ミリオン5thライブ 総括 後編

kage

2018/06/14 (Thu)

新情報

ライブでも披露した「Eternal Harmony」のミリシタ登場予告とPV公開、
「咲くは浮世の君花火」「UNION!!」のCD発売情報、
ゲームとリアルでの両方のミリシタ1周年記念イベントの告知、
さらにはシアターブーストのティザーPV…とミリシタ関連は充実していましたが、
それは誰もが予想できた、「当たり前」のレベルの範疇。

それを超える「新情報」と真に言えたものは、そう6thライブツアーの発表
に他なりません。3rdツアー千秋楽で4th発表、という前例はあったにせよ、
あくまでも「日本武道館」「全員出演」という絶対的な付加価値があったからで、
ここでまた周年ライブの予告とは、想定こそしましたが現実的にはないと思っていました。

逆に言えば1年後まで大きな話題はない、というのは流石に飛躍し過ぎにせよ、
ずっと期待されている「アニメ化」がここでもなかった、というのは、やはり衝撃でした
もっとも、当の765のアニメも、5thではなく、6thまでの間にあった新年ライブで発表、
という流れだったため、そのパターンを踏んでいるだけ、の可能性もありますが…。

話を6thに戻すと、「大型ツアー」とされており、3rdより規模が大きくなるのは確実のはず。
では具体的にはどこで…というのは当然わかりませんが、「全国ツアー」ではなく
「大型ツアー」と言っているところから、「海外公演」が含まれる可能性も考えられるでしょう


まぁどういう構成になれども、最低でも一人ニ公演、そして可能であるならば、
当然39人出演、これ以外に望むものはない
、それは確かです。

…それはともかく、この5thのディレイビューイングがなかった、というのも驚きでした。
ハッチポッチ、初星と続いたため、今後恒例になると思いきや、だったので…。
収益が良くないのか、はたまた別の理由があるのかわかりませんが、
現地でリアルタイムに観た時とはまた違う観方ができる貴重な機会だけに、
これからでも発表があることを期待したいですが、果たしてどうでしょうかね。


「ミリオン5thライブ」とは何だったのか

夢の舞台であった「日本武道館」でのライブを4thで達成し、
そこで発表されたシアターデイズという新たな物語で、メンバー二人を加え、
過去最大のステージで開催された、今回のライブ。

39人中38人が出演し、全員がソロ新曲を、そしてユニット曲も新曲を多数、
という構成で、「BRAND NEW PERFORM@NCE!!!」のタイトルが、
1stの「HAPPY PERFORM@NCE!!」と掛けられている通り、
「再スタート」を感じさせる、そんなライブであったと、そう思います。

「再スタート」であったも、新メンバー二人を含めた全員のパフォーマンス自体は成熟し、
完成度も非常に高いレベルに達していたことから「強くてニューゲーム」という
表現もできるかもしれませんが、いずれにせよ、4thでは「ここまで」を感じさせたのに対し、
5thでは「ここから」を感じさせた、というのは非常に良かったのは確かです。

もちろん、無能による演出のマイナス要素はあったにせよ、4th程に悲惨ではなく、
彼女たちの力でそのマイナスを打ち消して見せた、というのは見事の一言です。

種田さんの休養しかり、斉藤さんの欠場しかり、39人のメンバーがこれからも
常に全員がフル稼働、ということは現実的には難しいのかもしれませんが、
しかしそうなったとしても、誰もがスターで、誰もがエース、そう呼んで差し支えない程に、
全員が成熟した今、これから先も安心と安堵をもって見守っていけるでしょう。

シアターデイズという新たな物語で、アイドル達とより絆を深めた彼女たちの、
これから先の未来はもっと明るい、そう確信できた今回のライブは、
「ミリオン周年ライブ史上最高」と評していい、そう思いました。

でもここが到達点ではなく、もっと先はある、そうも思っています。
だからこそ、これから先の未来に、改めて願う事はただ一つだけ。

きらめけ!ミリオンスターズ!