カテゴリ:ミリオン6thライブ の記事リスト(エントリー順)

ミリオン6thライブ 福岡公演 総括

kage

2019/07/07 (Sun)

生配信と順番は前後しましたが、福岡公演の総括も書いておきます。


物販

天候は仕方ない、というか天候さえもこの時期に福岡での公演はリスクが高いのは
わかりきっていること、という事も踏まえればそれさえも仕方なくはないのですが、
それはさておき、開幕の仙台はともかく神戸よりは全体の売り切れペースは
早いくらいで、結局のところ需給のバランスは取り切れていなかった、
というのをこの福岡公演まで含めての今回の総括としていい
でしょう。

とは言え限定CDについてはどこも売り切れず、そこに関してだけは特に注力した、
というか単純に増産しただけでしょうが、評価してもいいのかもしれません。
まぁ今までが酷すぎただけで、マイナスがゼロになっただけでもあるのですが。

今回のツアーの反省が活かされるかどうかは7th…ではなくてSSA追加公演で
試されるはずですが、そもそも追加グッズというのはどれくらい出てくるのでしょうか。
今までの3会場のグッズ全て集めました、だけではないでしょうが…。
流石に限定CD追加、はないとは思いますが、果たして。


ライブ内容

仙台と神戸は同一フォーマットだったものをこの福岡では一部変えた、
ということで、例えば「ASカバー」と呼べていたパートは実はそうではなかった、
ということや、そのパートすらないユニットがあった、ということになりますが、
言ってしまえば勝手に作ったフォーマットを勝手に壊しただけの
「セルフサプライズ」的なもので、サプライズゲストを封じられたうえでの苦肉の策、
としか思えないのは無能演出家の日頃の行いが悪いから
に他ならないでしょう。

ユニットとしての魅せかたとしても、D/Zealと夜想令嬢はそれぞれの個性、
というものを強く打ち出したステージ演出になっていましたが、
一方でEScapeやJelly PoP Beansはそれほどでもなかった、というのは
元々のユニット自体の個性の問題も当然ありますが、演出家の力不足、
という側面も当然あるはず
で、それをここまでの2会場以上に強く感じました。

もちろん、演者の力量が素晴らしかったのは言うまでもないのですが、
その力量をより感じられたのは余計な演出の少なかったソロのほう、
というあたりが良くも悪くもミリオンらしく、この演出家と合わない理由、
ということもまた認識できるものでありました。

ともあれ、これで属性別公演は終了となり、次回SSAで一堂に会するわけですが、
各ユニットをどう扱うのか、そもそもソロはあるのか、という事も含め、
文字通りこのツアーの総決算になるはずで、「6thライブ」としての評価はそれ次第になります。


新情報

ツアー千秋楽、2周年当日だけにドドンと大型情報が出てくる、かと思いきや、
1日目は公式自らフライングさえしたミリシタアジア展開という斜め下のものと、
ライブではなくMVでの2周年新曲「Flyers!!!」の披露、というもので、
2日目はSSA追加公演
、ということで、期待したものとは異なりました。

とは言えSSA追加公演というのは言うまでもなく極めて大きい話であり、
今回のライブタイトルの末尾が「!!!!」と4つ「!」があることで追加公演があるのでは、
とは最初から予想されてはいましたが、本当にそれをやるとは、
ということで、悪い意味での浅さを感じることとなってしまいました。
もちろんライブがあるという事自体は喜ばしい事ですけどね。

その追加公演の出演者については、具体的には以下の通り。


1日目
<トゥインクルリズム>
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
村川梨衣さん
<閃光☆HANABI団>
駒形友梨さん
上田麗奈さん
浜崎奈々さん
渡部優衣さん
大関英里さん
<D/Zeal>
愛美さん
田所あずささん
<Jelly PoP Beans>
中村温姫さん
戸田めぐみさん
斉藤佑圭さん
渡部恵子さん
<Cleasky>
角元明日香さん
桐谷蝶々さん
<りるきゃん 3little candy>
近藤唯さん
小笠原早紀さん
Machicoさん
<ビッグバンズバリボー!!!!!>
藤井ゆきよさん
末柄里恵さん
<オーディナリー・クローバー>
香里有佐さん
夏川椎菜さん
山口立花子さん

