シアターデイズ プレー雑感 その24

kage

2020/03/29 (Sun)

最近書いていなかったので書いておきます。


プレー状況

まずはいつものように現在の状況について。
プロデューサーレベルは334、劇場ファン数は228万超のSSランク超の売れっ子プロデューサー。

>LPは各属性1000の壁が厚く、つまりトータル4000も険しい
と前回の記事では書いていたのですが、オール、プリンセス、エンジェルで1000を突破、
トータル4000も突破し、フェアリーの1000も目の前
、というところまで来ています。

これが可能になったのは、自身の腕前が劇的に向上したから…ではなく、
以前のガシャ80連バグなどでSSRマスターピースが増えた事などが主要因であり、
さらについ先日の新イベントバグに対する過剰なまでの補填…はまだ使っていないので、
本日より開催されたミリオンフェスでの成果を踏まえて使用して全体強化し、
フェアリーの1000突破も、という算段ですが、果たしてどうなるでしょうか。
初日の本日、無料分+10連で早速春香が来てはくれましたが、
春香のSSR自体は3枚目、ということで素直には喜びきれず。
誰よりも、未だ未所持の真美亜利沙歌織のSSRが早く来て欲しいのですが…。

それにしても、せっかくの新イベント形式でいきなりのバグ、というのもそうですが、
その補填が明らかに過剰、というのはいかがなものなのでしょうか。
私自身、マスターピースは使わずともレッスンチケットは大量消費して、
該当カードのスキルレベルは全員上限まで上げた、というのはあったので、
その分が返ってきた+αまで貰えた、というのは助かった…と言いたいところですが、
そもそもスキルレベルを上げたこと自体、マイナスになった事でも何でもないわけで、
それに対しての補填、というのも意味不明に近いもの
ではあります。

結局これは、先日のガシャ80連バグに対するクレーム対応を踏まえ、
先手を打って過剰対応することでそれを封じ込めた
、というものになるのでしょう。

しかしそもそもこの80連バグの最終補填も、結果的には限られたガシャしか
80連できなかったバグ対象者より、フェス含め好きな時に80連できるチケットを貰った
非対象者の方が得をした、というオチになっており、ベストな対応でもありませんでした。

こうした少数であろうクレーマーの対応のために過剰な対応を行うことは、
コンテンツ自体の価値を下げることに繋がりかねない、としか思えないのですが、
これはミリシタ運営云々というより、昨今では社会全般的にその傾向があり、
それに準じているもの、と捉えるべき
なのでしょう。
まぁどう捉えても問題自体は変わらず、望ましい対応だとも思えないのですが。

話を今回の新イベント「プラチナツインステージ」に戻すと、
結局やることは音ゲーをプレーし続けるだけ、という意味で何も変わらなかったのですが、
ここについて抜本的な改良を期待するべきではないのでしょう。
それより、今回「765vs961」という明確なコンセプトがあったからできたこのイベント仕様、
これが今後活かされることはあるのか
、ということが気になるところではあります。

さらに、今回のイベント後から玲音と詩花もファン数や親愛度が対象となり、
彼女たち専用楽曲以外にも出演可能、更にその逆で専用楽曲に765アイドルが出演可能、
実質「53人目」「54人目」扱いになったことは非常に大きなポイントになります。

これにより「ふれあい」での親愛度分が無駄にならなくなる…というのは些細なことで、
今後通常のガシャとして登場する可能性もあるのでしょうし、
メインコミュ等にも平然と出てきそう、という話にもなってきます。

これを喜ばしい事と受け止めるべきか否かは微妙なところですが、
「トップオブトップ」を自称する玲音のファン人数が「1人」から始まったり、
そもそも忙しくて765シアターに来る暇なんてなかったのでは、という設定も破綻するなど、
もはや真面目に考えるだけ無駄、と思っておいたほうが良いのでしょう。

私としては、全員が今からファン人数43500越え、親愛度17500越えをしている
765アイドル達にこの二人を追いつかせる、なんてことは到底不可能なので、
5人編成のうち1枠を常時2人用に使い、この二人でのバランスだけは取る
というような育て方をしていく方針です。

前々から言っている通り、この「ゲスト」枠として次に登場する可能性が高いのは
876プロなわけですが、これまた「55人目~57人目」になりうる可能性も十分ある、
そう思えるような仕様変更
でもあり、今後のポイントにもなりそうです。


この先に向けて

目の前となっている4月の開催予定はいつものように告知されていて、
プラチナスターシアターは「Helloコンチェルト」であることがミリラジで、
プラチナスターツアーにやっと「TC03 孤島サスペンスホラー」が来ることも告知されました。

更にメインコミュのうち下旬追加の765ASのほうが亜美真美であることも以前に告知済み、
なわけですが、これが再び「デュオ曲」となるのか「ソロ曲」×2になりうるのか、
というのがポイントで、当然後者であることを期待
しますが、どうなるでしょうか。

告知の中ではコロナ問題でスケジュールに遅れが発生する可能性あり、
とも明言されているわけですが、これはもうどうにもならないでしょう。
リアルイベントだけでなく、ゲーム運営にすら影響を及ぼしかねない、
という現実は非常に厳しいですが、何を言ってもどうにもなりません。

とはいうものの、5月下旬開催の7thライブが屋外であったとしても厳しそう、
という雰囲気が漂い始めている
、というのはやっぱり厳しい現実で、
実際にそうなったらなかなか受け止め難い、というのもまた確かです。

幸いにもアイドルマスターというタイトルには15年という積み重ねの実績があり、
バンダイナムコエンターテインメントという企業は腐っても大企業である故、
アイマスというタイトル自体の存続に関わる、とまでは流石にいかないはずですが、
(そこまでいく事態があるのなら、もう日本も世界も色々な意味でアウトでしょう)
しかしダメージが大きいのは確かで、今後のロードマップにも影響は出るでしょう。

それを踏まえてプロデューサーとしてできる事、なんてものは特になく、
これまで通り、できる事をできる範囲でプロデュースしていくしかないと思っています。


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック