MASTER SPECIAL WINTER

kage

2013/10/20 (Sun)

天使がくれたごほうび


THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL WINTER [Limited Edition]THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL WINTER [Limited Edition]
(2009/12/16)
高槻やよい(仁後真耶子)、双海亜美/真美(下田麻美) 他

商品詳細を見る


1.Large Size Party 歌:三浦あずさ四条貴音如月千早
2.あったかな雪 歌:星井美希高槻やよい双海亜美/真美
3.SCENE01
4.ワンダー☆ウィンター☆ヤッター!! 歌:双海亜美/真美
5.チキンライス 歌:高槻やよい
6.一時間遅れの僕の天使~Lately X'mas~ 歌:星井美希
7.SCENE02
8.素敵なホリデイ 歌:三浦あずさ
9.遠い街から 歌:如月千早
10.WINTER COMES AROUND(冬の一日) 歌:四条貴音
11.SCENE03
12.キミはメロディ(M@STER VERSION) 歌:三浦あずさ四条貴音如月千早星井美希高槻やよい双海亜美/真美
13.プレゼント・トラック01 キミはメロディ(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
14.プレゼント・トラック02 クリスマス専用当日オープニング


MASTER SPECIALシリーズの特別限定版季節CDで、こちらは冬(クリスマス)のCD。
MSで組まれたペアのうちの一方が集まった6人…ではなくて7人が登場。
ジャケットにいない真美はまたも不憫…かと思いきや、仕掛けが施されています

オープニングは新曲の連発となるわけですが、1曲目は年長チームによるもの。
クリスマスソングですが、この三人では普通考えられないような明るいテンションの、
タイトル通り「party」をフィーチャーした曲。クリスマスの楽しい雰囲気がこれでもかと
凝縮された楽曲
で、聴いているだけでワクワクドキドキしてくるくらいです。

2曲目は年少チームで、1曲目とは逆に優しい温かい冬の曲。こちらもこの三(四)人では
普通考えられないようなタイプの楽曲になっており、2曲合わせてのサプライズ感は抜群
この曲自体、非常に素敵なもので、柔らかく優しい歌声が曲にフィットしており、
聴いているだけで体か温まるような、心地よさを感じさせてくれます。

トークパートに入ると、お互いがお互いの曲を称えあうスタートするわけですが、
貴音の質問からこのメンバーが今回集まった意味が明らかにされます。
いつも多忙なプロデューサーにクリスマスプレゼントとして歌を届ける、ということですね。
ちなみにこのCDは完全に美希貴音も765プロメンバーという設定で話が展開されていきます。

そんな中、どういうわけだが歌の名前が書かれた紙が空から舞い落ちてきます
そしてそんなことが起きたらもちろん、その歌を歌う、という流れになるわけです。

その楽曲は全てカバー曲となるわけですが、トップバッターは亜美真美
人気アニメの楽曲で、亜美真美 のキャラクターにピッタリのハイテンション曲なので、
冬ソングでありながら熱くなってしまうほどの勢いを感じさせてくれます。

2曲目はやよいが担当。原曲は男性ボーカルですが、歌詞の世界観的に、「少し大人になった
あとのやよい」の歌そのもの
ではないか、と思えるくらい素敵な楽曲に仕上がっています。

3曲目の美希の曲も原曲は男性ボーカル。しかしながらこの曲も美希が上手く歌いこなすことで
いかにも美希の曲らしい、甘さと幸福感のつまった楽曲として完成されています。

そしてトークパートに戻ると、またも空から歌の名前が書かれた曲が…ということに。
…そんな裏で、あずさの携帯電話に一通のメールが届く、というのが一つポイントになります。

そんなあずさがカバーするのが、誰もが聴きおぼえがあるであろう有名ファストフード店の
冬恒例のCMソング。もうこの曲というだけで「クリスマス」を強く感じさせられてしまうわけ
ですが、あずさの高い歌唱力がその雰囲気をさらに膨らませ、多幸感を与えてくれます。

続く千早はバラード系の、寂しさも漂う切ない曲をカバーするわけですが、決して物悲しさだけが
ある曲ではなくて、そこに暖かさと希望のようなものをも感じさせるような出来となっています。

カバー曲最後は貴音が担当。男性ボーカルの曲で、途中貴音が苦手とする英語も入る
楽曲ですが、これもまた綺麗に、見事に歌い上げ、最後を飾ってくれます。

そして最後のトークパートでは、落ちてきた紙の秘密が明らかに。これ自体はある程度予測された
展開ではあるんですが、最後の最後のオチはクリスマスらしい、意外で素敵なオチとなります。

そして歌われるのが「キミはメロディ」。明るくポップなアイマス曲らしいアイマス曲でありつつ、
「キミ」を「メロディ」と表現する素敵な歌詞で、その魅力はさらに向上。
また、SPのDL曲が初出ではあるのですが、その時は全くなかった「冬」の雰囲気がこのM@STER
VERSIONで追加されたことで、溢れんばかりの暖かさと優しさも感じられるようになっています。

そして最後に「プレゼント・トラック」としてその「キミはメロディ」のオリジナル・カラオケと
「クリスマス専用当日オープニング」なるものが挿入されるというサプライズが。

その「クリスマス専用当日オープニング」はまさに「クリスマス当日にこのトラックから
聴くべし」
というもので、是非ともそれを実際にやってみたい、と思わせてくれます。


アイマスの冬CDというもの自体はC4U!以来2枚目となるわけですが、その時とは
当然曲もメンバーも違うわけで、また新鮮な気持ちで聴くことができます。
また、美希はもちろん、貴音も765プロメンバーとなっていることで、彼女の765プロにおける
立ち位置や、他のメンバーとの関係性というものも垣間見れ
、それだけでも十分価値があります。

もちろん楽曲としても、新曲やカバー曲が目白押し、ということで、聴きごたえ抜群。
冬曲と一言で言っても、明るい曲、優しい曲、切ない曲、とバリエーションが豊富なことで、
冬以外に聴いても楽しい、そんな素敵なCDとして仕上がっていると言えるでしょう。

そうは言ってもコンセプト上はやはりクリスマスにこそぜひ聴きたい、そんな一枚です。