ミリシタ2019年もサンキュー生配信 新情報!

kage

2019/12/13 (Fri)

さて本日放送されたこちらの放送で新情報がドドンと出てきましたので、
いつものように書いておきたいと思います。


新イベント等々

毎回初っ端から発表される次回PSTイベントについてですが、
今回の出演者的に果たしてどのようなものが出てくるのか…と身構えていたら、
あずさ千早貴音のトリオによる「ARCANA」というユニットで、
楽曲「Fermata in Rapsodia」という、この3人らしくも年末実装らしくもある、
荘厳な雰囲気の賛美歌調の楽曲
でした。

Xsに続いてAS単独ユニット、ということで恐らくはあと2組もそのパターンで来るはず、
という予想もできることになり、リアルライブでの扱いを考えればこうなる、というのは
ある意味妥当でもあるとは思いますが、せっかくなのでLTDまでの混成路線でも良かった
とはやはり思えてしまいます。まぁAS単独展開そのものが失われた現状で、
この形でそれを補完している、という観方もできる
わけではありますが…。

また、ありそうでなかったトリオでもありますし、発表されたカードイラスト的にも
シナリオでかなり踏み込んだところまでいきそう、という意味でも期待したいところです。

そして続いて発表されたのが「39人ライブ」の実装についてです。
これは6thSSA公演で発表済みで、先日の「ベースシステムの更新」の理由でもあるはずですが、
期待した通り、突然実装、ではなくこの番組放送後の実装、となりました。
しかもメインコミュとして、であり、流石にこのクラスの大型実装はきちんとした形式で、
となったことには一安心というか、納得感が持てて良かった
です。

肝心の39人ステージ自体は、私のスマホではやや描写に粗が見えつつも、
全体的な動作には問題なし、という形で見られたので良かったのですが、
「歌い分け」も実装されたと言っても、ソロパートはごく一部、ほとんどが合唱、
という形で、そのありがたみが薄い、となってしまったのは残念でした。

39人はもちろん壮観ではあるのですが、しかし逆に多すぎて一人一人を捉えにくい、
という問題もあって、それこそかつてコンシューマで初めて13人ステージが
実現した時のような、そのような感動は感じられなかった
、というのが正直なところです。
なんなら人数が増えて一番感動したのは、2での「5人ステージ」でしたからね。

まぁこれは悪い意味で技術の進歩に慣れ過ぎた、という事だとは思いますし、
もちろんライブシーンの進化自体はこれからも続くはずですので、
そこに期待していきたいと思います。例えば、人数自体は減ったとしても、
「20人M@STERPIECE」はいずれ来る、と具体的に期待できますからね。

また、この39人ステージ実装に合わせ、「ロイヤル・スターレットも実装されました。
前回の周年ライブ衣装「パルフェ・ノワール」からどれくらいぶりだろう、という感じで、
衣装チケットも13枚残っており、最初に実装されたフェアリー全員分を一気に、
ともできたのですが、そうはせずに3枚だけ使い、順次3、3、4、と使用することにしました。
幸いにも衣装は重複もないですし、ドロップで入手するときの嬉しさもありますしね。

さらに続いて次回メインコミュで雪歩の「ALRIGHT*」が次回ガシャでのSSRと共に
発表されました。AS曲は予想しにくくなってきた、とは思っていましたが、
ここはド鉄板、本命曲で来ることになりました。アニメという強力なエピソードがあると、
やはりインパクト的にも強く、実装優先度が高くなっている感じなのでしょうかね。

更にさらに続いて、先日まで投票がされていたミリクロの発表もありました。
具体的な結果は以下の通り。

キュアワンピース
天海春香
如月千早
星井美希
菊地真
双海亜美
我那覇響
春日未来
最上静香
島原エレナ
野々原茜
望月杏奈
七尾百合子
北沢志保
大神環
永吉昴
ジュリア

フレッシュチャイナ
高槻やよい
水瀬伊織
秋月律子
伊吹翼
田中琴葉
佐竹美奈子
所恵美
徳川まつり
箱崎星梨花
高山紗代子
天空橋朋花
エミリー スチュアート
横山奈緒
宮尾美也
福田のり子
真壁瑞希
北上麗花
白石紬
桜守歌織

エレガントミズギ
双海真美
篠宮可憐

プリティウェイトレス
萩原雪歩
ロコ
松田亜利沙
高坂海美
中谷育
舞浜歩
木下ひなた
矢吹可奈
二階堂千鶴
周防桃子

セクシースパイ
四条貴音
三浦あずさ
馬場このみ
豊川風花
百瀬莉緒

ということで、投票の結果なので、バランスもへったくれもない人数構成となっています。
(ただ、こうして見ると「プリティウェイトレス」は雪歩以外赤黄系、
「セクシースパイ」は紫ピンク系で占められている、という事実も…)
まぁ全体的にはイメージ通りという感じですが、エレガントミズギはわずか二人、
ということで、これは番組内でも触れられていた通り、そもそも水着は全員分実装済み、
というのが大きく響いた結果なのではないかと思えます。

ただこれは予想できたはずで、例えばパジャマとかアマゾネスとか、
それらしいものは個人単位ならあるものの、全体としてはない衣装はほかに
いくらでもあったはずで、そうしておけばよかったのに、と思えるものでもあります。

といいつつ、特に「コレ」というのがなかった私は真美のエレガントミズギに
全票投入、とした
わけなんですけどね。実数も見えず、どう投票すべきか迷った結果、
キャラではなくて衣装が不遇、ということでミズギに入れた、というムーブになります。

いずれにせよ、具体的にどのようなデザインになるかは現時点では不明ですし、
今の制服シリーズのように、同じシリーズでもキャラによってデザインが異なる、
となるのかもわからないので、蓋を開けてみるまでのお楽しみになるでしょう。

さらに衣装という意味では、先日のレッスンウェア企画のゲーム内デザインの発表、
そして現在開催中の2.5周年ハーフアニバーサリーキャンペーン()の概要、
というか既報の組み合わせ+Twitterキャンペーンについての発表もありました。

そのキャンペーンでの特賞、「ミリオンドリーム賞」は100万円の範囲内で
当選者の願い事を叶える、という太っ腹企画も発表されましたが、所詮は一人、
当たるはずもなく…という企画に放送内で時間をかけすぎな感もありました。
まぁその後のバラエティコーナーに繋がる話でもあったからだとは思いますけどね。

さらに、年末の「ミリシタカウントダウン」を今年も配信、という事も発表されましたが、
昨年何をやったかも正直あまり覚えていません。「初星mix」の実装だったか…?
となると今年(来年)も何か楽曲の実装があるのか、しかし正月らしい既存曲は他には特になく…
まぁこれもまた蓋を開けてみてのお楽しみ、ですね。


その他諸々

ミリシタ内以外の話としてもいくつか発表がありました。

まずは年明けの感謝祭に沼倉さんと長谷川さんの出演も決定、というもので、
こうなると余計に現地参加できないのは残念な限りなのですが、
なんとっ、ミリシタからだとVRゴーグルをつけることで会場最前列でのライブ体験ができる
という事も発表されました。こうなったら未所持であるVRゴーグルを買うべきなのか…。

さらにこのVRはミリシタカウントダウンでも使える、とのことで、
これも「ベースシステムの更新」によって実現できたのかどうかは不明ですが、
なんにしても新しい試み、可能性の拡張というのは望ましく、嬉しい限りです。

また、6thBDSSA公演のLIVE音源CDの収録楽曲や、「6thLIVE振り返り展示会」の詳細、
ココスとのコラボキャンペーン開催決定、「ミリオンライブマガジン Plus+」の第二弾発売決定、
と実に様々なものが発表されることとなりました。


と、ここまで長々と書いてきた通り、かなりボリューミーな情報量となりましたが、
あくまでもミリシタ内での既定路線の中での話であったり、
告知済みの話題の追加情報的なものばかり、というのもまた事実で、
目を惹く完全新情報、というようなものは特になかった、というのも確かです。

とはいうものの、それを出すべきなのは、それこそ年明けの感謝祭であり、
実質毎月恒例の生配信という枠組みの中では十分と言っていいでしょう。

「告知済みの話題の追加情報」と言える中でも最大級のはずの「7th出演者」が
その感謝祭なのか、はたまた「ゆくM@S くるM@S」なのか
は微妙なラインでしょうが、
もし後者なら前者により大きな発表も期待できる、となりますが、どうでしょうか。

6htライブツアーを経て「曇りしかない空」とミリオンの現状を評しましたが、
むしろ「狭い一本道」と表現できるような、そんな方向性にも見えてきた現状を打破する、
そういったものが出てくるのを期待するばかりです。

その前にまずは年内、「ARCANA」のイベントを中心にやるべきことはまだあるわけなので、
それを確実にこなし、年内業務を完了させないといけませんね。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック