バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル ライブレポート 総括

kage

2019/10/27 (Sun)

さてバンナムフェスについてのレポートの最後も、
いつものように総括記事としたいと思います。


出演者

出演者については事前告知通りであり、サプライズゲストもありませんでした。
あえて言うのであれば、2日目の「UNION!!」にアイカツ枠出演だった木戸さんが参加、
ということくらい
ですが、誰も損しない、得しかしないサプライズと言って良かったでしょう。

今回の出演者、というか出演作品、アーティストの中で、
私としての主目的は当然765AS、ミリオンスターズ、そしてシャイニーカラーズだったわけで、
そのパフォーマンスがしっかり観られたということだけでも目的は果たせたというか、
十分と言えば十分なものだったわけですが、それ以外にも西川貴教さんやELT、
FLOW、桃井はるこさんといった面々は、こうしたフェスでもないと私は観る事もないので、
それをこの機会にきちんと観られた、ということで非常に意義や価値があったと思えます。

また、その中でダークホースというわけでもないですが、事前にそれほど意識していなかった
出演者の中では玉置成実さんのパフォーマンスが最も印象に残る事となりました


「アイマスに近い」という意味ではラブライブやアイカツのほうが当然近いはずなのですが、
それ程近すぎもせず、かつ女性ボーカルでダンサブルなパフォーマンスを、
という意味では遠すぎもしない、実質ただ一人の該当出演者でもあり、
それもあって特に印象に残りやすい状況であったのは確かだと思います。
とは言えもちろん印象に残ったのは彼女自身のパフォーマンス力あってなのは言うまでもなく、
相対的にアイマス色の薄い1日目においては特にインパクトを与えてくれたと思います。

だからと言ってファンになります、なんてことはないのですが、
この機会に普段とは違うモノが観られた、知れたのはやはり有意義だったのは間違いありません。


構成・演出

「どう組んでも余程酷い有様にならない限りは不問」と事前にはしていましたが、
残念ながら1日目のSideM優遇は「余程酷い有様」に該当するレベルであり、
理解に苦しむ、という以外の表現のしようもないものだった
と言わざるを得ません。

速報記事にも書きましたが「バンナムの社運を賭けたタイトル」くらいの扱いでないと、
トップもトリも、なんて構成はないはずで、西川さんとの意味不明なコラボも含め、
わざとアンチを増やすためにやっているという捉え方すらできるレベルにさえ思えました。
現実的にはもちろんそんなことはないはずなのですが、残念ながら私としては
マイナス方向にしか印象は向かなかった、というのが正直なところです。

そのSideMの問題をさておけば、1日目はアーティスト毎に必要以上に混ぜずに並べた、
というのは当然と言えば当然で、それでいて「アイマス」「テイルズ」「ガンダム」を
それぞれ固める、ともしなかったのはバランスという意味でも良かったとは思います。

2日目については「アイドルフェス」と銘打って「混ぜる」と宣言したものの、
実際混ざったのはアイマスだけで、アイカツは前後半に2ブロック、
ラブライブは中盤に1ブロックに固められる、という構成にはなりましたが、
それでも全体のバランスは良く、アイマスの各ブロックもテーマが分かりやすく、
無理のない配置になっていたのはフェスという形式の中で見事だった
とも思えます。

また、演出という意味では、モニターの使い方がどうなるか危惧していましたが、
1日目はセンターモニターにゲーム/アニメの映像をに1番だけ映すことで、
こうした作品を超えたフェスの中での「作品紹介」の役割をきちんと果たしつつ、
2番はサイドモニターと同じで、アーティストをきちんと映していた、という使い方が多く、
東京ドームという大舞台では妥当というか、当然の使い方
になっていてホッとしました。
もっとも、西川さんのときは3面アニメだった時間も多かったなど、
全く不可解な点がなかったと言えば嘘になりますが…。

そして2日目は1日目同様、という形式がベースになりつつも、
2番はセンターモニターに無駄な派手画像を置きっぱなし、という楽曲も複数あり、
実質アイマスがメインの2日目に無能演出家が我慢しきれずに自己顕示欲を暴発させた、
としか思えない状態になっていたのは非常に残念
でした。

もっとも、その無駄映像最大の被害者はアイマスではなくラブライブで、
せっかくのパフォーマンスをモニターにきちんと映さない、という狂気の采配の被害者と
なったのは哀れみすら感じましたが、無能演出家が無駄に張り切りでもしたのでしょうかね。

前述の通り、全体の構成として1日目のSideMを除けばよかったとは思いますが、
しかしながら、2日目は「アイドルフェス」どころか実質「アイマスフェス」であり、
MCの二人からしてそうですが、アイマスをホストとしてラブライブとアイカツはゲスト、
という扱いで、アイマス4タイトルの作品紹介、自己紹介もなかった、というのは
さすがにどうなんだ、と言わざるをえませんでした。

「みんな知ってるでしょ」的な雰囲気があり、事実その通りなのかもしれませんが、
便宜上はあくまでも「バンナムフェス」、踏み込んでも「アイドルフェス」なのだから、
必要最低限やるべきことはきちんとやれよ
と、そう思えました。

と全く問題がなかったという事は決してなかった構成・演出ですが、
それでも全体としては十分に満足できるものとなったのは素直に良かったと思います。


アソビきれない2日間で。

ライブ前の展望記事において、新情報発表については
>まぁ何もない、と思っていてあったらあったで、くらいに構えておいたほうが良いでしょう。
と書いており、少なくともアイマスにおいてはその通りだったわけですが、
それ以外のタイトル、アーティストについては僅かですが新情報はありました。

いずれも私には特に関係のない話ではありますが、
フェスという様々な(実際には偏っていると思いますが)客層がいる場所での告知、
というのは意義があるはずで、アイマスも既報でもいいので何か出しても、とは思えましたが、
そんなものは何もなく、この意味でも「ホスト」的な立場を貫いてしまったように感じました。

その状況で最後の最後、このバンナムフェス自体の新情報として
「2020年も東京ドームで開催」と発表されたのが最大の情報となったわけです。

事前には「広すぎるのでは」「埋まらないのでは」とすら思えた東京ドームというキャパも、
蓋を開けてみればしっかり埋まったため、次回もまた東京ドームというのは妥当なはずですが、
もちろんそれは参加作品による、というのもまた確かでしょう。「フェス」なわけですしね。

そう、来年やると決まっても、私も絶対参加したい、と今この場で断言はできないのですが、
とはいうものの、アイマスが全く参加しない可能性というのはゼロに限りなく近いはずで、
私の目的となりうる3タイトルに限っても、1つも出ないということも現実的でなく、
再びこのフェスに参加することになるのは濃厚、と思っています。
もちろんチケットが取れなければ何も始まりませんが、
その意味でも東京ドームというキャパは安心のはずです、多分。

実際、今回とどう出演者や構成を変えてくるのか、というのが最大の問題でしょうが、
例えばラブライブが今回のアイマスのようなホスト役、という可能性があったり、
ドラゴンボールやONE PIECEのようなタイトルも出そうと思えば出せるはず、
というのもあったりで、やりようはいくらでもあるとは思えます。

それが実際どうなるかは続報が出るまでもちろんわかりませんが、
来年とは言え年明け早々なんてこともないでしょうし、気長に待つべきでしょう。

また、今回アイマスの新情報はなかった、というのは確かなのですが、
「あのセリフ」をあえて封じたことで、事実上の「近い将来の東京ドームでのライブ」を
宣言したにも等しく、それが果たしていつどのように、というのもポイントになります。

「15周年は2年掛けて祝う」という意味不明な宣言も飛び出しているのが現状ですが、
これはつまり「15周年ライブ」の開催時期に余裕を持たせている、ととれるはずで、
それを踏まえて、迷惑でしかない「東京五輪問題」、そして「バンナムフェス2020」との
兼ね合いをどうクリアし、いつどのように開催されるのか、発表を待つしかないでしょう。

会場の問題もそうですが、時期に余裕を持たせた以上、出演者として「13人揃い踏み」を、
とはどうしても期待してしまいますが、現実的に簡単な話ではない、というのは覚悟しています。

…と、どうやっても話はアイマスに傾いてしまう、というのは私としては当然なのですが、
話をバンナムフェスに戻すと、どうなることやらと思っていたイベントながら、
蓋を開けてみると普通に楽しめて、普通に満足できる、素晴らしいものだったと思います。

「アソビきれない2日間」と言いつつ「アソビ」って結局ライブを観戦するだけじゃん、
という話でしかないのですが、そのようなツッコミが野暮に感じられる程度には、
「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」という社名を掛けたイベントとして、
十分なものが提供された、そう言っていいでしょう。

SideMの問題や、演出家がアイマスを超えてバンナム自体を掌握したかのように起用された、
という重大かつ異常な事案も発生したのも確かですが、「それがバンナムクオリティ」とも
言えるわけで、その意味でも「社名を掛けた通り」でもあると言っていいでしょう。

つまりは、良くも悪くも「バンナムフェス」、その名に恥じないイベントだったわけで、
それをダイレクトに感じられた、という意味でも良かったと言えるかもしれません。

そうした皮肉はさておき、トータルでは素直に楽しいイベントだったと断言できますし、
来年どう構成や出演者が変わろうとも、同じように楽しめるものとなる、
ということを今は期待して待つ、それだけになります。

もちろんただボーっと待つだけではなく、その間にプロデュースすべきアイドル達が
すぐそこにいる、ということには何も変わりはないわけですしね。


関連記事

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 21:46:11 2019/10/28 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コピペミスはその通りですね。修正いたします。

1日目と2日目のコラボじゃ全く意味が違うのはわざわざ書かなくとも
わかるはずなのでわざわざ書かなかったのですが、
「DRAMATIC NONFICTION」という曲は西川さんが作曲や作詞でもしたのでしょうか?

印象に残った曲については書ける範囲で書いていますが、
そもそもライブに参加して「あの曲は印象的だった」と漫然と思う事は普通じゃないでしょうか。
「あの歌詞が、あのダンスが、あの歌い方が」もあるとは思いますが、それだけじゃないでしょう。

ラブライブの演出が、モニターをアニメですらない映像で潰すのが基本、
というのならばアイマスと悪い意味で同じ、ということになるわけですが、
どうあれこの東京ドームという大舞台でのバンナムフェスで採用したのがJUNGO氏であるのならば同じですよね。

わざわざ事前にも事後にも自分が演出したと喧伝している以上、
本当にラブライブだけは違う人が担当したとしても、その人が堂々と表に出てこない限り、
彼に責任があると捉えるのは当然で、それがわざわざ名前どころか顔まで出してしゃしゃり出ている
裏方のはずの人間の責任の持ち方のはずです。


別にツッコミも質問もするなとは言いませんが、もう少し建設的なご意見をいただけると嬉しいです。

Posted at 22:42:46 2019/10/28 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

なんで初日あんな極端な構成にしたんだろね
アイマス総体としてああいうことするならまぁ分かるけど、2日目は各チームがそれぞれの曲数守ってやれてる
エムだけ訳わかんない曲数やってるのは控えめに見ても優遇というか謎ではある
そんなに初日2日目で客層変わらないだろうから基本男性優位だし、エムをメインにしてる人は過半数を超えないだろうしね

Posted at 00:54:15 2019/10/29 by ななし

この記事へのコメント

kage

近い意見の人がいたようで...
トップバッターもトリもMの上、曲数は各コンテンツの倍以上、極め付けにはヤングのsidemの日発言、こちらは765ミリオンスターズのオリジナルメンバーを持ってこられたから彼女達を見にフェスに来たのに、こんな扱いをされるなら1日目は女性向けで固めてガールズは2日目だけでよかった...
アイマスシリーズのファン集めた上でMをゴリ押しして野郎混ぜた合同の反発を緩和したい意図はわかったけどあんな事されるとどんなにいいパフォーマンスしててもフェスとして萎えてしまう、その点2日目は若干のアイマス贔屓はあったものの各グループで曲数が均等だったので満足度は高かったですね
来年はガールズの日にだけ参加したいけど、どうせまた765ミリオンのオリジナルメンバーで釣ってM上げしそうですね...

Posted at 01:22:59 2019/10/29 by

この記事へのコメント

kage

私も今回はすごい楽しめました。
「DRAMATIC NONFICTION」ですが、あれは曲自体が「新しい一歩を踏み出す」、「不安や戸惑いを超えて嘘みたいなドラマティックな瞬間を作り出す」というメッセージがあって、恐れを超える挑戦の曲なんですよね~!

異例のコラボによってオレンジに染まったあの瞬間に、曲のメッセージ性そのものが深まって、実はすげえ熱いところがあるんですよ!
でも、みんなそんな事前知識ない方でもいっしょになって盛り上がってくれてすごくうれしかったです。分からない人には解説したりしてフックを生めますしね!

とまあ、言いましたけども! 「必要性」の観点からなら、「なぜこうなるのか」「どうしてあれがないのか」なんていっぱい付けれるようなところもあるんですよね。バランス、配置、挨拶、うんぬんかんぬん…

でもそんな「必要性」を追わずに、その空間、パフォーマンスを楽しませるといった名目でフェスはあり。結局みんなに「蓋を開けてみれば満足できる、素晴らしいものだった」という感動を提供した大正解なものでした。
あえて言えば問題点ともしようがなく。実際ギルキスだったりSideMだったり765だったりWelcome!!だったり!が非常に話題になって「触れてこなかった人にも」ポジティブな感動を波及させていて、ミリオン目当てで行った私ですが、頬が緩んだところがあります。

今度は紹介もやったり、もっと盛り上がれるように見せ方を工夫したりももちろん「課題点」と残すとして…
私は好きなジャンルと好きになるかもしれないジャンルの次のパフォーマンスに期待します!もう5,6回は行きたい。

SEED見ていたので1日目も「なんでここでこのシーン流すねん!」と楽しんだり、モニターも使いようによってはありですね~…!

Posted at 01:29:00 2019/10/29 by 沼が増えた人

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

ななしさん

SideMの優遇は本当に何だったんでしょうね。
バンナム社内の担当チームの政治力、とかのくだらない理由だとしたらむしろ納得できますが、
そうではなくて本当にこれがベストだと本気で思ってやってたのならどうしようもないですね。

Posted at 22:07:13 2019/10/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

4番目のコメントの方

SideMをこういう扱いにして本気で「SideM以外」が目的だった層に好意的に受け止められる、
と思っていたとしたら大問題ですが、本気で思ってそうなのがバンナムなんですよね。
今回のバンナムフェスは明らかにアイマス15周年ライブの予行練習的な意味合いもあったと思いますが、
果たしてこれを受けてどうするつもりなんでしょうね。

Posted at 22:11:06 2019/10/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

沼が増えた人さん

非常に楽しめたようで何よりでしたね。

多分バンナム的にはあなたのような感想の人が大半になることを見込んでいたんでしょうが、
実際のところはどうなんでしょうね。

アンケート結果とか決して公開されることはないでしょうが、ぜひローデータを見てみたいものです。

Posted at 22:14:08 2019/10/29 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

西川の兄貴、SideM、リコッタ、エタハモ、ギルキスなんかはフェス終了時にTwitterトレンドが急上昇して、話題になっていましたね
熱さやエモさにやられたり、パフォーマンスに圧倒されたといった風な感想や、興味を持った、あるいは興味を持った人がいたというエピソードなんかが伸びていたのが思い出されます。
(10月の19-21日間でトレンドワードのサーチをすれば生のままの声としてのTwitterの反響が渉猟可能みたいですので、傍証を求めるならオススメです)

現実に非よりも是が話題として席巻されていたところをみると…だいぶ熱くされてしまった人が多かったみたいで、こりゃ、パフォーマンスで納得させられた人がかなり多かったんだな、と。
トリプルデイさん自身も結論がトータルでは「楽しめた」であり、満足を受け取ってしまっていますしね…

炎上しない形で燃え上がらせたという功績は認めるとして。私としては言うことはあれです。
今度はトップバッターもトリも765が頂きたい!って本音ですね!!

すごかったけど、次はどんな陣営にも負けてないとこも見せてやりたいって気持ちがあります。今は。
そもそも単独ドームができれば、まったく問題がないわけで。目くじらだったりが立つこともないはずなわけです。

なので…まずはバンナムフェス2回目がどういった形になるか、注視することにします。
強いコンテンツがいっぱいだと思いますし、エースを堂々と担えることを証明した陣営もいますが、まだまた夢は終わらないわけですしね。
(こうした宿題や期待、希望や宿願を残すバンナムのやり方に、私たちはやっぱり見込み通り乗せられてしまってはいるのでしょうね…)

Posted at 01:12:12 2019/10/30 by 今度はうちらで連れて行くんだよ

この記事へのコメント

kage

今回は取り合えず自分の率直な気持ちが「(不満はあるけど)楽しかった」だったので、そう思えたことにホッとしています。
ミリオンの6thSSAは気に障ることがあり過ぎて、モヤモヤした気持ちを抑えながら「良かった探し」をしなければならない状態だったので……
アイマスの周年ライブではないので期待のハードルが高くなかったのもプラスに働いたかもしれませんが。

とはいえやはり、例えば「Tulip」でモニターに映っているMVと実際に歌っている声優の歌い分けが違うといった雑な演出は相変わらず散見されて辛かったです。
(MVはゲーム版で歌唱はM@ster版なので歌割りが違いました。)
こんなものは誰でも気付けるし簡単に合わせられるだろうに、それをしないというのはどういうことなのか理解が出来ません。

勘違いでなければ765ミリオンでも初日のエタハモとリコッタがCDと歌割りが違っていたように思います。
信頼できる作り手の仕事なら何かしら意図があるのだろうと解釈していたかもしれませんが、正直なところ例の人を始めとした今のアイマスライブ制作陣に対してそのような信頼感は持てないので、作品への愛もリスペクトもない人に無駄にいじくられた怒りが湧いてしまいました。
こうなってしまうと最早理屈だけでなく感情のレベルで普通なら気にならないようなことでも不快に感じてしまうので、どうしたものかと思っています。
文句を言っても(アンケは出しますが)例の人がいなくなるわけでもないので自分が折り合いをつけるしかないとは思うのですが……

Posted at 02:39:49 2019/10/30 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

今度はうちらで連れて行くんだよさん

Twitterで生の声が拾えるのは確かにその通りではあるのですが、
一程度、フォロワーの目を気にするとか何とかでネガティブな感想があってもそれは書かない、
という人たちもいるそうで、全てを拾えるわけでは決してないんですよね。
また、感情剥き出しというか、ダイレクト過ぎる表現に偏り過ぎるメディアなのも問題ではありますしね。

もちろん、逆にアンケートだと「言う事無いくらい満足」な声は拾えてなかったりするはずなので、
一長一短、というのが実態だと思います。

まぁ実際のところは当然、一般人にとってTwitterは見放題でもアンケート結果は全く見れない、
ということで選択の余地も何もないのですが。


765は一応2日目はトップもトリも、ではありましたが、1日目のSideMとは全く違いましたし、
そのおかげでヘイトを集めるようなこともなかったのは良かったのかな、とは思います。

もちろん単独ドームができるに越したことはないですが、現実的にはどうでしょうね…。
私としては現実的に期待するのは、「アイマス15周年ライブ」が合同東京ドームとなったとしても、
それとは別に、「765AS15周年ライブ」を単独で、ドームでなくともきちんとやって欲しい、ということです。

Posted at 22:00:13 2019/10/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

お疲れ様です

レポートお疲れ様でした。
このライブはBDになるのかどうかが気になります。
これだけ大掛かりにやった以上、BDを売らない手はないと思いますが、アイマスだけではないので、需要を読むのは難しいのでしょうか。
私としてはアイマス以外に興味はないのですが、リコッタとエタハモのそろい踏みは心惹かれるものがあります。
返す返すも、なぜハッチポッチでLTP、LTH、LTDのオリメンを実施しなかったのか、ですね。
765も結婚ラッシュですから、今後フルメンバーがそろうのは、それこそ20年後を待たないといけないかもしれません。
さすがに出演者の決定権はJUNGO氏よりも上のレベルにあると思いますが。
シンデレラガールズはユニット完全再現をいくつも実現しているのに、この違いは何なのか。

余談ですが、渡部恵子さんは、オーディオコメンタリーやニコ生で、「初期に出番が少なかったことへのルサンチマン」を度々吐露しているように感じます。
TA、TB、TCで桃子だけが3連勝を飾ったのは、渡部さんの思いをくみ取った桃子Pが高い士気を維持しているためでしょうか。

Posted at 22:10:53 2019/10/31 by 掛け持ちP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

10番目のコメントの方

>モヤモヤした気持ちを抑えながら「良かった探し」をしなければならない状態
>アイマスの周年ライブではないので期待のハードルが高くなかったのもプラスに働いたかもしれませんが。
これは私もその通りです。6thについてはこの散々ブログで書いた通りですが、
そもそもそれは「周年ライブへの期待」が(未だに、という表現になってしまいますが)あるからで、
それがなかった今回のバンナムフェスはフラットに近い心境で臨めた、というのが大きいですね。

CDとの歌割の違いについては気づきませんでしたが、
本当に違ったとしても、意図があるとはとても思えませんね。

実際そう捉えざるを得ないことしかしていないのが無能演出家なわけですし、
些細なことが不快に思えてしまう環境を作った張本人には違いないでしょう。

本当にあと何回アンケートに書けば消えてくれるのか、と毎度思いますが、
今のところ全く効果なしですし、どうすればいいんでしょうね。

Posted at 22:13:38 2019/10/31 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: お疲れ様です

掛け持ちPさん

BD化は確かにどうなるんでしょうね。
通常はこうしたフェスはBD化しない印象ですが、
結局アイマスありきのイベントでもあったわけで、それを踏まえれば出す可能性もありそうですが…。

オリジナルメンバーを揃えないのは本当に理解に苦しみますが、
その癖ここに来てMTGだけは過剰な厚遇、ということで余計にそれ以前について引っかかりますね。

渡部恵子さんもまさにそうですが、
元総合ディレクターが異常なまでのメンバー選別をするのが大好きだったので、
その煽りを受けた結果揃えるタイミングを逸した、という感じでしょう。

逸しようがなんだろうが、とっくに旬が過ぎてようとも1度でいいから全部揃えてくれ、
とは思いますが、果たして今後その機会が来るのでしょうかね…。

Posted at 23:21:23 2019/11/01 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック