765ミリオン合同武道館ライブ HOTCHPOTCH FESTIV@L!! レポート 2日目 前編

kage

2017/10/13 (Fri)

01.READY!!
今井長谷川若林浅倉下田釘宮田所Machico稲川雨宮田村香里角元渡部駒形小岩井諏訪藤井末柄高橋浜崎阿部山口中村)

さて2日目、どう始まる、というところからの1日目とは違うこの曲出のスタート。
言わずもがなの最高の開幕曲であり、「新しい形での765プロ」というものを、
改めて、ダイレクトに感じる、そんな見事なオープニングだった
と思います。


MC

2日目も人数が多いため、手短な挨拶。今井さんの言う「1日目の感想」も是非聞きたい
ところでしたが、そんな話をここで聴けるわけもなく、次の曲へ。


02.MEGARE!
(若林駒形)

「ハッチポッチルーレット」からの紗代子律子で、「キラメキラリ」への対抗馬になる
「いっぱいいっぱい」がいきなり来るのか、と思いきやのこの曲、でした。

「MEGARE」と「MEGANE」を掛けたしょうもなすぎる選曲には失望しましたが、
曲自体はアイドルを謳う、アイマスらしいもので、若林さんの相変わらずの
パワフルなパフォーマンスも含め、十二分に楽しめるステージ
でした。


03.Sweet Sweet Soul
(稲川田村渡部高橋)

低身長ユニットによるヒップホップ曲、という意外性の1曲。
独特の世界観の中で、やはり際立つのはラップパート。4者4様のパフォーマンスで、
これはこれで楽しめるものになっていたと思います。


04.リフレインキス
(小岩井諏訪)

このデュオ自体は事前に予想しましたが、しかしこの曲とは…という選曲。
曲のタイプ的には違和感もなく、楽しめるステージになる…かと思いきや、
曲途中に、急に明らかに小岩井さんが音がうまくとれなくなったように感じられ、
それを心配しながら観る、ということとなってしまいました。

後のMCでこれについて音が聞こえなくなるトラブルがあった、と説明されましたが、
その状態で最後まで歌いきり、パフォーマンスとして最後まで成し遂げた、
ということは称賛に価すると思いますし、価値と意義のあるステージだった
と思います。


05.Understand? Understand!
(釘宮渡部)

こちらは事前に予告されていたデュオで、性格的な組み合わせなんだろうな、とは思っていましたが、
「ツンデレ」というのが答えなのはどうなの、という感じも…。
曲もそんな雰囲気の歌詞からの選曲なんでしょうが、どうあれパフォーマンスとしては
非常に新鮮で、見応えもあり、この二人ならではのものとして存分に楽しめました



06.Shooting Stars
(若林浅倉下田田所Machico雨宮角元駒形藤井浜崎阿部山口)

こんなに大人数でやるタイプの曲でもないだろう、とは思いましたが、
それと同時に「brave HARMONY」を彷彿とさせるということもありましたし、
これはこれで、という意味で楽しむこともできました。

何より、オリジナルメンバーだけでなく、初披露の若林さん達がこの激しい曲で躍動する
パフォーマンスはやはりそれだけで見応えは十分で、圧倒的だった
と思います。


MC

「Shooting Stars」のパフォーマンスを完成させたことに対する喜びトークからの、
「Shooting Stars」=「流れ星」への願い事、という流れで早口言葉選手権の企画へ。

若林さんとMachicoさんが司会で、田所さんチーム、雨宮さんチーム、下田さんチームに
分かれての対戦、となりましたが、案の定グダグダに…。まぁこれも765らしさですけれども。


続きます。