ミリオン6thライブ 福岡公演 総括

kage

2019/07/07 (Sun)

生配信と順番は前後しましたが、福岡公演の総括も書いておきます。


物販

天候は仕方ない、というか天候さえもこの時期に福岡での公演はリスクが高いのは
わかりきっていること、という事も踏まえればそれさえも仕方なくはないのですが、
それはさておき、開幕の仙台はともかく神戸よりは全体の売り切れペースは
早いくらいで、結局のところ需給のバランスは取り切れていなかった、
というのをこの福岡公演まで含めての今回の総括としていい
でしょう。

とは言え限定CDについてはどこも売り切れず、そこに関してだけは特に注力した、
というか単純に増産しただけでしょうが、評価してもいいのかもしれません。
まぁ今までが酷すぎただけで、マイナスがゼロになっただけでもあるのですが。

今回のツアーの反省が活かされるかどうかは7th…ではなくてSSA追加公演で
試されるはずですが、そもそも追加グッズというのはどれくらい出てくるのでしょうか。
今までの3会場のグッズ全て集めました、だけではないでしょうが…。
流石に限定CD追加、はないとは思いますが、果たして。


ライブ内容

仙台と神戸は同一フォーマットだったものをこの福岡では一部変えた、
ということで、例えば「ASカバー」と呼べていたパートは実はそうではなかった、
ということや、そのパートすらないユニットがあった、ということになりますが、
言ってしまえば勝手に作ったフォーマットを勝手に壊しただけの
「セルフサプライズ」的なもので、サプライズゲストを封じられたうえでの苦肉の策、
としか思えないのは無能演出家の日頃の行いが悪いから
に他ならないでしょう。

ユニットとしての魅せかたとしても、D/Zealと夜想令嬢はそれぞれの個性、
というものを強く打ち出したステージ演出になっていましたが、
一方でEScapeやJelly PoP Beansはそれほどでもなかった、というのは
元々のユニット自体の個性の問題も当然ありますが、演出家の力不足、
という側面も当然あるはず
で、それをここまでの2会場以上に強く感じました。

もちろん、演者の力量が素晴らしかったのは言うまでもないのですが、
その力量をより感じられたのは余計な演出の少なかったソロのほう、
というあたりが良くも悪くもミリオンらしく、この演出家と合わない理由、
ということもまた認識できるものでありました。

ともあれ、これで属性別公演は終了となり、次回SSAで一堂に会するわけですが、
各ユニットをどう扱うのか、そもそもソロはあるのか、という事も含め、
文字通りこのツアーの総決算になるはずで、「6thライブ」としての評価はそれ次第になります。


新情報

ツアー千秋楽、2周年当日だけにドドンと大型情報が出てくる、かと思いきや、
1日目は公式自らフライングさえしたミリシタアジア展開という斜め下のものと、
ライブではなくMVでの2周年新曲「Flyers!!!」の披露、というもので、
2日目はSSA追加公演
、ということで、期待したものとは異なりました。

とは言えSSA追加公演というのは言うまでもなく極めて大きい話であり、
今回のライブタイトルの末尾が「!!!!」と4つ「!」があることで追加公演があるのでは、
とは最初から予想されてはいましたが、本当にそれをやるとは、
ということで、悪い意味での浅さを感じることとなってしまいました。
もちろんライブがあるという事自体は喜ばしい事ですけどね。

その追加公演の出演者については、具体的には以下の通り。


1日目
<トゥインクルリズム>
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
村川梨衣さん
<閃光☆HANABI団>
駒形友梨さん
上田麗奈さん
浜崎奈々さん
渡部優衣さん
大関英里さん
<D/Zeal>
愛美さん
田所あずささん
<Jelly PoP Beans>
中村温姫さん
戸田めぐみさん
斉藤佑圭さん
渡部恵子さん
<Cleasky>
角元明日香さん
桐谷蝶々さん
<りるきゃん 3little candy>
近藤唯さん
小笠原早紀さん
Machicoさん
<ビッグバンズバリボー!!!!!>
藤井ゆきよさん
末柄里恵さん
<オーディナリー・クローバー>
香里有佐さん
夏川椎菜さん
山口立花子さん

2日目
<Charlotte・Charlotte>
諏訪彩花さん
郁原ゆうさん
<STAR ELEMENTS>
山崎はるかさん
木戸衣吹さん
種田梨沙さん
<夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE->
小岩井ことりさん
藤井ゆきよさん
野村香菜子さん
山口立花子さん
<EScape>
阿部里果さん
南早紀さん
雨宮天さん
<4 luxury>
香里有佐さん
末柄里恵さん
平山笑美さん
高橋未奈美さん
<ピコピコプラネッツ>
田村奈央さん
麻倉ももさん
稲川英里さん
夏川椎菜さん
<ラスト・アクトレス>
渡部恵子さん
<アイドルヒーローズジェネシス>
愛美さん
小笠原早紀さん

3属性12ユニットを各ユニット2属性ずつ両日に振り分け、さらにTB等のミリシタ実装曲を
ゲストという形で追加し、場合によっては両日出演メンバーもいる、という構成です。
メンバーの重複を除外するために、1日目に元々オリジナルメンバーの揃うアイドルヒーローズと、
2日目に同じく揃うWhite Vowsについては常軌には記載していません。

この構成で最大の注目は言うまでもなく小笠原早紀さんの名前が
明記されている事
であり、このライブまでに復帰できる、ということがわかっているのは、
何よりも大きな朗報であることは間違いありません。ただ、無論何よりも健康を優先すべきで、
場合によってやはり欠場、となってもやむを得ないでしょう。

それ以外についてだと、ゲストをこうして明記しているという事で、
「サプライズゲスト」の可能性を一見なくしているようにも思えますが、
これはなんとも言えないでしょう
。4thについて何の反省もないのであれば
ここは絶対サプライズになっていたわけで、そこの反省があることは救い…
と言えるのですが、結局本当にこれ以外にサプライズゲストがないのが前提ですからね。

いずれにしてもこれほどまでにユニットをずらりと並べる以上、人数的にも
ソロ曲というのは現実的には可能性は低く、ユニット曲オンリーの可能性は大です。
もちろんこの出演ユニットの曲は当然なわけで、「それ以外」がどうなるかが重要ですね。
まぁそのあたりについてはまたライブ直前に、としておきましょう。

新情報について改めて考えると、「ミリシタの話」はライブから1週間後のイベント、
つまり昨日のイベントで複数の話を詳しくしたことで十分満足いくこととなりましたが、
「ミリオンの話」をやはりこのSSAで求めたいですが、果たしてどうなるでしょうか。


SSA追加公演へ

仙台、神戸を経てのこの福岡公演。
神戸からの期間がいささか空きすぎ、ということもあってツアー感は
やや薄れるものとなりましたし、天候という全く別の不安もありましたが、
少なくともライブ内容については、演出面での不安は「案の定」の範疇で、
「そういうもの」として楽しむことはできました


ただ、それよりもSSA追加公演がある、という発表のインパクトが大きく、
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが、
発表方法はもう少しどうにかならなかったのか、と思えてしまうのも確かです。
結局ここまでは「前座」と考えることもできる、という構成ですしね。

この福岡に限らず、5thで披露した楽曲はそれとは異なる演出を基本とし、
初披露となった楽曲もその特性を生かして、という構成だったわけですが、
それを踏まえてSSAでどのような演出とするのか、というあたりがポイント、
というか不安にしかならない部分
でもあります。

まぁ演出家が変わらない以上は抜本的な改善はありえないわけで、
それがわかっている以上は仙台程の、もっと言えば4th程の失望はありえない、
ということで、マイナス思考をプラス思考に無理やり切り替えるほうが健全でしょう。

演出はともかく、3会場6公演を経ての12ユニット39人の成長、
というものは間違いなく感じられるはずで、それが楽しみなのは間違いありません。

そうなると最大の問題はもちろん、自身が両日現地に行けるか、に尽きてしまいますね。