私のプロデューサーとしての進退について -プロデューサーミーティングを受けて-

kage

2017/02/04 (Sat)

「世紀の大一番」として挑んだプロデューサーミーティング、
そこには確かに私が夢見た765プロオールスターズの12人が確かにいて、
そのことは本当に嬉しかったし、幸せだった、それは間違いありません。

けれども、その夢舞台に、異物であり、汚点であるサプライズゲストの存在があり、
そして「new vision」と銘打たれながらも「これでいきます」「こうします」という
具体的な今後のビジョンを示さなかった、という致命的な問題もあった、
それはこれまでのレポート記事で書いてきた通りです。

ただ、「new vision」については、「なかった」ということこそが「new vision」と
受け止められる、とも思え、それもまた総括の記事で書いた通りですが、
ともあれ、「765ASは第一線から退く」という宣言だったと受け取れるわけで、
それは「765AS絶対主義」のプロデューサーである私にとっては、
極めて重大な現実として、重くのしかかることになった
わけです。

しかし、この宣言自体は、決して突発的なものでなかったのも確かです。
それこそ、私がこのブログを始めたきっかけでもある、「次世代アイマス」、
つまりはシンデレラガールズとミリオンライブの誕生と台頭、
これがもう5年以上前から起きてきたわけで、それに伴って「世代交代」は
叫ばれ続けてきた、というのは間違いなくありました。

ただ、それに対しては「私たち765プロは走り続けます」と度々宣言され、
実際に765単独の展開も十分にされてきた、ということで一蹴してきたわけです。

しかしここにきて、その「展開」を失い、何も一蹴できなくなりました
もう二度と「単独」の展開はないかもしれない、そういう状況になりました。

それはまさに、もう何年も前から876プロが置かれている状況であり、
765また、そこにシフトする、と言えるものであるわけです。

だからと言って「何もないならもういいや」と私が765を切り捨てられるかというと、
そんなことは当然ありえません。たとえ今回、「これで765プロの物語は完結です」と
宣言されたとしても、「それじゃあ他に移るか」なんてことにもなりえませんでした。

ただ、とは言うものの、アイマス、というか765プロの存在ありきで
ここまで生きてきた、というか生かされてきた私にとって、
「完結」でなくとも今回の発表はやはりショックは大きく、非常に堪えるものでした。

しかし、まさに「この事態」が発生した時に、そのショックを最小限に弱めよう、
と何年もかけて取り組み、準備してきたことが効果を見事に発揮
し、
「命に別状はない」程度におさめられた、というのもまた事実です。

それはもちろん「ミリオンライブ」という保険ですね。
765ASの13人を含めての50人体制、という構成は、良くも悪くも捉えられるもので、
実際、発表・稼働当初は「悪さ」が私の中で先立ちましたが、
同時に、シンデレラも含めて「次世代」として台頭していく中で、
「世代交代」を察し、このミリオンライブに委ねよう、という気持ちが沸いたわけです。

それとて決して簡単な事ではありませんでしたが、偶然というか幸運もあって、
今はミリオンライブをトータルでは楽しめているし、情も深く持てています。

もちろん、私の中で、ミリオンには765ASの純然たる「代わり」たる役割を担えるか、
というとそうではない、というのもまた事実ですが、しかし最もそれに近い
場所に位置づけることができた、というのもまた事実
です。

それこそ、まさに今回のPミーティングを受けても、目の前に4th武道館ライブ、
台湾1stライブという「楽しみ」が待っているからこそ、「命に別状はない」で
済まされた、ということにもなったのも確かなわけです。

もちろんミリオンとて確約された明るい未来があるわけではありませんが、
そうは言ってもまだやること、やれることは無数に残っており、未来は無限大です。
だからそこに未来を託せる、「765プロの未来はここにある」という宣言も、
このプロデューサーミーティングをもってして受け入れられる
、そういう心持ちになります。

だからと言って765AS、13人の物語はなくていい、なんてことはありえないし、
それに勝るものは何もない
、ということは何ら変わりません。

たとえ公式が「765ASは第一線から退く」と今回ここで宣言したからと言って、
私がここで765ASから離れる、なんてことは絶対にありえないわけです。

いやむしろ、今回のこの有様を受けて、より765への愛着は強くなったくらいです。
なぜなら私は、不憫な存在に対してより深く情を持つ、という気質があるからです。

ここ数年散々他のタイトルに踏み台にされ、養分にされ、搾り取るだけ搾り取られ、
この期に及んで純粋な「単独イベント」さえも許されず、挙句の果てには
「未来がない」と宣言をされたこの状況、より情が深くなるのは必然です。

だから私は、今回のこのプロデューサーミーティングを受けての進退として、
「765プロオールスターズ」のPとして、より「進む」という姿勢でいく、という事を決めました。
そのうえで、ミリオンライブに対し、これまで以上に未来を託す、
という気持ちを強める
、ということにもなりました。「765プロ」のPとして。

これから先、アイマスに、765プロにどんな未来が待っているかはわかりませんが、
15thも、20thも、30thも、その先も、どんなに「アイマス公式」が無能で、
どれほど13人が虐げられ、踏みつけられようとも、そこに765プロがある限り、
この13人が存在する限り、私は765プロのプロデューサーとして、生きていく所存です。

その決意が改めてできた、という意味で、やはり今回のプロデューサーミーティングは
有意義なイベントであり、アイマス史上最も重大なイベントだったと、そう思えます。