2日目
<Charlotte・Charlotte>
諏訪彩花さん
郁原ゆうさん
<STAR ELEMENTS>
山崎はるかさん
木戸衣吹さん
種田梨沙さん
<夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE->
小岩井ことりさん
藤井ゆきよさん
野村香菜子さん
山口立花子さん
<EScape>
阿部里果さん
南早紀さん
雨宮天さん
<4 luxury>
香里有佐さん
末柄里恵さん
平山笑美さん
高橋未奈美さん
<ピコピコプラネッツ>
田村奈央さん
麻倉ももさん
稲川英里さん
夏川椎菜さん
<ラスト・アクトレス>
渡部恵子さん
<アイドルヒーローズジェネシス>
愛美さん
小笠原早紀さん

3属性12ユニットを各ユニット2属性ずつ両日に振り分け、さらにTB等のミリシタ実装曲を
ゲストという形で追加し、場合によっては両日出演メンバーもいる、という構成です。
メンバーの重複を除外するために、1日目に元々オリジナルメンバーの揃うアイドルヒーローズと、
2日目に同じく揃うWhite Vowsについては常軌には記載していません。

この構成で最大の注目は言うまでもなく小笠原早紀さんの名前が
明記されている事
であり、このライブまでに復帰できる、ということがわかっているのは、
何よりも大きな朗報であることは間違いありません。ただ、無論何よりも健康を優先すべきで、
場合によってやはり欠場、となってもやむを得ないでしょう。

それ以外についてだと、ゲストをこうして明記しているという事で、
「サプライズゲスト」の可能性を一見なくしているようにも思えますが、
これはなんとも言えないでしょう
。4thについて何の反省もないのであれば
ここは絶対サプライズになっていたわけで、そこの反省があることは救い…
と言えるのですが、結局本当にこれ以外にサプライズゲストがないのが前提ですからね。

いずれにしてもこれほどまでにユニットをずらりと並べる以上、人数的にも
ソロ曲というのは現実的には可能性は低く、ユニット曲オンリーの可能性は大です。
もちろんこの出演ユニットの曲は当然なわけで、「それ以外」がどうなるかが重要ですね。
まぁそのあたりについてはまたライブ直前に、としておきましょう。

新情報について改めて考えると、「ミリシタの話」はライブから1週間後のイベント、
つまり昨日のイベントで複数の話を詳しくしたことで十分満足いくこととなりましたが、
「ミリオンの話」をやはりこのSSAで求めたいですが、果たしてどうなるでしょうか。


SSA追加公演へ

仙台、神戸を経てのこの福岡公演。
神戸からの期間がいささか空きすぎ、ということもあってツアー感は
やや薄れるものとなりましたし、天候という全く別の不安もありましたが、
少なくともライブ内容については、演出面での不安は「案の定」の範疇で、
「そういうもの」として楽しむことはできました


ただ、それよりもSSA追加公演がある、という発表のインパクトが大きく、
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、
発表方法はもう少しどうにかならなかったのか、と思えてしまうのも確かです。
結局ここまでは「前座」と考えることもできる、という構成ですしね。

この福岡に限らず、5thで披露した楽曲はそれとは異なる演出を基本とし、
初披露となった楽曲もその特性を生かして、という構成だったわけですが、
それを踏まえてSSAでどのような演出とするのか、というあたりがポイント、
というか不安にしかならない部分
でもあります。

まぁ演出家が変わらない以上は抜本的な改善はありえないわけで、
それがわかっている以上は仙台程の、もっと言えば4th程の失望はありえない、
ということで、マイナス思考をプラス思考に無理やり切り替えるほうが健全でしょう。

演出はともかく、3会場6公演を経ての12ユニット39人の成長、
というものは間違いなく感じられるはずで、それが楽しみなのは間違いありません。

そうなると最大の問題はもちろん、自身が両日現地に行けるか、に尽きてしまいますね。


ミリオン6thライブ 福岡公演 レポート その4

kage

2019/07/05 (Fri)

21(1日目)/20(2日目).brave HARMONY
(野村斉藤山口)

オリジナルメンバー二人に追加メンバーと別メンバーという変則カルテットでしたが、
曲の持つ勇ましさ、力強さをしっかりと感じさせてくれるのは当然、
この4人ならではのオリジナルのハーモニーという意味でも楽しませてくれました


22(1日目).Silent Joker
(阿部)

5thに続いての披露となったこの曲。カッコよさ、クールさ、というのが前面に
推しだされた曲ではありますが、その中に瑞希の感情、というものを
しっかりと感じられるものでもあり、その熱さを確かに受け止めることができました



23(1日目).鳥籠スクリプチュア
(小岩井)

威圧感とさえも言えるような独特の雰囲気を纏うこの曲は、夜想令嬢の衣装とも合い、
魔性のオーラを感じさせるステージをしっかりと魅せつけてくれました


21(2日目).ローリング△さんかく
(渡部)

ミリシタ実装曲とは言え、5thばかりかメガトンボイスでも披露しており、
流石に食傷気味な感もありましたが、それでも、だからこその安定感のある
パフォーマンスでもあり、桃子らしさをしっかり感じられるステージ
でした。


22(2日目).HOME RUN SONG♪
(斉藤)

ここまで来たらソロのトリはもちろんこの曲しかありません。
とにかく「爽やか」の一言に尽きる曲であり、パフォーマンスでもありましたが、
しっとりと締めるのではなく、軽やかに締める、オンリーワンのクローザーとして、
このツアーにおけるセーブをしっかりと記録した
と感じられました。


24(1日目)/23(2日目).Raise the FLAG
(藤井戸田阿部)

ユニット曲の候補は数あれど、オリジナルメンバーが揃いミリシタでも実装済み、
ということでかやはりこの曲が来ました。ミリシタでの物語はもちろんのこと、
それぞれが別々のユニットでの経験を経て再び集結、という感もあり、
曲の持つ力強さはより高まり、パフォーマンスは更に向上し、
新しい時代を確かに掲げる、熱いステージを堪能させてくれました



25(1日目)/24(2日目).侠気乱舞
(中村愛美渡部小岩井)

両日ともに最後はこの曲。風来坊とお嬢はオリジナルながら、魔王と村人は
別世界から招集、というカルテットで披露されることとなりましたが、
曲の持つ侠気をしっかりと感じさせつつ、この四人だからのパラレル感もある、
オリジナルの乱舞を楽しませてくれるパフォーマンス
となっていました。


MC

ここでMCとなり、両日とも披露してきたソロ曲を一曲ずつ振り返る流れに。
そしてここでも「最後の曲です」で一応の最後の曲へと行きます。


26(1日目)/25(2日目).DIAMOND DAYS
(フェアリースターズ)

ここまで来たら当然この曲、となります。
フェアリーらしい輝きを、しっかりと感じさせ、一旦のフィナーレとしてくれました


アンコール

「最後の曲」が終わると、個別の挨拶もなくメンバーは捌け、アンコールへ。
一日目の流れは神戸までと全く同じでしたが、
二日目はここで社長が登場となり、SSA追加公演の発表を行い、
テンションを最高潮にあげてアンコールへとつなげていきました。


E1.UNION‼
(フェアリースターズ)

1日目はもちろん、2日目も新曲にも新衣装にもならずにこの曲が「ヌーベル・トリコロール」で
披露されました。1周年からちょうど1年、2周年でも変わらずその輝きを感じさせるこの曲は
やはり美しく映え、勇壮のブルーを感じさせてくれました



MC

ここで最後の一人ずつの挨拶へ。1日目は「裏で先に泣くことを覚えた」という戸田さんが
2日目はしっかりここで泣く、という一種のネタで楽しませてくれる、ということもありましたが、
特に二日目は帰りの時間に配慮してか非常に手短にスムーズに流れていきましたが、
その中では「またSSAで」というメッセージも多く、次へとつなげるものとなっていました。


E2.Brand New Theater!
(フェアリースターズ)

最後の最後はもちろんこの曲。2周年を迎え、さらに次のステージへ、
というこの公演でもやはりこの曲は映え、2番でのフリータイムの楽しさもあり、
テンションを限界まで上げてのフィニッシュ、としてくれました。


閉幕

最後の曲が終わったことで、今度こそ閉幕に。
1日目はむさくるしいレスラーに続いてミリシタのアジア展開の発表、
新テレビCMとMVの公開、そして「Flyers!!!」の発表となりましたが、
2日目は特筆すべきものはなく、SSA追加後編へ持ち越し、となりました。

そう、全てはSSAで、という形での閉幕となったわけです。

次回が福岡公演総括になる予定ですが、
明日のイベントでの新情報次第で前後するかもしれません。


ミリオン6thライブ 福岡公演 レポート その3

kage

2019/07/04 (Thu)

15(1日目).Border LINE→→→♡
(山口)

後半ブロックのトップバッターは5thに続いての披露となったこのソロ曲でした。
ヴァンパイアとはまた違う、ヒトのオトナの魅力が溢れるこのセクシー楽曲で、
スタイリッシュな衣装が逆に映える、というギャップも魅力なステージとなりました。


16(1日目).STEREOPHONIC ISOTONIC
(中村)

二択に絞られたソロのうちで披露されたのはミリシタ未実装のこちらでした。
ソロ3曲ともそうではあるのですが、歌詞からテンポからロコ曲らしいロコ曲であり、
その世界観をしっかりと感じさせてくれるパフォーマンスだった
と思います。


17(1日目).Oli Oli DISCO
(戸田)

こちらも5thに続いての披露となった曲。後のMCでも戸田さん自身が語ったように、
5thよりもフリが増え、よりダンサブルに感じされるパフォーマンスとなっており、
曲の持つらしさをよりダイレクトにパワフルに感じられる、
間違いなく「5thからの成長」がしっかりと見て取れるエモーショナルなステージ
でした。


18(1日目).瑠璃色金魚と花菖蒲
()

文字通りこの曲しかないわけですが、だからこそその成長が試される、というステージでもあり、
5thで一つの完成を見たパフォーマンスをどう仕上げてくるか、というものでもありました。
蓋を開けてみれば、その期待に十二分に応えてくれる、凄みを感じられるものとなっており、
たった一つの得物をしっかりと磨き上げたことに感服すらできました


19(1日目).スタートリップ
(愛美)

こちらも選択肢は既に二択でしたが、福岡はジュリアの出身地、ということで
当然のごとくこの曲が披露されることとなりました。
D/Zealという物語を経てのこの曲、という観方もできるこのステージは、
5thともまた異なる、感傷的な気持ちを生み出してくれるもの
となりました。


20(1日目)/15(2日目).Decided
(田所雨宮)

ミリシタ未実装とは言え、オリジナルのデュオはプリンセスとエンジェルのこの曲を
まさかこの公演で、というのは想定のしようもありませんでしたが、
曲調的には「フェアリー的」であり、そしてこの二人ならば、という曲なのも確かではあります。

そんな特別な選曲をしっかり自分たちの楽曲化のように歌いこなし、
その力強さと物語性を感じさせてくれる、力感あふれるステージ
でした。


16(2日目).恋心マスカレード
(野村)

ミリシタ実装曲がここでトップバッターとして登場。気品や美しさを感じさせつつ、
儚さをもまとうこの曲のここでのパフォーマンスは、ミリシタ実装=CD音源も、
周年ライブ初出演となった3rdをも当然超越する見事なクオリティとなっており、
その世界観にしっかりと引き込んでくれる、会心のステージ
に感じました。


17(2日目).ライアー・ルージュ
(雨宮)

後のMCで本人が言っていたように、披露してきた回数が多く、悪い意味で慣れてしまう、
ということもありえる曲でしたが、そのうえで「必死さ」をしっかりと感じられる、
全力を振り絞ったようなステージとなっており、これまでのステージともまた違う、
この6thだからこそのパフォーマンスとして胸に焼き付けてくれました



18(2日目).フローズン・ワード
(藤井)

クールにハードに、そしてエモーショナルに、という楽曲ではありますが、
4thの時とはまた違った、より疾走感を感じられるような、良い意味で重さのない
パフォーマンスにも感じられるもの
で、また違う印象を受けることとなりました。


19(2日目).Catch my dream
(田所)

曲自体は予想通りでしたが、しかしこのタイミングで来るとは…となったこの曲。
タイトル通り夢を歌う曲ですが、後のMCで語った通り、D/Zealという物語を経て、
より夢に近づいた、という事が感じられるパフォーマンス
となっており、
爽快感と暖かさ、その両方を感じられる、圧巻のステージだったと思います。


次回がレポートのラストです。


ミリオン6thライブ 福岡公演 レポート その2

kage

2019/07/03 (Wed)

8.I.D~EScape from Utopia~
(EScape)

3つ目のユニットjはやはりこちらでしたが、楽曲はB面のこちらから、でした。
テクノポップという感じでサイバーな音が軽快に紡がれていくこの曲ですが、
高音が美しく、そしてキレが良い三人の歌声が綺麗に重なっていくことで、
テクノ感というものをより色濃く感じられるパフォーマンスになっていた
と思います。


9.Mythmaker
(EScape)

自分で予想していたとはいえ本当にドンピシャで来ることで驚かされた一曲。
こちらもテクノ感がありながらも、より厚く重みのある楽曲となっており、
3人のアンドロイドとしての表現も前曲とはまた異なったものに。
その曲の厚みを三人で構成し、サイバーな世界を表現してくれました


10.Melty Fantasia
(EScape)

MCを経て、ここでこの代表曲の披露に。5thでも披露されていたわけですが、
夜想令嬢のような明確な演出の違いというものもなく、だからこそ本来の
パフォーマンス力がダイレクトに試される、というステージでもありましたが、
当然のごとく、3人の力量の高さをしっかりと感じられるものとなっており、
美しくも儚い楽曲の世界を描いてくれた
と思います。


11.LOST
(EScape)

夜想令嬢でカバー曲がなかった分がここにあてこまれたかのようなカバー曲2曲目。
ここまでのアンドロイド感溢れるテクノ3曲とは異なる、はっきりと感情を乗せた、
エモーショナルなバラード曲で、このEScapeの物語のフィナーレをしっかり描き、
最後のイメージイラストを模したステージでの倒れこみも含め、
ユニットの持つ魅力をここまでの3曲とは違う形で感じさせてくれた
と思います。


12.ART NEEDS HEART BEATS
(Jelly PoP Beans)

イントロで「月曜日のクリームソーダ」かと思わせてのまさかのロコソロを4人で、というこの曲。
ロコのアーティスティックさをダイレクトに表現したこの曲をあえて4人で、という事で
このロコプロデュースユニットの在り方自体を描いた、という感じだとは思いますが、
5thでソロで披露されたばかりのこの曲を全く違った形で、という意味でも、
新鮮で見応えのあるステージになっていた
と思います。


13.I did + I will
(Jelly PoP Beans)

イントロから何からまさにレトロ、という雰囲気をフルに持つこの曲。
照明などではそのレトロ感を演出しつつ、パフォーマンス自体は小細工なしのストレートなもの、
という構成もそのレトロ感を表現し、曲の魅力をダイレクトに感じることができました。



