12周年ニコ生 新情報!

kage

2017/07/29 (Sat)

さて昨日放送された12周年ニコ生において新情報が発表されましたので、
今回はそれについて少し書きたいと思います。


765PRO ALLSTARS単独LIVE 開催決定

今回最大の発表は言わずもがな、これでしょう。
ちょうど半年前、「ASに未来はない」と宣言されたに等しかったPミーティング以降、
ミリシタを筆頭に「765+ミリオン」という形こそが明確な未来、ととれる展開が続きましたが、
しかし「13人体制」でもまだやる、まだやれるということを証明する舞台が用意されたわけです。

2018年1月6日、7日開催、という年始のスケジュールはともかくとして、
この期に及んでPミーティング会場の東京体育館より狭い幕張メッセイベントホール、という
狂気のキャパ
には頭も痛くなりますが、とはいえ、このライブの実現自体が何よりの悲願です。

出演者含め、詳細情報は後日発表、とのことですが、期待するのは「13人揃い踏み」、
そして「異物は絶対に入れない」、当然これ
で、これ以上のものはありえません。

まぁ実際どういうメンツであろうとも参加意向に揺らぎがあるはずもないのですが、
果たしてこのキャパで会場に行くことは可能なのでしょうかね…。

今後発表されるであろう応募方法次第ですが、まぁMP第二弾以降、
と考えておくほうがいいでしょう…。


MASTER PRIMAL ROCKIN'RED 試聴開始



そのMP、発売自体は前々から発表されており、1枚目は曲名も公開されていましたが、
今回、この1枚目の担当の4人曲である「BRAVE STAR」の視聴が開始されました。

勇ましいタイトルとは裏腹の爽やか系楽曲で、非常にシンプルな曲という印象でしたが、
これこそが「原点回帰」と言われればそんな気もするような、しないような…。
「CRIMSON LOVERS」はかなりインパクトのある曲、とのことですがどうなのでしょうかね。

ミリシタはさておき、「進行形展開」がない765ASにおいて、
今回のこのCDシリーズというのは異例の「ノンタイアップ」的な扱いになるわけですが、
それ故に曲自体の良さもいつも以上に求められるでしょう。

それに応えてくれるかどうかは現状不明ですが、武道館合同ライブはさておき、
前述の新年単独ライブでこのシリーズの曲が披露されるのならば、
それによりこのシリーズの輝きが増す、そんなことになるのではとは思えます。

いずれにしても、数少ない「765AS単独展開」であるわけですし、
今後の発表、そしてもちろん発売自体も当然追っていきます。


ぷちます 2シリーズ アニメいっき見ブルーレイ 発売決定

まさかここでこんなものが出てくるとは、という感じのサプライズ情報。
どちらも通常のBDは全巻揃えており(悪名高き1期の2パターン商法も含め)、
この期に及んでこれが出ても、流石に買うべきか否かは非常に悩ましいところです。

まぁその悩みを吹き飛ばすような何らかの「特典」があるのならば、
その時点で購入は決定するのですけどね。

そしてこれが「3期」の伏線になるのか否かは…可能性はあるのでしょうか。


765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!



出演者発表に続いて社長登場のPVが公開されましたが、中身は何もないに等しいものです。
「新しい企画」というのは当然気になりますが、これでは「予告の予告」レベルですしね。

これだけ仰々しく「新しい企画」というからには、リクエストで曲やメンバーを決める、
というオーソドックスなものでもないのでしょうし、果たしてどうなる事やら、という感じです。
「無粋な企画」でライブそのものの良さを殺すことにだけはならないでほしいものです。


ミリシタ 12周年ニコ生ありがとうプレゼント

番組内の特に何の意味もない恒例の茶番劇によって配布が確定した、
「ミリオンジュエル765個」ですが、当然ありがたく使わせてもらい、
2枚目のSSRである未来や、未所持だったSRも複数枚ゲットできました。

まぁ「貰えるもんは貰っておけばいい」というだけの話ですね、これは。


ミリシタ 新イベント予告

新カードはあるにせよ、新曲もなければコミュもない、という衝撃のイベントであった
「ミリコレ」は終了しましたが、今度はちゃんとそれがある、という予告がされました。

具体的な楽曲等の内容が出せるならまだしも、「それがある」ことが予告になる、
という時点でどうなの
、という気しかしませんが、まぁとりあえずは期待しましょう。

楽曲予想キャンペーンをツイッターでやる、ともされましたが、
リリース直前のアイコン予想みたいなしょうもない企画なんですかね…。


グリマス 12周年ニコ生放送記念ガシャ

「まだあったんだっけ?」というのは冗談にしても、ミリシタの配信開始によって
ただでさえ薄かった存在感が消滅しかかっているようにすら思えるグリマスですが、
割とよくやっている超短期間スペシャルガシャが今回も開催されました。

ミリシタは無償配布でグリマスは有償ガシャ、というのはもはやギャグの領域ですが、
今なおグリマスに金を落としてくれる熱心な層から搾り取るだけ搾り取る、
ということしかやれることはないのでしょうし、そういうネタとして受け止めておくべきでしょう。


12周年、そしてその先へ

それ以外にもシンデレラとSideMで新情報もありましたが、
私が言及したいと思えるものは何もなかったので割愛します。

それを割愛しても、並べてみると多数の情報はありましたが、
一方で期待していたPミーティングやミリオン4rhのBD発売情報、というものはありませんでした。
後者はともかく、前者はその発売自体疑わしい、というのが正直なところでしょうが、
あれがどういうイベントであったにせよ、しっかりとモノとしては出してほしい
ところです。

「発表された情報」について改めて目を移すと、
なんといっても「新年765単独ライブ」が圧倒的に大きな情報として燦然と輝きます。

Pミーティングでの「歌だけのライブがやりたい」という今井さんの叫びに応えた、ともいえる
このライブで、果たしてどのような姿を、そして未来を彼女たちは見せてくれるのでしょうか。

その未来が描かれるはずの「2018年」の前年、つまり今年、
この2017年は、信じがたいレベルでの失望から始まったものの、
その先で「765プロの未来」を、良くも悪くも見せてくれている、というのが現状です。

その一つの結晶が「765ミリオン合同武道館ライブ」のはずで、
しかしそれとは別の「新年765単独ライブ」という未来も提示したわけです。

「52人体制であってもいい」「でも13人体制も絶対欲しい」という私の願いは、
言ってしまえばきちんと叶えられている、という現実に、その中身のクオリティはさておき、
とりあえずは感謝し、満足すべきなのかもしれません。


もちろん、今回の番組でも言及された「(10月の武道館ではない)合同ライブ」という、
決して可能性が低くない、どころか高くすら見える、その未来が実現するのならば、
それは感謝も満足もすべきに値しないものではあるのですが、
とりあえずは現時点で「ない」ことになっているものは置いておきましょう。
まぁ、実際に感謝にも満足にも値しない構成だった今回の番組自体は「あった」のですけどね…。


非常に残念なことに、アイマスとは全く別の個人的な事情で苦しい時期が続き、
そして今後も悪化が免れないという危機的な事態に陥っているのですが、
それでも今見えている「765プロの未来」のために、踏ん張って、生きたいとは思っています。

12周年のその先の13年目は、13人にとってはある意味特別な年なのかもしれません。
その年を笑顔で迎えられるように、13人と、そして39人にも力を借りて、
この事態を乗り越えたい、そしてまた全力でプロデュースしていきたい、そう思っています。

シアターデイズ プレー雑感 その2

kage

2017/07/16 (Sun)

初のガシャ更新、そしてイベントも開催されたシアターデイズ。
私自身のプレーも進んでいますので、こちらについて今回も書きたいと思います。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは37、劇場ファン数は2万5000人超えのDランク新米プロデューサー

アイドルは51人中47人でNなりRなりをゲットできているわけですが、
逆に言えば残り4人、麗花亜利沙杏奈の4人はこの期に及んで未入手です。

ただ、ふれあいやお仕事では4人とも出現しているため、麗花を除く50人は親愛度が
50までは達成できている、という状況で、200達成も23人
、と半数近くまで来ています。
まぁ500達成は一人もいない、というのも確かなんですけどね。

この勢いだと手持ちメンバー全員が200に到達するのが先か、51人揃うのが先か、
という感じなのですが、そもそもなぜこれほどまでに排出バランスがおかしいのかは疑問です。
まぁ前提として「最初から51人分Nは用意しておけ」以外何ものでもないんですけどね。

また、ここまでくると誰一人できていなかった「覚醒」も多数できており、
すなわち「THE IDOLM@STER」も解放できている、という状態で、
レベルとしても現在解放されているロコのストーリーが解放されているため、
目先の具体的な目標は特にない、強いて言うならいつ出るかわからない4人を
待ちながら、覚醒値と親愛度を上げ続けるだけ、という状況にもなっています。


夏だ!海だ!海水浴ガシャ

そんな中先日初のガシャ更新がなされましたが、まぁ何の付加価値もない
ただの「ガシャ」で、面白みというものは当然ながら全くありません。

ガシャに面白みを求めるほうが間違い、と言えばその通りなんでしょうが、
単なる集金以外にもう少し頭を捻ることはできないのか
、とつくづく思います。


THEATER SHOWTIME

「もう少し頭を捻る」ことができる余地があるものであるはずのイベントも初開催、
となりましたが、蓋を開けてみれば、単に期間中のライブやお仕事のアイテムが増えるだけ、
という事実上の「サービス開始キャンペーン」レベルのシロモノで、拍子抜けにも程があります。

延々とライブでポイントを稼ぎ続けるだけのイベントを想定していたので、
それよりマシ、と言いたいところですが、そうとも言い切れないレベルのものでしょう。
新カードなり新曲なりがあってしかるべきところでこれ、ですからね…。

ただ、今後の方針として、「ポイント稼ぎ競争」ではないものをイベントとして出す、
というものを打ち出したというのなら、それはそれで好ましい
と思いますし、
このキャンペーンレベルのものが今回だけなのか否か、そこが重要で、
その意味で次回のイベントがどう出るか、というのは大きなポイントでしょう。


その他諸々

ということで私のプレーもゲーム自体も進んでは来ているのですが、
気になる点というのも残念ながら膨れ上がってきているのも現状です。

例えば、スパークドリンクの所持数に無駄に制限をかけ、プレゼントボックスに
貯める仕様となっており、かつモノによって使用期限まである
、という仕様。
全てに使用期限があるなら「消費促進」という意味で理解もできますが、
あったりなかったり、というのでは、わけもわかりません。

また、グリマスに続いて無駄にたまり続けるマニーの消化先がない、というのも
問題で、これでミリオンジュエルなりガシャコインなりスパークドリンクなり
レッスンチケットなり覚醒アイテムなり、なんでもいいからなぜ買わせないのか、
というのもあります。結局リアルマネーで買わせるのなら、
もはやこのゲーム内マニーに意味すらほとんどないわけですが…。

まぁこのあたりは今後のアップデートで是正される可能性もあるんでしょうが、
ちょっとプレーすれば気づくところが放置されている、という現状は、
つくり込みの甘さ、「後でアップデートすればそれでいいや」というアプリゲーのあり方、
その辺諸々がモロに噴出していることの証明
でもあるでしょう。

モーションの追加などという、話題性だけを優先するアップデートのほうが
カネは稼げるのかもしれませんが、無駄なストレスなくプレーできる、
ということをまず優先的に考えて開発を進めてほしいものです。
まぁ、バンナムにそれを期待するのが酷というか、間違いなんでしょうけども。

765ミリオン合同武道館ライブ HOTCHPOTCH FESTIV@L!! 出演者発表!

kage

2017/07/13 (Thu)

今月末のニコ生あたりで発表だろう、とタカをくくっていたら
唐突にこのタイミングのミリラジでこちらが発表されたので、今回はこれについて簡単に。


ライブ概要
タイトル:THE IDOLM@STER 765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!
日程:2017年 10月7日、10月8日
場所:日本武道館



PV



出演者
1日目:23人
中村繪里子さん
沼倉愛美さん
平田宏美さん
原由実さん
仁後真耶子さん
たかはし智秋さん
山崎はるかさん
郁原ゆうさん
平山笑美さん
上田麗奈さん
大関英里さん
近藤唯さん
愛美さん
南早紀さん
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
野村香菜子さん
小笠原早紀さん
麻倉ももさん
戸田めぐみさん
桐谷蝶々さん
夏川椎菜さん
渡部優衣さん

2日目:24人
今井麻美さん
長谷川明子さん
若林直美さん
浅倉杏美さん
下田麻美さん
釘宮理恵さん
田所あずささん
Machicoさん
稲川英里さん
雨宮天さん
田村奈央さん
香里有佐さん
角元明日香さん
渡部恵子さん
駒形友梨さん
小岩井ことりさん
諏訪彩花さん
藤井ゆきよさん
末柄里恵さん
高橋未奈美さん
浜崎奈々さん
阿部里果さん
山口立花子さん
中村温姫さん

ということで、53人(安済知佳さん含む)中47人中が2日間に分かれ、
ダブりなしで出演
、ということが、PVという形で仰々しく発表されたわけです。

2日間で重複無し、ということは想定の範囲内でしたが、
しかしこれほどの人数が揃うとは、ということに驚きもあります。

しかしこれほどの人数が揃ったからこそ、
「不在の名前」が気になってしまうのが私のサガ

ということで(現時点で)不参加、とされているのは以下の方たちです。

滝田樹里さん
木戸衣吹さん
斉藤佑圭さん
種田梨沙さん
村川梨衣さん
安済知佳さん

曲が現時点で全くない安済さん、復帰の情報は未だない種田さんはともかく、
Pミーティングに続いての欠場となった滝田さん含む4名の不参加、というのは
残念極まりない話ではありますが、個々人の事情があって仕方がない、
とするほかないでしょう…。

ただ、こう発表した以上、ミリオン4thのような安易なサプライズでの出演、などという事は
絶対にしてほしくないし、23人と24人でそれぞれやり切って欲しい
、と思っています。

…とはいうものの、現時点では立ち位置が不明瞭な安済さんや、
同じくキャラ的には立ち位置の異なる滝田さん、そして復帰が待たれる種田さんがもしここで…
となった場合は、必ずしも批判すべき内容でないことは確か
ですけどね。


改めて出演者47人ついて考えると、LTPやLTHユニットでフルメンバーが揃うところは
一つもない、という状況なわけですが、ここまでくるとこれはもう「わざと」でしょう


今回のPVに限らず、タイトル発表時点から「ごった煮」を喧伝し、
「様々な組み合わせ」「新しい魅力」を推しだしているのは明らかです。

実際にほとんど揃ったことなどない癖に、その「王道」から逃げて「邪道」に走るセンスは
そもそもいかながものか
、としか言いようもないのは確かですが、
どうあれこのメンバーなら満足なものを魅せてくれることは十二分に期待できます。
…そう、安易なサプライズや意味もなく型にはめたセットリストに邪魔をされなければ。

今後ミリシタによってミリオン自体がどれほどの人気を増すのかは不明瞭ですが、
どうあれ武道館2dayというのは死闘以外の何物でもないのは確実。
「765プロの未来」がここにある、というものを間違いなく魅せてくれるはずのこのステージ、
当然私も2日とも現地参加したいところ
ですが、果たしてどうなることやら。

シアターデイズ プレー雑感 その1

kage

2017/07/04 (Tue)

さてシアターデイズについて配信が開始してはや数日。
プレーも多少なり進みましたので、もう少し具体的な内容について雑感を書きたいと思います。


プレー状況

まずは現在の進捗具合について。
プロデューサーレベルは21、劇場ファン数は約9000人のEランクの駆け出しプロデューサー

アイドルは現在の51人中37人がNなりRなりのカードが入手でき、
そのメンバーは全員親愛度50を突破することはできています。

逆に言えば14人は全く入手できておらず、にもかかわらずRのはなぜかもう
5回くらい被っている、など排出バランスが適切とは思えない状況です。

現在いるメンバーをバランスよく、としている現状では誰一人として覚醒できておらず、
つまりはパネルミッションも進められておらず、「THE IDOLM@STER」は未開放です。

そしてそれはつまり、Pレベル20で解放されたメインコミュ6話、「透明なプロローグ」までの
11曲が解放されている、ということでもあるわけですが、全曲4MIXまではフルコンできても
6MIXは厳しく…というのが私の腕前で、前途多難
、というところです。

まぁ急いで何かをしないといけないわけではなく、マイペースで進めていくしかないのですが、
「元気」の使い方など、早くもパターン化し、作業ゲーモードに突入している、
と言わざるを得ないのは、想定はしていましたが残念な限り
です。


コミュニケーションパート

今作の一つの目玉と思われるコミュニケーションパートについて、
上述の通り37人の個別メモリアルコミュ1、メインコミュ6話まで見た感想ですが、
「配信開始」の記事で書いた通り、私の期待した「アイドルの成長の物語」の方向性を
見せてくれている、という意味では満足
しています。

グリマスの「ネクストプロローグ編」を無に帰す、それぞれとの出会いのコミュ、
というので、人数分だけのバリエーションをしっかりと楽しむことができていますし、
メインコミュも起承転結のワンパターンではありますが、悪いものではないと思います。

一方で、何度もライブパートをやっているのに「初センター」などとわけのわからないことを
言い続けている、というゲーム特有のアンバランス感は気にもなりますが、
個別コミュ含め、「過去の出来事の追想」として捉えればそこはなんとかクリアできます。

半永久的に続けられる構造のアプリゲーである以上、「トップアイドル」というものに
アイドル達が実際に上り詰めるまで、というのが描かれる可能性は高くなく、
その意味で不安もありますが、現時点で、このパートにおいては満足できています。


音ゲーパート

上述の通り音ゲーは苦手なのですが、それはさておいても、ライフが無くなると
プレー自体が停止し、復帰のためにミリオンジュエル、つまりはリアルマネーを要求してくる、
というのはとことんふざけた仕様だなとしか言いようがな
く、腹立たしく思っています。
苦手部分を練習しようにも停止しては練習すらできない、というのではやる気すら失います。

音ゲーが苦手な人向けの救済策として「お仕事」でも同様の報酬が得られる、
とされていましたが、蓋を開けてみれば予想通り音ゲーパートのほうが効率はいいわけで、
結局のところロクな救済策になっていない、というのが現状です。

また、もう少し具体的に譜面の話をするならば、長押しの判定が非常に辛く感じたり、
6MIXなんて難易度以前に間隔が狭すぎてまともに押せもしない、というのも引っかかります。

アプリゲーお得意の「元気」システムのために、そもそも音ゲー部分が満足にプレーできない、
という根本的な欠陥もある
わけで、この部分についてはただただ不満ばかりが募っています。

さらに今後「イベント」によってライブパートでのポイントを競う、なんてものが実装される
可能性は高いわけですが、そうなるといよいよ馬鹿馬鹿しさしか感じられなくなるでしょう。

所詮は音ゲー、アプリゲー、ということで、悪い意味で想定の範囲内の事態が展開されています


ユーザーインターフェース等

もっと全般的な話としては、そもそも「重い」という致命的な欠陥があります。
スマホのスペックの問題なのかもしれませんが、特段劣ってはいないはずの機種で、
通信環境も悪くないはずの環境でも、どうしても重すぎるのです。

アプリ立ち上げ時はまだ我慢できても、プレゼント入手の部分はもはやギャグのレベルで、
また押しても押しても無反応、という場も珍しくないのが現状です。

また、重さ以外にも、「親愛度」がユニット編成画面では確認できなかったり、
レッスン画面でスキル効果が確認できなかったり、
インターフェースではないですが、マスターレッスンだの覚醒だの無駄に成長要素が
多かったり、とまともにテストプレーをしたかも疑わしい誰得要素もてんこもりです。

インターフェースレベルであれば今後のアップデートで何とかなるかもしれませんが、
成長要素も「追加」こそできても「削除」は通常できはしないでしょうし、
そもそもの重さが劇的に改善される可能性もないでしょう。

要するに「プレーしにくい」要素が多すぎるという致命的な問題が多々あり、
これはアイマスの悪い意味での伝統でもあるのかもしれませんが、
もう少し何とかならなかったのか、としか言えない状況です。

まぁ何より問題なのは、琴葉はともかくとして、最初から「51人」いるはずの劇場で、
カードを入手しない限りはステージに立たせる事すらできない、という異常事態
でしょう。
何をどう考えたらこんな仕様になるのか、呆れ果てるしかないのですが、
少しでもカネを落とさせるためなら整合性もへったくれもない展開を当たり前にやる、
という悪い意味での「アイマスらしさ」を感じるには十分なものだと一周周って感心します。


次なる展開へ

トータルで言えば「グリマスよりはマシ」という本来比較するべきですらない存在と
比較するレベルに今作を位置づけねばならなそう
、というのは残念極まりない話です。

前述の通り、コミュパートには満足できており、つまりは「アイドルの魅力」という
アイマスにおける絶対的なモノで他の欠点や欠陥をカバーしている、という状況。

「ゲームとしての面白さ」をアプリゲーに求める事自体が間違い、というか
アイマスは家庭用でもゲームとしては面白くはなかった、というのが実際のところではありますが、
それでもUIはもっとなんとかなるだろ、とはやはり思えるわけです。

まぁそこについてはそれこそアプリゲーなのだから今後の改善に期待、というのも
前述の通りですが、「今後」について具体的に見えそうなものも発表されました。

そう、7/28に配信されるという「12周年ニコ生」ですね。
昨年の11周年に引き続き、ではありますが、765単独なんて事には当然ならず、
シンデレラはまだしも、SideMの声優までもが、というのには眩暈を覚えます。

要するにこの番組自体を楽しむことは全くできないのは確実なのですが、
それはさておき、「新情報」が来るのは必至で、そこがポイントではあります。

それこそミリシタのイベント的なものもある可能性は高いでしょうが、
「合同武道館ライブ」の出演者がここで来る可能性も更に高く思えます。
あるいは、噂の新作ブラウザゲー、という可能性も…

それ以外にもPミーティングやミリオン4thのBD等もあればいいと思いますが、
何をどう間違えても「合同ライブ」(前述の武道館ではなく)なんてものが出る、
ということだけはあって欲しくない…
ですがありうるのが現状です。

それが実際出たらどうするか、はまぁその時次第ではあるのですが、
不安を無駄に募らせる状況に陥り、今から気が滅入り勘弁してほしいところです。

「52人の物語」をこのミリシタで打ち出したのですから、このゲーム内ではもちろん、
「合同武道館ライブ」をはじめ、この路線で、他は入れずに走ってくれること、
それが今やるべきことだと思いますし、私が期待しているところ
でもあります。

…もちろん私としては「13人の物語」を諦めたわけでもなんでもなく、
やっと続報が出るという「MASTER PRIMAL」、そしてその先の物語にも、期待しています。