765ミリオン合同武道館ライブ HOTCHPOTCH FESTIV@L!! レポート 1日目 中編

kage

2017/10/11 (Wed)

07.I Want
(中村愛美)

前曲とは全く雰囲気が変わってのこの曲。春香の新境地、というか一面というかを
描いた曲ですが、「ロック」キャラであるジュリアと、ロックなステージとして展開しました。
もちろん愛美さんはギターを手に、ですね。

9thでも披露されたとはいえ、久々感のあるこの曲を、これまでとは違った
パフォーマンスで魅せるという形で魅せてくれ、非常に見応えのあるステージ
でした。


08.黎明スターライン
(野村小笠原麻倉)

謎のトリオで謎の選曲、と感じましたが、後のMCで「ゴージャス(千鶴)・セレブ(星梨花)・
プリン()」でアニメ9話のED曲を、という選抜と紹介されました。

亜美真美曲の中でも異色のこの曲を、このトリオでしっかりと表現し、
そして客席にウェーブも起こすことで、独特の楽しさあるステージとなりました。


09.スマイル体操
(仁後平山上田)

やよいのソロ曲を、体操要員の海美とスマイル要員?の麗花と、というトリオで披露。
まさかこの曲が来るとは、という感じでしたが、ジャージを衣装の上にまとっての
楽しく愉快なパフォーマンスで、観ているこちらもスマイルになるような、
心も体も暖かくなる、会心のステージ
でした。


10.愛 LIKE ハンバーガー
(大関野村渡部)

一人を除いて事前の予想がドンピシャ、となったこの曲。食べ物つながりでのカルテットですね。
非常にハイテンポでハイテンションな曲ですが、4人でその独特な世界観を表現し、
かつての仁後さんと若林さんのコンビによるパフォーマンスとはまた別の、
新たな味のハンバーガーを食べさせてくれたと、そう思えました。


11.PRETTY DREAMER
(沼倉平田仁後山崎郁原上田愛美伊藤小笠原麻倉夏川)

「HOME, SWEET FRIENDSHIP」の時点でこれは予想できたわけですが、
オリジナルメンバーである沼倉さんを含めて、という事で感慨もひとしお。

大人数ならではの賑やかで楽しいステージというのはもちろんのこと、
要所をオリジナルメンバーで、というのも非常によく、見応え抜群のステージでした。


MC

ここでのMCでは平田さんと小笠原さんが司会で、
「PRETTY DREAMER」の歌詞になぞらえての「反則的に可愛い選手権」を開催。

沼倉さん、愛美さん、さんがキャラクターで可愛いセリフを、という企画でしたが、
要するにいつもの茶番劇ですね。案の定の沼倉さんの立ち位置が一番の見どころでした。


12.I'm so free!
(たかはし平山桐谷)

タイトル通りの「自由人」トリオでのこの曲。爽やかでいてマイペース、
そして美しさも感じられるこの曲を、美しいハーモニーで聴かせてくれるステージで、
特にアウトロはこれまでにない表現で、この3人ならではのステージだったと思います。


13.shiny smile
(沼倉)

の持ち歌を、同様に途中参加の地方出身者というとデュオで、という形。
爽やかさ全開で、疾走感にもあふれる楽曲を、さんの存在でよりフレッシュに、
眩しく感じるものとして見事に魅せてくれました



14.KisS
(麻倉)

貴音個人曲ではありませんが、持ち歌であるこの曲を、星梨花という謎の人選でのデュオで披露。
まさか声優の交友関係に基づいて、ではないと思いますが…。

曲自体はタイトル通りのオトナの世界観100%のものですが、さんはもちろんのこと、
麻倉さんもそれをしっかりと表現してくれ、見応えのあるステージだった
と思います。


15.DIAMOND DAYS
山崎郁原平山上田大関近藤愛美原嶋伊藤野村小笠原麻倉戸田桐谷夏川渡部

ここでミリオンスターズのメンバーでこの曲を。
TAの共通曲で、全員曲ではなかったものの、「武道館へ」を謳う曲であり、
4thに続いての披露は妥当性のあるものだと感じられます。
パフォーマンスも、タイトル通りの煌めきと輝きをしっかりと感じさせてくれるステージでした。


16.ToP!!!!!!!!!!!!!
中村沼倉平田仁後たかはし

TGSでショートバージョンではありますが既にライブ披露済みな以上、
やらないはずがないと思っていたらやはり来たこの曲。

メイン曲としては珍しい、非常に美しいバラードに近いタイプの曲ですが、
「765プロ感」に溢れ、これまでの集大成、そしてこれからの未来、
それらを謳う世界観を見事に表現してくれたステージ
でした。
「永遠なんてない」と聞こえた歌詞が気になるところですが、果たして…。


MC

ここではライブ前に発表されていたユニットについての「答え合わせ」がされましたが、
やよい&育のデュオがまだ披露されていない、というところから、ラストブロックへ続きます。


続きます。