アイマスチャンネル公式サイトオープン!

kage

2013/09/19 (Thu)

というわけで予告通りこの話題についての記事になるわけですが、
早速公式サイトがオープンとなりました。今回はこのサイトと、本日発売の「ファミ通」の記事を
元に、色々とこのアプリと、アイマス自体の今後について考えていきたいと思います。


アイマスチャンネルとは何か

そもそもこれが何なのか、ということについてですが、「PS3用アイマスコンテンツホームアプリ」
ということで、PS3で配信されるコンテンツの「入口」であり「入れ物」だそうです。
現在判明している配信コンテンツは「シャイニーTV」と「G4U」の2種類で、これは後述。

配信コンテンツはそれ以外にも関連ニュースなどがあり、毎週あるいは隔週で途切れずに
データを配信していく
、というものになるようです。

さらにはログイン回数によるログインボーナスがあるなど、「とにかく毎日覗いてもらう」
ということを狙いとしているようで、これで10周年まで戦っていくとしています。

現時点ではこのアプリ自体の配信日は発表されていませんが、
これこそ幕張で発表される可能性は十分なはず。いずれにせよ年内ではあるようです。


シャイニーTV

今回発表のコンテンツの一つとして、この「シャイニーTV」が発表されました。
これはPSPで発売された「シャイニーフェスタ」のリメイク作ということで、映像のHD化のほか、
ストーリー部分が新規の「シャイニーTV」に差し替えられる、というもののようです。

はっきりとは書いていませんが、どうも基本プレイ無料のようで、特定楽曲の高難度版や
13種類ある各アイドルごとの「シャイニーTVモード」が有料になるとのこと。
この「シャイニーTV」は各1500円で、13×1500=19500円…というのはとりあえず
置いといて、各アイドルごとのパックには「追加楽曲(6曲)」のほか、専用の番組が
含まれるということで、この番組内の「チャレンジ」がSFの「STAR OF FESTA」にあたりそう。

「チャレンジ」としていますが、やることはあくまでもリズムゲームみたいで、
「GUESTチャレンジ」ではグリマスのアイドル達が参戦してくるようです。
SFではモバマスの名刺システムがありましたが、これと似た感じですかね。
また、アイドル同士の掛け合いシーンもあるとのことで、765プロのアイドルも
他の番組にゲストとして番組内で出演する、ということもあるのかも
しれません。

ちなみにアイドル達の番組名でわかっているのは春香のドタバタ♪クッキング」
やよい「HI!Touch!」の2本。アイドルの個性がフルに出る番組になりそうです。

気になる楽曲としては、「We Have a Dream」、「またね」、「愛 LIKE ハンバーガー」と
いったあたりが新規で入るほか、「○○○○プリンス」なる新曲の名前も
○○○○の部分は潰れてよく読めませんが、どんな楽曲になるのでしょうか、楽しみです。

しかしこうなるとSFの新曲4曲がちゃんと残るのか、というあたりは気になります。
「MUSIC♪」はともかく他3曲はシナリオありきでしたし…もちろんあってほしいのですが。

ちなみに私は13パック全てを購入することがもう確定事項となっております。


グラビアフォーユー!

アニメBDに同梱されたソフトで、単独販売されていませんでしたが、ここで出てきました。
VOL1には体験版があり、それは無料で、通常価格は300円。2~9は1500円とのこと。
300+1500×8=12300円…は置いといて、VOL5以降で追加されたガイド表示機能
などがVOL1から追加される
ということで、シリーズ全作の操作性が最終段階まで
進んだものになる、ということのようですね。

現在発表されているのはここまでで、これ以上何もなければ流石に私は購入しませんが…
バンナムのことですから、何かしらの+αで搾取を狙ってくるのではないでしょうか。


その他の追加コンテンツ

そしてもちろん最も気になるのがここになります。フラゲ情報では来春に2本、
2015年に1本、なんて書いてありましたが、ちゃんと読めばこうは読み取れません


ファミ通に掲載されている(開発中?)画面に「???」が2つあることと、
坂上さんが「2015年に向けて、いろいろとコンテンツを企画している」「パッケージと
ダウンロードの両方を考えている」
とインタビューで答えているということ、
そして「来年の暖かくなってきたころ」に「シャイニーTV」と「G4U」以外の追加を
予定している
、ということ、以上が書いてあることです。

その上で気になるのは「???」の2つがなんであるのか、ということではなくて、
同義かもしれませんが「パッケージとダウンロードの両方を考えている」コンテンツでしょう。
これこそが「アイマス3」という考え方もありますが、ではPS4版アイマスは?となります。
まさかの「PS3&PS4マルチ」の可能性も十二分に出てきましたが…果たして。


公式サイトオープン

本日オープンしたアイマスチャンネルの公式サイトですが、気になるのは2点。

一つはなんといっても「2ndVISION」のロゴ。「3rdVISION」は?となるわけですが、
これは後で差し替えもられる可能性も十分ありそう。あるいは幕張では「3rd」は
発表されずにこのまま10周年まで走っていく
、ということもあるのではないでしょうか。

