ミリオン6thライブ SSA公演 展望

kage

2019/09/20 (Fri)

ついに明日明後日がミリオン6hライブツアー追加公演となるSSA公演。
いつものようにこの展望記事を書きたいと思います。


会場

あえて関東での開催を避けて地方の3会場で属性別6公演を実施した6thツアーでしたが、
追加公演という形で、5thに続いてSSAことさいたまスーパーアリーナでの
周年ライブの開催、ということになりました。

周年ライブで2年連続で同じ会場、というのも珍しいパターンではあるのですが、
ミリオンでは2ndでの幕張メッセイベントホールを3rdでも、という実績はあり、
最初は1会場、翌年はツアー千秋楽で、という意味では全く同じ構成
ではあります。

とはいえもちろん会場の規模自体は大きく異なり、ドームを除けば国内最大級、
というこのSSAをツアーに組み込めたというのは大きな成長と言えるでしょう。

その大きさのおかげで私は今回も両日現地参加できるわけですが、
1日目は200レベル、2日目は400レベルと厳しい座席になっています。

披露が確実な「Flyers!!!」のミリシタステージを模してセンターステージと花道を、
という会場構成の可能性もあり
、そうなると必ずしも悪くはなさそうですが、
映像演出大好きの無能演出家はセンターステージを可能な限り避けるでしょうし、
どっちみちモニターが役に立たない曲が多数ある、ということに変わりはないでしょう。
まぁ結局は行ってみないとわからない、といういつも通りの話になるのですけどね。


出演者

今回の出演者は以下のように発表されています。

1日目
<トゥインクルリズム>
原嶋あかりさん
伊藤美来さん
村川梨衣さん
<閃光☆HANABI団>
駒形友梨さん
上田麗奈さん
浜崎奈々さん
渡部優衣さん
大関英里さん
<D/Zeal>
愛美さん
田所あずささん
<Jelly PoP Beans>
中村温姫さん
戸田めぐみさん
斉藤佑圭さん
渡部恵子さん
<Cleasky>
角元明日香さん
桐谷蝶々さん
<りるきゃん 3little candy>
近藤唯さん
小笠原早紀さん
Machicoさん
<ビッグバンズバリボー!!!!!>
藤井ゆきよさん
末柄里恵さん
<オーディナリー・クローバー>
香里有佐さん
夏川椎菜さん
山口立花子さん

2日目
<Charlotte・Charlotte>
諏訪彩花さん
郁原ゆうさん
<STAR ELEMENTS>
山崎はるかさん
木戸衣吹さん
種田梨沙さん
<夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE->
小岩井ことりさん
藤井ゆきよさん
野村香菜子さん
山口立花子さん
<EScape>
阿部里果さん
南早紀さん
雨宮天さん
<4 luxury>
香里有佐さん
末柄里恵さん
平山笑美さん
高橋未奈美さん
<ピコピコプラネッツ>
田村奈央さん
麻倉ももさん
稲川英里さん
夏川椎菜さん
<ラスト・アクトレス>
渡部恵子さん
<アイドルヒーローズジェネシス>
愛美さん
小笠原早紀さん


基本は両日各属性2ユニットずつの計6ユニットで、
そこにミリシタで初実装された楽曲のオリジナルメンバーを揃えるために、
ユニットとして出演しない公演にゲストで参加するメンバーも、と発表されています。

これは4thでサプライズゲスト()として扱ったメンバーを事前発表ゲストとした、
という構成と言っていいはず
で、その意味で反省を感じられるわけですが、
だからと言って今回本当にサプライズゲストがないと決まったわけでもありません。

例えば「Chrono-Lexica」であったり、「Clover」であったりをサプライズで、
という可能性もなくはないですからね。

ただ、それよりは2日目に全員揃える、という可能性の方が高そうではありますし、
そこまでやるなら余程の大型新情報でもある、という話にもなりそう
です。
それこそ、4th3日目がまさにそういう状態だったわけですしね。

もちろん私としては発表されているメンバーでやり切って欲しいわけですが、
絶対的に39人を揃える価値と意義のある「余程の大型新情報」がもしあるなら…
とは言えやっぱり「最終日偏重」は気持ちの良いものではないですけどね。


物販

今回もいつものように前日物販、すなわち本日から物販は開催されたわけですが、
私はこちらには参加していませんでした。

全体的な売れ行き的にはボチボチ、という感じで、案の定すぐ売り切れる商品もあれば、
売れ残る商品もある、という「いつも通り」な状態だったようですが、
これは明日明後日もそうは変わらないでしょう。


ただ、今回はいつも早期に売り切れる限定CDがツアーを通して売り切れなかった、
ということもあり、このSSAで新CDが追加されたわけでもない、ということもあってか、
その意味では全体的にも余裕はあるような印象を受けるのも確か
です。

とは言えグッズとしてはSSAからの新商品も複数あるわけで、
結局「余裕」なんて状態にはならないとは思いますが、
私としては「絶対必須」と思える商品もなく、かつ悪天候が確実な状況で、
無理に長時間並んででも、とは思えない状態です。

とは言え今後も踏まえてどういう状態になるか、というのは当然注視したいですし、
「案の定」な惨劇が起きたとしても特に驚くべきではないと思っています。



新情報

ツアー最終公演ということもそうですし、先日の生配信で「感謝祭」という
大型イベントの発表を出した、ということからも「それ以上」の新情報、
すなわち「余程の大型新情報」が出てくる可能性も当然ある
わけです。

それはつまり、ここまで来たら今度こそ「アニメ化」…というのが本命でしょうが、
もはや逆にそれはもう期待するものではない、という空気感もあるのが現状
です。

とは言え新アプリやコンシューマーゲーム、という可能性が高いかという
それもなさそう…ですが、そのクラスのものがあってもいい状態だとは思います。

現実的には7thライブの発表、というのがありそうですが、
そのパターンはもういいよ、という感しかないですし、
やはり「大型新メディア展開」が最も望ましいし、期待したいものにはなります。

ライブという「メディア」だと、このツアーのBD発売や、ディレイビューイング開催、
という話もありそうですが、それこそ「あっはい」レベルですしね。

それ以外だともちろんミリシタでの次回イベントやソロ実装、ガシャといった
定型企画の発表もあるでしょうが、そうではない「大型アップデート」あるいは
「新機能」的なものが出て然るべき場でもある
とは思います。
では具体的にそれが何か、という予想まではできませんが…。

さらにそれ以外だと、新コミカライズだのなんとかコラボだの、
といういつものように唐突に沸くタイプのメディア展開系はあるでしょうが、
それ自体は良くても、それが最大の目玉、に終わってはいけない場面でしょう。

4thから2年、ミリシタも安定軌道に乗ったと言ってもいいからこそ、
「余程の大型新情報」をここで、と期待しますが、果たして。


高みを目指して Flyers!!!

属性別公演最後の福岡公演から早2ヶ月半、もはやツアー感は全くなく、
昨年の5thと同会場で同公演数、と考えれば「6.5周年ライブ」とすら思えますが、
事実としては6thライブツアー千秋楽になるわけです。

ここまでのツアーは、元々「属性別」「ユニット推し」「テレビ番組」と雁字搦めの設定で、
最初から嫌な予感がしていたら案の定その嫌な流れのまま開催された、
というもので、正直満足いくような構成ではありませんでしたが、
その中でも個々を切り取れば見せ場やインパクトのあるシーンもあるのは確かでした。

それはひとえに、経験と年齢(若さ)のバランスが最もとれていると言っても過言ではない状況で
フルメンバーが出演できた、ほとんど奇跡と言ってもいい環境だったからに他ならないでしょうが、
それ程の恵まれた環境を踏まえればやはり色々と勿体ないツアーだったと思えてしまいます。

それを踏まえてのSSA、2日間で39人フル出演、という密度となるわけですが、
「ユニット推し」「テレビ番組」そして「再演」という設定が足を引っ張ることになるのが
必至なのがネックとは言え、その足枷を引きちぎる程のパワーはある、
それこそが「ひゃくまんパワー」だと期待しているし、信じるしかありません。

このツアーに限らず、あらゆる意味で常に何かしらの枷をつけられていたかのような
歴史を刻んできたのがこのミリオンライブと言っても過言ではないと思いますが、
だからこそ、それを乗り越えてきた先の物語を観たいと、そうも思えるのです。

強く地面を蹴って長く助走をとった結果、たどり着いた、叶えた「夢」とは何か。
その答えが見える公演になることを祈り、挑みます。


曇りない空へ Fly high!!!


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック