MASTER SPECIAL 01

kage

2013/10/14 (Mon)

姉妹コンビによる元気100%CD


THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01
(2009/02/04)
ゲーム・ミュージック、天海春香(中村繪里子) 他

商品詳細を見る


1.乙女よ大志を抱け!! 歌:天海春香
2.ゲンキトリッパー 歌:高槻やよい
3.トーク01
4.それが愛でしょう 歌:天天海春香
5.じゅもんをあげるよ 歌:高槻やよい
6.トーク02
7.Do-Dai(M@STER VERSION) 歌:高槻やよい
8.私はアイドル♡(SINGLE VERSION) 歌:天海春香
9.トーク03
10.i(REM@STER-A) 歌:天海春香高槻やよい
11.トーク04
12.L・O・B・M
 歌:高槻やよい天海春香
13.乙女よ大志を抱け!! オリジナル・カラオケ
14.ゲンキトリッパー オリジナル・カラオケ
15.ボーナス・トラック・トーク


二人一組のペアで構成される、MASTER SPECIALシリーズの正式な幕開けとなるこの01は、
MASTER ARTISTの01-02と同じ春香やよいのコンビ

それぞれの新曲が最初に挿入される構成となっており、春香は後にライブ等で定番となり、
自身の代表曲にもなる「乙女よ大志を抱け!!」を初披露。ストーリー性のあるガールズポップで、
春香にピッタリの世界観。このストーリーを伝える力、というのは春香の歌の特徴で、
ストレートにメッセージが届けてくれる、という意味で強いインパクトを感じさせてくれます。

やよいの新曲は「ゲンキトリッパー」。こちらも年齢相応と言えば年齢相応のガールズポップ
ですが、やよいのキャラクターを考えると、少し背伸びした感じも。しかしその背伸び感と
いうのがまた愛らしく、やよいの新たな魅力が見つけられる楽曲になっています。

トークパートでは、二人が「元気100%CD」を掲げ、元気を届けてくれようとしますが、
やよいに負けないように春香が無理してしまうというところから始まってしまいます。
さらには春香は「ガールズトーク」を展開しようとしますが、やよいにはあまり通じない模様…。

続いてのカバー曲パートでは、春香は「それが愛でしょう」を歌うわけですが、これもまた
メッセージ性の強い、スローなバラード系楽曲。春香が確かな「愛」を感じさせてくれます

やよいの「じゅもんをあげるよ」はYS・MAでカバーした「ふたりのもじぴったん」と同じ、
「もじぴったん」シリーズの楽曲のカバー。元気で明るい曲ではあるのですが、
なぜだかホロリとしてしまうような雰囲気もあり、歌詞が胸に響く楽曲に仕上がっています。

トークパートに戻ると、やよいが元気をすっかり失ってしまっているわけですが、それでも
春香に対するツッコミの鋭さは健在。結局お菓子を食べてやよいは復活するわけですが、
今度は春香がお菓子の作り間違いで落ち込むという展開になってしまいます。
しかし自家発電という荒技で華麗に復活。この辺が春香らしさですね。

次は既存曲パートで、今度はやよいが先手に。やよいの「Do-Dai」というのはやはり
圧倒的な破壊力
を誇り、聴いているだけで破顔してしまいそうになるほどです。

一方の春香の「私はアイドル♡」は披露。持ち歌でもありますし、「アイドル」そのものを歌う
この曲はやはり春香に相応しく感じ、非常に聴きやすく仕上がっています。

そしてそのまま二人でのデュオで「i」のREM@STER-Aバージョンを歌うことに。
サンバ風のアレンジで、このCDの元気な雰囲気を1曲であらわしたような楽曲となっています。

最後のトークでも春香はガールズトークを展開しようとしますが、それよりお菓子のほうが
大事なやよいには通用せず、さらには春香の行動のせいでやよいがまた落ち込んでしまうことに。
しかしファンからの手紙を見つけて復活。最後は綺麗にまとめてくれます。

そして最後の曲はこのMSシリーズの共通楽曲となる新曲、「L・O・B・M」。
歌詞自体に仕掛けのある面白い曲ですが、アイマス曲らしいアイマス曲であるのも確か。
デュオ毎に味付けが異なってきますが、ここが初出ということもあり、
この二人のデュオは非常にオーソドックスな形に仕上がっていて、楽しく聴くことができます。

個人用新曲2曲のオリジナル・カラオケを挟んだ最後には、ボーナストラックとしてトークが収録
されているわけですが、ボーナストラックとは言えないような大ボリュームとなっています。

内筒としてはファンからの質問に答える、というものなのですが、やよいに対抗心を見せる
春香が、このCDのジャケットの裏表を巡って対決形式にしてしまいます。
そんな中でも春香の理想のデートの誘われ方(セリフ)やよいの好きな男性のタイプなど、
ファンには必聴の質問&回答があり、さらには春香が男なら765プロの誰と付き合いたいか」
という興味深い質問までも。春香が765プロメンバーをどう見ているのか、が少しわかるもの
ではあるんですが、伊織に対するものなど、明らかな冗談も多く、全てが本音ではないでしょう。

そして対決の結果は、予想通りというかなんというか、いつも通りのオチになっていきます。


春香やよいのコンビということで、MAと全く同じであることは、新鮮味という意味では
物足りないのは確かです。とはいえ、それだけに二人のこの姉妹的な関係というのがより
掘り下げられ
、カップリングとしての深みをより増しているように感じさせます。

楽曲でみても、春香の代表曲である「乙女よ大志を抱け!!」の初登場、新鮮なやよい
「ゲンキトリッパー」、心に響くそれぞれのカバー、というような形で、新境地を開拓しています。

「元気100%」が掲げられたこのCD、春香やよいという明るくパワー溢れる二人が、
聴く者を間違いなく元気100%にしてくれるエネルギーを与えてくれます
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック