アイドルマスター ミリオンライブ! THEATER DAYS Brand New Song 2巻

kage

2019/07/17 (Wed)

それぞれの歌



第6話 大好きなあなたに
第7話 手と手繋いで
第8話 君がいてくれるから
第9話 きっと何年経っても
第10話 私たちの名は
おまけ


百合子このみ桃子の3人が「歌」をテーマとした公演をベースに
紡いでいく物語の2巻は、そのトリオとしての関係性はもちろん、
各々の他のメンバーとの関わりも深く描かれていくことになります。


第6話 大好きなあなたに

「Brand New Song」第2公演を前に近所のショッピングモールのステージで
ライブを行ったこのみの3人。
そのライブ後もシアターに戻り一人で練習をするこのみのもとに莉緒が現れて…。

百合子桃子からのこのみへの想いが語られると同時に、
このみ莉緒の関係性についても丁寧に描かれる話となっています。


第7話 手と手繋いで

このみが765プロの採用面接を受けた時の回想から始まり、
無事開幕となった「Brand New Song」第2公演が描かれていくことになります。

瑞希、そして莉緒が順調にソロ曲を披露していき、
そして迎えたこのみの出番。舞台裏でのPとの会話を経て、
百合子桃子が見守る中披露したステージは…。
このステージを経て、物語は本格始動、という事になっていきます。


第8話 君がいてくれるから

浴衣を着て夏祭りに仕事で参加することになった桃子
ともに参加するのは雪歩、ということになりますが、
桃子にとっては特別な存在で…ということが回想、
そしてこの夏祭りでのステージでの舞台裏で描かれることとなります。

がいることでこの物語での主役である桃子の成長が描かれることになりますが、
の良い子さが際立つエピソードともなっています。


第9話 きっと何年経っても

迎えた「Brand New Song」第3公演。ロコ千鶴に続いて登場したのは、
この公演への緊急参加を直訴した桃子
第1公演でも披露した「ローリング△さんかく」の再披露となりますが、
この短期間での成長を踏まえてのステージ、ということになります。

ここでもまたの良い子さが感じられる話となっており、
ともに出演した先輩の雪歩を含めての最後の楽曲まで含め、
非常に美しいエピソードとして紡がれる
ことになります。


第10話 私たちの名は

百合子このみ桃子の3人がユニットデビューに向けてレッスンをする中、
大事な「ユニット名」が決まっていないことに気づき、各々案を出しますが…。

そこを訪れたまつり朋花からエレナ美也の話を聞き、
その仕事ぶりに特に桃子が焦りをみせますが、そこをこのみがしっかりとフォロー。
そしてユニット名も無事決定することとなります。


おまけ

時系列は「Brand New Song」第2公演の1週間後、Pよりユニットのリーダーに任命された
このみでしたが、百合子桃子には伝えられておらず…という話になり、
3人の信頼関係がしっかり築かれていることがわかるエピソードではあるのですが、
これを本編ではなくおまけでやるのか、という感も



順調に開催されていくBrand New Song公演、その中で主役の3人の間の関係性だけでなく、
他のメンバーとの関係性というものもしっかりと描かれていくことになります。
それは所謂「王道」的な関係のものではありますが、
しかしながらコミックというメディアでしっかりと描く、ということで、
ゲーム等とも異なる見せ方ができているのでは、と感じられます。

そしてこの巻のラストでユニット名がついに決定、ということで、
ここからが物語の本格スタート、という事も感じさせます。

1巻にはあったCD付き特装版はこの2巻にはない、となってしまっていますが、
このユニットでのオリジナル楽曲を含め、3巻以降では復活することを期待したいです。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック