カテゴリ:漫画 の記事リスト(エントリー順)

アイドルマスター シャイニーカラーズ コミックアンソロジー

kage

2019/05/06 (Mon)

シャイニーカラーズ初コミカライズ



ふわふわなまいにち 作:倉崎もろこ
ちょこ色トラップデー 作:南高春告
大崎プロデュース 作:まごころくらげ
挑戦サプライズ 作:神武ひろよし
ふっふ~んな日常 作:国府田ハヤト
ちょこれいと☆はぷにんぐ 作:あめ
春のうららのアルストロメリア 作:四志丸
灯織のdestination 作:にりかわ
【縮・小・霧・子】 作:はねつか
ありがとうのプレゼント 作:みくり
樹里ちゃんの傘 作:こあめ咲
ツッコミがいない! 作:谷屋 楽
放課後猫日和 作:pote
アンティーカ・オフタイム 作:浜田二郎
食レポの心得は? 作:いのうえひなこ


シャイニー初の公式コミカライズはアンソロジー。
タイトル自体の特徴である、「ユニット毎」をベースとしつつも、
そのユニットの枠を超えての組み合わせで、というのも一部収録されています。


ふわふわなまいにち 作:倉崎もろこ

事務所でウサギの絵本を読んでいた霧子がふと眠気を感じてひと眠りすると…
アンティーカらしさ、というかフワフワ過ぎる世界が描かれます。


ちょこ色トラップデー 作:南高春告
智代子が事務所の冷蔵庫に入れておいたチョコを樹里がつまみ食いしてしまい…
極端なまでのちょこじゅりが描かれる話となります。


大崎プロデュース 作:まごころくらげ
突然プロデューサーになりたいと甜花が言い出したのに対し、千雪と甘奈は…
という話ですが、結局甜花のダメ人間っぷりが発揮されることとなります。


挑戦サプライズ 作:神武ひろよし
めぐるが真乃との会話でふとサプライズを思いつき…
となりますが、正統派なイルミネーションスターズの話となっています。


ふっふ~んな日常 作:国府田ハヤト
4コマ形式のアンティーカの話、5人がカラオケに行くだけの話ですが、
一人ずつの個性がしっかり描かれたものとなっています。


ちょこれいと☆はぷにんぐ 作:あめ
智代子のチョコがなくなる、という事態について放課後クライマックスガールズの
5人が探り合う、というものですが、オチは案の定な感じに。


春のうららのアルストロメリア 作:四志丸
甜花が溶けてしまった(比喩)ことに対し、解決策を探っていく、という話。
三人の個性と関係が極端にですが描かれているものとなっています。


灯織のdestination 作:にりかわ
雑誌で運勢が悪い、と出てしまった灯織が落ち込んで…という話。
全編ギャグテイストではありますが、オチはきれいなものとなります。


【縮・小・霧・子】 作:はねつか
霧子が唐突に小さくなって、という話ですが、小人サイズでもなく、小学生サイズ、
という感じで、ひたすらアンティーカメンバーに可愛がられる話となります。


ありがとうのプレゼント 作:みくり
甜花がアルストロメリアの二人に日頃の感謝を…ということで果穂と霧子に
相談を、という話。ユニットの枠を超えての貴重かつ暖かい話となっています。


樹里ちゃんの傘 作:こあめ咲
ある日急に雨に降られた真乃が、話したこともなかった樹里に傘を渡されて…
という話。ユニットを超えての正統派百合が綺麗な絵柄で描かれています。


ツッコミがいない! 作:谷屋 楽
タイトル通り、アルストロメリアの三人が終始ボケ倒す、というギャグ話。
オチだけはイイ話っぽくまとめられています。


放課後猫日和 作:pote
撮影所で凛世が放クラメンバーに似た猫と出会い…という話。
猫を通して、そして後日談も含め、5人の個性と関係が描かれています。


アンティーカ・オフタイム 作:浜田二郎
恋鐘が主役の、アンティーカがオフに花見を、という話ですが、こちらも猫が
重要な役割に。ややシリアス調も、深みには入らないバランスになっています。


食レポの心得は? 作:いのうえひなこ
イルミネの3人が食レポに挑戦、というギャグベースの話ですが、
最後は綺麗に、この話もこのコミック自体も締めるようなカットが描かれます。


シャイニー初のコミカライズ、ということで、初期4ユニット16人だけが対象に、
ギャグを基本としつつも少しばかりシリアスあり、百合要素もあり、
というアイマスアンソロジーらしいバランス感の内容となっています。

これでキャラとユニットの全てがわかる、というほどのものではないですが、
手軽に明確に、シャイニーというタイトルに触れやすいものであるのは、
コミカライズ、アンソロジーというメディアの特権
と言っても差し支えないでしょう。

アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 4巻

kage

2019/01/07 (Mon)

あめにうたおう



第12話 なんで
第13話 はじまりの歌
第14話 だからねしほりん
第14.5話 「トライスタービジョン」は星空に歌う


3ユニット合同のデビューライブに向けてそれぞれ準備を進める中、
当作の主役ユニット「Clover」にトラブルが発生し…という今巻。
ハッとするネタを散りばめつつ、奇をてらわない王道展開が繰り広げられます。


第12話 なんで

劇場での通しリハに挑む3ユニット。ダブルエースとトライスタービジョンは
パフォーマンスの完成度を上げる中、Cloverは高いダンス力を誇る海美
他の3人がついていけず…という状態が依然として解決しないまま。
そんな状況ながら意外にもうまく1曲を通してこなせてしまい…。

Cloverの4人が4者4様、各々の立場での悩みが噴出していくことになりますが、
その中でも志保の悩みと苦しみは深いものとなり…。

ストーリーとしては志保がフィーチャーされる展開になってくるとは言え、
4人ともにそれぞれの悩み、葛藤が描かれる形は群像劇感溢れ、
今作のキモとして捉えらえる、非常に重要な回と感じることができます



第13話 はじまりの歌

行方をくらました志保を探すシアターのメンバー達。
雨の降りしきる中、志保を見つけたのはやはり可奈
そこで可奈がとった行動はもちろん…。

今作では未登場ではある可奈のソロ曲「あめにうたおう」を体現しつつも、
1話とのリンク、そしてユニットの絆を描く、という構成で、雨の中の失踪と発見、
というベタ極まりない展開を、そのままベタベタな王道で描き切る、という力業となりますが、
一切の妥協なき王道展開には清々しさを感じら気持ちの良いものです。

そして物語はシリアス展開溢れる佳境に突入…とはならず、
コミカルさのある流れで次のフェーズへと進んでいきます。


第14話 だからねしほりん

志保の家庭環境を知ったCloverのメンバーが、志保の家で合宿を行う、という展開に。
星梨花の父はこれを許すのか…というところは気になりますが、特に描写なく、
賑やかで和やかな時間が描かれていくこととなります。

そんなときに現れたのは伊織。そこで志保に言い放ったセリフは、
明確に劇場版のオマージュ、というか表裏一体のもの。
状況が違えば言い方も異なる、けれど本質は同じ、というものであり、
一種のファンサービスであると同時に、伊織の価値観、
もっと言えば「アイドルマスター」あるいは「766プロ」の本質をあらわしている
とも言えます。

物語は海美のお姉さんらしさをこれまたソロ曲をモチーフに使いつつ描き、
そしてまた次のフェーズへ、と続いて行きます。


第14.5話 「トライスタービジョン」は星空に歌う

タイトル通りトライスタービジョンの3人を主役とした外伝。
ライブの宣伝も兼ねたテレビの収録に登山に挑むことになった3人ですが、
アクシデントで琴葉恵美が思わぬアクシデントから遭難してしまい…。
ギャグっぽくも意外とシリアス展開になりますが、オチはもちろん爽やかなもの
3人の性格と絆がしっかりと描かれた短編となっています。


王道ど真ん中の展開を描きながらも、心理描写も丁寧に、というバランスを取り、
Cloverの4人のキャラクターをしっかりと掘り下げ読みごたえは十分。
それに加えて過去作やソロ曲といったものもネタとして使う、という
アイマスならではのギミックもあり、その意味でも楽しめるものとなっています。

そしてこの4巻もこれまで同様にCD付きの限定版があり、
外伝で歌われた、トライスタービジョンの「チェリー」、
本編で歌われた、可奈星梨花海美による「Dreaming!」、
そして本編の物語に沿った、星梨花亜利沙による「i」を収録。
さらにはまさかの琴葉が野球をプレーして楽しむ、という衝撃の字面となる
ドラマパートも収録されており、本編とはまた別の話として楽しめる内容になっています。


ぷちます! 11巻

kage

2018/12/09 (Sun)

しあわせはいつでもずつときみといつしよ



#104-A しかけはばっちり
#104-B あなたをとりたい
#105-A わーきんぐわーにんぐ
#105-B せれくとすぃーつたいむ
#106-A はこでくるしあわせ
#106-B いつものしまのおはなし
#107-A つかいかたをまなぼう
#107-B でてこいとんでもいしょう
#108-A もーにんぐすのうあたっく
#108-B ずーはうすがなは
#109 つきあいかたのおべんきょう
#110-A ときめきとすいみん
#110-B きせつとやよとたいさく
#111-A みんなでじだいげき
#111-B とびはねるじだいげき
#112-A いいひあめのひ
#112-B つうこんのしっぴつ
#113-A しまとざいほう
#113-B よんでとんでなつやすみ


765プロに何が起きてもここだけは変わらない、ユートピア。
10周年を迎えてもなおマイペースな世界が続きます。

#105-A わーきんぐわーにんぐ

小鳥律子だけでなく、ぴよぴよちっちゃんまでもが病欠となり、
代わりにが一人で事務仕事をすることに…という話。
当然一人ではなかなか出来ないのですが、ぷち達の手助けもあり、
なんとかこなしていくことに。オチではオチず、優しい世界に。


#108-A もーにんぐすのうあたっく

水瀬家にこあみこまみが訪れ、伊織に庭での雪合戦を要求。
そこには当然のごとく貴音がおり、伊織も参戦することに…。
勝負の行方は意外…でもない結果に。


#109 つきあいかたのおべんきょう

事務所にやってきた雪歩。そこには普段絡みのないみうらさんしかおらず…という話。
ぷちに対してすら人見知りをする雪歩ですが、あふぅのおかげで距離を縮め…。
14人+14匹(?)もいれば10年やっても絡みが少ない組み合わせもいるものですね。


10周年を迎えての11巻は、10巻と同様に「アニメDVD付き限定版」も同時発売。
アイドルもぷちもフルメンバー出演で、いざ宇宙へ!というぷちますらしいというか、
アイマスらしいというかのオリジナルストーリーが展開されています。
さらにビジュアルコメンタリーとして中村さんと今井さんが担当し、ボリュームは十分。

765プロのあらゆる展開が、終了を含めて縮小化していく中で、
この10年何も変わっていない奇跡の世界、果たしてどこまでいけるのでしょうか。

アイドルマスター ミリオンライブ! THEATER DAYS Brand New Song 1巻

kage

2018/11/06 (Tue)

新しい歌



第1話 もうひとつのプロローグ
第2話 ここから
第3話 ファーストステージ
第4話 さいしょの歌
第5話 風と共に
特別収録 プロローグ編
おまけ


タイトル通り、シアターデイズの世界観を舞台としたミリオンのコミカライズ。
終了済みのゲッサン版、連載中のBCとはまた異なるトリオ、
百合子このみ桃子のトリオをメインとして、また新たな物語が紡がれています

第1話 もうひとつのプロローグ

タイトル、そして表紙通りの主役格の百合子の一人称モノローグから始まる物語。
アイドルとして既に成功をしている765プロオールスターズの後輩として、
39プロジェクトが立ち上がり、百合子は無事合格したものの、
39人のメンバーが揃わないために半年間、何もできず…という状況からのスタートです。

桃子このみも当然同じ立場で、将来の夢を語り合うものの…
というところから顔が映らない系Pが登場し、ついに39人のメンバーが揃ったこと、
そしてこの3人でのユニット活動を考えていることを明かし、物語の幕開けとなります。

舞台設定としては極めてオーソドックスであり、全く癖のないものとなっています。
だからこそ、この意外性のあるトリオでどんな物語がここから描かれていくのか、
という事が気になる、そういう位置づけの第1話
となっています。


第2話 ここから

早速ユニットとして、こけら落とし公演へのレッスンを積んでいくことになる3人でしたが、
中々うまくいかず…というところで先輩の伊織が登場。…ここで菊池真…。
先輩らしさを存分に魅せつけ、3人のモチベーションを上げていきます。
そして迎えたこけら落とし公演。いよいよ舞台の幕が上がり…。

先輩の話のうち、とりわけ伊織百合子に対する話は、言ってしまえば
「ありがちな話」に過ぎませんが、かつての劇場版では志保に対してだったのが、
ここでは百合子に対して…という観方のできるもの
ではあります。

いずれにしても王道の展開で、次話へと続いて行きます。


第3話 ファーストステージ

3人にとっての初めてのステージがどのようなものであったのか、
は終演後に振り返るような形で描かれていきます。

アイマス漫画恒例の「初舞台」ですが、ここでは小さな不安はあれど、
大きな失敗もなく…という王道展開で、輝くステージを成功させて見せます。

あまりに綺麗にまとまり過ぎて、漫画としてはこの3話で打ち切られかねない、
という話
にすら見えますがそうはならず、当然ここからが本当の物語の始まりです。


第4話 さいしょの歌

こけら落とし公演から早2ヶ月、夏の日差しも熱くなり…というところで新プロジェクトの開始、
そして初のソロ曲が与えられる、という話となります。

しかしユニット活動が続くという話はなく…というところに桃子が食い下がり、
彼女にとって大切なユニットだった、ということが色濃く描かれます。

ともあれ、ソロ曲を最初に得たのは百合子桃子、そして未来風花、そして
ユニットからはこのみが選出されず、ではこの5人の組み合わせは…
と考えればすぐに思い当たる5人組ですが、要するに、その設定を使うという事
のようです。

ユニット活動ができない不満を久々に揃った三人でのカラオケでぶち上げる桃子ですが、
そこで気持ちを一つにすることができ、桃子が選んだ曲は…。


第5話 風と共に

早速新ソロ曲お披露目の公演「Brand New Song」のシーンとなり、トリとなった桃子を除く、
百合子までの4人のステージが4者4様、濃度に差がありつつも描かれます。
当然百合子のパートは手厚く、彼女の気持ちは歌詞に紡がれる…という話に。

そしてそれを見届けるのは、このみこそ含むものの、
予想に反する組み合わせの5人で…と物語は2巻へと続いて行きます。


特別収録 プロローグ編

時間軸は本編1話、登場するメインメンバーは未来静香、という
「いつもの」トリオ。ここでわざわざこの三人を改めてフィーチャーしてどうするのか
というツッコミどころもありますが、美咲も登場することで多少はメリハリがついて、
別サイドからの始まりの物語が描かれています。


おまけ

本当にオマケの2ページ漫画…というか一種のサービスイラストが描かれています。


設定は極めて王道で、かろうじてメインのトリオの珍しさで癖をつけている今作。
「新しい歌」のタイトル通りの公演を軸に描くために、既に確定している5人組を描くなど、
それをそのままなぞるのか、と思いきやそうでもなさそう、という展開となっています。
ここからどう転ぶのか、というのがこれからの肝のはずであり、
単に「メインを代えただけの汎用コミカライズ」にならない、今作だけのアイデンティティ、
そのインパクトに今後は期待したいところ
です。

