14周年ニコ生 新情報!

kage

2019/07/23 (Tue)

本日放送された14周年ニコ生においていくつか新情報が発表されましたので、
今回はそれについて少し書きたいと思います。


番組について

すっかり毎年恒例となったアイマス周年ニコ生ですが、
今回は各タイトルから代表が一人ずつ出演、という形で非常にシンプルな構成で、
番組自体も比較的シンプルな内容になっていたように思います。

まぁ昨年が特に良かった、というのと比べてしまうとややアレな感もありましたが、
それ以前の絶望的につまらなかった合同ニコ生よりはマシだったのも確か
でしょう。


新情報

その番組のバラエティ要素云々はさておいて、ここでは新情報について書いておきます。


まずは765ASについて。

既に公開済みだったコミック「朝焼けは黄金色」の第二巻の表紙に加え、
第三巻の表紙が初公開とななりました。

また、「プロデューサーミーティング2018」のBD発売記念という事で、
7/27~30まで4日連続で「Pミ17」と「初星宴舞」が放送され、
さらに昨年の「みんなで選ぶ!ユニットソング!!」をオーディオコメンタリー風に
放送する番組が7/31に、その「みんなで選ぶ!ユニットソング!!」自体も再配信、
といったことが発表されました。

内容としては以上で、まぁ新情報と言えば新情報ではあるのですが、
あくまでも過去の振り返りでしかないのも事実であり、
これがASの現状、というのが改めて示されただけ
と言ってもいいでしょう。

大量の放送にしても、私としては「Pミ17」なんてトラウマでしかなく、
「初星宴舞」も当然BD所持している以上ここであえて見ても…ですし、
「みんなで選ぶ!ユニットソング!!」なんてそれこそ見る価値はないでしょう。
そのコメンタリー、というのは流石に新規になるので話は別と言えば別ですけども。


次いでミリオンについて。

次回メインコミュは美希で楽曲は「マリオネットの心」という事で、
ティザーMVと言いつつ7、8割は収録されたMVが公開されました。
楽曲はやはりランティスに拘らずの「代表曲」路線、という事で良かったですし、
アニメ再現か、ソロ初のトリオMV(これも変な表現ですが、事実として)、という演出も、
この楽曲ならでは出もあり、良い方向性だと感じられるものでした。

まぁミリオンはこれだけでしたが、先日散々大量に出し、さらにSSAも控える、
という状況を踏まえればこれ以上ここで出すものもない
でしょう。


お次はシャイニーについて。

リアルイベント「プロデューサー感謝祭」が10/27に「森のホール21」で開催、
ということで、「サマーパーティ」で使えばよかったのに、
と思っていたイベントタイトルをここで使用、という事になりましたが、
それはさておき、ここまでリアルイベントを連発するのか、何とも言えないいう感も

キャパは2000弱で、1stと同程度。今度こそライブビューイング開催も怪しいイベント、
という感じもありますが、果たしてどうなるのでしょうか。
いずれにせよ、ここでも19人フルメンバー出演、というのはやはり羨ましいというか、
ここまでの各タイトルの展開を踏まえて「これがベスト」と判断したうえで実行できている、
という感もあり、最新タイトルならではのやり方が実行できていると思わされます



シンデレラとSideMについてもいくつかありましたが、
ここで私が言及すべきものは特になかったので割愛します。


アイマス全体の話としては、東急ハンズコラボを2019年に実施、という事に加え、
バンナムフェスで10/20にゼノグラシア枠で橋本みゆきさんと結城アイラさんが出演決定、
というまさかの追加出演者情報の公開、となりました。

ここに来てのゼノグラシア、というのは衝撃ですが、今回のこのイベントだからこそ、
というものでもありますし、曲の評価と作品本編の評価が乖離しまくっていることでも有名な
「微熱S.O.S!!」をここで聴ける(はず)、というのは素直に楽しみ
でもあります。

そしてアイマス全体としては、15周年記念PV、キービジュアルのそれぞれ「第一弾」が
公開され、今後15周年に向けて続報も出していく、という発表もありました。

番組の空気的には明らかに「15周年合同ライブ」の実施を感じさせましたが、
果たしてどうなるでしょうか。それこそバンナムフェスという形で空気を緩め、
アイマス単独で合同(これも変な表現ですが)、というのはわかりやすい展開
に思えます。

まぁそれについて実際どうなるかは今後出てくるはずなので、
出てきた時にまたリアクションするとしましょう。


14周年、そしてその先へ

もはや14年という年月がどれくらいの長さなのか、というのはピンと来ないというか、
まるで実感がない、というのが率直なところなのですが、
それは実際問題、真に「14周年」であるところの765ASが(単独では)現状何もない、
という状況であり、その数字のカウントの意味を半分失っているから、
ということが多大にあるでしょう。

それよりは「ミリオン6周年」「ミリシタ2周年」のほうが現状ではダイレクトに
肌で感じられる、実感できる、というのが今の自分の状況でもあるわけです。

もちろんその中で、今回発表された美希のコミュ、ソロ曲が実装されるように、
ASの存在感がこれ以上に高まっている、ということもあり、
本当に「ASは何もかもが終わった」というわけではないのも確かなのですが、
まぁそうは言っても…というのもまた素直な感情なわけです。

とは言え昨日今日いきなりこういう状況になったわけではなく、
言ってしまえば6年ほど前からいつかこうなることはわかっていたし、
そのためにも準備していて、それを実際に機能させることができた、というのもまた事実です。

いずれにせよ、毎年少しずつ形を変えつつも長く、そして太く展開してきたアイマスが、
ここに来て急に「15周年」というフレーズを使い始めるという事になりましたが、
似た雰囲気だった「10周年」のときも拍子抜けに終わったという事実も踏まえれば、
何を期待するという事をするべきでもなく、それよりは一日一日を、
一歩一歩を確実に歩んでいく、プロデュースしていくほうが現実的で、大切な事でしょう。

幸いにも13人とはまだ歩けるし、39人ともまだまだ歩ける。
その先に「15周年」だけでなく「20周年」「30周年」…という数字ももしかしたら
ついてくるのかもしれませんが、大事なのはその数字の積み上げよりも、
その間にどれだけの夢を見られるか、叶えられるか、物語を紡げるか、描けるか、
「アイドルマスター」を楽しめるか、堪能できるか、という事なのだと思います。


関連記事

この記事へのコメント

kage

私としてはマリオネットで頭抱えちゃいましたけどねwやよいPなのでこのままだとキラメが来る流れになっちゃうので・・・

もちろん好きな曲なんですが、いままで散々据え置き版で観てきたので今まで実装ことのない曲を希望してましたし。

せっかくのミリシタへの実装なのにねぇ、という感じです(2週目まで何年掛かるか分かんないですから)

キラメやプラソニックなどが実装されて公式に文句言ってる人間がいたら多分私だと思いますw

Posted at 01:12:46 2019/07/24 by チハヤP

この記事へのコメント

kage

765はこの程度の扱いなんだ...というガッカリ感が強いです
特に来年は15周年という5年周期で言えば3度目の節目の年であるにも関わらず、現状はこの程度の内容しか伝えてもらえないというのが悲しいです
とは言え年明け以降色々ある可能性も捨てきれないので今後も注目しておきたいなと思っています

Posted at 22:13:40 2019/07/24 by ケータカP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

チハヤPさん

私もコンシューマを各作やってきた身として、
そこで収録されてきた曲よりも初収録となる曲を、というのはわかります。

まぁそうは言ってもやっぱりいわゆる「代表曲」をこのミリシタでは出す、
というのは私としては納得できているのですが、
MA3曲は完全に個人曲なので、他のメンバーが歌える(歌ってないけど)ミリシタで実装、
というのは私としても勘弁ですね。
流石にやよいはキラメキラリでほぼ決まりでしょうが…。

Posted at 22:14:17 2019/07/25 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ケータカPさん

765の現状を改めて突きつけられたような番組でしたね。

とは言え本当にすべてが終わったわけでもないので、
ミリオンとしてでもなく、もちろん合同でもない単独の新しい何かがまだある、
ということを期待しておきましょう。期待するだけならタダですしね…。

Posted at 22:17:30 2019/07/25 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック