リスアニ!LIVE 2020 2日目 レポート 前編

kage

2020/02/11 (Tue)

いつものようにライブレポートを書いていく…というのも今回のようなフェスイベントだと
中々難しいので、バンナムフェス以上にざっくりとまとめた感じで書く、
という事にとどめたい、というか書きようがないものとなります。
もちろん765ASのところは手厚くはなりますけどね。


開幕前

今回の会場である幕張メッセイベントホールはアイマス的には「いつもの」であり、
行きなれた会場ではあったのですが、物販の場所がいつもの「会場裏」的広場でなく、
「入り口前」の小さなテント、というところが大きく違う事
となりました。
一方、客層はいつものオタク、というところは全く違わない事でありました。

同日に幕張メッセで開催されていたワンダーフェスティバルにも興味のなかった私は
入場開始の少し前に会場に到着しましたが、その時点でも物販列は少しだけできていた、
というのはやはりレジ数が少なかったから…だったからなのかは不明ですが、
何にしても購入したかったのはパンフレットだけであり、それがちゃんと買えたのは良かったです。

物販購入が終わった後は入場するだけとなりましたが、その入場も本人確認はなく、
非常にスムーズなもの。手荷物検査はやや時間をかけていましたが、ザルな事は変わらず。

入場して肝心なのはもちろん座席ですが、私の席はWEB最速先行にもかかわらず、
スタンド3F席下手側後方、という中々に厳しい席

もちろんアリーナ後方に比べればマシなのは間違いないですし、
東京ドームライブなんかを経験すると、後方とは言え会場自体が狭い、と感じられ、
ステージまでの距離は近く感じる、というものではありました。

開演前にはモニターに各アーティストの宣伝的な映像も流れていましたが、
アイマスに関しては特になし。そうこうしているうちに、
開始定刻前にステージにはMCの青木佑磨氏が登場し、挨拶して開演、となりました。


1.スフィア
01.Miracle shooter
02.Sign
03.GENESIS ARIA
0.4MOON SIGNAL

トップバッターは声優界のビートルズことスフィア。
10年のキャリアがあるということもあってか私としても認知はしているユニットであり、
日高愛役の戸松遥さんが所属しているから、というわけでもないですが、
今回アイマスに次いでの注目ユニットという位置づけではありました。

干支にちなんでのネズミの耳のカチューシャをつけて、というコミカルなビジュアルでしたが、
パフォーマンスは正統派で力強く、10年声優ユニットのトップランナーを続けてきた
実力を感じられるようなもの
であり、トップバッターとして会場を一気に熱くしてくれました。


2.小倉唯
01. Destiny
02. Future Strike
03. ドキドキラビリンス
04. Baby Sweet Berry Love
05. I・LOVE・YOU!!

続いては声優アーティストとして事前に認知していた小倉唯さん。
可愛らしい声による隙の無いパフォーマンスでカッコイイ曲も可愛い曲も展開し、
完成度の高さというものを非常に強く感じさせてくれました


3.halca
01. キミの隣
02. サカナイトデイズ
03. 放課後のリバティ
04. one another
05. センチメンタルクライシス

お次のアニソン歌手であるhalcaさんは事前には全く認知していなかった出演者の一人。
パフォーマンスは非常にナチュラルというか爽やかさに溢れ、
気持ちの良いステージを展開してくれたと感じられました。


4.ReoNa
01. forget-me-not
02. 黄金の輝き
03. 虹の彼方に
04. Till the End

続いてのアニソン歌手であるReoNaさんも事前には全く認知していなかったのですが、
トークパートにおける独特のテンポと歌唱のギャップというのは非常に印象的でしたし、
他のアーティストとは違う独自の世界観を展開していたと思いました。


5.諸星すみれ
01. 真っ白
02. つむじかぜ
03. 初めての主役

アップカミングアーティストという枠での登場となった諸星さんは、
歌手としては新人でも声優としてのキャリアは長いということがあるからか、
私も名前だけは認知していましたが、ステージパフォーマンスを観るのは当然初。

初々しさと同時に逞しさも感じられるパフォーマンスであり、
「期待の新人」枠での起用に見事に応えるものとなっていたと感じられました。


後編に続きます。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック