カテゴリ:ゲーム の記事リスト(エントリー順)

ミリシタ Challenge生配信!~765 ミリオンスターズでお送りしますよ!~ 新情報!

kage

2019/02/15 (Fri)

さて本日放送されたこちらの生配信でいくつかの新情報が発表されたので、
それについてざっくり書きたいと思います。


「THE@TER CHALLENGE!!」結果発表

まずは番組名にもなっているこちらの結果発表から。
以下のように発表されました。

孤島サスペンスホラー
主人公役:野々原茜
友達役:島原エレナ
先生役:桜守歌織
館の女主人役:二階堂千鶴
メイド役:北沢志保

おとぎの国の物語
少女役:箱崎星梨花
魔法使い役:徳川まつり
妖精役:周防桃子
旅人役:永吉昴
オオカミ役:我那覇響

近未来アウトサイダー
ダスク役:如月千早
バスターブレイド役:星井美希
アマリリス役:エミリー スチュアート
ベルベット役:菊地真
ファイナルデイ役:天海春香

ということで、投票期間の最後の最後に確認できた状況と変わらず、
という結果になりました。

私自身は投票最終日にツイッターのアンケート企画を活用し、
765ASでも役獲得が近いメンバーにより多く投票する、という対応をし、
激戦だった「館の女主人役」の伊織に最多の投票を行いましたが、結果は上記の通り。

とは言え、TB同様に、僅差で敗れたメンバーもサブキャラとして出番が、
ということはTCでもほぼ確実にあるはずで、「死票」にはならないでしょう。

3ユニットを見てやはり気になるのは、765ASが4人という構成の「近未来アウトサイダー」
そもそもが意味不明な設定のテーマでしたが、実際どのような物語、曲になるのでしょうか。

TB同様にゲーム内イベント実装はもちろん、楽曲、そしてCD発売もあるようで、
となれば当然リリイベも…というところもこのユニットは特に気になります。

まぁ実装は6thライブ≒2周年イベントの後、となるはずですし、
果たして何がどうなるかはそれまで待つとしましょう。


新ユニット

当番組の出演者が最初に発表された後に、追加の出演者も発表され、
それを見れば、というか見なくとも明らかだったPST新ユニットにして、
フェアリータイプ最後のユニット。

「Jelly POP Beans」というユニット名で、ロコ舞浜歩永吉昴周防桃子のカルテット
ユニット曲「月曜日のクリームソーダ」もMVが披露され、オシャレ感がありつつも昭和の香り、
という前ユニット曲「だってあなたはプリンセス」と似たテイストの楽曲に感じましたが、
ロコのプロデュースが発揮されている、ということで、フルはもちろんのこと、
ライブでの披露も当然楽しみにしたいところです。


その他諸々

今回は大きな発表は以上の2つで、それ以外には「セレクションチケット」(当然有料)、
前述新ユニットのCD、MTG15発売とMTG14とのリリイベ開催、
そして恒例の390ジュエルとイラスト色紙プレゼント、といったものとなりました。

イラスト色紙プレゼントは毎度やってるけどこんなの当たるはずないだろ…
と思っていたのですが、どういうわけだか先月の「Twitterトレンド1位サンキュー生配信」の
大量のプレゼントのうち一つが当選してしまう、という事態が発生
しました。

イラスト色紙でもなければライブチケットでもありませんでしたが、
とは言え当たれば嬉しいのは当然、というものなので、
これについては受け取り以降、どこかのタイミングで改めて書きたいと思います。

また、「ライブチケット」、当然6thについてですが、先日CD先行の結果が発表され、
最初の「アソビストア先行」と合わせて5公演に行けることが決定しました。
残る一つはもちろん、仙台、となります…。
仙台も1公演は当たった以上必ず行くのだから、もう1公演も、というのもありますし、
ここまで来たら最後の1公演も、とは思いますが、残りは事実上「一般販売」のみ…。

bot対策に注力していて成果をあげていたらしいeplusですが、そもそもキャパが小さすぎ、
かつ2度の先行を終えた後の一般、事実上空売りになるのは確実で、
半分、というか99%くらい諦めの境地ですが、それでも挑むしかありません。

そうした「見えている未来」の話も当然大事なのは間違いないですが、
今回の番組には「見えない未来」が見えるようになることも期待していて、
それがなかった、すなわち765ASの新展開情報などなかった、というのはやはり残念でした。

もちろん今回の表題であるTCが一つの未来を生み出したのは確かですが、
さりとてそれでオールOK、なんてことでは当然ないわけです。

2019年、始まったばかりと言えば始まったばかりですが、しかし気が付いたらあっという間に
過ぎていくのが1年でもあります。この「14年目」を虚無で終わらせないために、
そしてその先の未来を紡ぐためにも、まずは1つでも足跡を残すのが大切で、
それがTCというのなら、それは決して間違った場所ではないでしょう。

そして「6年目」がこれまでの5年を経て、次の5年へと駆けていく1年になるためにも、
このTCも、PSTの最後3ユニットも、そして6thツアーも、大きな物語にも財産にもなるでしょう。

これから先の未来のためにも、私は「765プロ」のプロデュースを続けていくまでです。

ミリシタTwitterトレンド1位サンキュー生配信 新情報!

kage

2019/01/16 (Wed)

さて本日放送されましたこちらの番組で、いつものように新情報がいくつか出ましたので、
早速ですが書いておきます。


新ユニット

出演者的にもタイミング的にも番組自体がネタバレ、ともいえるものでしたが、
案の定その通りに発表されたのが次回のPSTイベントユニット、
エミリーまつりのデュオ、「シャルロット・シャーロット」でした。

楽曲「だってあなたはプリンセス」のMVも公開されましたが、
「これぞプリンセス」というか、「昭和のアイドル」的な楽曲
MVとしての魅せかたも今までとは少し違うテイストでしたが、
この二人らしいファンタジックな雰囲気だとも感じられるものでした。

当然のごとくCD、MTG14の発売やイベントイラスト、カードイラストも公開されましたが、
それと同時に、これでPSTの「残りユニット」が事実上確定した事にもなりました。
つまり…

プリンセス
春日未来
田中琴葉
矢吹可奈

フェアリー
ロコ
舞浜歩
永吉昴
周防桃子

エンジェル
箱崎星梨花
望月杏奈
木下ひなた
大神環

王道ヒロイントリオ、個性派カルテット、ロリカルテット、というイメージですが、
果たしてどのような楽曲を引っ提げて登場することになるのでしょうか。
この中でも特に気になるのはやはりオオトリになるはずのプリンセスで、
これほどまでに見事なヒロイントリオを出すとは…という意味で期待大
です。

そしてその先に、「765AS新ユニット」の可能性はありうるのか、
というのも当然気になるところですが、まぁ期待しないほうがいいでしょうね。


6thライブツアー

こちらはゲームではなくリアルの声優ライブについて。
ライブのサプライズは(直近では)やめても、生配信での自らのサプライズは
やめられなかった無能が出てきた時には吐き気も催しましたが、
案の定大したことは言わずに不快感だけまき散らしていきました。

具体的にはライブタイトルについての発表で、
「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!!」というもの。
さらに各会場ごとに「Angel STATION」「Princess STATION」「Fairy STATION」と
サブタイトルもある、と発表されましたが、「これまでのライブとは違う」という
嫌な予感しかしない予告も合わせて残していき、不安しか感じられませんでした


「ミリシタから生まれたオリジナルユニットがメイン」ともありましたが、
これは実質既に5thでやっていますし、6thでもタイプ別と発表された時点で
事実上確定していたものでしかありません。「両日来て」などと言っていましたが、
「両日通し券」など発売してない時点で1公演当たりの完成度を下げる、
という宣言としてしか意味をなしていない
といつ気づくのでしょうか。

どうせPSTユニットの楽曲を、ミリシタ実装曲とカップリング曲、
両日別々にやる、とかいうしょうもない構成にでもするのでしょうが…。


その他諸々

話をゲームに戻すと、先日AS版が無償提供された初星宴舞の衣装、
「煌星装華」のプリンセス版の発売開始や、
「サンリズム・オーケストラ♪」の歌織を含む13人ライブの実装決定、
といった発表もありました。

前者は事実上最初から確定していたと言ってもいいものですが、
後者は期待こそしていましたが、本当に来るとは…というもの。
LTFのユニットもイベントで実装されるようになりましたし、
歌織の「オフィユカス」が出るのはもはや既定路線にすら感じます。
こうなるとやはり「LTF04」も期待したいですが、果たして。

そしていつものようにミリオンジュエル390個、更にはプラチナガシャ10回チケットの配布もあり、
そもそも番組内でオリジナルグッズを含む多数のプレゼント企画があり、
少し遅くなってのお年玉、としては十分なものと感じられました。

同時に、無能が幅を利かせるライブに対する不安も高まる事となりましたが、
一体いつになったらこの余計な不安と不満が消えることになるのでしょうか。

グリマスからミリシタに移行したと思ったらライブが無能のおもちゃになった、
というアンバランス感がミリオンの構造的なネックとなっていて歯がゆいばかりですが、
一刻も早くこの状況から抜け出し、あらゆる面で心の底から楽しめるタイトルになる、
そうあって欲しいですし、始まったばかりのこの2019年は、
一歩でもそこに向かって進む1年になることを願ってやみません。

シアターデイズ プレー雑感 その16

kage

2019/01/03 (Thu)

年も明けたばかりですが、年末年始にも色々とありましたので、
ここでまた書いておきたいと思います。


プレー状況

まずはいつものように現在の進捗について。
プロデューサーレベルは227、劇場ファン数は104万超のSSランク超売れっ子プロデューサー
年末にようやくファン人数100万人を超え、SSランクになることができました。

そうこうしているうちにやってきたのはミリオンフェスなわけですが、
結局前回のフェスから数えてみたら約3ヶ月、計13回連続SSR無しが続き、
さらにフェスに入っても3回連続SSR無し
、という天文学的数字を叩きだし、
この記録がどこまで伸びるのか、ということを期待するレベルに到達しましたが、
ここで重複SSRが出て記録は「160連」で一周回って残念ながらストップとなりました。

更にその後フェス限定の可奈志保が出たことで帳尻合わせが起きたかのような
気もしましたが、まぁどう考えても確率が壊れていた事は間違いなく…。
年を開けてもツイッターキャンペーンのおかげで無料期間は続いていますが、
年明けからの3日間は案の定SSRゼロ、という状況からのスタートとなっています。

果たしてこの運についてはどこかのタイミングで揺り戻しが起きるのでしょうか。
まぁ運に揺り戻しもへったくれもないとは人生観的には思っているのですけどね。


イベント等々

年末から新タイプのイベント「MILLION LIVE WORKING☆」が始まりましたが、
自由にライブを選んでポイントを稼ぎ、好きなアイテムと交換+簡易ストーリー付き、
という構成で、やたらと1日限定スパークドリンクが手に入ることもあって
余裕のあるイベントとなりましたが、これが今後毎月開催されていくのでしょうか。
少なくとも1月も実施、とは決まっているようですが…。

また、年始にはサプライズ楽曲として「THE IDOLM@STER 初星-mix」の追加、
さらに初星の衣装「煌星装華」、そして諸々のお年玉アイテム配布、
と大盤振る舞いとなりましたが、クリスマスでの「メリー」に続いてこれ、
という「AS推し」が続いていることは素直に喜ぶべきなのかどうか…
もちろん楽曲は無尽蔵にあり、投入できるものはどんどん投入してほしいですが、
ミリシタから一歩離れて見ると、やはり少し気になる動きではあります。

また、年越しのタイミングで「ミリシタカウントダウン2018-2019」という生放送が
配信され、そこで「Raise the FLAG」が次のイベントである、とも発表されましたが、
LTD、LTPに続いてLTFの投入で、もはや「次」に何が来るかは全くわからない、
という状況となりました。もはや無秩序な状況に突入したようにしか見えませんが
楽曲タイプやら報酬アイドルやらで一応バランスをとっているのでしょうか。
前者はともかく、後者は全くとっているように思えませんが…。

LTDのツアー、LTFの武道館、というCDシリーズのコンセプトを捨てた、
と思える動きが、曲自体の位置づけ、ストーリー性を損なう、というのは、
今回新規ストーリーが一曲ずつに与えられるという構成を持ってしても
勿体ないと思えなくもないですが、グリマス時代との決別、という前向きな意味なら、
そう悪くはないのかもしれません。まぁ、前述の「MILLION LIVE WORKING☆」は
逆に掘り起こしているようにしか見えませんけども。

なんにしても、ミリオンの、というか765プロの歴史までも含めて、
このコンテンツに全てを注ぎ込む、というくらいに見えるこのミリシタが、
今年一体どのように動き、そしてどうなっていくのか、というのは
今のミリオンP、そして765Pにとっては極めて重要
なわけで、
それは当然私としてもそうであり、今年も昨年に続き、
ここをベースとしてプロデュース活動をしていくことになるのは間違いないでしょう。

ミリシタ2018年もサンキュー生配信 新情報!

kage

2018/12/12 (Wed)

本日放送されたこちらの番組で諸々の新情報が出ましたので、
それについてザックリ見てみたいと思います。


THEATER CHALLENGE!!

実施自体は先日発表されたこちらの投票企画のテーマ配役が今回発表されました。
以下の通りです。

孤島サスペンスホラー
・主人公
・友達
・先生
・館の女主人
・メイド

おとぎの国の物語
・少女
・妖精
・魔法使い
・オオカミ
・旅人

近未来アウトサイダー
・ダスク
・バスターブレイド
・アマリリス
・ベルベット
・ファイナルデイ

3テーマ15役、ということでTB、そしてTAとも同じ構成になっています。
最初の発表時点で今回の投票対象は「52人」とあった通り、
これまでとは異なる展開にはなりそうですが、果たして…。

「孤島サスペンスホラー」は「劇場サスペンス」や「学園ホラー」とさして変わらない、
という感もありますが、一方で「おとぎの国の物語」「近未来アウトサイダー」は
これまでの6テーマとはテイストが違う感じとはなっています。
「ファイナルデイ」はトリプルデイの進化形か?

まぁ私のスタンスとしては、とりあえず投票の流れを見てから終盤に一挙投下、
というTBと同じ形で参加するつもりではあります。


MTG新ユニット

次回のプラチナスターツアーのユニットとして「りるきゃん 3little candy」が発表されました。
メンバーは可憐、というトリオで、今回の番組の出演者から想定できたメンツ。
そもそも次がMTGのエンジェル、というのも当然想定できる状態でしたし、
驚きの新情報、という感じでは全くありませんでした。

MVも披露されましたが、いかにも「エンジェル」っぽい、ゆるやかで可憐な感じの曲。
まぁMTGは属性別、というのがベースにありますし、エンジェルはこういう属性、
と言ってしまえばそれまでなのでしょうが、エンジェルに限らずどの属性においても、
一つくらい少し方向性が違う楽曲があっても面白いのでは
、と思えますね。


メインコミュ

次回メインコミュは「Dreaming!」と発表され、こちらもMVが披露されました。
前回の記事で「『Dreaming!』はもう少しドラマチックな演出があってもいいのでは」
と書きましたが、そんなものはなく普通に出てくるよう
です。
まぁこうして番組内で発表されただけ特殊、と言えるのかもしれませんが…。

また、合わせて3rdライブの衣装である「パルフェ・ノワール」のドロップも決まり、
曲もですが、この衣装も個人的に好きなものなので、楽しみに待ちたいと思います。


その他諸々

細かな話としては、毎年恒例の「ゆくM@S くるM@S」の放送決定とその出演者発表、
前述の「りるきゃん」のCD、MTG13の発売と、MTG12との合同リリイベ発表、
そして恒例の配信記念ミリオンジュエル390個配布、といった「既定路線」的なものから、
ツイッターキャンペーンの実施予告といきなりの目標達成で1000ミリオンジュエル配布、
「ミリシタカウントダウン」なる大晦日の映像配信決定、といったイレギュラーなものも。

「1.5周年」となるこのタイミングで「ハーフアニバーサリー」などという意味不明な、
最近トレンドらしい記念日企画も用意されている
とのことですが、何がハーフやねん…。

また、番組放送中にガシャが更新され、無料10連も実装されましたが、
私は案の定爆死。フェス以降重複含め1枚たりともSSRが引けない、
という事態は未だ続いており、かれこれ10回くらい連続で空振りしていることになるでしょうか。
ここまで来るともはや半永久的にSSRを拝めないのでは、とすら感じてきましした。

それはさておき、今回の発表はいずれも既定路線でしかない「想定の範囲内」
TBのCDについてきたARの機能が拡張されました、と言われましても…。

もちろん意外性のあることをやればやるほどいい、なんてことは一切ないですが、
何かしらもう一発大きいものがあればやっぱり嬉しかったかもしれません。
まぁ今回は「ミリシタ」の番組ですし、より大枠の「ミリオン」あるいは「765」としては
「ゆくM@S くるM@S」次第ですかね、やはり…。
まぁここではミリオンというより765ASの来年についてが一番の焦点になりますが。

とにもかくにも、昨年から今年にかけてかなり整備してきたミリシタが、年末も綺麗に締め、
そして来年は更に飛躍する、ということを期待したいところです。

シアターデイズ プレー雑感 その15

kage

2018/11/30 (Fri)

前回の更新からまた諸々と状況が変わっていますので
ここで書いておきたいと思います。


プレー状況

まずはいつものように現在の進捗について。
プロデューサーレベルは218、劇場ファン数は96万超のSランク売れっ子プロデューサー

ファン人数の「全員横並び」を目指して進めてきましたが、
ここにきてようやく全メンバーがトップを走っていたあずさに追いつき、
18500~19000人の間に収束させるところまで達成できました。

しかしながら親愛度には異常な開きがあり、5000にようやく達成したこのみと、
6200を超える瑞希、という、+20のふれあい60回分以上の差

これはそう簡単には縮まりそうにもありません。
何回事務所に入り直しても、毎回のように瑞希はいても、
このみは一ヶ月に一度でもいれば多いほう、という状況では、ね…。

まぁこんな仕様である以上、親愛度の横並びはあまり現実的ではなく、
新入手カードが手に入ったら当然その覚醒を優先しつつ、
ファン人数のバランスをこのまま取りつつ伸ばしていく、を進めていくしかないでしょう。

まぁその新カードも、ガシャにおいてSSRはフェス以降、
重複含めても一度たりとも引けていない、という穴に落ち込んでしまっているわけですが…。

そんな個人的な状況はさておき、ゲーム自体の仕様としては、
溢れかえっていたマニーの使い道がようやくできた、ということや、
メインコミュの更新速度の加速、という方向で改善はされていってると思います。

曲数も増えてきましたが、ミリオンミックスのフルコンボは2/3程の楽曲で達成できており、
1曲として出来っこない、と思っていた初期と比べると、我ながら随分成長したなとは思います。
かといって全曲はやっぱり無理だろうな、と思えてしまうところもありますが、
「全曲余裕」なんて状態よりは、「この曲はいけるかどうか」くらいのほうが、
「ゲームとしては面白い」状態のはずで、その意味ではいい塩梅なのかも
しれません。


今後のイベントについて

楽曲についてはもちろんメインコミュだけでなくイベントでも増えていくわけですが、
TBシリーズ3作が終わり、MTGに戻る、という事と同時に、
LTFの代表3曲が終わったと思ったら、同CDシリーズのトリオ曲ではなく、
LTDのデュオ曲解禁、という方向に行ったのには驚かされました。

当然いつかは実装するとは思っていましたが、これをやり始めると25曲、
単純計算で2年以上かかる、という領域に手を付けた
ことになりますからね…。

しかもそれをそのままやるでなく、次はLTPへの回帰、
ついに「PRETTY DREAMER」の実装、ということが予告され、
こうなると今後どういうペースで進行していくかますますわからなくなっていきます。

まぁ私としては別に何が来てもいいというか、今の毎月「新曲+旧曲」の構成は
ベストと言えばベストとも思えますし、本当に旧曲を全曲実装するその日までは、
絶対に運営し続けるというくらいの覚悟を示しているならそれでいい
とは思います。
まぁ現実的にそれが可能かどうか、というのは、今後の技術的な革新、
あるいは法的な問題等も含め、何が起きるかわかったものではないですが…。

取り急ぎはLTDに手を付けた以上はすぐに来ると思った「Dreaming!」を
どう出してくるか、というのがポイントですかね。
てっきり美咲が用意している衣装が「パルフェ・ノワール」で、
同時に実装されると思っていたら「パステル・トリコロール」という変化球でしたし…。

「Welcome!!」が以前あっさりメインコミュで解放されたのは肩透かしでしたが、
「Dreaming!」はもう少しドラマチックな演出があってもいいのでは、と思っています。

また、「イベント」、という意味では、リアルイベントであるTB02のリリースイベントに
無事当選し、年末最後のはずのイベントに参加できるのが確定したのは何よりでした。

「ミリシタ2018年もサンキュー生配信」なる生放送も決定し、ここで何が出るのか、
というのもありますが、なんにしても最大のイベントは「6thライブツアー」であるはずで、
自身の当選を願い、祈るのは当然のことではありますが、
このライブに向けてミリシタ自体がどう動くかももちろん大きなポイントでしょう。

5thは「(ミリシタとは直結しない)MPシリーズ」+「ミリシタ新曲MTGシリーズ」を
軸にしていましたが、6thではMTG後半組(と再び前半組が)軸になるのは当然として、
それ以外をどう組むか、というのがキモになってくるはず
です。
…属性で縛ってしまっている以上、既に選択肢は限られているようにしか思えませんし、
まさかこの期に及んでサプライズという愚行は繰り返しはしまい…
と思いますが、無能の発想は常軌を逸していますからね…。

なんにしても、このミリシタと声優ライブが2本柱であるミリオンの現状においては、
その二つの相乗効果を期待する、というのは当然のことでしょう。
まぁそうは言っても、やっぱりもう一本くらい別メディアの柱も欲しいですけどね。