MASTER OF MASTER Disc-1

kage

2013/10/10 (Thu)

11人体制での集大成


THE IDOLM@STER BEST ALBUM 〜MASTER OF MASTER〜THE IDOLM@STER BEST ALBUM 〜MASTER OF MASTER〜
(2008/11/19)
ゲーム・ミュージック、天海春香(中村繪里子) 他

商品詳細を見る


1.GO MY WAY!! 歌:IM@S ALLSTARS
2.開演のあいさつ
3.Do-Dai(M@STER VERSION) 歌:高槻やよい双海亜美/真美天海春香
4.魔法をかけて!(M@STER VERSION) 歌:秋月律子萩原雪歩
5.太陽のジェラシー(M@STER VERSION) 歌:天海春香三浦あずさ
6.サニー 歌:萩原雪歩三浦あずさ水瀬伊織秋月律子双海亜美/真美
7.トーク01
8.おはよう!!朝ご飯(M@STER VERSION) 歌:高槻やよい星井美希
9.エージェント夜を往く(M@STER VERSION) 歌:菊地真双海亜美/真美
10.relations(M@STER VERSION) 歌:星井美希秋月律子
11.9:02pm(M@STER VERSION) 歌:三浦あずさ菊地真
12.思い出をありがとう(M@STER VERSION) 歌:如月千早星井美希
13.GO MY WAY!! (M@STER VERSION) 歌:水瀬伊織如月千早菊地真
14.THE IDOLM@STER(M@STER VERSION) 歌:天海春香
15.団結 歌:IM@S ALLSTARS
16.トーク02
17.空 歌:音無小鳥


11人体制を締め括る、アイマス初のベストアルバム。
2枚組の大ボリュームで、今回は一枚目のご紹介。

1曲目は「GO MY WAY!!」。間違いなく「1stVISION」の代表曲であり、開幕に相応しい曲です。
ただ唯一気になるのはM@STER VERSIONではないこと。ここは少し残念です。

その後にトークパートに突入。MLに引き続き、CD内容=ライブという設定。
自己紹介もそこそこに、やよい亜美春香が1曲目に望みます。…しかし真美は不在…。

この3人が歌うのは「Do-Dai」。ML03とは美希春香だけがメンバー入れ替えしている形で、
ポイントはなんといっても「『特徴ないのが特徴』ってゆーなっ!」が春香の担当であること。
この歌詞はやはり春香にこそ相応しいですから、ナイスな人選です。

続いての「魔法をかけて!」はMW01から、その春香を抜いて、律子雪歩の二人。
奥手な二人だからこそのこの楽曲、という感じで、春香不在を感じさせない出来です。

次の「太陽のジェラシー」は持ち歌とする春香と、あずさがデュオを組んで担当。
不安定な春香あずさが支える、という印象ですが、春香もしっかり頑張っていると感じます。

続いては「サニー」。V4U!の再録で、メンバーも変わりませんが、前曲に続いての夏の雰囲気を
そのまま爆発させてくれるような感じで、このタイミングでこの曲はうまい選曲です。

ここで一度トークに戻ります。ここでは「サニー」クインテットが自己紹介をしていくわけですが
真美の存在はもはや公然の秘密と化している
ようですね。

歌パートに戻っての1曲目は「おはよう!!朝ご飯」。持ち歌とするやよいと、美希のデュオ。
この曲を聴くと、美希はどんな曲を歌ってもうまくこなすんだな、というのが感じられます。

続いての「エージェント夜を往く」は持ち歌とすると、亜美真美亜美真美 は言うまでもなく
「とかちつくちて」による人選で、ここでもしっかり決めています。MP04のリベンジですね。

次の「relations」は持ち歌とする美希と、律子のデュオ。MW02では千早と組んでいましたが、
ここで律子と組むわけです。美希から見た二人との関係性などを考えると、この曲自体を
千早と組んだものとは少し違ったものとして聴けて、新鮮味があります。

続いての「9:02pm」は持ち歌とするあずさと、あずさの歌唱力は言うまでもありませんが、
そこにのハスキーボイスが加わることで、より曲の大人っぽさが増したな、という感があります。

お次は「思い出をありがとう」で、千早美希の持ち歌デュオになります。MW01では別のメンツで
歌ったいただけに、ここでしっかりこの二人で聴けたのは良かったと思います。

次は「GO MY WAY!!」。ここでは意外性抜群のトリオが担当しています。
他の楽曲とのバランスで選ばれたのだとは思いますが、なんとも共通性のない感じ。
それでもこの代表曲を、今度こそM@STER VERSIONでしっかり歌い上げてくれていて、
「誰が誰と何を歌おうとも、アイマス楽曲はアイマス楽曲」であることを認識させてくれます。

そしてここで「THE IDOLM@STER」を春香がソロで。この曲をベストアルバムで誰かが歌うなら、
オールスターを除けば春香以外ありえないんですよね、結局。もちろん11人全員がヒロインで、
主役だけれども、メインヒロインは春香しかいない美希もいますが、美希はエースであって
センターではありません
。そういった立ち位置を、春香はこの曲でアピールしてくれたと思います。

そして次は「団結」。メインヒロインは春香であっても、この765プロ11人が主役である
ということを如実に表す楽曲で、その雰囲気を存分に味あわせてくれます。

ここでトークへ戻り、小鳥の案内が流れます。ここまででライブの第一部が終了ということで、
休憩時間に入る、という内容です。そんな中小鳥は「自分が『団結』を歌ったら」という
お得意の妄想を披露。それを客に聞かせてしまったお詫びとして、歌を歌う、という流れに。

もちろんその「歌」とは「空」。MAシリーズを締めくくったように、このアルバムの一枚目も
しっかりと締めくくってくれる、フィナーレ感溢れる素敵な楽曲に仕上がっています。


というわけで一枚目は以上。ここまででも十分大ボリュームですが、二枚目へ続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック