バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル ライブレポート 総括

kage

2019/10/27 (Sun)

さてバンナムフェスについてのレポートの最後も、
いつものように総括記事としたいと思います。


出演者

出演者については事前告知通りであり、サプライズゲストもありませんでした。
あえて言うのであれば、2日目の「UNION!!」にアイカツ枠出演だった木戸さんが参加、
ということくらい
ですが、誰も損しない、得しかしないサプライズと言って良かったでしょう。

今回の出演者、というか出演作品、アーティストの中で、
私としての主目的は当然765AS、ミリオンスターズ、そしてシャイニーカラーズだったわけで、
そのパフォーマンスがしっかり観られたということだけでも目的は果たせたというか、
十分と言えば十分なものだったわけですが、それ以外にも西川貴教さんやELT、
FLOW、桃井はるこさんといった面々は、こうしたフェスでもないと私は観る事もないので、
それをこの機会にきちんと観られた、ということで非常に意義や価値があったと思えます。

また、その中でダークホースというわけでもないですが、事前にそれほど意識していなかった
出演者の中では玉置成実さんのパフォーマンスが最も印象に残る事となりました


「アイマスに近い」という意味ではラブライブやアイカツのほうが当然近いはずなのですが、
それ程近すぎもせず、かつ女性ボーカルでダンサブルなパフォーマンスを、
という意味では遠すぎもしない、実質ただ一人の該当出演者でもあり、
それもあって特に印象に残りやすい状況であったのは確かだと思います。
とは言えもちろん印象に残ったのは彼女自身のパフォーマンス力あってなのは言うまでもなく、
相対的にアイマス色の薄い1日目においては特にインパクトを与えてくれたと思います。

だからと言ってファンになります、なんてことはないのですが、
この機会に普段とは違うモノが観られた、知れたのはやはり有意義だったのは間違いありません。


構成・演出

「どう組んでも余程酷い有様にならない限りは不問」と事前にはしていましたが、
残念ながら1日目のSideM優遇は「余程酷い有様」に該当するレベルであり、
理解に苦しむ、という以外の表現のしようもないものだった
と言わざるを得ません。

速報記事にも書きましたが「バンナムの社運を賭けたタイトル」くらいの扱いでないと、
トップもトリも、なんて構成はないはずで、西川さんとの意味不明なコラボも含め、
わざとアンチを増やすためにやっているという捉え方すらできるレベルにさえ思えました。
現実的にはもちろんそんなことはないはずなのですが、残念ながら私としては
マイナス方向にしか印象は向かなかった、というのが正直なところです。

そのSideMの問題をさておけば、1日目はアーティスト毎に必要以上に混ぜずに並べた、
というのは当然と言えば当然で、それでいて「アイマス」「テイルズ」「ガンダム」を
それぞれ固める、ともしなかったのはバランスという意味でも良かったとは思います。

2日目については「アイドルフェス」と銘打って「混ぜる」と宣言したものの、
実際混ざったのはアイマスだけで、アイカツは前後半に2ブロック、
ラブライブは中盤に1ブロックに固められる、という構成にはなりましたが、
それでも全体のバランスは良く、アイマスの各ブロックもテーマが分かりやすく、
無理のない配置になっていたのはフェスという形式の中で見事だった
とも思えます。

また、演出という意味では、モニターの使い方がどうなるか危惧していましたが、
1日目はセンターモニターにゲーム/アニメの映像をに1番だけ映すことで、
こうした作品を超えたフェスの中での「作品紹介」の役割をきちんと果たしつつ、
2番はサイドモニターと同じで、アーティストをきちんと映していた、という使い方が多く、
東京ドームという大舞台では妥当というか、当然の使い方
になっていてホッとしました。
もっとも、西川さんのときは3面アニメだった時間も多かったなど、
全く不可解な点がなかったと言えば嘘になりますが…。

そして2日目は1日目同様、という形式がベースになりつつも、
2番はセンターモニターに無駄な派手画像を置きっぱなし、という楽曲も複数あり、
実質アイマスがメインの2日目に無能演出家が我慢しきれずに自己顕示欲を暴発させた、
としか思えない状態になっていたのは非常に残念
でした。

もっとも、その無駄映像最大の被害者はアイマスではなくラブライブで、
せっかくのパフォーマンスをモニターにきちんと映さない、という狂気の采配の被害者と
なったのは哀れみすら感じましたが、無能演出家が無駄に張り切りでもしたのでしょうかね。

前述の通り、全体の構成として1日目のSideMを除けばよかったとは思いますが、
しかしながら、2日目は「アイドルフェス」どころか実質「アイマスフェス」であり、
MCの二人からしてそうですが、アイマスをホストとしてラブライブとアイカツはゲスト、
という扱いで、アイマス4タイトルの作品紹介、自己紹介もなかった、というのは
さすがにどうなんだ、と言わざるをえませんでした。

