カテゴリ:アニメ の記事リスト(エントリー順)

Prologue SideM -Episode of Jupiter- 雑感

kage

2017/10/01 (Sun)

昨日深夜に放送された当番組についての雑感を予定通り書きたいと思います。
当然ネタバレもありますので、未視聴の方はお気を付け下さい。


「Episode of Jupiter」として

最初から今作はジュピターの「あの後」を、315プロ入りするまで描く話、
ということはわかっていたわけですが、そのうえでのこのストーリーは、
良く言えば「極めて自然」、悪く言えば「普通」の話だと感じられるものだったと思います。

要するに、何も意外性はないし、驚きもないし、無理もない。
「これしかない」というストーリーがそのまま描かれた、ということですね。

これ自体はもちろん「良い事」であり、ネガティブなものではありません。
それこそ、「アイマスアニメの前作」であるシンデレラのアニメが「無理がある」展開で
ドン引きさせられることが多かっただけに、たった一話の短編であっても、
これだけ自然に描かれるのは観ていて相対的にも心地の良いものだったからです。

「Episode of Jupiter」として、ジュピターの物語をきちんと描いたということは、
一プロデューサーとして、というか一765アニメの視聴者としての私としては、
素直に良かったと言えるものだった
、という事もできます。


「0話」として

そう、確かに「Episode of Jupiter」としては良かったのですが、
しかしながら「SideM」の「Prologue」、つまり「0話」として良かったかというと、
それはまた別の話
、というのが評価になります。

315プロが新しい事務所であること、そこの社長が非常に個性的であること、
そして所属アイドルはジュピターだけでなく…というところまで紹介され、
さぁ次回から本編開始、という構成自体が悪いとは思いませんが、
一方でその構成から「次」への興味関心が沸くかと言えばそれはまた別なのです。

「濃い」社長のキャラクター性も好意的には受け止めにくかったし、
「1話」で詳細に紹介されるのはわかっていても「ドラマチックスターズ」の唐突感には
「無理のあるつなげ方」を感じられ、決してプラスには感じられませんでした。

最後に性別不詳のプロデューサーらしき人物も登場し、さぁ果たしてどんな人物か、
というのも引きとしては王道なのはわかりますが、そのあざとさもプラスにはなりません。
「プロデューサー」は「プロデューサー」であり、主役ではないはずなのですから、
そこにフォーカスを当てる、というあり方が良くは思えないのです。
…この人物がPでなくてアイドルの誰か、というのなら話はまた別ですが。

そして何より、「ジュピターが315プロに所属するまで」が綺麗に描かれ過ぎたからこそ、
これから描かれるはずの「その先」とは切り離されているようにも感じられ、
「その先」への興味が薄れてしまった
、というのが私にとっては致命的にも思えました。


アニメ「SideM」への対応

以上までを踏まえ、これから始まる本編について私がどうするか、
という事の結論は、「観ない」というものになります。
正確に言えば、「放送をリアルタイムで観て、ブログの記事を書くことはない」です。

「これから先の315プロが観たい」と思わせるものが今話になかったから
というのがその主な理由で、それが何より重要でしょう。

とは言うものの、「アイドルマスター」の名を冠し、アニメという触れやすく、
かつ大きなメディア展開を完全に無視し続けられると決まったわけではありません。

前の記事でも書いたように、アニメ公式ツイッターが異様なまでにSideMを宣伝し、
嫌でも目に入る状況で、放送中に興味関心が沸くような「何か」がもしそこにあるのなら、
後追いでも観ることはあるかもしれない、ということですね。


SideMとは関係ない、というか、アイマス自体とも関係ない、私自身の本質的な問題として、
あらゆる事象に対して柔軟性に欠ける、という事もあり、それがあらゆる可能性を摘んでいる、
というのは確実にあります。だからこそ、そこを意識的に打破するためにも、
「これは観ない」とここで確定させるのではなく、「場合によりけり」と今作に対して
柔軟性を持たせる、ということで自分の人生にプラスにしたい
と思います。

「アイマスは人生」「アイマスと人生」どうとでも書けますが、SideMもアイマスである以上、
どういう形であれ私の人生に何かしらの影響を与えてくれるものとして存在してくれるはずで、
それこそが今作への最大の期待
、そういう心情で、これからの放送を待ちたいと思います。

アニメ「SideM」に対する当ブログの対応について

kage

2017/09/30 (Sat)

さて、本日深夜に765アニメからSideMアニメへの架け橋となるという「Episode of Jupiter」が
放送され、そして来週よりアニメ版SideMが放送されるわけですが、
今回はそれについて当ブログでどう扱うかについて書いていきます。


SideMへのスタンスについて

そもそも当ブログではSideMに関する記事は数えるほどしか書いておらず、
このアニメ化に関してをメインとした記事や、先日配信が始まった「LIVE ON ST@GE」に
ついても全く触れてきていない、というスタンスでありました。

それはもう単純にSideMというタイトルに対して、まるで興味関心が沸かず、
何らかの形で楽しみたいという感情さえ全く芽生えないから
、に他なりません。

そうは言っても「アイドルマスター」の名を冠し、実際に既に「合同」と呼ばれる流れが
公式に実行されてしまっている現状においては、「無視」が通用しなくなってきています。

声優のニコ生なんかもわかりやすいですが、ツイッターのアニメアイマス公式アカウントも、
シンデレラのときとは比較にならない程の頻度でSideMについてはツイートしたり、
リツイートしたりを繰り返し、という事も含めて「無視したくともできない」わけですね。

ではどうするか、といったところで、結局自分が観たいものと同じ空間にある/いる限り、
不要/不満なものも我慢して見るほかない、というのが実際の対応になってしまうわけです。

そんな現状ですが、SideMの中で、一人を除いて最も「情」が持てる存在が
ジュピターなわけで、765のアニメから直結しているという「Episode of Jupiter」は、
見てみても損はしないのではないか
、そう思っています。


アニメ「SideM」へのスタンスについて

ジュピターについてのスタンス、というのは以前どこかで書いた気もしますが、
決して嫌いなわけでも恨みつらみがあるわけでも全くありません。
「2」を含めてのいくつかの展開で触れることで前述の通りの「情」が沸く存在ですらあります。


アニメ、そして劇場版に登場した彼らが、その後どのような物語を紡ぐのか、
というのはアイマスのプロデューサーとして、というか一視聴者として興味のある話でもあります。

という事も踏まえ、「Episode of Jupiter」に関しては試聴した上で、
その記事についてもシンデレラアニメの時のような雑感的に書こう
と思っています。

そして、これを観たうえで、その先のアニメ本編を視聴するか否か、
そしてブログの記事として書いていくのか否か、というのを判断したい
と思います。

315プロのアイドルについて、一人を除いた他のメンバーについてはまるで知ならないからこそ、
ここでジュピターについてだけでも「これからの315プロの物語を見たい」と思わせてくれるか、
それを判断したい、そう思っているのです。

実際のところ、このパターンをもって765のP、アニメ視聴者を、
SideMにも呼び込もうというのが公式の戦略のはずなわけで、
その戦略に実際に乗るかどうか、というポイントに私も立つ、という事になります。

「Episode of Jupiter」については既に先行上映されており、評判は上々のようですが、
果たしてこれが私に突き刺さるという事があるのかどうか…というところですね。


依然としてアイマスとは関係のない事態が頭を悩ます日々は続いているのですが、
このSideMのアニメがその中で少しでも日常の中の楽しみ、とは言わないまでも、
プラスの意味での刺激になりうるのならそれに越したことはないし、
その可能性がここに見いだせるのか否か、という視点を持って、
ジュピターの物語をまずは観てみたいと思っています。

シャイニーフェスタアニメ 総括

kage

2015/01/05 (Mon)

さて「シャイニーフェスタ」に収録された3作品について見終わりましたので軽く総括を。

本編の26話を受けた上で、このゲームに対して作られたという物語であり、
キャラ造形などはその本編を終えたものに準拠した形になっています。
それが最も顕著なのは千早でしょう…というか他のメンバーからはわかりにくいですね。

そしてゲームに準拠して3チームに分けられたことで少人数になり、それぞれでしっかりと
全員にスポットが当てられる…なんてことにはここまで見た通り全くなっていません

まぁそうは言うものの、1話で4人なり5人なりをしっかり立たせる、というのが
簡単なことで無いのはわかりますし、まず各話ごとのテーマがあり、それを活かせるメンバーに
スポットを当てた、というなら納得
です。…が、その結果はアニメ本編同様の人選ですが…。

まぁそうしたメンバーの扱いの差をみないことにすれば、それぞれの作品ごとの出来というのは
十分なも
のだと感じられますし、アイマス初となる楽曲のアニメPVの完成度も素晴らしいもの
共通の「MUSIC♪」はもちろん、各オリジナル楽曲はそれぞれの個性が光るものでありました。

そしてそもそもで言えば、このアニメはゲームのオマケ的なものでもあるわけで、そう考えれば
丸々1本ずつ、完全新作アニメが入っている、これ自体がとんでもないことのはず
そこは忘れてはいけないポイントではないかと思います。

アニメ自体、本編26話、そして映画で765プロの物語はしっかりと描かれました。
そして映画のエンディングを受ければ765の2期の可能性は決して高くないでしょう。
それを踏まえて考えれば、彼女たちのアニメにおける活躍の場というのは
限られているわけで、その中の一つとしてこのSFアニメもまた光る存在
です。

SFの本体ではもちろんのこと、現在は映画BDの特典でも見ることができる今作。
アニメ本編とも映画とも異なる場での彼女たちの輝き、見逃すわけにはいかないでしょう。


【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版(オリジナルデカ缶バッチ(15cm)3種セット付き)(完全生産限定版)【Amazon.co.jp限定】THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版(オリジナルデカ缶バッチ(15cm)3種セット付き)(完全生産限定版)
(2014/10/08)
不明

商品詳細を見る

シャイニーフェスタアニメ 「Music of love」 Bパート

kage

2015/01/04 (Sun)

ちょっとスタッフに挨拶するだけのつもりが、話が長引いてしまったようで、
走って美希の待つホテルのプールに向かうP。

そこではしっかりと美希が待ってはいたのですが、その後ろ姿はあまりにも暗く、重く…
遅れたことを謝罪するPに対し、「どんな気持ちで待ってたかわかる?」と問う美希
「他のメンバーのときは遅れなかったのに、自分のときだけ」という美希の言葉は正論ですが、
本質的な問題はそこではないはず。他のメンバーのときは確かに遅れることなく、
楽しくデートを過ごしていたわけですが、それに対して嫉妬を覚えてしまった美希
けれどもそれ自体自分が立案した企画だから、否定することもできず、悶々とする気持ち。
そしていざ自分の番になっても一向に来ないP…。
Pの遅れの理由を聞いても、謝罪を聞いても、
それで納得がいかないほどに精神的に厳しい状態になってしまうのは必然で、
「今からでも」というPに対して「もういいの!」とその場を後にすることになります。

そしてホテルの部屋に戻り、ベッドで塞ぎ込む美希達の言葉も全く通じる状態ではありません。
優しく接する雪歩に対しても「ほっといて!」と突き放す有様です。そんな状態を美希自身、
正しいあり方だとは思っておらず、「ハニーのバカ」「でもミキのほうがもっとバカ」と呟きます


そんな美希の様子を受け、そして達3人で少し話し合いをするような形に。そして皮肉にも、
その中で「恋」のあり方が見えてくるようなことになります。

翌朝、しっかりとアラームで目を覚ます美希意外とちゃんと起きるんですね…。
そして部屋のドアの前には貴音達からの手紙があることに気づきます。
それにしても、達筆だから貴音が書いたのでしょうが…「てぇまぱあく」って…。

gt6.jpg

怒られるのでは、と思いつつも、その手紙の指示通り「テーマパーク」で待つ美希
そこにやってきたのはまず雪歩貴音でした。そこで美希雪歩が同時に「昨日はごめんさない」と
頭を下げて謝罪します。美希にはちゃんとこの素直さがあるのが良いところですし、
雪歩達の側からも、美希の気持ちに配慮できなかった、というところで綺麗な謝罪
です。

そして雪歩達3人が美希に元気になってもらうために考えた、というのが男装で正装した
とデート、という形でした。Pとのデートが叶わないなら、せめてと…ということですね。
雪歩の心中は複雑…ではこの場面では流石にないでしょうし、自身も納得してなのは当然のはず。
そしてその気持ちを受け取った美希に、雪歩貴音にも抱きつき「大好きなの」と。

そこに白のタキシードで正装したPが登場。「自分からデートに誘おうと」と言うP、
昨日の最大限のフォローを、という形でしょう。拗ねたままだった美希ならこれでも撥ね退けた
かもしれませんが、素直になった美希はそれを快く受け入れ「みんなで一緒にデートしよ」と提案。

そして5人でテーマパークでデート、というカットが描かれていきますが、その中で「レッスンは
役立ったか」と問いかけるP。それに対して「『恋』についてはまだわからないけれど、
歌の気持ちには近づけた」という回答に。恋はやっぱりまだまだ難しい、ということですね。

そしてシーンは音楽祭本番、ステージに。黒のシックなドレスを身にまとったメンバーを舞台裏から
見送るP。そのPに対し「優勝したら御褒美が欲しい」と声をかける美希ですが、ご褒美とは…。

というところで「edeN」のPVへ。ハードでクールな恋の歌が、独特の世界観で描かれていくPV。
このPVではアニメ本編では主役的だった美希よりもにフューチャーされているのが印象的です。

gt7.jpg

そして優勝チームとして見事選ばれる4人。舞台裏に戻った美希はPに抱きつき、「約束の
御褒美ちょうだい」と求め、キスを求めます。うろたえるPと、三者三様で眺めメンバー達。
そしてその様子を見ていたのは3人だけではなく、他の765プロのメンバー達も…でした。
その見方も個性が出ているものですが、春香伊織によって目を塞がれるやよいや、
ジト目の千早
あたりが特に見どころになるでしょうか。そして結局はキスはしなかったようで…。

そしてここから先のアンコールのシーンは3作共通になりラストとなります。


さてこの「Music of love」、タイトル通り「愛」、というか「恋」にしっかりフューチャーした
内容でした。が、4人という少人数ながらも美希だけが完全に主役、という構成は…

「恋」というテーマで最も描きやすいキャラですし、元々13人の中でも中心に置かれるメンバー。
今回もその優遇を受けて、でしょうが、もう少しバランスをとれなかったものでしょうか
もちろん4人のバランスを優先すればシナリオそのものが崩れかねない、というのはわかりますし、
そもそもこの話自体はこれはこれで完成度は十二分に高いものではあるんですが…。

アイドルにとって、アイマスという作品にとっても「恋」は中々難しい、描きにくいテーマでは
ありますが、楽曲としてはそう言ったタイプのものは少なくなく、そこに真正面から挑んだ、
という意味でその意義が際立つ今作
。「edeN」の楽曲もPVも素晴らしいですし、
メンバーの扱いのバランス、というところさえ目を瞑れるなら、文句なしの良作でしょう。


アイドルマスター シャイニーフェスタ グルーヴィー チューンアイドルマスター シャイニーフェスタ グルーヴィー チューン
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る

シャイニーフェスタアニメ 「Music of love」 Aパート

kage

2015/01/03 (Sat)

美希雪歩貴音の4人のソフト「グルーヴィーチューン」に収録されるアニメは
「Music of love」。タイトル通り、「音楽」と「愛」をテーマにした物語です。

共通の冒頭部分の後、4人でファミレスで打ち合わせ的なものをしているシーンに。
いつものように不安な様子を見せる雪歩に対し、やたらテンションの高い美希
まぁそのテンションの元となっている大半は…なんですけど。

ただ、そこから今回の音楽祭で披露する楽曲「edeN」が恋の歌であるところに
話がつながり、シリアスな流れに
なっていきます。まぁ恋の歌自体は今回が
初というわけもなく、色々と歌っては来ていると思うのですが…。
とにかく恋の経験が不足しているとメンバーに対し、美希から提案が。

ということでシーンはすぐさま島に到着したところから、となるわけですが、
その「提案」を美希はPに早速ぶつけることになります。
その提案とは…「恋のレッスンABC」なるもの。Pは流石にギャグだと思いますが、
他のメンバーの様子からも真面目な話だと受け取り、Pとメンバーそれぞれが
「恋人気分」になるという企画を無理やりながらも受け入れる
ことになります。

gt1.jpg

一度メンバーと離れたPですが、美希から渡されたメモを片手に、
まずは最初の「約束」である遊園地の前に向かうことになります。

そこで待っていたのはおめかしした天使…じゃなくて雪歩。男性が苦手な雪歩
まずこの企画を真面目に取り組もうとしている姿勢を受け、Pも真剣に捉えるように。
そしてその様子をしっかりと観察している他の3人。しかし美希は「ちょっと複雑な気分」に。

gt2.jpg

雪歩とのデートシーンについては詳しくは描写されず、次の約束、森の中のカフェに
向かうP。そしてそこで待っていたのは、女装これまたおめかししたドレス姿のでした。
その姿には一瞬驚くPですが「似合ってる」と声をしっかりかけられるのは流石というところ。
そしてその様子をやはり隠れて観察する3人…ですが美希はやはり浮かない気分に。

gt3.jpg

日も暮れた時間になり、次は展望台に。そこで待っていたのはこれまたドレス姿の貴音
普段の姿からも気品を感じさせますが。こうした格好だとますますその雰囲気は強まります。
そして「デート」で何をしていいかわからないという貴音は一緒に夕陽を眺めることを提案。
これはいかにも貴音らしい感じですが、夕陽を見たPは「綺麗だな」とポツリと言った後、
貴音に向けて言ったかのようになってしまい慌てふためきます…が、そこで慌てる必要は
あるんですかね…
貴音相手だとマジっぽくなってしまうからでしょうか。それはそれで良いとも
思いますけど…。そしてその様子をやはり観察する3人…かと思いきや、美希は正視も
できない状態に。まさに複雑な乙女ゴコロ、と言った感じでしょうか。

gt4.jpg

gt5.jpg

そして夜、最後に残るは美希だけとなるのですが、Pは美希に会いに行く途中で音楽祭の
スタッフに声をかけに行きます。美希との待ち合わせの時間はもう目の前なのに…。

という不安を感じさせる形でBパートに続きます。