14.月曜日のクリームソーダ
(Jelly PoP Beans)

最後はもちろんこの曲。5thでは披露されていない周年ライブ初披露楽曲なものの、
このライブでのスペシャルバージョンとしてタップダンサーのパフォーマンスをプラス、
という演出が必ずしも必要だったとは正直思えませんでしたが、
バックダンサーを含めての大人数のステージ、という構成で「劇場感」はしっかりあり、
このレトロで独特な世界観を持つ楽曲を表現するものともなっており、
フェアリー4ユニットだけでない、3会場12ユニットのトリとして、
「大団円」を感じさせるフィナーレをしっかりと表現してくれた
と思います。


続きます。


ミリオン6thライブ 福岡公演 レポート その1

kage

2019/07/02 (Tue)

1.FairyTaleじゃいられない
(フェアリースターズ)

フェアリー公演の開幕はもちろんこの曲から。
一般的な「妖精」のイメージとは異なる、ミリオンの「妖精」の力強さと勇ましさを
象徴する楽曲で、13人並んでのパフォーマンスでそのパワーを魅せつけてくれました



2.ハーモニクス
(D/Zeal)

予想通りのトップバッターとなったのはこのロックデュオで、最初はもちろんこの楽曲。
マリンメッセという広大なアリーナを舞台にしながら、ライブハウスの凝縮された熱さを
生み出す、というエネルギッシュなステージ
で、会場を飲み込んでくれました。


3.流星群
(D/Zeal)

暗転の中愛美さんがギターを手に取り披露されたのはまさかのこの曲。
当然のごとく765ASカバー曲が来るはず、と思わせてのこれ、という構成は
サプライズ大好き演出家らしいものですが、サプライズゲストよりははるかにマシで、
メインボーカルは田所さんでギターはもちろん愛美さん、という魅せ方は新鮮でもあり、
これまでとは違う銀河から流星群をこのステージに降り注いでくれたようでした。


4.SING MY SONG
(D/Zeal)

MCでギターを持ち替え、田所さんが選曲したというこの曲へ。
弾き語り、と言うには弾きと語りは別々ですが、いずれにせよ、ギター音源のみでの
田所さんの歌唱、というのもまたこれまでとは異なる魅せ方であり、
歌詞の通り一音一音を大切にする歌い方で、この楽曲の世界観を広げると同時に、
その高い歌唱力をダイレクトに堪能させてくれました



5.餞の鳥
(D/Zeal)

D/Zealの最後はもちろんこの曲。
二人が歌声を重ねて物語を紡いでいく、という楽曲で、
その美しいハーモニーで歌詞の世界を表現し、会場全体を包み込んでくれました


6.昏き星、遠い月
(夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-)

5thの時点でヘッドセットを使ってのミュージカル調のパフォーマンスとなっていましたが、
今回はヘッドセットなのが変わないだけでなく、そのまま曲を歌うのではなくて
劇の中に歌を散りばめていく、という正真正銘のミュージカルと言っても過言ではない
パフォーマンス
となっており、5thとの差別化を明確に打ち出したものとなりました。
周年ライブで同じ曲を続けて披露、という構成の中での差別化はあってしかるべきで、
それをこの曲だからこその表現で、というのことで非常に印象的なものとなりました。


7.Everlasting
(夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-)

カバー曲を挟むことなく、こちらの曲へ。山口さん、というかエレオノーラの独白から入り、
この歌う、というより語り掛けるかのような楽曲の世界を表現。
こちらはミュージカル形式でこそないものの、その延長として感じられる構成となっており、
美しく儚い楽曲の世界が、この夜想令嬢の物語を綺麗に締めくくってくれました

楽曲の後での挨拶では、声優名は名乗らず、劇で役を演じたアイドル、という体で、
他のユニットとは異なり、最後の最後まで「ミュージカル」の世界を貫き通しました。


続きます。