ミリオン6thライブ 神戸公演 レポート 開幕前編

kage

2019/05/21 (Tue)

さて改めて、ここから神戸プリンセス公演のレポートを書いていきます。
まずはいつものように詳細なレポートから。


物販

今回も私は1日目当日の昼頃に現地到着となりましたが、
CD列は僅かに、グッズ列は皆無、という状態でした。

グッズ自体は仙台に比べると売れ行きが良かったようですが、
そもそも個人的には目ぼしいものもなく…という状態だったので、
荷物的にも最小限の購入にとどめました。

2日目も含め、CDは売れ残り、グッズは仙台よりは売れる、
という状態で、ベストとは言わないまでも、以前に比べると
ベターな状態になっている
、ということは確かなのかもしれません。

もちろん売り切れゼロ、ないしは物販終了のタイミングで売り切れ発生、
というのがベストなのは間違いないですが、それは難しいでしょうし、
少しでも改善されているのであれば、それに越したことはありません。


入場

物販も終われば入場まで特にすることもないのですが、
今回はその物販会場である、ライブ会場から少し離れた公園に
フラワースタンドも設置されていたので、自分が送付したものも確認しておきました。

6thfs.jpg

この公園は事実上の待機スペースと化し、人だかりができていたわけですが、
会場自体は少し離れたところにあり、いざ入場、とするのに少し歩く必要がありました。

入場に際しては、アリーナとスタンドで2つに分かれてはいるものの、
最後尾の札等での案内もなかったためわかりにくいものとなっていましたが、
並びさえすれば、いざ入場が始まると、スムーズに入ることはできました。

会場の構造もシンプルで、アリーナもスタンドも、入場してすぐ座席エリア、
というわかりやすいものになっていました。

私は1日目は1Fアリーナ下手最後方、2日目は2Fスタンド上手前方最後列
ということで、1日目は頭と腕の間から遠いステージを垣間見るしかない一方、
2日目は文字通りの高みの見物で、横からですが全体像が良く見える座席になりました。

着席すれば後は開演を待つだけ、となり、会場に流れるBGMで
「Bonnes! Bonnes!! Vacances!!!」が流れて「これは今回ないのか」と
ネタバレを食らったり
、思い出したように各タイトルのPVがモニターに流れたり、
というのが続いていき、両日ともにほぼ定刻通りに会場が暗転、開演となりました。


開演

いつものように提供クレジットからのシルエット美咲の登場、そして前説、
と仙台同様のスタートとなり、これまた仙台と同様の、
出演ユニットとキャラの紹介オープニングPVが流され、
そしてステージ上には4種の衣装をまとった13人の姫たちが居並び…開幕となります。

両日ほぼ同じセトリ、ということでここからも両日貫通形式で書いていくこととします。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック