シアターデイズ プレー雑感 その19

kage

2019/06/09 (Sun)

最近書いていなかったので、2周年を前にここで書いておきます。


プレー状況

まずはいつものように現在の状況について。
プロデューサーレベルは265、劇場ファン数は141万超のSSランク超売れっ子プロデューサー。

親愛度ギフトにより全員の親愛度が優に9000を超え、いざ1万へ、という段階ですが、
流石に2周年までに到達、というのは難しいくらいの数値でもあります。

カードについても、1日1回無料ガシャでは重複SR1枚以外は全部R(当然重複)、という
確率通りの状態ではありますが、メダルガシャで通算2枚目の新規SSR(他に重複は2枚)が
引けたり、通常のプラチナガシャでも2回前に新規SSRを引けたり、と状態は悪くないので、
この状態が2周年にあるであろうなんらかの無償ガシャでも維持できることを祈ります。

イベントについては1万位以内に入れたり入れなかったりのラインで走っていますが、
現在進行形の「fruity love」はボーダーも低いようで、5万にすら届かなくとも
1万位以内に行けるのでは…という感ですが、油断し過ぎず、かといって焦らずの、
無理のない落としどころに収めたいところです。
ドリンクも2周年イベントで使用することが多くなるはずですしね。


今後のスケジュール

そう、今月末に2周年ということになりますが、今後のスケジュールについて少し考えてみます。
まずは今月実装ソロについてですが、39プロジェクト(このワード全く浸透してないですね…)の
トリとなった風花が中旬に来るのは確実ですが、何か特殊な演出はあるのでしょうか。
ソロ3曲ともにスタンダードなバラードであり、特殊なものといってもどんなのができるか
想像しにくい
ですが、トリとなった以上は何かしらあってもおかしくはないでしょう。

問題は下旬実装曲で、ここでASソロ、すなわちが来るのか、
あるいは別の楽曲が来るのか
、というところになってきます。
「別の楽曲」として真っ先に考えられるのは「DIAMOND DAYS」であり、
2年目のフィナーレ、という意味でも適切な楽曲かと思いますが、どうなるでしょうか。
純然たる「全員曲」でもない、特殊な位置づけの楽曲ではありますが、
ちょうど6thツアーでも披露中であり、ここで「歌い分け」有りで実装は期待したいところです。

それ以外だと、まさかここで完全新曲がぶっこまれるとは考えにくいですし、
39プロジェクトの「2周目」が始まるのは流石に一手早いようにしか思えません。

もちろんその意味ではASソロ実装、となるとこちらも一手早くなってしまうのですが、
「13人」という人数である以上、一手早くすることで「3周年」には合わせられる形になります
亜美真美はソロではなくデュオ、という可能性もあるのかもしれませんが、
二人は別々の個人であり、個人曲がきちんとある以上、ソロであることを願います。

それも踏まえ、ここでASソロについて予想してみたいと思います。

春香:乙女よ大志を抱け!!
千早:Just be myself!!
美希:マリオネットの心
雪歩:ALRIGHT*
やよい:キラメキラリ
:自転車
伊織:DIAMOND
貴音:風花
律子:いっぱいいっぱい
あずさ:隣に…
亜美:YOU往MY進!
真美:ジェミー
:Rebellion

ライブ定番曲、所謂十八番的な曲ばかり、という意味で無難極まりない予想ではあります。
千早はその意味では彼女本来の「王道」ではない曲ですが、ミリシタで実装する、
という意味においてはこの曲以外の選択肢はありえないでしょう。
また、決定的な定番曲に実は欠ける伊織亜美真美も難しいところ。
亜美真美デュオなら「スタ→トスタ→」が手堅いでしょうが、
前述の通りソロであって欲しい、それならこれ、という予想にしてみました。

いずれにしても、これまでのコンシューマゲームでも未実装(ステージシーン無し)の
曲も多数ある予想ではあるのですが、そもそもこれまで実装されてきたミリオンの曲は
ほぼ全て初実装なわけで、今更そこがネックになるわけもないでしょう。
まぁ何が来るにしろ、コミュと合わせて満足できるものになると期待しておきます。

また、今後の予想に話を戻すと、今月下旬のプラチナスターツアーはどうなる、
という話もあります。これまた2周年直前であり、ここから新シリーズスタート、
とは考えにくく、それこそ「LEADER!!」のような単発モノが来そうですが、
では具体的に何が、というのを予想するのは難しいものです。

エイプリルフールからの「Justice OR Voice」というイレギュラーの前例もあるので、
何でもありと言えばその通りなのかもしれませんが、果たしてどうなるでしょうか。

そしてその先に2周年イベントが当然あるはずですが、
6th福岡公演当日とドンピシャとなっているという事実もあってか、
公開スケジュール上、ここからスタートとはされていません。

つまり7月1日から、だとは思われますが、1周年の時とイベント形式をどう変えてくるか、
あるいは全く変えない可能性もあるのかというあたりが当然ポイントになるでしょう。
とはいうものの、多少変えたところで根本的なゲームとしての面白さが向上するわけもない、
というのは構造的にも明らか
なので、そこに期待するのは無駄でしょう。

期待すべきは楽曲であり、MVであり、コミュであり、その他付帯的な要素であり
ゲームとしての面白さではない、なんてことは2周年イベントに限った話でもないですしね。

この2周年イベントについて具体的な話が出てくるかは不明ですが、
上記で書いてきた話のいくらかは確実に出てくるはずの生配信はもう明後日、
と差し迫っているので、まずはこの放送次第になるでしょう。

2周年、そして神戸から間が空きすぎた感もある福岡公演へのモチベーションが上がる、
そんな放送になることを期待しています。