また、今作もこれまでのミリオンコミック同様に、特典CD付き限定版が出ています。
収録楽曲は「地球儀にない国」「瑠璃色金魚と花菖蒲」のライブサウンドバージョン、
というもので、ドラマやカバー、完全新曲もないものとなっていますが、
こちらも今後どのように展開していくか、楽しみにしていけるでしょう。

アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 3巻

kage

2018/07/30 (Mon)

「Clover」デビューへ!



第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね
第10話 まるで魔法をかけられたみたいに
第11話 私は歌が好き
第11.5話 2人は「ダブルエース」


可奈志保海美星梨花の4人による「Clover」が前巻で結成され、
いざユニット活動へ…という今巻は、この4人を中心としつつ、
他のメンバーにもスポットライトが当たる展開も見えてきます。


第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね

タイトル通りの「海美回」。ユニット最年長として気合十分の海美ですが、
最年少の星梨花の体力的な問題や、自身がアイドルを始めたことで
それまで続けていたバレエはパッタリやめてしまって…というところから、
普段は底抜けに明るい海美にも思うところが…という話になってきます。

思い悩むシーンなど想像もさせない海美のキャラクター性を崩さず、
それでいてシリアス展開をしっかりと描く、というバランスが絶妙に取れ、
さらに「アイドルになる前」の物語も描くという、見事な構成の回
となっています。


第10話 まるで魔法をかけられたみたいに

ユニット合同練習を欠席となった「シグナル」の静香に代わり、
代役で登場したのが765ASの春香、ということで、憧れだという可奈は興奮を隠せません。

そして春香を含めてのシグナルで披露されたレッスンでのパフォーマンスは
他のメンバー達も圧倒されるほどで…という形で漫画として「先輩の凄み」を描いていますが、
事実、「センター以外の春香」はある意味センターのとき以上に機能する、
というのはゲームにおけるステージシーンでもリアルに感じられるところであるため、
それをこのように漫画で表現したのは実に見事という他ありません


物語としては、可奈春香の他、未来とも会話をするシーンもあり、
「主役でないセンター」である未来の描かれ方、というのも印象的です。
そして「プチシュー」という思い出の食べ物の登場も…ですね。


第11話 私は歌が好き

歌織がステージデビューを迎える、ということで歌織が物語の中心ですが、
それを取り巻く紗代子このみといったメンバーそれぞれの心情も描かれ、
ミリオンの「群像劇」感をダイレクトに感じさせる構成になっています。


第11.5話 2人は「ダブルエース」

タイトル通りの番外編で、ダブルエースの美奈子奈緒の話で、
リーダーである奈緒の目線から描かれる話となっています。

いつも明るく元気で面倒見のいい美奈子ですが、記者からの質問で、
必ず口ごもるものがあり…というところから奈緒が疑心暗鬼になる、
という展開ですが、もちろんオチは爽やかで清々しいものとなり、
その意味でも二人の個性をしっかり描いている
、と言えます。


番外編に限らず、本編の中でもCloverの4人以外のメンバーをしっかりと描き、
しかしもちろんCloverの4人の成長の物語を軸から外さない、という構成は、
人数の多いミリオンのコミカライズという意味でベターなものに違いないでしょう。

そしてこの3巻も1巻2巻同様にCD付きの限定版があり、
楽曲としてはダブルエースの「神SUMMER!!」、本編で会話も交わした、
春香未来可奈による「ONLY MY NOTE」、歌のレッスンメンバーである
歌織紗代子可奈による「MUSIC♪」の3曲とドラマパートも収録。
本編と合わせて聴くとより楽しめる内容となっています。