ミリオン6thライブ SSA公演 レポート その3

kage

2019/09/26 (Thu)

21.インヴィンシブル・ジャスティス
(Machico上田)

最後のゲスト曲はもちろんこちら。4thでの記念アニメでの楽曲自体の初披露、
メガトンボイスでのライブ初披露、といずれも衝撃的だったこの曲ですが、
その意味では初めて落ち着いて見られるステージ、という事にもなって、
それでいてパワフルで、エネルギッシュなパフォーマンスはやはり目を惹く、
という意味で、ミリオンのライブパフォーマンスの真骨頂、とら感じられるステージでした。


22.ハーモニクス
(D/Zeal)

最後のユニットは言うまでもなくこちら。
青と赤の照明を浴びての巨大ライブハウスでのパフォーマンス、というのは福岡と変わらず、
そのパフォーマンスの練度も良い意味で変わりませんでしたが、
その意味では正しく「再演」を感じられるステージの一つだった、とも思えました。


23.餞の鳥
(D/Zeal)

ここで愛美さんがギターを持たずにこの曲を、という流れとなったことで
福岡と変わりましたが、パフォーマンス自体はやはり福岡とは大きく変わらず、という部分もあり、
それでいて最後は花道を二人で歩く、という演出で、曲の表現が多少なりとも変わり、
見せ方としては良かったし、印象的なものになっていたと思います。


24.創造は始まりの風を連れて
(トゥインクルリズム・D/Zeal)

D/Zeal最後の曲、に行く前に、トゥインクルリズムと共に
センターステージで披露したのがこちらでした。
オリジナルメンバーは5人中2人、センターはオリジナル同様に伊藤さん、
という構成で、4thで悪い意味の衝撃が強すぎたステージとは異なり、
オリジナルではないとはいえ、落ち着いて、そのパフォーマンスを堪能できました


25.アライブファクター
(D/Zeal)

再びD/Zeal二人になって披露されたのは、福岡とは異なるこちらでした。
田所さんがオリジナルとは言え当然初披露となったこの二人でのこの曲、
このSSAでのこの曲の披露を全く別の組み合わせで予想していたものほどには
新鮮味はありませんでしたが、それゆえの安定感、そしてこの二人だからこそ、
という意味はきちんとあるもので、そのステージを楽しむことができました



26.DIAMOND DAYS
(トゥインクルリズム・閃光☆HANABI団・D/Zeal・Jelly PoP Beans・Cleasky・りるきゃん ~3 little candy~)

「アライブファクター」でセンターステージからメインステージに戻ったD/Zealの下に
他メンバーが集う形で(ゲスト以外の)全員が揃い、披露されたのはこちらでした。
地方公演に続いてまたも、という感も全く拭えませんでしたが、
この19人で、というのは最初で最後のはずで、その意味では一期一会のステージとして、
この場での披露もまた噛みしめることはできた
と思います。


27.UNION‼
(トゥインクルリズム・閃光☆HANABI団・D/Zeal・Jelly PoP Beans・Cleasky・りるきゃん ~3 little candy~)

確かにここまで26曲あったとはいえ、「再演」の名のもとに、本当に地方公演ママ、
というものが大半だったこともあり、体感的に非常に短く、だからこそMachicoさんの
「次が最後の曲です」(をやたらと勿体ぶって言う)、というのが心の底から
信じられなかったのですが、その半信半疑どころか完全疑問状態の中で、
ライブタイトルにもあるエンディングらしい、この曲が披露されました。

アンコール前での披露となったことで、各ユニット衣装ママという形で地方公演とは異なり、
また3属性揃ってのこの曲、という事にもやはり意義はあるという事、
そしてもちろん曲自体の良さも含め、一旦のフィナーレとして、
疑問状態にある意味での答えを与えてくれた
と感じられました。


アンコール

「最後の曲」が終わって挨拶もなくメンバーが捌けてアンコール、
そしてライブ映像を早速一部映像として披露、というのは地方公演とやはり同じで、
ここで社長が登場、というのは地方公演ラストの福岡と同じでした。
そこから誰得プロレスコラボ紹介映像から始まるのも地方公演と同じでしたが、
当然そこからの新情報は別物。ミリシタへのキラメキラリの実装発表、
MV披露がライブのどの曲よりも盛り上がったようにすら感じられたのはどうなの、
というのもありましたが、それを含めても新情報のインパクトは全体的に弱く、
2日目に期待、という形になりました。


E1.Flyers!!!
(トゥインクルリズム・閃光☆HANABI団・D/Zeal・Jelly PoP Beans・Cleasky・りるきゃん ~3 little candy~)

アンコール開け、ついに満を持して、この曲が披露されることとなりました。
「ルミエール・パピヨン」を身に纏ったメンバーのうち、ミリシタ2周年イラストのセンターである
百合子役の伊藤さんを含む5人だけがセンターステージに登場してからのスタートで、
曲途中にメインステージのサイドから他メンバーが登場、という形でMVを再現し、
さらに伊藤さんが花道を走ってメインステージで両手ハイタッチ、という再現もあったことで、
あえて福岡での披露を避け、このSSAで周年ライブでの初披露、とまでした理由として
理解できましたし、この楽曲をフルに堪能することが出来たのは良かった
と思います。


MC

ここで最後の一人ずつの挨拶へ、となったのですが、
4thのようにゲストメンバーは登場せず、あくまでも正規出演者のみということになりました。
最終日があるとはいえツアー最終出演となったメンバーも多数いる中で、
涙らしい涙はほとんど見せずにスムーズに進行していった、
ということにある意味での成長を感じられましたが、その中で印象的な挨拶だったのは
普段の贔屓目を差し引いても大関さんだった、ということは確かでした。


E2.Thank You!
(トゥインクルリズム・閃光☆HANABI団・D/Zeal・Jelly PoP Beans・Cleasky・りるきゃん ~3 little candy~)

最後の最後は予想通りこの曲、となりました。
どれほど「全員曲」が増えようとも、ミリオンの代表曲はやはりこれであり、
2番でのフリータイムは花道も使って、ということでメインステージだけの時より幅広く楽しめる、
という事も含め、最後の最後にしっかりと楽しめるステージをしっかりと魅せてくれたと思います。
ただ、その中で、ゲスト出演者がダンサーたちと共に一礼での挨拶で登場、
という形になったのは、直前でのMCで挨拶がなかったとはいえ、驚きもありました、


閉幕

最後の曲が終わったことで、今度こそ閉幕に。
新情報はすでに発表済み、ということで、特に何が語られるわけでもなく、
美咲の案内で1日目は終了、となりました。


2日目に続きます。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック