MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORMANCE!! 展望 前編

kage

2014/06/05 (Thu)

今回はライブ前恒例の展望編になるわけですが、なにせミリオンライブというコンテンツに
対する私のスタンスは、765プロに対するものとは根本的に違うわけで、今回のライブでも
そこが最大のポイントにもなってきます。ということで今回はその点について考えます。


今回のライブに対するスタンス

765プロにおいては常時「全員平等」を掲げ、それはライブにおいても同様なわけですが、
ミリオンは全く逆の「一点集中」であり、このライブでもそうなりかねないのが現状です。
しかしながら、ライブという舞台においてはそういう姿勢であることが適切ではないはずで、
可能な限りバランスを取っていく、ということを心がけなければなりません。

当然、誰か一人を非常に強く支持することが間違っているとは思いませんが、だとしても
現在の私は著しくバランスを欠いているのは自分でもよくわかっていて、このままでは
ミリオンはおろか「アイドルマスター」そのものを大関さん一人に背負わせかねません

もちろん「世代交代」した場合の話であり、13人が健在でさえあればそれは起きませんが。

前にも書きましたが、彼女の位置が絶対的に下がりようがない以上は、他のメンバーを
引き上げるほかなく、それがこのライブにおいての目的の一つ
でもあるわけです。
もちろんここまで、複数のメンバーに対し、LTPなりSSAなりで接触はあり、全く何の情も
ないわけではないのですが、現状ではあまりにも差がつき過ぎており、ここが問題です。

このライブにおいて、下手をすれば差が埋まるどころかさらに広がる可能性すらありますが、
それでも絶対的に他のメンバーの位置を引き上げることは確実にできるはずで、
それよって「ミリオンライブ」、そして起こりうる未来の「アイドルマスター」をより健全な形で
受け入れられるようになる、これを目指さねばならない、そう思っています。


声優陣との具体的な接触点

ミリオンの声優陣に関しては、接触点においてかなりの差が発生しており、
幾度となくステージをプロデュースしているメンバーもいれば、今回が初になるメンバーもいる
というあたりで、それに伴って現時点での「情」は明確に差が出ています。

接触点自体が存在しなければ、誰がどんな魅力を持っているかすら把握不能であり、
今回のライブを持ってしても依然ミリオンの声優の多くは「知らない人」に過ぎませんが、
少なくとも今回の出演メンバーについては最低限知れるはずで、やはりそこに期待です。

ということで、今回の出演メンバーについて、イベントでの具体的な接触点をまとめてみました。

山崎はるか…8回(8th横浜・8th幕張×2・LTP×3、SSA×2)
田所あずさ…7回(8th横浜・8th幕張×2・LTP×2、SSA×2)
麻倉もも…5回(LTP×3、SSA×2)
伊藤美来…3回(8th横浜、SSA、舞台挨拶)
木戸衣吹…3回(SSA×2、舞台挨拶)
渡部優衣…3回(SSA×2、舞台挨拶)
Machico…2回(SSA×2)
大関英里…2回(LTP、舞台挨拶)
夏川椎菜…1回(SSA)
愛美…1回(SSA)
雨宮天…1回(SSA)
上田麗奈…1回(LTP)
藤井ゆきよ…1回(SSA)
村川梨衣…1回(LTP)
諏訪彩花…0回
郁原ゆう…0回
種田梨沙…0回


こう改めてみると山崎さん、田所さんの圧倒性が目立つわけですが、それが絶対的な
指標でないのも確かです。そもそもイベント以外にもラジオなりツイッターなりもあって、
それらトータルで見れば、まぁこの数に大して意味なんかなくなるわけですが。
少なくとも大関さんは2回なんて数でどうこうという話では全くないわけですしね。

また、同じ1回であってもSSAとLTPでは会場サイズ的にも全く話が違うわけで、それこそ
「情」の入り方も違います
。その意味で、村川さんと上田さんの登場というのは非常に楽しみで、
LTP以来となる二人のパフォーマンスには強く期待しているのは確かです。

それ以外だとやはり「0回」の3人も非常に気になるところですが、最注目は種田さんかと。
これは「中の人」ではなくて「外の人」が要因ですね。キャラクター的に田中琴葉
非常に好感を持てるタイプであり、その意味から「中の人」にも期待をかけることになります。

まぁ諏訪さんと郁原さんにはツイッターというアドバンテージもあり、サッパリ誰だかわからない、
という状況でもないわけで、その意味でもちろん期待しているところもあります。

もちろん期待というものは全員にしているわけですし、このライブで「この人は」と思える人が
新たに現れることに多大に期待しています。そしてもちろん「期待」ばかりしているわけではなく、
プロデューサーとして、このライブをしっかりプロデュースする
、これをしなければなりません。


問題点

心がけとしてはこれで良いと思うのですが、現時点では明確な問題点があります。
それが「一日目の二日目のモチベーションの差」になります。これはもちろん大関さんの
出席有無そのものなんですが、一日目のモチベーションそのままに二日目もいけるのか、
というところが極めて大きな問題になってしまう、と現状では思っています。

ただ、バランスを著しく欠きかねない一日目に対し、バランスがちゃんととれるはずの二日目は、
メンバー的にも私として馴染みの薄い方も多いこともあり、そのフレッシュさに期待もできます

よって、100%同じモチベーションでなかったとしても、それに近い形はできるはずですし、
参加すると決めた以上は、そうしなければならないはずです。一日目の「バランスブレイク」も、
最低限にとどめるように、他のメンバーにも全力を尽くすのは当然
でもあります。

765プロ12人が出演し、ミリオンも複数出演となったSSA、あそこでミリオンに対して出来る限りの
全力は尽くせたと思っています。現状ではもはや765プロ13人分に匹敵する大関さんが今回いても、
SSA同様に他のメンバーにもそれぞれに全力をかけられる
、とこの経験からも言えるつもりです。


続きます。