アイドルマスター ステラステージ 新情報!

kage

2017/11/22 (Wed)

さて先日のステラチャンネルにてステラステージの新情報等が
いくつか発表されましたので、今回はそれについて書きたいと思います。


詩花のステージ



>もはや事前発表のネタとしてはその詩花のステージシーンくらいしかないように思えますが、
と前回のステラチャンネルの時の記事に書きましたが、それそのものがここで来た、
という発表となりました。

まぁ「詩花のイメージ通り」で、つまりは「961のイメージ」ではない曲ですが、
これ1曲で終わり、ではないかもしれません。ジュピターも2曲、玲音も2曲ありましたしね。
それがあるとすれば、詩歌の本性、とまではいかないまでも、今の「清廉潔白」な
イメージとは異なるものが見えたとき、になるのかもしれませんが、果たして。

そしてゲームからはみ出た話としては、これがリアルライブで披露されるのは
「初星宴舞」なのか「プロデューサーミーティング2018」なのか
、ということもあるでしょう。


システムまわり

sc31.jpg

あとはもう細かい話ばかりで、レッスンはほとんどプラチナスターズと変わらず、
そして営業ではあろうことかあの「サイコロ」が再び、ということまで発表されました。
…以前の放送では「サイコロはない」と言っていたはずですが…。
PSの反省をしての今作、かと思いきや、パイン飴とならぶ2大暗黒要素の一角を
そのまま継続、という狂気の采配には溜息以外つくものはありません


プラチナスターズの収録曲は全て収録、という話もありますが、
逆に言うと「ToP!!!!!!!!!!!!!」以外の新曲は?という話もあり…
「ザ・ライブ革命でSHOW! 」のような「2曲目」だけでもあればいいのですが、果たして。


6大タイトル

sc32.jpg

1年のうちに特定のタイミングにしかチャレンジできない特別なライブ、とのことで、
これを狙ってスケジュールを立てていく、というのが一つの方針になりそうで、
プレーのマンネリ化を避ける一つの指針になるのは良い事かと思います。
イメージ的にはモンスターファームの「4大大会」でしょうか…もう古いか…。

まぁマンネリ化を防ぐという意味では、上限のランクまでのファン数等が
「現実的なライン」で終えられることも極めて重要なはず
ですが、
そこはちゃんと見直されているんでしょうかね…。


その他諸々

sc33.jpg

ステラステージ以外についても発表があり、
先日予告されていたローソンキャンペーンの詳細な情報のほかにも、
「朝焼けは黄金色」の単行本1巻と「無尽合体キサラギ」の書籍化も発表、
さらには「MASTER PRIMAL」の最後(のはず)の「POPPIN'YELLOW」、
そして「ToP!!!!!!!!!!!!!」と「Blooming Star」を収録した「STELLA MASTER」シリーズ

発売、ということも発表されました。

STELLA MASTERについては「00」と冠され、これ単品で終わりではないはずで、
DLC新曲等も期待できる…と思いたいのですが、サイコロも含め雑な情報発表に
定評のあるアイマス公式なので、期待しすぎるのも良くないでしょう。

そして正式発表という形でもありませんでしたが、初星宴舞は両日でセットリストが異なる
という事も宣言され、楽しみは増す一方です。
もっとも、これに関しての最大の不安は例の無能演出家の存在で、
彼が関わる以上間違いなく本来あるべき満足度より下になってしまう、
ということが非常に残念で、腹立たしい状況にあります。


話をステラステージに戻すと、各社ゲーム記事サイトからプレー情報も出ていますが、
それを見る限りではやはり「OFAとPSを足して2で割った」としか言えないシロモノであり、
目新しさというものは残念ながら全く感じられるものではありません。

言い換えれば「不評だったPSの作り直し」でもあると思いますが、
肝心のサイコロが残っている、という時点でそれすら出来ていない
、という有様です。

ステラチャンネルもあと一回ある、とのことですが、この状況が打破できるような
画期的な新情報が出てくる、とも正直全く思えません。
まぁ結局は蓋を開けてみないことには…というのは確かですが、しかし…。

結局何を言おうが「765の新作」であることが重要ですが、
それさえ満たせばそれで良いわけでもないでしょう。

まぁ何はともあれ、評価はプレーしてからで、あとひと月、待つほかありません。