ミリオン6thライブツアー総括 後編

kage

2019/10/02 (Wed)

「ミリオン6thライブツアー」とは何だったのか

3rdライブツアー以来、3年ぶりとなったミリオンのツアー。
「属性別」「ユニット推し」「テレビ番組というテーマ」という設定による事前の不安は、
見事に全て実際の不満につながった
、ということである意味衝撃的なものでした。

「属性別」というだけでもライブの幅を狭めることになる上に、
「ユニット推し」は更にそれを強固にし、結果としてセトリの柔軟性はなくなり、
地方2公演+SSA1公演の計3公演合わせてもソロは一人1曲のみになる惨状に。

「テレビ番組」というテーマはユニット毎に美咲がモニターに登場することで
ライブのテンポを激しく損ね、立ったり座ったりが忙しくなると同時に、
テンションの維持も難しくする、ということで百害あって一利なしでした。

765歩譲って個性の異なるユニット毎のパートを繋げるために、
その「間」、モニター映像が必要だった、という擁護を認識することはできますが、
じゃあユニット推しなんてやめろよ、と言うだけで終わる話でもあります。

もちろん、そのユニット推しというのはグッズ販売等もしやすい、ということは
物販の項目で理解もできる、とはしましたが、結局のところライブの満足度を損ねる、
というのでは手段と目的が逆になっていると言っても差し支えない
でしょう。

それも含めて「商業的に成功」すればいい、というのがバンナムの結局の答え、
ということかもしれませんが、だったら速攻で売り切れるグッズの在庫をきちんと確保しろよ、
としかいいようがなく、やることなすこと全てがチグハグにしか思えません。

ライブ内容に話を戻すと、結局テレビ番組というテーマを活かせていたのは、
全体のトップバッター、そしてオオトリともなったピコピコプラネッツが「幼児向け番組」を
表現していたことくらいで、ミュージカルや朗読劇、人形劇、祭り、ファッションショーと
いったものもテレビとは無関係と言えますし、アンドロイドなんかは意味不明なレベル
です。

全て「音楽番組」として括ろうと思えばもちろんそうできますが、
そんなことは全ての音楽ライブで当然できてしまうもので、全く意味はありません。

そもそも全12ユニット中6ユニットは5thで披露済みだった、という事実も踏まえ、
たとえその6ユニットがB面曲を披露していないという事実もあったとしても、
SSAでのゲストの扱いも踏まえ、「やっていない曲をやる」「ノルマ消化」という意味が
全体の構成バランス以上に優先されたようにしか思えない、というのが
非常に残念で、このツアーの決定的な欠陥だった
と断言せざるをえません。

セトリ全体の粗、例えば地方公演で前半パートが両日同じ、ソロは両日で1回、
という構成も、声優的には2日連続出演が初めてだったメンバーもいる、という負担も
踏まえれば仕方ないという声もありますが、そんなことは1stや2ndでクリアしている
メンバーも複数いる中で、逆に失礼な配慮という事だってできてしまいます


観客側としては全公演参加できるとは限らないからSSA含めて同じ構成でもいい、
という声もなくはないですが、LVが充実している現状、アイマスライブは両日参加どころか
ツアー全通が前提にすら近い事を踏まえれば、的外れな擁護としか言いようがありません

BD全公演発売やDVの実施など、アフターフォローも必要以上に徹底しているわけですしね。

また、モニターの無駄な映像については今更述べるまでもない重大な欠陥としても、
地方公演でカバーを2曲担当したユニットとそれ以外のユニットの差、
そしてSSAでのカバー曲差し替えの有無の差、という問題も結局理由は不明で、
ピコピコプラネッツをオオトリに持ってきた人類史上最悪の采配も含め、
「サプライズゲスト」を最低の使い方で浪費し、最低のライブをつくりあげた
かの4thライブさえも凌ぐ、「ミリオン史上最低の周年ライブ」となってしまったとさえ言えます。

各地方公演、そしてこのSSAで「39人フル出演」を実質2回叶えることができた、
その奇跡的な状況をこうして無駄にしてしまった、というのはあまりにも無残すぎます。

メンバー絞りに定評があった無能ディレクターが去り、「基本的には全員出演」が
叶うようになったとはいえ、種田さんや小笠原さんのような理由もあれば
(実際には小笠原さんは何も欠場はしていませんが)、斉藤さんの理由もあり、
今後も同じように39人出演が叶うとは全く限らない、というよりもその可能性の方が低い、
という現実をどこまで理解してこのザマとなってしまったのか
、本気で理解に苦しみます。

まぁ765ASにおいても本人たちのやる気があることを認知しながら、
加齢し続けて具体的なライブパフォーマンスに明らかに影響が出る領域になりつつある、
という現実を理解できていないのか、する気もないのか、何もやらずに放置しているのが
アイマス大本営なので、ミリオンにおいても何も理解しないし、できないのでしょう。

その全てが演出家であるJUNGO氏一人のせい、だとは言いませんが、
映画の監督同様に「最高責任者」なのがライブの演出家のはずで、このようなザマを続ける以上、
彼が降板するまでは彼に批判が集中するのも当然だし、必然
だとも思えます。
もちろん、そんな人物を起用し続けるバンナム自体が大問題なのは言うまでもありません。

ライブがダメならゲーム他で…と思いたくともそれすら厳しい、としてしまったのが
今回の6thライブでもあり、そのことがミリオン自体の未来を暗くしてしまっているのです。


曇りしかない空へ Fly high!!!

「ミリオン史上最低のライブ」であった4thも、ミリシタという明るい未来を最後に見せたことで、
ライブ前から漂っていた閉塞感、ライブ自体に感じた不満感は吹き飛び、
「終わり良ければ総て良し」ではないですが、気持ちは前向きになれました。

しかし今回は、ライブ自体が4th並み、あるいはそれ以上に酷い有様となり、
明るい未来さえも提示されなかった、ということで、状況は非常に悪いと言えてしまいます。

もちろんそれは、ミリシタが安定軌道に入っているから、ということもあり、
これまで実質封じていたASの扱いを解禁し、AS曲の随時追加、ソロ曲の追加、
新ユニットの登場、という形でこれまでとは違う展開もできていると言えばできています。

今回の発表でもあった玲音の登場は「ゲストコミュ」という新枠によるもので、
その枠にこれからまた新たなゲストが、となるのは確実で、そこにも期待は持てます。

そして39人同時ステージ、というのは当然一つの大きな期待であったわけで、
それが現実的に見えている、というのはもちろん前向きな話と言えます。

しかしながら、結局一つのプラットフォームに集中した話にしかなっておらず、
それを基盤、「ホーム」としてCD発売なども含めて多角展開している、とは言っても、
そのホームから足を延ばさなければ、現実問題として、新規層の獲得を含めた
タイトル自体の拡大、成長に直結するのは難しいというのが事実でしょう。
そもそもミリシタはゲームとして面白いとは全く言えないのですから。

>このツアーに限らず、あらゆる意味で常に何かしらの枷をつけられていたかのような
>歴史を刻んできたのがこのミリオンライブと言っても過言ではないと思いますが、
>だからこそ、それを乗り越えてきた先の物語を観たいと、そうも思えるのです。

>強く地面を蹴って長く助走をとった結果、たどり着いた、叶えた「夢」とは何か。
>その答えが見える公演になることを祈り、挑みます。

これは私がSSA公演前に「展望」の記事で書いた内容になりますが、
残念ながら「先の物語」「夢」は見えない、それがこのツアーの結末でした。
「Flyers!!!」で飛び出した空には雲しかなく、前は何も見えなかったのです。

それでも、その曇り空の中を39人ならば羽ばたき、光指す場所へたどり着ける、
そう感じられたのは、数多の制限によって縛られた今回のツアーでも
各ステージで、その素晴らしいパフォーマンスがあったからこそなのは言うまでもありません。
だからこそ、そんな39人を信じ、こんな運営体制であってもプロデュースを続けたい、
そう思えるのが、現在の私の心境で、スタンスになります。

現実が厳しければ厳しほど、運営が無能ならば無能なほど、
自分がプロデュースするアイドルをより輝かせたい、羽ばたかせたい、と思える事こそ
「アイマスのプロデューサー」ならではでもあり、ある意味神髄とも言えるわけで、
そう思えるという構造を生み出したこと自体がアイマスというコンテンツ最大の肝であり、
そうである以上、全てはバンナムの掌の上、というのが実際のところですが、
そんなことは10年以上前からわかっていて、分かった上で踊り続けているのです。

「アイマスは人生」、もちろん趣味というカテゴリーのなかであることは大前提ですが、
しかしそのカテゴリーの中で、笑い、泣き、怒り、悲しみ、苦しみ、喜び…そういった感情を
揺り動かされる、という事自体ができており、だからこそ「人生」とも言えるはずです。

曇りしかない空へ飛び出した39人と共に、そしてもちろん13人とも共に、
見えない未来へ突き進む、それが765プロのプロデューサーとして、
今私があるべき姿だと、そう思っています。

そう、何があろうとも、私が765のプロデューサーである、あり続けられる、
それができる源泉はまさにこうも言い換えられます。

永遠に続いてく情熱なんだ


関連記事

この記事へのコメント

kage

現時点での印象

レポートお疲れ様でした。初めて書き込みします。
私はもっぱらライブBDでアイマスを楽しんでいます。アニメは視聴しましたが、ゲームはやっていません。
2014SSA以降のBDは、全部ではありませんが、ほぼ蒐集しています。
今回のライブレポートを拝読して、ミリオン6thはSSA公演だけ購入すればいいと判断しました。
ミリオン6thツアーは、残念ながらシンデレラ5thツアーの劣化版という印象です。
JUNGO氏は、シンデレラでは及第点の仕事をしていると思いますが、ミリオンには合っていませんね。特に4th武道館は疑問符だらけでした。
どこかの掲示板にあった表現ですが、「ショーを見せるデレマス」と「歌を聴かせるミリマス」の違いでしょう。
極端な話、ミリオンのライブの演出は照明とシルエットだけで十分な気がします。
3rd幕張Day2のアライブファクターがその好例でした。
ピコピコとフェスタ・イルミネーションがトリだったのは、「泣けるバラードでライブを締める」という図式に挑戦したかったのかなと思います。
シンデレラでも似たようなことをしていましたので、彼の「思想」かもしれません。
もちろん、挑戦が成功したかどうかは別の話ですが。

ライブ自体はさておき、映像化商品として比較すると、ランティスよりもコロムビアの方が以下の点で勝っているというのが私の見解です。
・インターフェイスの使い勝手が良い。
・曲の始まりと終わりに曲名とキャストのテロップが出る。
・新情報発表のシーンも完全収録されている。
・ブックレットが充実している。
・特典映像にマルチアングルがある。
・オーディオコメンタリーの欠員がない。
この差が埋まる日は来るのでしょうか。

余談ですが、ミリオン7thはドーム公演だと予想していました。アニメ化もしないし、方向性がわからなくなってきました。
ひたすらライブで集客し続けるというなら、確かに演出を考え直すべき時ですね。
とはいえ、屋外なら、CG中心の演出は最初から大きな制約を課されているのではないかとも思います。

Posted at 23:21:24 2019/10/02 by 掛け持ちP

この記事へのコメント

kage

初コメントです。
まぁ一言で言えばしょうもないライブツアーでしたね。

タイプ別にメンバーを振り分けたのは良いとして、それでユニットをとことん推して深掘りできたかというと、そんなことは無くて、個性を打ち出せたユニットとそうでないユニットで明暗がくっきり分かれたという感じです。具体的には、夜想令嬢のミュージカルは印象的でしたが他のユニットに関してはユニットパートやテレビ番組というコンセプトに当てはめる必要性を感じませんでした。MTGのA面とB面が毎回あるのは当然としても、MTGの大半の楽曲は初披露であるにも関わらずユニットパートに当てはめるだけで魅せ方がワンパターン化していましたし…。

また、地方公演のユニットパートでは美咲が司会進行を担当していましたが、結局ユニットパートが終わった後のMCや最後の挨拶ではこれまでどおり演者が司会進行をしていましたし、どこからどこまでが「オンエア中」なんだよと思ってしまいました。じゃあ最初から最後まで演者による司会進行でいいじゃん、となるわけです。
SSAではほぼ全編美咲による司会進行だったため余計にテンポが悪くなっていてテレビの存在意義が全く無かったですね。司会進行の尺をライブパフォーマンスに使えばより多くの楽曲を披露できたのに残念です。

もちろん演者の皆さんは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思いますが、それ以上に無駄な演出やウケやサプライズばかり目に付いてしまい、演者のパフォーマンスの記憶が上書きされていったのがとても辛いです。
ライブにおいて主役は演者や楽曲であると個人的には思っていて、6thは「脇役」であるところの演出がかなり出しゃばってきていて鬱陶しいと思いました。SSAのフェスタ・イルミネーションはその最たる例で、ウケを狙う前にまず土台であるセットリストをしっかり作れよと思うわけです。

下手な例えですけど、ストレートすらまともに投げない(投げれない)のに変化球ばかり投げるという感じで、ライブにおける主役と脇役の関係が逆転していてとても残念でした。

Posted at 02:21:47 2019/10/03 by

この記事へのコメント

kage

Re: 現時点での印象

掛け持ちPさん

BD購入について全部購入ではなくて絞る場合、何を優先するか次第だと思いますが、
ソロが必須でもない限りは確かにSSAだけでいいと思いますよ。

演出についてはシンデレラのほうが肯定的な声が多いようですね。
もちろん少なからずの批判もあるようですが。

結局「過度な演出」ありきでしか何もできないらしいので、
そこが全くミリオンとは合っていない、というのが致命的が問題ですね。

BDは私は最近はランティスのモノしか買っていませんが、
9thやミリオン1stが相当酷かったのに比べるとマシになっているとは思います。
が、それでもコロムビアのほうが良さそうですね。そこは素直に羨ましいです。

7thの屋外という環境と過剰演出、果たしてどうなるのでしょうかね。

Posted at 22:30:46 2019/10/03 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

2番目のコメントの方

テーマありきでライブを組んでおきながら、
そのテーマさえも途中放棄、という無茶苦茶をやったのがこのライブツアーですからね。
テレビ番組って本当に何の意味があったのか、全く意味不明です。

キャラありき、声優ありき、楽曲ありきではなく、テーマありきでしかライブを作れない、
という時点で主役と脇役の逆転になるのは必然で、
彼からすると声優も楽曲も自分の作りたいライブのための材料意外何物でもないんでしょう。

ちょうど本日のミリラジでも彼のゲームに対する愛着、それ以前に下手したら知識のなさ、
というのが明示されましたが、そりゃそんな人間がまともなものを作れるわけないんですよね。

こんな人間を起用し続けるバンナムが本当におかしいとしか思えません。

Posted at 22:36:56 2019/10/03 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

レポートお疲れさまでした。
いちいち頷きながら拝読させていただきました。

先刻のミリラジを聴きましたが、Flyers!!!のハイタッチという誰がどう考えてもキモである部分を、センターステージと花道まで用意したくせに外してくるというのは理解の範疇を超えていますね。
そういう大事なところを守る発信をしたのが演者だというのもライブ運営の体制はどうなっているんだと思います。
仮に演出家氏がトンチキなアイディアを出したとしても、その他の人がまともであれば却下されるはずであり、演者のところに行くまで修正されないということはライブの首脳陣全体がトンチキであるということで絶望感が深くなります。

独善的な物言いになるのは承知で書きますが、6thライブツアーを見て感じたのは「これ作ってる人そんなにアイマス好きじゃないでしょ」ということでした。
Flyers!!!のハイタッチという誰でもわかるようなツボを外してくるという情報を聴いて益々その思いを深めました。
好きじゃないならせめて余計な味付けをしないで出して欲しいんですけどね。

Posted at 01:06:36 2019/10/04 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメントの方

ミリラジでの暴露には驚かされましたね。
数少ない評価できる演出、というかこれは「やって当たり前」レベルの話ですが、
それすら声優発案なのだから本当に驚きです。

演出家個人の問題は言うに及ずですが、やはり根本的にバンナムの体制が明らかにおかしい、
というのもあるはずで、本当にどうなってるんでしょうね。

Posted at 00:10:17 2019/10/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

レポート拝読しました。

詳細なライブレポートありがとうございます。
拝読させていただき頷く点が多いのが悲しいです。

私はミリオンもシンデレラもどちらも好きなのですが、諸先輩がたも書かれているように、シンデレラは定期的に新人を追加してフレッシュなショー的なものを志向しており、cygamesの特別協賛で豪華なセットを組んでいる事で、JUNGO氏の余計な演出にも一定の効果があるのだと思っています。

ただ、ミリオンは比較的セットが質素なのですが、それでも同じ様な演出なので両方観ると余計に悪目立ちしていると思います。
シンデレラでは実現出来ない39人のキャストが揃うという最大の強みを全く生かしていません…

武道館公演の最後に、病気の種田さん以外の全員が揃いthank youを歌った時は、今後に大きな期待を持ったのですが…

Posted at 09:52:24 2019/10/05 by ろぜ

この記事へのコメント

kage

アイマス好きじゃない人というか、純粋に政治の上手い人が甘い汁啜りに集まった結果なんだろうなという印象ですね。「(楽にたくさん稼げるから)アイマスが好き」って人
内製でやってて他社関係に迷惑かける度合いが極端に低くて(9.18みたいなゲーム内容などに踏み込んだ爆弾投げない限りは)何やっても盛り上がって成功的な雰囲気をメイン層が出してくれるネームバリューはとても大きな仕事っていう「コネに使ってください」と言わんばかりの美味しい物件ですから
演出に限らずゲーム制作まで含めて、実際に現場で手を動かして作業する方々以外は(貴族みたいに言われるイメージの側の)公務員のような夢の待遇に憧れて頑張って政治を学んだ方々を中心に構成されてるんじゃないかとゲスパーしてます
政治に強い無能が固まってるっていうことは将来的な改善が絶望的と言う結論に繋がるので正直考えたくないですが

Posted at 21:01:40 2019/10/06 by

この記事へのコメント

kage

Re: レポート拝読しました。

ろぜさん

ミリオンに豪華なセットなど不要、って事自体理解できていないのかもしれませんね。
あくまでも舞台は「劇場」で、その枠の中でパフォーマンスを魅せる、というのこそが醍醐味、
というか魅力のはずなのに、それがなくなってしまっているわけですし。

今回はあえて劇場という枠を飛び越えてテレビ番組を、というつもりだったのかもですが、
結局その設定を全く生かせていないわけで、全くの無駄設定に終わってしまいましたしね。

次は屋外ということでまた物理的に設定が異なりますが、本当にどうなるんでしょうね。

Posted at 22:11:01 2019/10/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

8番目のコメントの方

まさにゲーム業界においてよく言われる
「ゲーム好きでもない高学歴ばかりを集めた結果つまらないゲームしか作れなくなった」
っていう話に似てるのかもしれませんね。

あくまでもビジネスなのは、それは大前提としては理解できますが、
大本営が「エンターテインメント」なんて社名につけているくらいなのだから、
エンターテインメントを理解し、実行できる人間にモノづくりをしてもらいたいものですね。

裏方のはずの演出家がなぜか生放送にしゃしゃり出てデカいツラしている時点で、
自分ありきで、アイマスというタイトル自体名前を売るための踏み台にしか思っていないんでしょう。

Posted at 22:16:49 2019/10/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

別に運営擁護をする訳ではないですが「周年イベント⁼音楽ライブ」である必要性自体は無いんですよね。
なので周年イベントがトークのみで終わったとしても、運営側からすれば別に文句を言われる筋合い自体はないんですよね。
とはいえミリオンが音楽ライブありきで作ったゲームなので、歌メインに据えるイベントをPが求めているのは必然ですが。

6thに関して言えば「周年ライブ⁼音楽ライブ ではない」という物にできる内容ではなかったという代物だったと思います。
たとえ「ノルマ消化」だとか「カバーなんていらない」という意見があったとしても、それを超えるものがあればいいんです。
ツアーの属性別・ユニット別も「ライブの幅や柔軟性を狭める」と仰いますが、逆を言えば濃いものや新発見をを作れる要素でもあります。

しかし結果を見ると、こだわりや新しい試みや攻めの部分、「なるほど」と思わせる部分はあったものの、細かい配慮がなくミリシタありきで、演出やコンセプトに溺れた印象です。
何より前半部分はまだいいとして、後半部分はライブイベントへの配慮という蛇足感にあり、ソロに関してはいっそ無い方がよかったとすら思っています。
「新しい試みだから」と許される時期はもう過ぎているので、もうちょっと細かい部分の配慮が欲しかった、というのが本音です。

>裏方のはずの演出家がなぜか生放送にしゃしゃり出て
ここに関しては、元々アイマス関連の裏方(偉い人)は良くも悪くも表舞台に出る(出たがりな)方が多いので、彼だけを叩くのは少々酷かもしれないですね。
ゆくm@sみたいに裏方メインのニコ生位なら許してあげて、とは思います。
逆を言えばゆくm@s以外で出しゃばってウザイ人も結構多いんですが。
表舞台に出るなら自分の立ち位置と叩かれる覚悟をもう少し理解して欲しいですね。

Posted at 04:42:25 2019/10/09 by マミーゴ

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

マミーゴさん

確かにASの周年ライブを辞めてアイマス全体の周年生配信に切り替えた、
なんてことを実際やっていますし、周年イベント=ライブである義務はないですね。

とは言え現実問題としてミリオンに限らずアイマスは周年イベントで
音楽ライブが求められている、という事は確かにあるはずで、
それを中途半端に脱却しようとした意図がもし6thツアーにあったのなら、
それはそもそも根本的にズレている、と思えます。

周年ライブはきちんとやった上で、それとは別に声優によるショー的なものとして、
6thの半端なモノよりもっと冒険した企画演出でのイベントというのがあるのなら
それはそれでよいとは思うんですけどね。


誰も彼もがしゃしゃり出るのがアイマススタッフと言えばその通りですが、
とりわけ演出家が鼻につくのは、ビジュアルや言動の酷さは百歩譲って目を瞑っても、
彼の存在がアイマスにとってのプラスになったことは何もないからなんですよね。
彼がメイン演出になる前からアイマスは既に成熟していたわけで、
そこに後乗りしただけなのに必要以上に偉そうにしているから悪目立ちするんです。
元総合ディレクターでさえ"功罪"の"功"が全くなかったとは言えませんが、
演出家に限っては"罪"しかない、そう断言できてしまいますからね。本当に救えません。

Posted at 22:09:48 2019/10/10 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック