なのは流石というか、
この辺りのバランス感をきちんととれるのは見事という他なく
、笑いも当然大きく起きましたが、
それ以上にその流石のバランス力に感心させられるコーナーだったと思います。


Brand New Theater!
(中村長谷川沼倉平田若林)

トークコーナーが終わればライブコーナー、というか最後の1曲。
もちろんMTG18収録のもう1曲、この曲になるわけです。

リリイベ恒例の、全員曲1曲目と2曲目の立ち位置が変わる、
というのがここでも発動しましたが、ここでまさかの若林さんセンターに。
長谷川平田若林中村沼倉>という並びでの披露となりました。

ASメンバーによるこの曲、というのはハッチポッチでもありましたが、
当然ミリオンとの「混合」であり、AS単独、というのはここで初の披露。

ミリオンメンバーによるステージに全く見劣りしない、パワーとキレをしっかりと感じさせ、
「新しいステージ」でまだまだ輝ける、ということを証明してくれるパフォーマンスを
ここで魅せてくれた、ということに感謝、感動、感服を覚えるほかありませんでした



最後の挨拶

最後の曲が終わればもちろん最後の挨拶に。
一人ずつの挨拶の中で、若林さんから、ここであえて中村さんではなく若林さんが
センターになったことにはいくつか理由があるが、いずれにせよ新たな試みが出来て良かった、
という話や、平田さんによる、今回出演がこの5人になったのは、名前の末が「子子子美美」
だからではないか、という(他にも子や美のメンバーは複数人いるためガバガバな)予想、
長谷川さんによる、なんどやってもうまくいかない「おにぎり波」、という流れを経て、
中村さんによる「私たちをリードする『LEADER』はあなたたちP」、
といういつもの「いい話」、そして「アイマスですよ、アイマス!」でフィナーレ、となりました。

「次」のイベントであるバンナムフェスについての言及、
すなわちドームライブについての言及は全くなかったことは残念ですが、
それはあったとしても「余談」になりますし、このイベント自体は非常に満足いくものでした。

ライブパートにおける力強さは健在で、トークパートにおける安定感は流石で、
「765ASの魅力」を1時間ちょっとの時間に凝縮した、まさにそういうイベントだった
わけです。

また、ちょうど1週間前、「最も新しいアイマス」であるシャイニーカラーズのイベントで、
その新鮮味と初々しさ、それでいてのライブパートでの完成度、というものを
ダイレクトに感じたわけですが、続けてここで「最も古いアイマス」を肌で感じ、
その「違い」をしっかりと堪能できる2週間ともなったわけです。

トークでもライブでも、良い意味で「枠」「型」を無視・破壊しつつ、それでも綺麗に仕上がる、
という絶対的な経験と信頼に裏打ちされたパフォーマンスのASと、
まずは型にしっかりと沿いつつも、その中で、だからこその初々しさを感じさせるシャイニー

ということでまさにそれぞれの魅力の違い、というものが観られたわけですね。

そのうえで、私がやっぱり何よりも優先して観たいのはAS、という事は何らブレませんし、
これからもあらゆる事象に対して最優先に位置づけることは変わりません。
だからこそ、問題は優先しようにも優先するコト自体が存在しない、という現状であり、
それが765ASの14年目、アイマスの14年目という現実なわけです。

まぁそれをどうこう言っても…という話は結局先日書いたばかりなので割愛しますが、
この現状で数少ない機会であったこのイベントで、この濃密な時間を過ごせたこと、
これ自体が非常に大きな事で、この夏最後の最高の思い出となったのは間違いありません。

この先に明確に見える未来はバンナムフェス。果たしてここで何が起きるのか、
という話はまた後日として、今はただ、この日の思い出を胸で反芻するとしたいです。

MTG18 イベント レポート 前編

kage

2019/08/25 (Sun)

さて本日はこちらのイベントの夜公演に参加してきましたので、
そのレポートを書いておきたいと思います。


765ASイベント

MTGシリーズはもちろんミリオンのCDシリーズなわけですが、
最後の(はずの)この18ではAS13人の新曲「LEADER!!!」が収録されたことで、
このリリースイベントでもASのメンバーが出演、ということになりました。

とは言えもちろん12人フルメンバーなんてことはなく、
中村さん、長谷川さん、沼倉さん、平田さん、若林さんの5人、という構成ですが、
リリイベとしては妥当な人数なのは確かですし、何よりも、昨年は初星とPミ18と
2つも大型イベントがあり、その合間にMRステージも、という状況だったのに、
今年は全くそうしたものがなくなってしまった、という状況であり、
AS単独、どころか出演イベント自体が極めて貴重なものとなったわけです。

だからこそ外せなかったこのイベント、私も無事参加ができることになったのですが、
よく考えたらCDリリイベ参加は昨年末のTB02以来で、今年初。
MTG16-17がイベント自体が時空の歪みで未来へ移動したのがあって
リリイベの絶対数が減っているにせよ、まさか年を折り返してから初になるとは…。

まぁどうあれ参加できることが最重要で、それを叶えられたのが最重要です。


入場

今回の「都内某所」は正しく都内某所というか、「ザ・都会」の一角
夜公演の集合時間の少し前に到着しましたが、とっくのとうに物販は売り切れに。
そもそも欲しいものがなかったからそれは良いのですが、やはり絶対数が少ないとしか…。
事後物販も一部用意する、とはしていますが、何回やると需要は読めるようになるのでしょうか。

まだ8月ではありますが、酷暑のピークは過ぎたのか、日が落ちてきたこともあってか
かなり涼しく、待ち時間もストレスにならないという状態にはありましたが、
入場自体、定刻前から番号順の呼び出しが始まり、そのスピードも非常にスムーズに。
比較的番号に恵まれた私も早々に入ることができました。

そう、番号に恵まれたためにオールスタンディングの会場内でも
1段高い柵前の良ポジションを確保することができ、さらにテンションを上げられました。

ポジションさえ確保できれば後は開演を待つだけ、となったわけですが、
会場内BGMは「LEADER!!」と「Brand New Theater!」(76ASver)の2曲の無限ループに。
いくらMTG18のリリイベとはいえ、ここにはもっとバリエーションをつけても良かったのでは…。

そうこうしているうちに定刻が近づいてきたところで、いつものようにステージ上に現れたのは…
少なくとも私は初めて見る若い女性スタッフで、売り切れとなった物販の紹介と
事後物販の予定、そして諸注意をして帰っていく、といういつものムーブとなりました。
今までこの役割を担ってきた保坂氏が異動でミリオンを離れたのでは、という噂もあり、
実際ここには出てこなかったわけですが、ではこの女性スタッフが今後そのポジションにつくのか、
ということまでは全く不明でしたが、果たしてどうなるのでしょうか。

ともあれ、ここまで来たら本当に開園を待つだけ、となったわけですが、
数分後、BGMも途切れ、照明も落ちてイベントコールがついにかかります。


LEADER!!!
(中村長谷川沼倉平田若林)

ステージ上に「エボリューション・ウイング」を身に纏った5人が登場したと思ったら
この曲のイントロが掛かり、そしていきなりの曲披露、となりました。

これまでのリリースイベントとは異なるスタートに驚かされましたし、
こうなった理由は不明で、それこそ体力的に2曲続けてを避けた、ということも
あったのかもしれませんが、少なくともそんな理由ではないだろう、
と思わされるくらいエネルギッシュで力強いパフォーマンスを展開。

ここに来ての新曲だから、とダンスの難易度を落としたようなことは全くないであろう、
ゲームさながらキレやダイナミックなモーションで「LEADER」としての
パワーを、カリスマを感じさせる素晴らしいステージを魅せつけてくれました



開幕の挨拶

1曲終えてからの挨拶、ということで大型ライブを感じさせるような開幕となりましたが、
挨拶自体はアイドルのモノを使わず声優個人のもののみに。
しかしながら「アイドルマスターミリオンライブ、天海春香役の中村繪里子です」と、
中村さんが挨拶するあたりが「ミリオンのリリイベ」感を感じさせました。

とは言えそこからのトークは、「いつもの765プロ」感溢れるモノ
765ASのCDリリイベは「READY!!」「CHANGE!!!!」以来、という話から、
当時のハイタッチ会の再現をしつつファンの長谷川さんが厄介となったため剥がされる、
等の小芝居を経て会場の空気感を一気につくり上げていきました。


ということでトークコーナーへと続きまして、レポートも後編へ続きます。


シャイニーカラーズ サマーパーティー2019 レポート 総括

kage

2019/08/22 (Thu)

さてサマーパーティーについて、簡単にですが総括を書いておこうと思います。


構成・演出

周年ライブでもなく、ラジオの公開録音アリ、ということが告知されていたため、
もっとその公開録音比率が高いのかと思いきや、それ以外のトークパートもしっかりあり、
それでいてライブパートのボリュームも十分、という構成で、
メリハリもしっかりと効いた、満足度の高いイベントだったとハッキリ言えます

トークパートにおけるgdgd感もありはしましたが、VTRクイズなど、
そもそもの台本に無理があるだろ、という面もありましたし、
何よりやはり初々しさを武器に出来るうちにやっておいたほうがいい、
というものをそのままだダイレクトにやった、という意味でも良かった
と思います。

そしてそれを経てののライブパートは、それこそとても1年そこそことは思えない、
非常に完成度の高いステージが繰り広げられた、という意味でもメリハリがありましたが、
中でも特に1年どころか初となる大舞台において初披露曲を完璧とも言えるパフォーマンスで
圧倒してくれたストレイライトにはただただ脱帽
、という他ありません。

そのストレイライトのステージも含めて「新鮮味」が溢れるイベントだったわけですが、
最初に記載した通り、単純にイベントとしてのパートのバランス感も非常によく、
それこそ765のPミーティングもこんな感じの方が良かったんじゃないか、
とすら思えるくらいの構成・演出だったように思えます。
そう、ライブの演出も無駄な映像演出などもなくシンプルイズベスト、でしたしね。

ライブがメインとなる周年ライブももちろん良いのですが、
こうしたバラエティイベントも良い、と改めて思えました。


新情報

ゲームのイベント、ガシャの更新情報が中心で、
ストレイライトの感謝祭シナリオ追加、というのこそありましたが、
リリース以降年がら年中やっているアップデート的な「改善」情報もありませんでした。

ストレイライトとしてはFW06のカップリング曲の初披露というのもありましたが、
これはもうライブパートでの「Wandering dream chaser」が凄まじ過ぎたこともあり、
インパクトが薄れてしまった、とすら感じました。

そうなると結局1stBD発売決定、というのが最も大きな情報になるわけですが、
イベント内で使われた初島ロケ映像はアソビストア特典、と公表しなかったのはやはり謎です。
その理由はさておき、このテのおまけ映像が完全に店舗限定特典、というのは
これまでにないパターンで、それでいてアソビストアでの定価売り価格と
安売り店価格との差は1万円近く、ということで非常に高価な特典となってしまっています。

そもそも3公演中千秋楽の1公演のみなのに定価1万4000円、というのもべらぼうに高く、
「283プロブランド」が謎の高額ハイブランド路線に今後も走ることを示しているのか、
はたまた今回だけが特別なのか
、というのは定かではありません。

いずれにしても283プロの「今後」に向けての大きな話はなかったわけですが、
それは次の1.5周年イベントである感謝祭に出てくるのでしょう。


この胸のときめきは 大きな大きな空をかける

1stライブにおいて「『私はシャイニーカラーズのファン』と名乗れるし、名乗りたい」
と宣言して以降挑んだ初のイベントだったわけですが、その立場で参加して、
非常に満足いく内容だった、というのは繰り返しになりますが、断言できます。

普段のアイマスでは、765ASにせよミリオンにせよ、必要以上の気負いというか、
張り詰めた気持でイベントには挑んでしまう事になりますが、
そうではなく、あるがままに目の前の出来事を楽しむ、ということができる、
というのは、無責任な立場でいられる(もちろん本来は765にも責任などないのですが)、
283プロだからこそであり、それをまさにダイレクトに感じられるイベントだったわけです。

こう書くと765ASやミリオンとの付き合い方がそもそもどうなんだ、
というツッコミも入れられそうですが、もうそういう次元ではないというか、
本当に人生における位置づけが違い過ぎるので、比較することの方がおかしい、
というほうが正確な表現になってしまうところになります。

そんな765やミリオンとは異なる、「ライトな趣味」の領域にシャイニーを置けるのは、
かつて置こうとしたもののタイトルの性質上叶わなかったシンデレラの代わり…
というのも語弊がありますが、実際その通りの役割を担い、実現しているわけで、
あながち間違いでもない、というか全くその通りである、ということになります。

だからこれからも、シャイニーカラーズとはこうした距離感で、
「ファン」として「趣味」として適度に楽しむ、というスタンスで行きたいですし、
それで十分楽しめる、ということを今回しっかり感じられたのが、最大の収穫でした。

サマーパーティー、ひと夏の、一日の思い出が、
これから先の何年もの間、それこそ十年以上の物語へと膨らんでいく、
それが期待できるのが、「アイドルマスター」でもあるわけですしね。

シャイニーカラーズ サマーパーティー2019 レポート 後編

kage

2019/08/21 (Wed)

6.Wandering dream chaser
(ストレイライト)

アンティーカともまた違う、「正統派クール&ハード」で曲であり、
それゆえパフォーマンスとしても半端なものでは曲に敵わない、
というハードルがあったはずなのですが、そんなハードルはどこ吹く風、
ライブ初披露とは全く思えないダンスの激しさとそれに負けない歌唱の強さ、
そしてカッコよさをダイレクトに感じさせるパフォーマンスで会場を圧倒。

初披露ユニット、初披露曲でこれほどの衝撃を受けたのはいつの誰以来か、
というか正直そんな比較対象も思い浮かばない程に強烈なステージ
で、
ショッキングという言葉ですら物足りない刺激的な光を浴びせてくれました。


7.Ambitious Eve
(昼:イルミネーションスターズ・アンティーカ・ストレイライト)
(夜:放課後クライマックスガールズ・アルストロメリア・ストレイライト)

昼夜公演両方出演だからか、1曲に注力、ということもあってかストレイライトは
1曲のみ、となって続いてはこちらの全員曲となりました、

1stでの初披露同様に、全員でステージ上にV字を描いてのパフォーマンスで、
全体曲としては異色のカッコイイ系曲として、283プロの力強い羽ばたき、
というものをしっかりと表現していた
と感じられました。


8.いつか Shiny Days
(昼:イルミネーションスターズ・アンティーカ・ストレイライト)
(夜:放課後クライマックスガールズ・アルストロメリア・ストレイライト)

「Multicolored Sky」に続く全体バラード曲。ユニット毎の歌い分けで、
特に最初のパートをストレイライトが、というのが歌詞を踏まえても非常に上手く、
「最後にバラード」という鉄板を敷いただけ、という以上の重さを感じられる、
心に響く、素晴らしいラストステージを披露してくれた
と思えました。


最後の挨拶

ここで最後の挨拶となりましたが、開幕のように一人ずつ、ではなく
ユニット単位で、となったのは時間の関係もあったのでしょうが、少し勿体ない感も。
特に昼の部は時間が押していたようで、仕方ないとは思いますが…。

どのユニットも特に涙があるような話も特になく、
パーティーの楽しさ、というものを最後まで感じさせてくれたと思います。

そしてここでバンナムフェスの出演についても告知を、ということで
「東京ドームで会いましょう」、そして「アイマスですよ、アイマス!」での締めとなりました。

その最後の挨拶、退場後はモニターにはづきが登場して最後の最後の締め、となり、
社長も登場しなければアンコールも無し、ということで閉幕となりました。


構成としては非常にシンプルで、それでいて充実の内容、ということもあり、
昼公演は夜への期待も高め、夜公演後は1日の満足感を胸に、退席することができました。

という事で次回が本当のラスト、総括となります。


シャイニーカラーズ サマーパーティー2019 レポート 中編

kage

2019/08/20 (Tue)

【昼公演】

2.虹になれ!
(イルミネーションスターズ)

トップバッターは当然イルミネ、だったのですが、まさかこの曲とは。
ストーリー性の非常に強い歌詞であり、アイドルの物語、というものを
ダイレクトに感じさせる世界観はセンターユニットだからこそ
、でもあり、
それを頑張って体現する、というパフォーマンスが映えるステージでした。


3.We can go now!
(イルミネーションスターズ)

こちらは軽やかにポップにキュートに、という感じでよりライブ映えのする曲。
コールでの掛け合いも盛り上がる曲であり、これまでとは違ったパフォーマンスで、
楽しいステージを作り上げてくれた
と感じられました。


4.幻惑SILHOUETTE
(アンティーカ)

イルミネ同様、アンティーカの1曲目もこちらに、となりました。
タイトル通りの幻惑感漂うダークな世界観をしっかりと感じられるパフォーマンスで、
「クールアンティーカ」を魅せつけてくれました。


5.NEO THEORY FANTASY
(アンティーカ)

「てやーん」という謎のフレーズからのトークパートで始まるこの曲、
当然そのトークパートもきちんと含めて披露されることとなりました。
トークパートの緩いノリとは違う本線のカッコよさは格別でありつつ、
タイトル通りのファンタジー感もあり、他のアンティーカ曲ともまた違う、
独自の世界観を体現するステージ
を楽しませてくれました。


【夜公演】

2.ハピリリ
(アルストロメリア)

順番的には放課後クライマックスガールズから、と思い身構えていただけに
こちらが先、ということには驚きましたが、曲タイプ的には納得ではあります。

曲自体はとにかく可愛い恋の歌、というもので3人のキュートなパフォーマンスも映え、
「幸福論」の一つの在り方をしっかりと魅せつけてくれたと思います。


3.Bloomy!
(アルストロメリア)

こちらはCD未発売の新曲。可愛らしさは変わらずありつつも、
より爽やかに、スピード感も少し感じさせる曲となっていて、
一歩前に進んだアルストロメリア、というものが感じられるステージでした。


4.太陽キッス
(放課後クライマックスガールズ)

昼公演の時点でこれが夜公演に来る、というのは事実上確定しており、
1stでLVであっても圧倒されたパフォーマンスを現地で、というのが楽しみでしたが、
実際にやはりその期待に応える、いやそれ以上のパワーとエネルギーで、
この真夏の暑さを最高の熱さに昇華する、極上のステージ
を堪能させてくれました。


5.ビーチブレイバー
(放課後クライマックスガールズ)

「いくら放クラでもこのダンサブルな曲を続けては無理だぞ」と思っていたら
流石にそれはそうだったようで、トークパートでの「乾杯」というネタを活用しての
給水タイムをしっかりと入れ、一息ついてからのこの曲となりました。
これは伏線回収というか、うまい繋ぎ方だと感心させられました。

曲自体はタイトル通り、夏感溢れるアップテンポ曲であり、
放クラらしさ全開のノリで突っ走り、最高に熱いステージで会場を燃やしてくれました



次回がレポートラストです。