もう一つはアイドル達のシルエット。これは新規のものだと思いますが、ファミ通には
しっかりとアイドル達のグラフィックが描かれており、8thのパンフレットの衣装を着ています。
もちろんアイドルのキャラデザイン自体は「2nd」のままなので、やはり「3rd」にはならない
のでは
…と思えてくる、一つの要因になってしまっています。


今回の発表を受けて

このタイミングでこの発表、ということで色々と考えがグラついてきました。
直接的なこととして、幕張での新情報はこの情報だけではないのか、ということ。
PS4ではない「新たな家庭用ゲームの展開」とはまさにこのことのはずで、
これだけでも大きなニュースといえばニュースになるわけです。

とはいうものの「PS4版アイマス」はどうなるのか、ということもあり、やっぱりこの情報も
出てくる、と信じたい
ところですが…どうなることやら。

また、今回の「アイマスチャンネル」が「PS3用ホームアプリ」ということで、
「PS4はそれこそどうするんだ」という感じになってきそうですが、これは流石に
PS4でも共通で使えるようにするんじゃないでしょうか、もちろん引き継ぎありで。
これで2015年まで戦うというのなら、なおさらそうするはずです。


また、「シャイニーTV」については、驚いた半面、納得できるところがあります。
というのは、SF自体が消化不良で終わってしまった感が物凄く強くあったからです。

その主要因はDLCにあります。初回限定版に「The world is all one !!」をDLCで
つけておきながら、その後DLCが全くなかった、というのは不自然極まりありません

もっと言えば、購入者アンケートに「DLCで希望する楽曲」なんてものがあったはずです。

でもDLCはなかった、という理由について考えられるのは、SF自体の売り上げが芳しくなかった
ということではないでしょうか。アニメから入った層にゲームに触れてもらう、という
触れこみがあったはずで、新作アニメを入れ、ゲーム自体もお手軽なものとなっていました。
しかし、それでもSPの売り上げに及ばなかったわけです。

これは明らかに「失敗」だったはずで、これによってDLCが取りやめられた、という
ことがあったのでは、と邪推できてしまいます。実際、SFの公式ページに現在「for iOS」がある
ところ、ここは長らく「???」で、「DLC」が来るのではないか、とずっとされていたところです。

しかし来なかった(来たのはiOS)、というわけでSFは終わってしまったかに見えましたが…
今回こういう形で復活となりました。ではこれが売れるのか、ということはわかりません
ですが、ある程度の見込みがあるからここで出したはずで、やはりそこに期待したいです。

ま、売上だのSFでDLCが出なかった理由などは全て妄想で、事実はわかりませんが…。


3rdVISON


話を大局に戻して、「3rdVISION」について。「アイマス3」を中心とする次のステージの
はずで、そう思い込んでここまで色々書きまくってきたわけですが…果たしてどうなんでしょうか。

今回の「アイマスチャンネル」が現状「2ndVISION」ロゴであることと、そこで配信される
「シャイニーTV」も「G4U!」も「2ndVISION」の下にあるコンテンツのはずであること。
ここでいきなり「3rd」としてキャラの刷新を図ったものを出してくるでしょうか?

さらに正式合流が考えられる「モバグリ」について今後を見てみますと、
モバマスは幕張以降に新CDシリーズを控え、この体制のまま行こうとしているように見えます。
グリマスはLTPがまだ折り返しにも届かず、あと半年はこのままCDを出し続けるはずです。
さらにグリマスは、TGSで9/22に単独でのステージも控えています。坂上さんも登場とのこと
ですが、グリマスだけの新展開、というものがここで出てくるのかもしれません。

…これで本当に「正式合流」し、「3rdVISION」に移行するのでしょうか
そもそもの部分で、かなり怪しくなってきたと思えてきました。

本当に「3rdVISION」が来たとしても、それは「1st」から「2nd」へ移行したものほど
変化は大きくないのではないか
キャラ設定はそのままに「3」も出るのではないか
そんな考え方も出来るようになってきました。

仮にそうであるならば、それはそれで嬉しい、というか、最も望むべきものです。
3つのコンテンツがきちんと住み分けられた形で進んでいくという形。
765プロの13人だけで、「アイマス3」が発売され、13人がプロデュースできる。
これこそもっとも私の望む形で、この可能性が決して低くなくなってきたわけです。


もちろん、これは「低くない」だけで「高い」わけではないと思います。
なんといっても公式です。ありえないと思われることを平気でやってきます
それでも、希望が沸いてきた、これが大きい。

少なくとも、「アイマスチャンネル」自体には期待できるわけで、
「シャイニーTV」なんて今の時点で楽しみで楽しみで仕方なくなってきたくらいですから。


ともあれ全ては幕張公演、これにつきます。明日はもちろん、その展望となります。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック