シアターデイズ プレー雑感 その11

kage

2018/06/29 (Fri)

本日ついにミリシタ配信1週年!、ということで諸々の企画が開始となりましたので、
ここで書いておきたいと思います。


プレー状況

まずはいつものように現在の進捗について。
プロデューサーレベルは167、劇場ファン数は57万超のSランク売れっ子プロデューサー

先日やっとグレイトフル・ブルーが52着揃い、シャイニートリニティ+や
タイプ別衣装、SSRやイベントでの個別衣装など、どれを着させようか頭を悩ませる、
ということで、非常に良い悩みになってなによりです。
いっそ毎曲ランダムで衣装決定、という機能があってもいいのでは、とも思いますが。

カードについてはついに先日、待ちわびたSR千早をゲットできたのですが、
これは初期SRではなく…。結局1年間で初期カードのうち、このSR千早と、
SSRの静香歌織の3枚はゲットできず仕舞い
となってしまいました。
…もちろん今後ゲットするチャンスは十分あるはずですが。

育成については、52人全員のファン人数1万人と親愛度3000の達成、というところまで
到達したのですが、ファン人数と親愛度のバランスが取れていないメンバーも多く、
この調整を今後どうしていくか、というのは非常に悩ましいところです。

基本的にファン人数1万人だとその1/3、3333程度の親愛度になるのですが、
ファン1万人で3000に足りないメンバーもいれば、4000を超えるメンバーもいる、という有様。
具体的にはこのみが低く、瑞希が高い、という状態になっています。

通常のライブ育成では差は開きにくく、カギは親愛度だけ上がる「ふれあい」のはずですが、
確かに毎回のように瑞希が出る割には、このみは見た記憶もない、くらいの印象です。
基本的にはSSRがあると出やすい気もしますが、瑞希はSSRも未所持で…なのになぜ…。

これまで通りの「出たらふれあう」のパターンでは差が開く一方のため、
今後はある程度コントロールをしていく必要もありそうですが、それもどうかという気も…。
必要以上の「平等主義」故にここに無駄に頭を悩ましてしまっているのは承知の上ですが、
その育成スタンスこそが、私のプロデュース方針
なのです。

イベントについていえば、ユーザー増に伴い上位枠が数字の上では緩和され、
鬼門だった「20000位以内」が「25000位以内」に拡張されたことで、
無理なくここをクリアできるような状態になった、というのは望ましい限り
です。
とは言え本当にユーザーが増えたのならば、今後これも簡単ではなくなるのかもしれませんが…
直近では恩恵しか受けていない、という意味では良い状態です。

また、そもそもの音ゲー部分ですが、MMIXでフルコンボは全50曲中23曲達成で、
その他に何度やっても残り1音合わない、というのが5曲程度ある状態
です。
これでも「MMなんて無理」と思えた1年前から比べればずいぶんな成長ですが、
果たしてこれ以上の成長はできるのでしょうか…。
ちなみにLPはちょうど「765」になっていて、これ以上上げたくない気分です…。

何はともあれ、マイペースでバランスよくアイドルを育成していければ…
というのは変わらないのですが、この1周年のタイミング、マイペースではいられない、
という事態も当然発生してきたことになるわけです。


1周年記念イベント「BRAND★NEW★PERFORM@NCE!!!」

イベント開始前から意味不明な長文テキストでの説明は一程度公開され、
「なんのこっちゃ」と思わされましたが、蓋を開けてみれば結局いつものように
通常楽曲でポイントをため、専用楽曲でポイントを消化してトータルポイントを稼ぐ、
という、なんのことはない「ポチポチ音ゲー」仕様で何も変わりませんでした


しかしそこに、アイドルを選択してランキングを競ったり、ユーザー全員でのトータルポイントが
大事だったり、とグリマスの周年イベントの要素も取り入れられました。

まぁ、それは「だからどうした」レベルでしかなく、
大事なのは日替わりでアイドル達4人ずつ、専用SRカードがゲットできる、ということでしょう。

このハードルである1000ポイントというのはかなり低く、よほどのことがない限りは達成は余裕で、
デイリー目標の最大値である5000ポイントも、初日である本日の感覚ではなんてことはない、
というレベルで、毎日5000ポイントクリアしていく、というのがベースラインになるでしょう

とはいえせっかくの周年イベント、溢れかえるスパークドリンクをここで使わずどこで使う、
という気もしますし、トータルランキングや、アイドル個別ランキングも気にすべきでしょう。
ちなみに選択アイドルは、ここはやっぱり美奈子を選択して進めています。

しかし1日プレーしてみて、問題なのはポイントよりも育成のほうだと感じました
4枚のSSRが一気にゲットできる、というのはその育成、覚醒値上げが必要、
ということでもあるのですが、これが中々厳しい、ということにもなってきます。
後述しますが、ガシャでも新カードがザクザク取れるような状態になったことで、
そちらでも育成対象が増えるわけで、もはやレッスンチケットすら足りない状態です。

毎日新カードを全員覚醒しきる、くらいのペースがもしかしたら良いのかもしれませんが、
それはかなりしんどそう、という感もあり、イベント中はもちろん、
終了後も未育成カードで溢れかえり、その育成が優先で、私の目指すバランス育成は更に崩壊、
という事になりそうですが…果たしてどこまでイベント中に育てきれるでしょうかね。

まぁ基本は毎日5000ポイント、という目安があるので、ここをベースにやっていきます。


その他1周年企画

前述の通り、1周年はガシャも特別仕様で、なんとっ!毎日10連ガシャ無料、という
大盤振る舞いが発動
されることとなりました。しかもSSR率6%期間中に…。

1周年に向けての毎日1回無料、では3回ほどのSR(重複)しか収穫はありませんでしたが、
この大盤振る舞いならば流石に行けるだろう…と試した初回は、
新カードは新カードでもSRが1枚だけ、ということに。
そのため、普通に溜まった無償ジュエル2500個を使ったら見事に未所持SSR2枚、
やよいがゲットでき、これでエンジェルも5枚を超えることもできました。

毎日の無料10連はもちろん、イベント中にジュエルもたまりやすいはずで、
この期間内で果たしてどれだけのSSRが取れるか、は一つの楽しみになるでしょう
なお、現時点では上記の2枚含め、プリンセス7枚、フェアリー5枚、エンジェル6枚です。

ちなみに、この無料10連は「TVCM放送記念」らしいのですが、そのCMの主演はヒロミさんです。
「なんでヒロミやねん!」というツッコミ以外しようもない謎の人選ですが、
そのツッコミが話題性に繋がる、というのが狙いと考えるべきなのでしょうか…。

比較対象になる、デレステでは中居さんが主演だった、というのは話題性もありましたし、
「中居がCMでやってたゲーム」をやろうとする層というのは存在が想定もできますが、
「ヒロミがCMでやってたゲーム」をやろうとする人はこの地球上に何人いるのでしょうか…
…というツッコミを含めての話題性を取った、と考えるのがやはり無難なんでしょうけどね。

また、ゲームを飛び出してのリアル企画として、秋葉原でのスタンプラリーや
グッズ販売もありますが、これは暇なときにちょっと覗くくらいを考えています。

それよりも、「アニON」で大関さんも出演するトークショーが開催されることが重要で、
ここは是非とも、と応募もしましたが、流石に倍率はかなりしんどそうで…。

更にその前に、明日その秋葉原で開催の「1周年生配信」番組があるため、
こちらは配信でですが、当然チェックすることになります。

既にこれだけの大ボリュームの1周年企画ですが、ここで更に何が飛び出すか、
というところです。ここでいい加減ハッチポッチBDは出ると思うのですが、
それだけのはずもなく、果たしてどうなるのでしょうか…。


1周年の向こう側へ

とにもかくにもミリシタ1週年、となったわけですが、
ここまで毎日プレーしてきて、ミリオンの世界がより体感でき、堪能できている、
というのが何よりも大きな事だと、そう思っています


以前にはグリマスがありましたが、散々こき下ろしてきた通り、
あれはどれだけ高く評価しても「キャラ紹介ツール」でしかなかったですからね。

ミリシタはジャンル的には私の好まない音ゲーとは言え、そこにウェイトをおかず、
「ふれあい」を重視している、というスタンスは素直に評価できますし、
アイドルの魅力を描くという意味では十分機能していると思います。

UIや更新ペースなどの酷さが配信直後には非常に問題でしたが、
それも徐々に改善された、というのも評価すべきでしょう。

もっともこれは、マイナスがゼロになっただけ、でもありますし、
繰り返されるダウンロード、全く減らないローディング、という問題は解消されていません。

とはいえそれは、ここまでノーメンテで1年間運営してこれた事での代償でしょうし、
メンテのために「やりたいときにやれない」ストレスは、
「より最新作」のシャニマスでも感じることでありますし、これは称賛に値すべきでしょう。

いずれにしても、ゲーム内だけでなく、リアルでもこれだけのイベントがうてる、
という事も含め、また先日の5thライブも含めて、
ミリオンライブの世界、というのが進化し、広がっているのは間違いないでしょう

それは一プロデューサーとしての喜びにもなり、満足感にもつながります。
でもここはまだ通過点のはずで、ここからもっとミリオンは広がるはずです。

そう、ミリオンライブというタイトルが描く世界は、
ミリシタだけでも声優ライブだけでもないわけで、可能性はまだまだ無限大ですからね。

1年前、もっと言えば1年3ヶ月ほど前の期待と不安のせめぎあいは、
期待が見事に上回ったわけですが、それをさらに超えていくこともできるはずです。

だから私は、その期待の先へ、52人のアイドル達とともに、これからも歩んでいく。
その思いをこの1周年の節目に、改めて胸に刻みました。


全力で 目指そう頂点!