アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 3巻

kage

2018/07/30 (Mon)

「Clover」デビューへ!



第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね
第10話 まるで魔法をかけられたみたいに
第11話 私は歌が好き
第11.5話 2人は「ダブルエース」


可奈志保海美星梨花の4人による「Clover」が前巻で結成され、
いざユニット活動へ…という今巻は、この4人を中心としつつ、
他のメンバーにもスポットライトが当たる展開も見えてきます。


第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね

タイトル通りの「海美回」。ユニット最年長として気合十分の海美ですが、
最年少の星梨花の体力的な問題や、自身がアイドルを始めたことで
それまで続けていたバレエはパッタリやめてしまって…というところから、
普段は底抜けに明るい海美にも思うところが…という話になってきます。

思い悩むシーンなど想像もさせない海美のキャラクター性を崩さず、
それでいてシリアス展開をしっかりと描く、というバランスが絶妙に取れ、
さらに「アイドルになる前」の物語も描くという、見事な構成の回
となっています。


第10話 まるで魔法をかけられたみたいに

ユニット合同練習を欠席となった「シグナル」の静香に代わり、
代役で登場したのが765ASの春香、ということで、憧れだという可奈は興奮を隠せません。

そして春香を含めてのシグナルで披露されたレッスンでのパフォーマンスは
他のメンバー達も圧倒されるほどで…という形で漫画として「先輩の凄み」を描いていますが、
事実、「センター以外の春香」はある意味センターのとき以上に機能する、
というのはゲームにおけるステージシーンでもリアルに感じられるところであるため、
それをこのように漫画で表現したのは実に見事という他ありません


物語としては、可奈春香の他、未来とも会話をするシーンもあり、
「主役でないセンター」である未来の描かれ方、というのも印象的です。
そして「プチシュー」という思い出の食べ物の登場も…ですね。


第11話 私は歌が好き

歌織がステージデビューを迎える、ということで歌織が物語の中心ですが、
それを取り巻く紗代子このみといったメンバーそれぞれの心情も描かれ、
ミリオンの「群像劇」感をダイレクトに感じさせる構成になっています。


第11.5話 2人は「ダブルエース」

タイトル通りの番外編で、ダブルエースの美奈子奈緒の話で、
リーダーである奈緒の目線から描かれる話となっています。

いつも明るく元気で面倒見のいい美奈子ですが、記者からの質問で、
必ず口ごもるものがあり…というところから奈緒が疑心暗鬼になる、
という展開ですが、もちろんオチは爽やかで清々しいものとなり、
その意味でも二人の個性をしっかり描いている
、と言えます。


番外編に限らず、本編の中でもCloverの4人以外のメンバーをしっかりと描き、
しかしもちろんCloverの4人の成長の物語を軸から外さない、という構成は、
人数の多いミリオンのコミカライズという意味でベターなものに違いないでしょう。

そしてこの3巻も1巻2巻同様にCD付きの限定版があり、
楽曲としてはダブルエースの「神SUMMER!!」、本編で会話も交わした、
春香未来可奈による「ONLY MY NOTE」、歌のレッスンメンバーである
歌織紗代子可奈による「MUSIC♪」の3曲とドラマパートも収録。
本編と合わせて聴くとより楽しめる内容となっています。

13周年ニコ生 新情報!

kage

2018/07/25 (Wed)

さて本日放送された13周年ニコ生において新情報が発表されましたので、
今回はそれについて少し書きたいと思います。


番組について

新情報の前に簡単にこの番組自体についての確認を。
10周年を超え、765プロが周年ライブを失ったと同時に始まった
「アイマス周年記念合同ニコ生」であり、今回は13年目の記念番組
になります。

765、シンデレラ、ミリオン、SideMに加えて今年から始動したシャニマスの声優も出演、
となり、各チーム2人ずつの出演の中、シャニマスのみイルミネーションスターズが
3人で出演、となったのは、まぁ新人への配慮という事なのでしょう。

この周年ニコ生に限らず、過去何回も合同ニコ生というのは行われてきましたが、
いずれも想像を絶するほどつまらない、というのが定番となっており、
今回も全く期待はしていませんでしたが、意外や意外、
奇をてらわないまともな進行で、シリアスな話も多めであり、
純粋にニコ生の番組として良かった
、と思えるものでした。

とは言え合同なんてものはないに越したことはない、
765+ミリオン以外全て不要、というスタンスは微塵も変わりはないのですけどね。


新情報

ということで新情報についても、765+ミリオンについて。

まずはミリシタにおいて次回のプラチナスターシアターが「サンリズム・オーケストラ♪」
あることが発表され、MVも流されました。

登場メンバーは可奈エレナひなた美奈子の5名であり、
MVでは「歌い分け」をしていたようですが、この5人固定音源なのか、
はたまた本当に「歌い分け」ができるのか、というのは不明な状態です。
…この曲の音源は新緑をしない限り12人分しかないはずで、
「12人だけ歌い分け」をしない限りは「この5人固定音源」のはずですが、果たして。

また、メンバーもツアーのユニット曲メンバー以外で、となるかと思いきや、
思いっきり可奈がイベントビジュアルでもデカデカと登場しており、
そんなバランス取りはどこ吹く風、という扱いとなっています。

現在展開中の詩花イベントでが上位報酬になっていることについて
アレコレと声は上がっていますが、果たしてどこまで52人、あるいは39人のバランスを
とろうとしているのか、というのは現状ハッキリとは見えない
、というのが正直なところです。
私としては「39人は39人で平等、13人は13人で平等、39人と13人の差はやむなし」
という形が理想ですが、果たしてこの理想と2年目のミリシタはどの程度乖離するのでしょうか。

また、そもそもLTF曲が登場、ということも、LTPでもLTDでもなく、という意味で
驚き
でしたし、今後どのような順番で出していくのか、というのも注目ポイントです。

ミリシタに関しては、お得意のジュエル配布が390個ではなく765個の大盤振る舞い、
というのは純粋に嬉しい話でしたし、8/20にまた生配信、というのも当然気になります。

…しかしここで出さずにどこで出す、という「ハッチポッチBD」がこの期に及んでも出ず、
発売すら疑わしくなってきた
、というのが大きな問題としてあります。
…流石に発売しないなんてことはないはずで、オーディオコメンタリーの収録等に
手間取っている、というくらいの話だと信じたいですが…。

どのメンバーが出演するかも不明な前述のニコ生、あるいは目前に迫るワンフェスかPミで発表、
という可能性もなくはないですが…果たしてどうなるでしょうか。

そんなPミがあるからか、そもそも本当に何もないからか、765単独の新情報は特になく、
全体の話として、8th頃に猛威を振るった「クマ・トモ」の続編である
「ネコ・トモ」とのコラボ情報や、実用性のあるデザインの新VISAカード、
夏コミへの出展、という話はありましたが、いずれもパンチ力のまるでない話題。

シンデレラやSideMについても多少情報がありましたが、
特に私の立場から言及すべきインパクトのものもありませんでしたし、
シャニマスに至っては765同様にまともな新情報もありませんでした。

ということでトータルでは新情報のインパクトは非常に弱いものでしたが、
「合同ライブ」なんて爆弾が投下されなかっただけ良かった
とも言えます。


13周年、そしてその先へ

13年、という月日は、亜美真美の年齢、という期間でもあり、
生まれたばかりの一人の人間が中学生になる程の期間でもあります。

この間にあまりにも多くのことがあり過ぎたアイマスについて、
簡単にだとしてもここでその流れを振り返る、なんてことは当然できるものではありません。

ただ、確実に言えることは、今回の番組を観るまでもなく、
「アイマドルマスター」を背負うタイトルは現在複数存在しており、
それぞれの価値、意義、魅力を有し、展開している、ということです。

その中で自分自身が、どれを、どのように楽しむのか、という選択肢がある、
という事自体が現在の「アイドルマスター」というタイトルの魅力そのものだと思います。

その中で私は、このブログで幾度となく書いてきた通りのスタンスで、
この「アイドルマスター」を楽しめているし、これからも楽しみたい、
というのは改めて宣言するまでもなく当たり前のこととして自分の中にあります。

しかし一方で、始まりがあれば、終わりもある、という現実もあります。
番組内でもあった「命尽きるまで」というのは大げさかもしれませんが、
永遠なんてないのは確かで、いつの日か、「終わり」はやってくるはずなのです。

でも、だからこそ「今」を大切に、一年一年を、一日一日を大切にすべきで、
全力で楽しむべきだとも思っています。

「13周年」があったのだから、「14周年」も「15周年」もあるだろう、とは思えますが、
では「16周年」は、「17周年」は…と続けて考えると現実味もなくなりますしね。

いずれにしても、今ある現実は「当たり前」なんて思う事無く、
自分の愛する「アイドルマスター」を今愛していく、ということが大事であり、
それこそが「13周年の先」を紡いでいくはずだと、私はそう信じています。

アニON劇場(シアター)カフェ スペシャルトークショー

kage

2018/07/15 (Sun)

さて本日はこちらのイベントの2回目に参加してきたので、
簡単にですが書いておこうと思います。


アニON スペシャルトークショーとは

そもそもアニONとは、時期によって対象作品の変わる、
その作品のコラボメニュー音楽や映像を流すオタク系コンテンツのキャラクターカフェ
で、
今の時期はちょうど秋葉原でのミリシタ1周年記念と合わせて
ミリオンのコラボをしている、というものとなっています。

そのアニONでのスペシャルトークショーというのは通常の営業とは別に、
声優が出演するトークイベント、というものになっていて、
今回は7/14の2回に山口さんと原嶋さん、そして7/15の2回に大関さんと高橋さんが出演、
というメンツだったため、7/15の2回目に応募し、無事当選し、参加できたわけです。

ミリオン含め、アイマスでのこのイベントは過去に何回かやっていますが、
私は実際に応募するのも今回が初めてで、そもそもアニONの通常営業も
一度も行ったことはないだけに、実際にどんなものか、前日の配信を見ても、
イマイチ想像もつかない、というのもありましたが、当たったのならこっちのもの。

応募条件は特になく、かつキャパはカフェだけに小さいので、
倍率は果たしていかほどか、というのはわかりませんでしたが、
どうあれ当選したのが大事で、しかも番号はかなりの良番、ということで、
果たしてどんな位置を確保できるのか、というのにも期待して臨みました。


入場

異常な酷暑の中、会場前に待機する時間、というのが発生はしましたが、
それは比較的短めに、年齢確認(NOT本人確認)とチケット確認、
手荷物検査をして早々に涼しい場内に入れたのは何より。

入ってからは廊下で番号順に並ぶこととなり、
そこでリクエスト楽曲とメッセージをカードに書くことになりました。
選べる楽曲はミリオン曲のほどんどだったと思いましたが、
私が選んだのはもちろん「あの曲」、でした。

リクエストを書き、列も番号順に正しく並んでからいざ入場、となりましたが、
そこでスタッフから告げられたのは「ドリンクを1つ最初に選び手に取る事。
ただし、ステージの目の前のエリアは飲食禁止だから飲み干してから入る事」

という無茶苦茶なルールで、唖然とさせられました。

実際に入場開始となったら「コーラ」「オレンジジュース」「ウーロン茶」の3種から
一つ選んでステージ前エリアへ、というリリイベと似た流れになりましたが、
私は一番飲みやすいウーロン茶を一気に流し込んでそのエリアへと突入しました。

その結果、極めてステージに近いポジションを確保できたのでまずは一安心。
しかしこんな「早飲み選手権」なんてアトラクションはやめてくれ、としか言えません…。

さらに、待ち時間、というイベントが開始してからもは地面に座り続ける必要があったのですが、
柔らかみなんて微塵もない普通に固い床で、座っていて辛さも増すばかり…。

そんな苦難の中待ち続けると、定時を少し回って司会者がステージに上がり、
トークショーが開始、となりました。


トークショー

トークショーの中身自体はニコ生で配信された通り、ということで詳細は書きませんが、
挨拶に始まり、5thの感想や今後のミリシタへの期待、そしてリクエストボックスを引いて
楽曲を流し、その曲にまつわるエピソードなどを述べる
、という内容となりました。

楽曲やライブについて、あまり聴く機会のない話が聞けた、というのは非常に嬉しい事でしたし、
何より二人ともノリ良く、真面目と笑いのバランスを絶妙にとったトークを展開してくれたことで、
とても楽しく、充実した時間を過ごせたことは何よりでした。

問題はやはり客であるP側で、二人と関係のない楽曲をリクエストするのは目を瞑れても、
一人一票のはずが二票投票という不正が明示されるのはいかがなものか…。
まぁ無駄に大騒ぎする厄介が認知できなかっただけマシなのかもしれませんが。

ともあれ、たった1時間にも満たないトークの時間はあっという間に終わり、
配信部分は終了、となったところで最後に会場限定のじゃんけん大会で、
二人に勝ち続ければ二人のサインをゲットできる、という企画がありました。

私はものの見事に1回目で撃沈となりましたが、最後は、残った二人のPが、
驚くべき確率としか思えないくらい、「どちらかだけが勝つ」という手にどうしてもならず、
何度やっても決着をつけることができなくなり、出演者二人のサインを分けあう、
ということで無事終了、となりました。

そのじゃんけんが終われば本当に終わり、ということで、出演者二人は退場し、
ここでも大関さんはバッチリ投げキッスを客席に投げての閉幕となりました。


閉幕

ということでイベントは無事終了、となりました。
コラボドリンクが飲めるものだと思っていたらそんなものは飲めず、
それどころかただのウーロン茶の早飲み大会をするハメになる、という
想定していなかった事態こそ発生しましたが、番号通りに良い席は確保でき、
二人に非常に近い位置で非常に楽しい話を聞けた、というのは本当に良かったです。

また、このミリシタ1周年記念の秋葉原の企画もいくらかは体感しましたが、
この日最後に一番くじを3回口引いたら見事にA賞とC賞(とD賞)をゲットでき、
A賞は春香を、C賞は美奈子を選ぶことができ、最後の最後の良い思いもできました。

この秋葉原でのキャンペーンは明日7/16に終わり、とのことですが、
また2周年には…というのはわかりませんが、今後ミリシタ、ミリオンがさらに発展、
成長することでこうした企画を各所で展開することはできるようになるはずですし、
単に「ゲームがクオリティアップする」だけではない、ミリオンライブというタイトルが、
確かに大きくなっている、というのを感じられ、楽しめる機会ができることを期待したいです。

その中でももちろん、今回のようなトークショーは普段のライブとは別で
また楽しく、有意義な時間なので、こういった機会も増えることも祈り、
やはりプロデュース活動をしていきたいと、また思う事が出来ました。


シアターデイズ プレー雑感 その12

kage

2018/07/13 (Fri)

1周年イベントも無事終了、ということで、前回から大して間も開いていませんが、
ここで書いておくこととします。


プレー状況


まずはいつものように現在の進捗について。
プロデューサーレベルは180、劇場ファン数は66万超のSランク売れっ子プロデューサー

…短期間で前回からの伸びが大きいのはもちろん1周年イベントをそれなりにこなしたからで、
開始直後は「毎日5000ポイント」というのをとりあえずの目標にしましたが、
実際にはもっと稼げたために、「その日新入手カード全員覚醒」+αを目標としました

その結果、トータルでは2万位以内に入り、一貫して選択し続けた美奈子
1000位以内は余裕で入り…
というところに落ち着きましたが、
トータルで1万以内に入れたわけでも、美奈子で100位以内に入れたわけでもない、
という中途半端と言えば中途半端な結果に落ち着くことになりました。

まぁそこまで行くと流石にプレー自体にストレスが掛かったはずなので、
無理せずにこれで良かったと思いますが、その結果まだドリンクを消化しきれず、
ボックスに溢れかえっている状態
、というのは解消しきれませんでした。
…まぁ今後毎度のイベントでもう少し気前よく使っていくべきなんでしょう…。

このイベント期間中には覚醒値もそうですが、ファン人数の底上げ、
というのも当然進めることができて、最低1万人だったのを最低1万2000人、
というところまで一気に引き上げることができました。

とは言えトップのあずさは1万6000超え、という水準のため、
まだまだ届かず、2年目はこれを大目標としてやっていくこととするつもりです。

ちなみにこのイベント期間内は毎日10連ガシャ無料、ということで当然毎日引きましたが、
フェス期間中には、毎日+ジュエルで2回引いてもフェス限定は一枚たりとも引けず、
更にはフェス終了後の水着ガシャ期間に至ってはSSRは重複すらなく完全にゼロ

という有様で終了、ということになりました。まぁいつもの私のリアルラック、という感じですが、
普段課金をあまりしていないユーザーには厳しい判定にした、
というロジックが組まれていた結果だとしても何ら驚くべきことではないとも思っています。

とはいうものの、総合アニバーサリーミッション報酬であるSSR確定ガシャでは、
2枚とも重複無しで新カードを無事入手でき、かろうじて救いはあったとは感じられました。

結果、現状でSSRはプリンセス8枚、フェアリー7枚、エンジェル9枚となり、
それぞれ前回記事より+1、+2、+3
、ということとなりました。
まぁこれを多いとみるべきか少ないとみるべきかはどうなんでしょうかね…。
ともあれ、新規入手のSSR2枚の育成が、いつものように始まったミリコレでのひとまずの課題、
ということになるわけですが、それだけでは済まないのが2年目のミリシタのようです。


2年目のミリシタ

イベントでゲットできた1周年記念カードをスペシャルトレーニングで育てられる、
ということで、アイドル一人一人にミッションが発生したので、このクリア、
というのも2年目の目標として立てられることになりました。

期間は丸一年、ということで52人分、果たしてどれくらいの難度なのかは
現状全貌は見えませんが、これもまたバランスよく、52人をできるだけ横並びで達成、
というのを目標にしてやっていくのが私のスタンス
なのは言うまでもありません。

また、2年目にはアイドルの誕生日イベントが豪華になったり、
Pの誕生日をアイドルが祝ってくれたり、というわかりやすい「進化」があるだけなく、
AR機能というこれまでにない方向性での進化も見られ、可能性を感じさせます。
現時点では限定的な使い方しかできないようですが、
例えばリアル空間上でアイドル達を歌い踊らせる、という事が実現する可能性も
十分ある
、という風に捉えても間違いではないと思えます。

また、先日発表された詩花についても、そのタイプは「EX」とされましたが、
現時点でその枠はすでに搭載されており、思ったより早く実装されそうな状態
です。
それこそ、Pミ後かと思いきやその前、という事もあり得るのか…?

まさか正式な「53人目」ということはないと思いますが、
果たしてどのような位置づけで、どのように扱うことができるのが、が気になります。

とまぁ現時点でも2年目の展望が見えている部分もありますが、
当然まだまだ実装されていく機能や、予想できない展開も起きうるでしょう。

5thでアニメ化という発表はなく、少なくとも目先にその展開がないとわかった今、
このシアターデイズというコンテンツがミリオンのホームとして、
より価値と意義を高めていく必要がある、という状況とも言えるわけで、
それをまさに実現しようとしている、と実感できるのは何よりだと思います。

かつてのポンコツホームであるグリマスとは違う、居心地の良い、気持ちの良いホーム
それを確かに感じられるレベルに間違いなく近づいている、そう感じるのです。

この2年目も、52人のアイドル達とともに、このシアターで楽しい日々を過ごせるよう、
私も引き続きプロデューサーとして邁進していく所存です。