ミリオン4thライブ 1日目 速報

kage

2017/03/10 (Fri)

さてミリオン4thライブの1日目が無事終わりましたので、
いつものようにとりあえず、速報として書いておきたいと思います。

早速セットリストより。

01.Thank You!(Sunshine Rhythm)
02.サンリズム・オーケストラ♪(Sunshine Rhythm)
03.おまじない(木戸)
04.Happy Darling(夏川
05.WHY?(山口)
06.ゲキテキ!ムテキ!恋したい!(角元中村原嶋
07.マイペース☆マイウェイ(浜崎
08.SUPER SIZE LOVE!!(大関)
09.恋のLesson初級編(Machico)
10.ランニング・ハイッ(郁原田村渡部
11.アニマル☆ステイション!(原嶋
12.IMPRESSION→LOCOMOTION!(中村
13.ファンタジスタ・カーニバル(角元
14.NO CURRY NO LIFE(木戸夏川山口
15.微笑み日和(郁原
16.りんごのマーチ(田村
17.ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン(渡部
18.Bonnes!Bonnes!!Vacances!!!(Machico大関浜崎
19.創造は始まりの風を連れて(中村麻倉伊藤小岩井村川)
20.Emergence Vibe(角元山口
21.fruity love(中村原嶋)
22.Eternal Harmony(大関郁原木戸夏川)
23.HOME, SWEET FRIENDSHIP(Machico田村浜崎渡部)
24.Growing Storm!(Machico夏川山崎阿部伊藤
25.DIAMOND DAYS(Sunshine Rhythm)
E1.Dreaming!(Sunshine Rhythm)
E2.Thank You!(Sunshine Rhythm・山崎麻倉阿部伊藤小岩井村川


ということで最大のポイントは2つのサプライズ、TA01と乙女ストームの
オリジナルメンバー揃踏み、つまりSunshine Rhythm以外に6人が出演した事でした。

ライブ前半はLTFとソロ曲の組み合わせでのパッケージを連発するばかりで、
「まさかこれを4つやって終わり、じゃないだろうな」と恐れていたところからの
「ライブはまだまだ続きます」という宣言ということは嬉しかったわけですが、
まさかそこからこれがブッこまれるとは…。

とは言え、SideMやKRさえ想定していた私からすれば、このサプライズゲストは
「NGレベル1」という程度で、まだ可愛げすらあるレベルだった確かです。
とはいえもちろん、「NG」、つまり心の底から楽しめたかと言えば「NO」なわけですが。

また、これを1日目にやってしまったことで、2日目3日目もある程度想像は
できてしまうわけで、例えば2日目はTA02とクレシェンドブルー、
3日目はTA03と灼熱少女、あるいは「メイントリオ」が揃うのではないか、となってしまいます。

2日目は稲川さんが別のイベントに出ているのでは、という話もあって、
TAは入れ替えもあるかもしれませんが(むしろ曲調的には逆のほうが適切なくらい)、
いずれにしてもサプライズゲストが1日目だけ、なんてことは絶対あり得ないでしょう。

そうなったらもうサプライズでも何でもないではないか、としか言えませんが、
例えばTA03の「赤い世界が消える頃」を種田さん込みの6人で披露したり、
あるいは「ジレるハートに火をつけて」を同じく種田さん込みの5人で披露したり、
いややっぱり3日目には36人、37人揃う、それくらいのこともあるかもしれません。

まぁミリオンのメンバー内でやりくりしてる分には「まだマシ」とすべきで、
少なくとも2日目は1日目を受けてむしろ気楽に楽しめそうです。3日目はまた別でしょうが。


そしてもう一つ、重大なポイントであった新情報ですが、ソシャゲ内ガシャなんてものは
どうでもいいとして、わかりきっていた4thライブ記念イベントもどうでもいい…
と言いたいところですが、イラストのセンターを琴葉が飾っていることの意味は気になります。

また、まさかのパシフィック・リーグとのコラボ、という斜め下の展開も来ましたが、
ミリオン単独ですらないアイマス全体の話のようで、なんだこれ、という話でもあります。

そんな中最大の発表は、ミリオンのCD・映像商品のミリオン出荷突破記念フリーイベント
「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! EXTRA LIVE MEG@TON VOICE!」なるものでしょう。
詳細は不明ですが、秋に開催される、とのこと。しかしフリーイベントなんてものは
ロクでもないようなものにしかならない気がしますが…果たして。

そして、この1日目にソシャゲの新展開自体が来なかったことで、不安も増してきます。
2日目にこれが出ればよいのですが、そうですらなければ…。
3日目、最後の目玉がこれ、なんて惨劇だけはあってはならないと願うしかありませんし、
最後のMCの大関さんの言葉に確かな意味があるものだと信じるしかありません。


ともあれ、1日目はとりあえず無事に終了。
細かくは書きたいことはたくさんありますが、それは全て終わってから。
続いて2日目、BlueMoon Theaterへと挑みます。