アイドルマスター ミリオンライブ! Blooming Clover 3巻

kage

2018/07/30 (Mon)

「Clover」デビューへ!



第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね
第10話 まるで魔法をかけられたみたいに
第11話 私は歌が好き
第11.5話 2人は「ダブルエース」


可奈志保海美星梨花の4人による「Clover」が前巻で結成され、
いざユニット活動へ…という今巻は、この4人を中心としつつ、
他のメンバーにもスポットライトが当たる展開も見えてきます。


第9話 海美ちゃんも自分の夢を叶えてね

タイトル通りの「海美回」。ユニット最年長として気合十分の海美ですが、
最年少の星梨花の体力的な問題や、自身がアイドルを始めたことで
それまで続けていたバレエはパッタリやめてしまって…というところから、
普段は底抜けに明るい海美にも思うところが…という話になってきます。

思い悩むシーンなど想像もさせない海美のキャラクター性を崩さず、
それでいてシリアス展開をしっかりと描く、というバランスが絶妙に取れ、
さらに「アイドルになる前」の物語も描くという、見事な構成の回
となっています。


第10話 まるで魔法をかけられたみたいに

ユニット合同練習を欠席となった「シグナル」の静香に代わり、
代役で登場したのが765ASの春香、ということで、憧れだという可奈は興奮を隠せません。

そして春香を含めてのシグナルで披露されたレッスンでのパフォーマンスは
他のメンバー達も圧倒されるほどで…という形で漫画として「先輩の凄み」を描いていますが、
事実、「センター以外の春香」はある意味センターのとき以上に機能する、
というのはゲームにおけるステージシーンでもリアルに感じられるところであるため、
それをこのように漫画で表現したのは実に見事という他ありません


物語としては、可奈春香の他、未来とも会話をするシーンもあり、
「主役でないセンター」である未来の描かれ方、というのも印象的です。
そして「プチシュー」という思い出の食べ物の登場も…ですね。


第11話 私は歌が好き

歌織がステージデビューを迎える、ということで歌織が物語の中心ですが、
それを取り巻く紗代子このみといったメンバーそれぞれの心情も描かれ、
ミリオンの「群像劇」感をダイレクトに感じさせる構成になっています。


第11.5話 2人は「ダブルエース」

タイトル通りの番外編で、ダブルエースの美奈子奈緒の話で、
リーダーである奈緒の目線から描かれる話となっています。

いつも明るく元気で面倒見のいい美奈子ですが、記者からの質問で、
必ず口ごもるものがあり…というところから奈緒が疑心暗鬼になる、
という展開ですが、もちろんオチは爽やかで清々しいものとなり、
その意味でも二人の個性をしっかり描いている
、と言えます。


番外編に限らず、本編の中でもCloverの4人以外のメンバーをしっかりと描き、
しかしもちろんCloverの4人の成長の物語を軸から外さない、という構成は、
人数の多いミリオンのコミカライズという意味でベターなものに違いないでしょう。

そしてこの3巻も1巻2巻同様にCD付きの限定版があり、
楽曲としてはダブルエースの「神SUMMER!!」、本編で会話も交わした、
春香未来可奈による「ONLY MY NOTE」、歌のレッスンメンバーである
歌織紗代子可奈による「MUSIC♪」の3曲とドラマパートも収録。
本編と合わせて聴くとより楽しめる内容となっています。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック