シアターデイズ プレー雑感 その2

kage

2017/07/16 (Sun)

初のガシャ更新、そしてイベントも開催されたシアターデイズ。
私自身のプレーも進んでいますので、こちらについて今回も書きたいと思います。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは37、劇場ファン数は2万5000人超えのDランク新米プロデューサー

アイドルは51人中47人でNなりRなりをゲットできているわけですが、
逆に言えば残り4人、麗花亜利沙杏奈の4人はこの期に及んで未入手です。

ただ、ふれあいやお仕事では4人とも出現しているため、麗花を除く50人は親愛度が
50までは達成できている、という状況で、200達成も23人
、と半数近くまで来ています。
まぁ500達成は一人もいない、というのも確かなんですけどね。

この勢いだと手持ちメンバー全員が200に到達するのが先か、51人揃うのが先か、
という感じなのですが、そもそもなぜこれほどまでに排出バランスがおかしいのかは疑問です。
まぁ前提として「最初から51人分Nは用意しておけ」以外何ものでもないんですけどね。

また、ここまでくると誰一人できていなかった「覚醒」も多数できており、
すなわち「THE IDOLM@STER」も解放できている、という状態で、
レベルとしても現在解放されているロコのストーリーが解放されているため、
目先の具体的な目標は特にない、強いて言うならいつ出るかわからない4人を
待ちながら、覚醒値と親愛度を上げ続けるだけ、という状況にもなっています。


夏だ!海だ!海水浴ガシャ

そんな中先日初のガシャ更新がなされましたが、まぁ何の付加価値もない
ただの「ガシャ」で、面白みというものは当然ながら全くありません。

ガシャに面白みを求めるほうが間違い、と言えばその通りなんでしょうが、
単なる集金以外にもう少し頭を捻ることはできないのか
、とつくづく思います。


THEATER SHOWTIME

「もう少し頭を捻る」ことができる余地があるものであるはずのイベントも初開催、
となりましたが、蓋を開けてみれば、単に期間中のライブやお仕事のアイテムが増えるだけ、
という事実上の「サービス開始キャンペーン」レベルのシロモノで、拍子抜けにも程があります。

延々とライブでポイントを稼ぎ続けるだけのイベントを想定していたので、
それよりマシ、と言いたいところですが、そうとも言い切れないレベルのものでしょう。
新カードなり新曲なりがあってしかるべきところでこれ、ですからね…。

ただ、今後の方針として、「ポイント稼ぎ競争」ではないものをイベントとして出す、
というものを打ち出したというのなら、それはそれで好ましい
と思いますし、
このキャンペーンレベルのものが今回だけなのか否か、そこが重要で、
その意味で次回のイベントがどう出るか、というのは大きなポイントでしょう。


その他諸々

ということで私のプレーもゲーム自体も進んでは来ているのですが、
気になる点というのも残念ながら膨れ上がってきているのも現状です。

例えば、スパークドリンクの所持数に無駄に制限をかけ、プレゼントボックスに
貯める仕様となっており、かつモノによって使用期限まである
、という仕様。
全てに使用期限があるなら「消費促進」という意味で理解もできますが、
あったりなかったり、というのでは、わけもわかりません。

また、グリマスに続いて無駄にたまり続けるマニーの消化先がない、というのも
問題で、これでミリオンジュエルなりガシャコインなりスパークドリンクなり
レッスンチケットなり覚醒アイテムなり、なんでもいいからなぜ買わせないのか、
というのもあります。結局リアルマネーで買わせるのなら、
もはやこのゲーム内マニーに意味すらほとんどないわけですが…。

まぁこのあたりは今後のアップデートで是正される可能性もあるんでしょうが、
ちょっとプレーすれば気づくところが放置されている、という現状は、
つくり込みの甘さ、「後でアップデートすればそれでいいや」というアプリゲーのあり方、
その辺諸々がモロに噴出していることの証明
でもあるでしょう。

モーションの追加などという、話題性だけを優先するアップデートのほうが
カネは稼げるのかもしれませんが、無駄なストレスなくプレーできる、
ということをまず優先的に考えて開発を進めてほしいものです。
まぁ、バンナムにそれを期待するのが酷というか、間違いなんでしょうけども。