「みんな知ってるでしょ」的な雰囲気があり、事実その通りなのかもしれませんが、
便宜上はあくまでも「バンナムフェス」、踏み込んでも「アイドルフェス」なのだから、
必要最低限やるべきことはきちんとやれよ
と、そう思えました。

と全く問題がなかったという事は決してなかった構成・演出ですが、
それでも全体としては十分に満足できるものとなったのは素直に良かったと思います。


アソビきれない2日間で。

ライブ前の展望記事において、新情報発表については
>まぁ何もない、と思っていてあったらあったで、くらいに構えておいたほうが良いでしょう。
と書いており、少なくともアイマスにおいてはその通りだったわけですが、
それ以外のタイトル、アーティストについては僅かですが新情報はありました。

いずれも私には特に関係のない話ではありますが、
フェスという様々な(実際には偏っていると思いますが)客層がいる場所での告知、
というのは意義があるはずで、アイマスも既報でもいいので何か出しても、とは思えましたが、
そんなものは何もなく、この意味でも「ホスト」的な立場を貫いてしまったように感じました。

その状況で最後の最後、このバンナムフェス自体の新情報として
「2020年も東京ドームで開催」と発表されたのが最大の情報となったわけです。

事前には「広すぎるのでは」「埋まらないのでは」とすら思えた東京ドームというキャパも、
蓋を開けてみればしっかり埋まったため、次回もまた東京ドームというのは妥当なはずですが、
もちろんそれは参加作品による、というのもまた確かでしょう。「フェス」なわけですしね。

そう、来年やると決まっても、私も絶対参加したい、と今この場で断言はできないのですが、
とはいうものの、アイマスが全く参加しない可能性というのはゼロに限りなく近いはずで、
私の目的となりうる3タイトルに限っても、1つも出ないということも現実的でなく、
再びこのフェスに参加することになるのは濃厚、と思っています。
もちろんチケットが取れなければ何も始まりませんが、
その意味でも東京ドームというキャパは安心のはずです、多分。

実際、今回とどう出演者や構成を変えてくるのか、というのが最大の問題でしょうが、
例えばラブライブが今回のアイマスのようなホスト役、という可能性があったり、
ドラゴンボールやONE PIECEのようなタイトルも出そうと思えば出せるはず、
というのもあったりで、やりようはいくらでもあるとは思えます。

それが実際どうなるかは続報が出るまでもちろんわかりませんが、
来年とは言え年明け早々なんてこともないでしょうし、気長に待つべきでしょう。

また、今回アイマスの新情報はなかった、というのは確かなのですが、
「あのセリフ」をあえて封じたことで、事実上の「近い将来の東京ドームでのライブ」を
宣言したにも等しく、それが果たしていつどのように、というのもポイントになります。

「15周年は2年掛けて祝う」という意味不明な宣言も飛び出しているのが現状ですが、
これはつまり「15周年ライブ」の開催時期に余裕を持たせている、ととれるはずで、
それを踏まえて、迷惑でしかない「東京五輪問題」、そして「バンナムフェス2020」との
兼ね合いをどうクリアし、いつどのように開催されるのか、発表を待つしかないでしょう。

会場の問題もそうですが、時期に余裕を持たせた以上、出演者として「13人揃い踏み」を、
とはどうしても期待してしまいますが、現実的に簡単な話ではない、というのは覚悟しています。

…と、どうやっても話はアイマスに傾いてしまう、というのは私としては当然なのですが、
話をバンナムフェスに戻すと、どうなることやらと思っていたイベントながら、
蓋を開けてみると普通に楽しめて、普通に満足できる、素晴らしいものだったと思います。

「アソビきれない2日間」と言いつつ「アソビ」って結局ライブを観戦するだけじゃん、
という話でしかないのですが、そのようなツッコミが野暮に感じられる程度には、
「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」という社名を掛けたイベントとして、
十分なものが提供された、そう言っていいでしょう。

SideMの問題や、演出家がアイマスを超えてバンナム自体を掌握したかのように起用された、
という重大かつ異常な事案も発生したのも確かですが、「それがバンナムクオリティ」とも
言えるわけで、その意味でも「社名を掛けた通り」でもあると言っていいでしょう。

つまりは、良くも悪くも「バンナムフェス」、その名に恥じないイベントだったわけで、
それをダイレクトに感じられた、という意味でも良かったと言えるかもしれません。

そうした皮肉はさておき、トータルでは素直に楽しいイベントだったと断言できますし、
来年どう構成や出演者が変わろうとも、同じように楽しめるものとなる、
ということを今は期待して待つ、それだけになります。

もちろんただボーっと待つだけではなく、その間にプロデュースすべきアイドル達が
すぐそこにいる、ということには何も変わりはないわけですしね。