プロデュース履歴⑨ ~漫画編・前編~

kage

2013/06/10 (Mon)

今回は漫画編。
ゲームやアニメのようにコンテンツの中心に据えられているわけでは
ありませんが、初期から数としては結構出ており、ボリュームは十分です。
とはいえ、そのおかげで「コレ」と言えるものがなく、
ややインパクトに欠けてしまっている、ということもあるのかもしれません。


アイドルマスターコミックアンソロジー


アイドルマスターコミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス)アイドルマスターコミックアンソロジー (IDコミックス DNAメディアコミックス)
(2005/11/25)
不明

商品詳細を見る


最初期、アーケード版準拠で、タイトル通りのアンソロジー版。
2冊出ていますが、いずれも内容は、「ピンキリ」の一言に尽きてしまいます。
今見ても面白いものもあれば、見るに堪えないものもある、という感じですね。
ただこの頃からきちんとアイドル同士の絡みが構築されており、
アイドル達の掘り下げにつながっている、という点は感慨深くあります。


アイドルマスターアンソロジーコミック


アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)アイドルマスターアンソロジーコミック (FOX comics)
(2006/03)
アンソロジー

商品詳細を見る


発売時期も位置づけも上記のものとほとんど同じですが、出版社が違うので
分けてみました。よって感想も同じで、ここでは特に書くことはありません…。


アイドルマスターコンセプトコミック


アイドルマスターコンセプトコミック オン (マジキューコミックス)アイドルマスターコンセプトコミック オン (マジキューコミックス)
(2006/04/26)
不明

商品詳細を見る


これまた同時期のアンソロジーで、上記2種とほとんど同じなのですが、
ポイントは「オン」と「オフ」の2冊あって、それぞれアイドルの「オンショット」
「オフショット」を描いている、というところでしょうか。そういう意味では面白い
試みだと思いますが、まぁ実際の感想については上記のものと変わらず…。


アイドルマスター


アイドルマスター (角川コミックス・エース 186-1)アイドルマスター (角川コミックス・エース 186-1)
(2007/09/26)
バンダイナムコゲームス

商品詳細を見る


こちらもアーケード準拠版ですが、1人の作者が1冊きちんとストーリーモノを
描いた内容になっています。そういう意味で上記のものとは大きく異なるのですが、
だからといって特別面白いかというと…。しかしながら今見ると、
「アニマス」の流れと非常に似ている感もあり、見直し甲斐は十分あります。


アイドルマスター −ユアメッセージ−


アイドルマスター −ユアメッセージ−アイドルマスター −ユアメッセージ−
(2007/11)
不明

商品詳細を見る


ここから箱マス版準拠で、美希も登場します。
肝心の内容は、極めて百合百合しいもので、そういうのが好きな人にはたまらない
内容じゃないかと。とはいえ純粋に(?)アイドル達の関係性を掘り下げている
という見方もできますし、ここまでの漫画では個人的には一番好きなものになります。

まだまだありますので次に行きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック