ミリオン6thライブ 仙台公演 総括

kage

2019/05/04 (Sat)

6thライブツアー開幕となった仙台公演についてまとめておきたいと思います。


物販

前日物販でも限定CDは売れ切れることなく、
当日1日目も売り切れず、私も無事購入することができました。

属性別の3種を会場ごとに分けずに全会場共通で、
としたことで初回の仙台に過剰な需要を発生させなかった、
ということもあるかもしれませんが、そもそも地方公演だから、
ということもあるでしょうし、ともかく供給が足りていたことが何よりです。

グッズ全般についても、一部商品は早期売り切れとなりましたが、
仙台会場限定の商品は概ね残る、という感じになりましたし、
こちらも供給が足りていた、と言えるかもしれませんが、
そもそもグッズ自体の魅力が足りなかったと個人的には思います。
私も仙台限定品は結局買いませんでしたし…。

この先の神戸、福岡でどうなるかはわかりませんが、
個人的には事前物販でのパンフレットと限定CDが押さえられた以上、
焦ることは何もなくなったわけで、その推移を生暖かく見守りたいと思います。


ライブ内容

物販が改善されたのに対し、肝心のライブ自体が燦々たるものになりました。
「テレビ番組」というミリオンにとって何の馴染みもなかったテーマが掲げられ、
ツアーを属性別公演として明確に分け、しかもユニット推しと明言、
という時点で、既に無駄に制限が掛かりまくり、嫌な予感しかしてませんでしたが、
蓋を開けてみればその予感を超越する、とんでもない演出と構成だったわけです。

問題点はいくつもあげる事ができますが、具体的にあげるならば…

そもそもセットリストも両日でソロが違うだけ、という2日間同一メンバー公演としては
最悪の選択
で、「再放送」という印象を強くするだけの構成であり、
選曲もミリシタ実装曲等無関係で、ソロは演者に差し替え希望を出されるザマ。
曲順もお得意の「ジャングル☆パーティー」を実質最後に持ってきたと思えば、
バラード系ソロを最初に持ってくる、というくじ引きで決めたほうがマシな構成で、
挙句の果てには意味不明な4 Luxuryだけ1曲多いという優遇。

「テレビ番組」というコンセプトで、度々美咲がモニターに出てくることにより、
ライブのテンポが悪くなった上、立ったり座ったりの繰り返しを求められる煩わしさ

それでいて両日映像の使いまわしによる「再放送」感の増加、
モニターの映像はステージ上の演者をそのまま映すものは僅かで、
無駄に派手な映像でステージから遠い席の存在を丸々無視し、
それでいてコールくらいは全て表示するのかと思ったらそれすらしない手抜き。

何もかもが悲惨な構成、演出となっていて、無能が無能であることを証明した
あの4th武道館と比べても、「サプライズゲストがないだけマシ」、
としか言いようがない、「周年ライブ最低」の水準に貶められるもの
となりました。

4thよりタチが悪いのは、4thは3日連続だったために勢いでカバーできたのに対し、
今回は2ヶ月超かけての3会場6公演で、残り2会場4公演残っている、という事実です。

「次が楽しみ」という極めてシンプルにして最も重要な感情を捻り潰される失望
これはアイマスが云々、ミリオンが云々以前の次元であってはならないはずです。
しかしこれが起きてしまっている、この現実は果てしなく辛いものです。

神戸からは全く違う構成、演出になる、という「サプライズ」があるなら別ですが、
その可能性は現実的に極めて低く、万に一つそれがあったとしても、
これよりマシになるどころか悪化するようにしか思えません。

一体バンナムはどんな弱みを無能演出家に握られているのか知りませんが、
常軌を逸したセンスの人間を起用し続ける以上、
ミリオンライブというタイトルそのものの未来自体、果てしなく暗い
でしょう。


新情報

ツアーの開幕公演、ということで一切期待していませんでしたが、
案の定1日目は次回ソロ実装予告、2日目は次回イベント予告、
という内容で、常時ミリラジで発表されるのと同じレベルのものに留まりました。

もちろんこれはこれで十分なもので、恐らくは神戸も同じレベルのはず。
重要なのは最後の福岡、これは最初から変わらないところになります。


神戸公演へ

大いなる失望と絶望を生んだ仙台公演の次は、神戸公演となります。
私自身、1日目は現地、2日目はLVだった仙台公演とは異なり、
両日現地となる神戸は、元々は非常に楽しみにしていたのですが、
この状況でそのモチベーションに大きな傷がつくこととなってしまいました。

とは言え最重要メンバーの出演もあるわけですし、
今回はこういうライブ、という事が分かった上で開き直って参加する、
ということしかもはややるべきことはない、というのが現実です。

できる事があるとすれば、こうしてブログなり、もちろん公式アンケートなりで、
このライブがいかに酷いものなのか、ということを訴えることであり、
具体的には「6th」は諦め「7th」への要望を打ち出すことくらいでしょう。
まぁ結局無能演出家が降板しないとどうにもならないのでしょうが。

関連記事

この記事へのコメント

kage

初めまして。
レポート拝見いたしましたが、似たような印象で概ね同意です。
ユニット推しと言った割に前半であっさり終わったり、765AS曲が突っ込まれたり、MTB曲をやらないと思ったらDIAMOND DAYSはやったり、テーマとして何がやりたいか分からなかったです。今後シンデレラみたいにユニットを深掘りするかと言ったら多分しないでしょうし…

持ち曲沢山有るのに、シャニ1stみたいな構成で勿体無いなと思いました。

Posted at 11:45:01 2019/05/05 by LVの人

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

LVの人さん

4thの時と同じく、ユニット推しと言いながら、後半でそれをあっさり無効化、
というのは全く理解に苦しみますよね。

ユニット推しは物販のグッズの売り方含め「やり易い」のかもしれませんが、
結局ライブ自体の魅力を損なっているので本末転倒としか言いようがないですね、

Posted at 22:18:21 2019/05/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 14:38:54 2019/05/08 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧コメントの方

貴重な情報ありがとうございます。

まぁ事情は色々あるのでしょうが、
出てきたものが全てなので、評価は覆りようがないですけどね。

Posted at 23:52:53 2019/05/08 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 10:21:56 2019/05/09 by

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧コメントの方

重ねてありがとうございます。

当然色々なことが起きているのでしょうが、
それらについてハッキリ説明してくれたほうがいいのでは、
とやっぱり思えますね。

せっかく我々は「プロデューサー」なわけなのですし。

Posted at 22:59:13 2019/05/09 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック