パ・リーグコラボ 765プロDAY レポート

kage

2017/08/06 (Sun)

本日はこちらのイベント…というか試合を観戦してきましたので、
簡単にですが書いておこうと思います。


パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズコラボ

ミリオン4thにて発表されたこちらの企画。
「旧態依然」という言葉が非常に似合うNPBではありますが、
そのうちでも「先進性」と「柔軟性」を幾分かは感じられるパ・リーグとのこちらのコラボ企画、
というのは意外性という意味では薄くはありました


内容としては、コラボグッズの販売のほか、まさに本日8/6が「765プロDAY」であったように、
先日は「346プロDAY」、後日には「315プロDAY」として、各チームの声優が
試合の演出に参加する、という催しがなされる、というものとなっています。

何DAYであろうとも、もちろんメインは試合そのものなわけで、
私も観戦を即決はできませんでしたが、この夏に765・ミリオンのライブがなく
(後日アニサマはありますが)、諸々のフラストレーションもあったということ、
また幸いにも野球自体には少なからず関心があるということで、観戦を決定しました。

座席は一塁側内野席の、それなりに高額の「良い席」を抑えて当日を迎えました。


物販

今回のコラボではオリジナルグッズの物販が非常に大きなウェイトを占めると言えますが、
しかしながら欲しいと思えるものが皆無で…ということで、
現地到着は開場直前の16時前となり、そこから物販列に並びました。

物販自体は朝からやっていたはずですが、その時間にもまだ列はあり、
しかしながほとんどのグッズは売り切れておらず、という微妙な感じ。

並ぶこと約十数分、とりあえず記念にトートバッグとライオンズのリストバンドを購入しました。
オペラグラスも買おうかと思いましたが、流石に9000円は高すぎる…ということで断念。

もう少し「これ」というグッズがあればよかったんですが、まぁないものは仕方ない。


試合前

コラボ企画として何をやるか、というのは事前に発表されていて、
その発表通り、まずは17:30前にグラウンドに中村さんがRISUKEさんとジャスティンさんなる
人物たちと登場し、今回のコラボについて簡単に紹介してくれました。

続いてはスタメン発表、ホークスは長谷川さんが、ライオンズは山崎さんが読み上げ。
ホームのライオンズはやはり紹介も豪華、なんですね。

更には事実上のコラボにおけるメインイベントとして、セレモニアルピッチがなされました。
投手に山崎さん、打者に長谷川さん、審判に中村さん、というポジションで披露され、
マウンドより数メートル手前から投げた山崎さんは見事にノーバン投球を見せてくれました
…しかしそのスカートはどうなんだ、という感の衣装は気になりましたが…。

長谷川さんが空振りしたその球の球速は76.5km、とアナウンスされたのは大嘘、
というかそういう演出でしょうが、実際のところ、野球経験のない成人女性が
通常投げるとどれくらいの球速が出るものなんでしょうかね。


試合

連勝が前日に13で止まったライオンズと、首位ホークスの対決、というカード。
2回にライオンズが1点先制したとはいえ、投手戦が続きそう、という雰囲気でしたが、
同点に追いつかれた直後の5回に浅村選手の激走からの山川選手の3ランHRで勝負あり、
という流れになり、8回の外崎選手のホームランでダメ押し、そのままライオンズが勝利。

その中でのアイマス要素としては、3回表終了後のバズーカタイムで声優陣がグラウンドに
登場したり、ファウルボールの注意のアナウンスが未来によるものだったり、
度々声優陣がモニターに映し出されたり、という感じで、まぁ当然ですが非常に薄いものでした。
オルガンによるアイマス楽曲BGMもありましたが、それも僅かでしたしね。

ともあれ、連勝が止まれども強い、というライオンズの好調さを感じられるような、
そんなゲームだったのではないか
と思います。


総括

ということで今回のイベントについては以上になります。
どちらのチームのファンでも、というかどのチームのファンでもない私からすれば
どうなっても心穏やかに観られますし、実際そうなったわけですが、
一方で球場の熱、つまりはファンの熱量というのもしっかりと感じられ、
私がこういう熱意を持てるのはやはりアイマスしかないな、とも改めて思えました


西武ドームに来るのは10th以来、ちょうど2年ぶり、野球観戦自体はそれより前で、
もはや何年振りかも覚えていませんが、ともあれ10thの「約束」をこういう形でも
叶え、実現できたのはこれはこれで良かったのではないかと思います。
…とは言え、やっぱりライブで再びここへ、というのが理想ではありますけどね。

ここでのライブはともかく、ライブ自体はちゃんと準備されているわけで、
そこで私の熱意を、気持ちをぶつけたい、それが再認識できたのが何よりでした。

シアターデイズ プレー雑感 その3

kage

2017/08/05 (Sat)

前回更新より約半月、状況もいくらか変わりましたので、
今回もまたこちらを書きたいと思います。


プレー状況

まずは現在の進捗について。
プロデューサーレベルは53、劇場ファン数は5万7000人超えのCランク普通プロデューサー

アイドルは51人を無事揃え、親愛度も全員200以上となっています。
まぁ、最後の二人となった麗花は他の49人が200に達してから出現したんですけどね…。

カードとしてはNどころかRもすべて揃え、SSRは2枚、SRは12枚あり、
いずれも覚醒ゲージはマックスで、「ステージドレス」不足で覚醒できていないNが
あと3枚、というの以外は全て覚醒まで完了しています。

つまり、もはや現状では実質「親愛度アップ」のためだけの作業の繰り返し、
という状況で、7人は達成した500に、残り44人も後追いをさせるだけ
となっています。

ゲームのコンセプトからして「作業ゲー」になるのは配信前から明らかでしたが、
あっという間にこんな状況になるとは…と呆れかえる程の状態です。


イベント

「作業ゲー」を「作業ゲー」で終わらせないためのメリハリとして必要なはずのイベントですが、
事実上のサービス開始キャンペーンであった最初の「THEATER SHOWTIME」に続いての
「ミリコレ」は、ポイント稼ぎ競争ではないにせよ、「作業ゲー」感はまるで変わりませんでした。

しかも、途中で排出メダルのボリュームを変える、という想定の甘さまで
見せてくる、というお笑いポイントも欠かさず取り入れてくる始末です。

そのおかげかどうか知りませんが、目玉であったエレナのSRが割と余裕で入手できた、
というのはまぁ良かったのですが、今後もこのバランス感になるかどうかは不明です。

というか、「今後」であった次のイベント、つまり現在進行形のイベントがまさかの
「THEATER SHOWTIME」再び、という展開は流石に衝撃的
でした。

「サービス開始キャンペーン」レベルのものを僅か一回別イベントを挟んだだけで
再度、というのは正気の沙汰とは思えず、ここまでくると運営が無能、というより、
運営に何らかのアクシデントが発生し、上手く展開できない状態、と考えたほうが自然
です。

ではなぜそんなことになったのか、というのは当然わかりませんが、
いずれにせよ、まっとうな運営状況でないことだけは確かでしょう。
本当にアクシデントが発生していたとしても、そうなったこと自体が「無能」とも言えますしね。


今後の展開

そんな状況ですが、先日のニコ生での予告通り、新曲の配信は決定し、
ツイッターでのアンケートを経て、「Shooting Stars」であることが発表されました。



以前のこのブログでのアンケートの結果でも出ているように、ミリオン屈指の人気曲ですが、
だからと言ってこれで停滞を打ち払う、という狙いがあるのならば、それは無理があるでしょう。
これ1曲だけで根本的なマンネリ感の打破になるわけはないですからね。

LTPl曲→LTH曲と、実際のCD発売順に展開されるかと思いきやそうはならなかった、
という事にどれだけの意味があるのか、「クレシェンドブルー」という明示されたユニットの曲、
という事にどれだけの意義を持たせるのか、というのが現状不明ではありますが、
少なくとも後者は活かさないことには「勿体ない」としか思えないネタではあります。
しかしそれをうまく昇華できる、というのは現在の運営を見るに理想でしかないと思えます。

ユニットが明確に立ち、「目玉」となりうるLTH曲の配信はそれ相応の出し方、というのが
あるはずだと思いますが、それが出来るとも思えない
、というのが現状ですからね。

まっとうな運営であれば、例えば毎週メインコミュは1つずつでも配信し、
現在のレベル35までの流れ同様に、レベル5ずつで解放、とすることで話題性を常に保ち、
わかりやすい目標を立てる、とできたはずですが、それすらできておらず、放置状態ですからね。
現在ソロ解放が35までで9人、残り43人もいるのにどうするつもりなのか…
「毎週更新」だったのなら約1年間でこれを綺麗に昇華できたはずなんですけどね。

このミリシタというコンテンツを、何年計画で想定してスケジューリングしているのか
不明ですが、この異様なペースを踏まえると、まさかこれで10年戦う気なんでしょうか。

「アイマスブランドでなければとっくにオワコン」と言っても何らおかしくない
現在のミリシタが、今からでもまっとうな運営がなされることを祈りたいところですが、
なんせバンナム、何も期待しないほうがいいのは間違いない
でしょう。


種田梨沙さん復帰

ミリシタはこんな状況ですが、まさに「朗報」と言えるものとして、
種田さんが仕事に少しずつ復帰する、というアナウンスが先日所属事務所より出ました。

http://osawa-inc.co.jp/blocks/index/news000015.html

休養の理由は明らかにされていませんでしたが、このアナウンスでは「喉の治療」とされています。
本当にそれが理由なら最初からそう言っておけばいいものを、というのを含め、
その「理由」の真実性はやや疑わしいところですが、それをどうこう言っても仕方ありません。

種田さんを待つ」とは4th武道館でもこのミリシタでも事実上の宣言をしていましたが、
いつまで待てるのか…というところで、ここで復帰となったのは間違いなく朗報ですしね。

収録がどのようなペースでできるものなのかは不明ですが、
ミリシタへの琴葉の登場、52人版「Brand New Theater!」、そしてリアルイベントへの復帰、
と今後期待される展開は多々ある
わけです。

とりわけ「リアルイベント」としては、10月の合同ライブが、4thでは叶わなかった武道館という
ステージに彼女が立つ絶好の機会に思えますが、それは果たして実現するのでしょうか。

まぁ種田さん、琴葉のためだけにミリオンがあるわけではなく、
合同武道館ライブがあるわけでもないはずですし、必要以上のお涙頂戴演出もあるべきではなく、
適切なバランス感をもって彼女の「復帰」を迎えられるのが理想だと思います。

もっとも、そのバランス感が持てるかどうかも疑わしい、というのがミリシタの運営で、
現在のアイマスライブの演出でもある
のですが…。

ともあれ、この朗報は、ミリオンがよりよく発展、展開していく機会にはなるはずで、
それをうまく活かしてほしい、と結局祈るしかありません。