アニメ「シンデレラガールズ」についてのアンケート クロス集計編 前編

kage

2015/11/05 (Thu)

さて続いてはクロス集計編、ということで、「シンデレラP/非シンデレラP」観点から、
各設問についてみていきたいと思います。
ちなみに「シンデレラP」は178人、「非シンデレラP」は62人、となっております。

Q1.あなたはいつからアイドルマスターのプロデューサーになりましたか

e9_1c.jpg

特に違いが際立つのが「09年」で、非シンデレラPが多くなっていますが、この年はSP/DSの年。
「765イズム」がある程度固った時期であり、ここから入るとシンデレラPになりにくい、という
ことがあるのかもしれません。また13~15年あたりでも非シンデレラPがいるのはポイントです。


Q3.アニメをご覧になっての【トータルでの満足度】を10点満点でお答えください

e9_2c.jpg

一目見てはっきりわかる通り、シンデレラPのほうが高い評価になっています。
加重平均をとると、シンデレラPは6.94点、非シンデレラPは5.61点と、
1点以上の差。これをシンデレラPが甘い、と見るべきか、そもそも既存層向けだった、と
見るべきかは難しいところですが…ただ、10点満点中5.6点というのが厳しい評価なのは確かです。


Q4.アニメの【ストーリー】の満足度をお答えください

e9_3c.jpg

こちらもシンデレラPは高い評価で、5割以上が「満足」。一方で非シンデレラPの「満足」は
3割を切り、逆に「不満」が5割を超える
、という結果。5割が不満っていうのも凄いですね…。


Q5.アニメの【演出】の満足度をお答えください

e9_4c.jpg

シンデレラPの2/3が満足で、非シンデレラPも4割が満足、という結果になっています。
ただ、非シンデレラPの最多は「どちらともいえない」で3割、というのも事実です。


Q6.全話の中で、【好印象】だった回を【何話でも】お答えください

e9_6c.jpg

概ねの傾向は同じですが、全体的にはシンデレラPの評価が高い、という結果になっています。
特に高いのが3話、13話、22話、24話、25話。共通して言えるのがライブシーンがあった、
ということで、ここをどう評価したか、というところになるのでしょうか…。
それよりもストーリー的にも山場であったことが大きいような気もします。

また、僅かですが非シンデレラPのほうが評価が高い話もあり、それが16話と19話
菜々回と夏樹回ですが、こういった結果になった理由はよくわかりません…。


Q7.全話の中で、【悪印象】だった回を【何話でも】お答えください

e9_7c.jpg

こちらは逆に非シンデレラPのほうが全体的に高くなるわけですが、特に21~25話、
最終盤の評価が悪い
ものとなっています。まぁそりゃそうだろう、という気もしますね。

逆にシンデレラPの悪印象が多かったのが9話、10話、18話。9話と18話はCI回だった
わけですが、そこの描き方が既存Pには望ましくなかった、という感じなんでしょうか…?
まぁその比率そのものは低く、そもそも高いのはやはり6、7話と20話以降なんですけどね。


後編に続きます。