ファミソン8BIT☆アイドルマスター BEST ALBUM + LIVE DVD

kage

2013/09/17 (Tue)

765ワールドの全てがここに


ファミソン8BIT☆アイドルマスター BEST ALBUM + LIVE DVDファミソン8BIT☆アイドルマスター BEST ALBUM + LIVE DVD
(2011/10/19)
仁後真耶子、下田麻美 他

商品詳細を見る


1.765ワールド☆オープニング(BEST ALBUM ver.)
2.765ワールドへようこそ(BEST ALBUM ver.)
3.Labyrinth(『パックマン』NEW SONG) 歌:高槻やよい
4.L<>R(『リブルラブル』NEW SONG) 歌:双海亜美/真美
5.強い女(『メトロクロス』NEW SONG) 歌:天海春香
6.Shooting!!!(『F/A』NEW SONG) 歌:星井美希
7.Tower of Adventure(『バベルの塔』NEW SONG) 歌:秋月律子
8.禁恋歌(『源平討魔伝』NEW SONG) 歌:三浦あずさ
9.EXCAVATE(『ディグダグ』NEW SONG) 歌:萩原雪歩
10.ハリキリ★ラリー(『ニューラリーX』NEW SONG) 歌:菊地真
11.乙女心盗んで!(『マッピー』NEW SONG) 歌:水瀬伊織
12.Fly High !(『ドラゴンスピリット』NEW SONG) 歌:如月千早
13.うれし・あやかし道中記(『妖怪道中記』NEW SONG) 歌:我那覇響
14.旅の途中で(『ワルキューレの伝説』NEW SONG) 歌:四条貴音
15.飛べ!スカイキッド(『スカイキッド』NEW SONG) 歌:音無小鳥
16.またのご来園を!(BEST ALBUM ver.)
17.エージェント夜を往く (Hoover & Acid EXTRA 2008 ver. カラオケ)
18.GO MY WAY!!(Dream Match EXTRA 2008 ver. カラオケ)


8bitシリーズの集大成となるベストアルバムは、アイマス史上屈指のボリュームとなる、
CD&DVD計4枚組。Disc-2~4はBGM等になるので、歌の入ったDisc1のみをご紹介します。

ベストアルバムだけあって過去のシリーズに入っていた曲が大半となるのですが、
このCDは&貴音の加入後になるので、この2人の新曲が聴きどころになるといえます。
さらには小鳥の参戦、雪歩も声優交代後なので再収録、というあたりも大きいです。

オープニングはシリーズ共通の短いBGMからスタート。
続くトークパートは小鳥による765ワールドの説明からスタートしますが、さすがのマニアックな
知識を披露
してくれます。ナビゲーターとして貴音雪歩が控えていましたが、
小鳥の説明が長くなりすぎたおかげで、ナビゲートする時間がなくなってしまい、
彼女らがまともに喋る暇もなく、歌パートに突入してしまいます。

歌パートのうちトラック3~12はこれまでのシリーズに収録されたものになり、
シリーズ順になっていますが、唯一雪歩が歌う9の「EXCAVATE」だけが新録になります。
楽曲そのものは04収録分と同じですが、相の手やセリフがやや変わっており、
可愛らしさをより増した感じ
に仕上がっています。

トラック13~15は新曲。の「うれし・あやかし道中記」は「なんくるないさー」などのセリフが
多数ちりばめられた
、妖しさと楽しさがミックスした面妖な楽曲に仕上がっています。

貴音の「旅の途中で」はタイトル通りの旅のワクワク感を感じさせながらも、
節々に高貴さのようなものを感じる楽曲
で、貴音の雰囲気が存分に発揮されています。

小鳥の「飛べ!スカイキッド」は陽気な曲調で小鳥の曲としてはかなり珍しい感じ
途中に入るセリフなど含め、かなりポップな楽曲に仕上がっています。

そして最後にはきちんと挨拶のトークパートが入ります。雪歩が次回のナビゲートへの
心意気を語る中、貴音が気にするのは「シャトル」。月へ届くのかどうか、というのが
やはり気になる様子です。その上シャトルに「面妖号」なる名前を命名してしまう始末。
それでも最後は小鳥も含めた4人で綺麗にまとめます。


シリーズ5作のオリジナル楽曲に加え、新曲3曲まで含めた構成は、まさにベストアルバムに
相応しいものだといえます。さらにはBGMだけのCD、挙句はこの8bit楽曲で行われた
ライブの映像
までついているなど、圧倒的なボリュームを感じられます。
01~05を聴いていなくとも、聴いた上でも存分に楽しめる、シリーズの集大成となる作品です。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック