ミリオン6thライブ 仙台公演 2日目速報

kage

2019/04/28 (Sun)

6thライブツアー仙台エンジェル公演の2日目も無事終わりましたので、
今日も速報を書いておきます。
まずはセットリストから。

1.Angelic Parade♪(エンジェルスターズ)
2.ピコピコIIKO! インベーダー(ピコピコプラネッツ)
3.スマイル体操(ピコピコプラネッツ)
4.Get lol! Get lol! SONG(ピコピコプラネッツ)
5.虹色letters(Cleasky)
6.笑って!(Cleasky)
7.思い出はクリアスカイ(Cleasky)
8.ハルマチ女子(りるきゃん ~3 little candy~)
9.Do-Dai(りるきゃん ~3 little candy~)
10.彼氏になってよ。(りるきゃん ~3 little candy~)
11.RED ZONE(4 Luxury)
12.9:02pm(4 Luxury)
13.ID:[OL](4 Luxury)
14.花ざかりWeekend✿(4 Luxury)
15.ジャングル☆パーティー(Machico平山角元夏川)
16.bitter sweet(末柄)
17.りんごのマーチ(田村)
18.ファンタジスタ・カーニバル(角元)
19.Sweet Sweet Soul(稲川小笠原麻倉)
20.G♡F(近藤高橋桐谷)
21.FIND YOUR WIND!(平山)
22.Happy Darling(夏川)
23.ロケットスター☆(Machico)
24.サンリズム・オーケストラ♪(田村香里末柄)
25.DIAMOND DAYS(エンジェルスターズ)
E1.UNION‼(エンジェルスターズ)
E2.Brand New Theater!(エンジェルスターズ)

ということで、1日目との違いは最終ブロックのソロ曲だけ、
ブロック内ユニット曲は順番が変わっただけ、という有様でした。

前半のユニットカバー曲の変更もなく、ただソロを両日に分けただけ、
と言えるこのセトリ、冗談抜きで理解に苦しみます。
4 Luxury優遇も全く是正もされなかったわけですしね。

そもそも2日間公演で誰もが両日行けるわけではないから、
セトリを全く同じにする、というのは一つの方法として間違ってはいませんし、
一方でせっかく2日間があるのなら、パフォーマンス力の高いメンバーを擁し、
多種多様な楽曲を抱えるのだし、全く違うセトリにする、というのもおかしくはないです。

今回はそのどちらでもなく、基本形は同じで、唯一無二のソロ曲だけを両日に分ける、
という暴挙になっており、2パターンの「悪いところ取り」をした形になっています。

事前に無能が「攻めます」などと抜かしていましたが、攻めも守れもしない、
中途半端極まりない構成で、もはやギャグとしても成り立っていません。

「能力がピークにあるスター選手をかき集めたプロスポーツチームが、
無能監督一人の無能采配のせいで全く勝てない」という表現が適切な実例、
というのは思い浮かびませんが、ともかくこう表現するしかない有様で、
せっかくの周年ライブにおいて、語弊を恐れずハッキリ言えば年齢やライフステージ的に
「全員出演できる」「若さ(体力)と経験値のバランスが充実している」貴重なタイミングで、
こんな悲惨なライブをせざるを得ない、というのはアイマス史上屈指の損失で、悪夢です。

実際、「りんごのマーチ」や「ファンタジスタ・カーニバル」等のパフォーマンスは、
以前のライブからの成長も感じられる見事なものでしたし、
個々の実力にはなんら疑いようのない、素晴らしいものだとは再確認できました。

しかしそれをフルに発揮させられない、稚拙を通り越した愚鈍な構成と演出は、
グリマスというゲームらしき何かがミリオンライブというタイトルを腐らせていたという過去を、
「再放送」というか「リメイク」する、という意味で「テレビ」を表現していたとすら思えます。

これを受けて半月後に迎える神戸公演、両日現地参加できますし、
私としてはもちろん誰よりも優先すべきメンバーが出演する大舞台となりますが、
6thライブはこの有様、というのがわかった上でどのような心境で臨むべきか、
モチベーション的にも非常に難しいものになってしまったのが正直なところです。

とりあえずは昨日発表された、ミリシタの次回ソロ曲「教えて last note…」、
そして本日発表された「プリムラ」のイベント、さらに令和最初にして最大の山場、AS生配信、
これらに期待する、としておいたほうが精神衛生的には良さそうです。
もちろん、AS生配信はこれはこれでメンタル的にもどうなるか不明の山場になるのですが…。

ともあれ、レポート自体は明日以降、いつものように書いていきたいと思います。

関連記事

この記事へのコメント

kage

二日間お疲れさまでした。
まさか、ソロを二日で分けて後は同じなんて事になろうとは・・・
仙台は両日現地でしたが、神戸は初日だけなので絶望しかありません。
普通にソロ13人で、歌う曲が違うだけでいいのに・・・
何でロケットスターなんだ?(5th聞けてないんでいいけど)
発表も何もなかったし、ライブの運営おかしくなりましたかね?

Posted at 01:51:26 2019/04/29 by

この記事へのコメント

kage

まず初日と比べるとセトリに違和感しかありませんでした
特に「ジャングルパーティ→bitter sweet」は5th2日目の「FT→虹色letters」くらい酷い順序だと感じてしまいました
終盤もとにかく盛り上がる曲をただ羅列しているだけのような…

Posted at 05:29:45 2019/04/29 by

この記事へのコメント

kage

はじめまして、コメントを失礼致します。
レポートの投稿、ありがとうございます。

拝読して、まだ批判するほど
トリプルデイPさんの体力が残っていることに驚きました。

批判するだけして、具体的な代案も出せずに妄言だけして消えていく方も多い中、
そこに言及出来る古参がいらっしゃるのは、興味深いです。

頑張ってください!

Posted at 05:37:50 2019/04/29 by 砂押

この記事へのコメント

kage

サプライズゲスト出さなかった
演者のパフォーマンスだけは極まっていた
いつもに増して衣装に力(コスト)が掛かっていた
カバーがユニットコンセプトにそれなりに即していた

私が評価するのはそれだけくらいでしたね。
ユニットパートは美咲MCと演者MCでほぼ一曲毎に立座繰り返しは余韻が冷めて苦痛でしかなかったです。
後半はセットリストの様式美とでも言いますか、前後の曲の余韻とかまるで無視してて最近の制作陣は曲単体が良ければ最高って思える位に単純なのかな?と思ってしまうほどのバラバラ感でしたね……

Posted at 13:28:10 2019/04/29 by endo

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

1番目のコメントの方

ソロを1人1日ずつ、というのは考えうる限り最悪の選択ですよね。
「ロケットスター☆」は5thでもやったしミリシタ実装曲でもない、
そもそもソロの最後としてどうなの、という選曲で、まぁ意味不明ですね。

新情報の発表はこのタイミングですからミリシタの新イベントだけ、
というので十分だと私は思いましたが、ライブがこのザマなら
新情報くらいは、と思える状態だったのも確かです。

本当になんでこうなっちゃったんでしょうね。

Posted at 22:30:45 2019/04/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

2番目のコメントの方

確かに「ジャングル☆パーティー」⇒「bitter sweet」は酷すぎですよね。
流れも何もなく、ソロのバラードを前半に消費する、という構成は、
「センスがない」という表現では足りないくらい馬鹿げたものだと思います。
冗談抜きでくじ引きで適当に決めたほうがマシかもしれませんね。

Posted at 22:33:16 2019/04/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

砂押さん

こうして自分の思ったこと、感じたことをきちんと書く、
というのが私のブロガーとしてのポリシーであり、
プロデューサーとしてのプロデュース方法でもあると思っているので、
今回もそれを実行するまで、という感じです。

アイマスに根付く同調圧力という馬鹿げた文化に迎合する必要もないですしね。

Posted at 22:36:37 2019/04/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

endoさん

もはやサプライズゲストが無い事を評価点とせざるを得ない、
という現実について、私も同意します。
そして一曲ごとの立ち座りの繰り返し、も本当に苦痛でしたね。

どうしてこのセットリスト、この演出でやろうと思ったのか、これでウケると思ったのか、
心の底から疑問で、1日経つと、不満よりも不審のほうが大きくすらなってきました。

Posted at 22:40:33 2019/04/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

トリプルデイP様

レスポンスありがとうございます
私の中で史上最低のミリオン4thに迫る勢いのライブになりそうで後に控える4公演に気が滅入りそうです
衣装も正直、推しが頭に星つけて恥ずかしそうな顔して出てきた時に「あぁ、ババ引いたわ」と苦笑いしかできませんでした。
3rdまで確かにあった「ライブのセオリー」が大好きでミリオンライブが好きになったのに何故こんなにも当たり前の事をしなくなったのか理解できませんね。
LTFあたりからのユニット楽曲がアイドルに合わせて造られていない、クリエイター側のやりたい楽曲コンセプトありきで曲が造られてそこにアイドルを当てはめただけに感じてしまうのは私だけですかね…

Posted at 23:31:58 2019/04/30 by endo

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

endoさん

私としてもこの6thは4thに匹敵するザマだと思っています。
サプライズがないだけマシ、というだけの…。

ユニットにしても4th程のやっつけ感はないにしても、逆にユニットありき感は増していて、
結局それがライブの構成自体を縛る、ということになっているわけで、
豊富な楽曲やメンバーの組み合わせのあり方を潰しているんですよね。
貴重な周年ライブがこれ、というのは本当に残念です。

Posted at 23:13:21 2019/05/01 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック