12周年ニコ生 新情報!

kage

2017/07/29 (Sat)

さて昨日放送された12周年ニコ生において新情報が発表されましたので、
今回はそれについて少し書きたいと思います。


765PRO ALLSTARS単独LIVE 開催決定

今回最大の発表は言わずもがな、これでしょう。
ちょうど半年前、「ASに未来はない」と宣言されたに等しかったPミーティング以降、
ミリシタを筆頭に「765+ミリオン」という形こそが明確な未来、ととれる展開が続きましたが、
しかし「13人体制」でもまだやる、まだやれるということを証明する舞台が用意されたわけです。

2018年1月6日、7日開催、という年始のスケジュールはともかくとして、
この期に及んでPミーティング会場の東京体育館より狭い幕張メッセイベントホール、という
狂気のキャパ
には頭も痛くなりますが、とはいえ、このライブの実現自体が何よりの悲願です。

出演者含め、詳細情報は後日発表、とのことですが、期待するのは「13人揃い踏み」、
そして「異物は絶対に入れない」、当然これ
で、これ以上のものはありえません。

まぁ実際どういうメンツであろうとも参加意向に揺らぎがあるはずもないのですが、
果たしてこのキャパで会場に行くことは可能なのでしょうかね…。

今後発表されるであろう応募方法次第ですが、まぁMP第二弾以降、
と考えておくほうがいいでしょう…。


MASTER PRIMAL ROCKIN'RED 試聴開始



そのMP、発売自体は前々から発表されており、1枚目は曲名も公開されていましたが、
今回、この1枚目の担当の4人曲である「BRAVE STAR」の視聴が開始されました。

勇ましいタイトルとは裏腹の爽やか系楽曲で、非常にシンプルな曲という印象でしたが、
これこそが「原点回帰」と言われればそんな気もするような、しないような…。
「CRIMSON LOVERS」はかなりインパクトのある曲、とのことですがどうなのでしょうかね。

ミリシタはさておき、「進行形展開」がない765ASにおいて、
今回のこのCDシリーズというのは異例の「ノンタイアップ」的な扱いになるわけですが、
それ故に曲自体の良さもいつも以上に求められるでしょう。

それに応えてくれるかどうかは現状不明ですが、武道館合同ライブはさておき、
前述の新年単独ライブでこのシリーズの曲が披露されるのならば、
それによりこのシリーズの輝きが増す、そんなことになるのではとは思えます。

いずれにしても、数少ない「765AS単独展開」であるわけですし、
今後の発表、そしてもちろん発売自体も当然追っていきます。


ぷちます 2シリーズ アニメいっき見ブルーレイ 発売決定

まさかここでこんなものが出てくるとは、という感じのサプライズ情報。
どちらも通常のBDは全巻揃えており(悪名高き1期の2パターン商法も含め)、
この期に及んでこれが出ても、流石に買うべきか否かは非常に悩ましいところです。

まぁその悩みを吹き飛ばすような何らかの「特典」があるのならば、
その時点で購入は決定するのですけどね。

そしてこれが「3期」の伏線になるのか否かは…可能性はあるのでしょうか。


765 MILLIONSTARS HOTCHPOTCH FESTIV@L!!



出演者発表に続いて社長登場のPVが公開されましたが、中身は何もないに等しいものです。
「新しい企画」というのは当然気になりますが、これでは「予告の予告」レベルですしね。

これだけ仰々しく「新しい企画」というからには、リクエストで曲やメンバーを決める、
というオーソドックスなものでもないのでしょうし、果たしてどうなる事やら、という感じです。
「無粋な企画」でライブそのものの良さを殺すことにだけはならないでほしいものです。


ミリシタ 12周年ニコ生ありがとうプレゼント

番組内の特に何の意味もない恒例の茶番劇によって配布が確定した、
「ミリオンジュエル765個」ですが、当然ありがたく使わせてもらい、
2枚目のSSRである未来や、未所持だったSRも複数枚ゲットできました。

まぁ「貰えるもんは貰っておけばいい」というだけの話ですね、これは。


ミリシタ 新イベント予告

新カードはあるにせよ、新曲もなければコミュもない、という衝撃のイベントであった
「ミリコレ」は終了しましたが、今度はちゃんとそれがある、という予告がされました。

具体的な楽曲等の内容が出せるならまだしも、「それがある」ことが予告になる、
という時点でどうなの
、という気しかしませんが、まぁとりあえずは期待しましょう。

楽曲予想キャンペーンをツイッターでやる、ともされましたが、
リリース直前のアイコン予想みたいなしょうもない企画なんですかね…。


グリマス 12周年ニコ生放送記念ガシャ

「まだあったんだっけ?」というのは冗談にしても、ミリシタの配信開始によって
ただでさえ薄かった存在感が消滅しかかっているようにすら思えるグリマスですが、
割とよくやっている超短期間スペシャルガシャが今回も開催されました。

ミリシタは無償配布でグリマスは有償ガシャ、というのはもはやギャグの領域ですが、
今なおグリマスに金を落としてくれる熱心な層から搾り取るだけ搾り取る、
ということしかやれることはないのでしょうし、そういうネタとして受け止めておくべきでしょう。


12周年、そしてその先へ

それ以外にもシンデレラとSideMで新情報もありましたが、
私が言及したいと思えるものは何もなかったので割愛します。

それを割愛しても、並べてみると多数の情報はありましたが、
一方で期待していたPミーティングやミリオン4rhのBD発売情報、というものはありませんでした。
後者はともかく、前者はその発売自体疑わしい、というのが正直なところでしょうが、
あれがどういうイベントであったにせよ、しっかりとモノとしては出してほしい
ところです。

「発表された情報」について改めて目を移すと、
なんといっても「新年765単独ライブ」が圧倒的に大きな情報として燦然と輝きます。

Pミーティングでの「歌だけのライブがやりたい」という今井さんの叫びに応えた、ともいえる
このライブで、果たしてどのような姿を、そして未来を彼女たちは見せてくれるのでしょうか。

その未来が描かれるはずの「2018年」の前年、つまり今年、
この2017年は、信じがたいレベルでの失望から始まったものの、
その先で「765プロの未来」を、良くも悪くも見せてくれている、というのが現状です。

その一つの結晶が「765ミリオン合同武道館ライブ」のはずで、
しかしそれとは別の「新年765単独ライブ」という未来も提示したわけです。

「52人体制であってもいい」「でも13人体制も絶対欲しい」という私の願いは、
言ってしまえばきちんと叶えられている、という現実に、その中身のクオリティはさておき、
とりあえずは感謝し、満足すべきなのかもしれません。


もちろん、今回の番組でも言及された「(10月の武道館ではない)合同ライブ」という、
決して可能性が低くない、どころか高くすら見える、その未来が実現するのならば、
それは感謝も満足もすべきに値しないものではあるのですが、
とりあえずは現時点で「ない」ことになっているものは置いておきましょう。
まぁ、実際に感謝にも満足にも値しない構成だった今回の番組自体は「あった」のですけどね…。


非常に残念なことに、アイマスとは全く別の個人的な事情で苦しい時期が続き、
そして今後も悪化が免れないという危機的な事態に陥っているのですが、
それでも今見えている「765プロの未来」のために、踏ん張って、生きたいとは思っています。

12周年のその先の13年目は、13人にとってはある意味特別な年なのかもしれません。
その年を笑顔で迎えられるように、13人と、そして39人にも力を借りて、
この事態を乗り越えたい、そしてまた全力でプロデュースしていきたい、そう思っています。