DREAM SYMPHONY 03 日高愛

kage

2013/10/28 (Mon)

無限大の愛が溢れる


THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03THE IDOLM@STER DREAM SYMPHONY 03
(2009/12/02)
日高愛(戸松遥)

商品詳細を見る


1.“HELLO!!”(M@STER VERSION) 歌:日高愛
2.はなまる 歌:日高愛
3.私はアイドル(M@STER VERSION) 歌:日高愛
4.GO MY WAY!!(M@STER VERSION) 歌:日高愛
5.ALIVE(M@STER VERSION)  歌:日高愛
6.ALIVE(M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
7.はなまる オリジナル・カラオケ
8.ボーナス・トラック・ドラマ


DREAM SYMPHONYシリーズ最後を飾るのは、876プロのセンターで、
無限大の可能性を秘めた超元気系アイドルの

1曲目に「“HELLO!!”」が来る構成は他二人のCDとは別の形となるわけですが、
曲の勢いとの元気が上手くかみ合い、最高のオープニングとなっています。

2曲目の「はなまる」はCDオリジナル曲ですが、なんともいえない曲の世界観が
のキャラクター性を見事にあらわしていると感じられます。一見能天気なだけですが、
実はそれだけでなはくて…
というところがの魅力であり、この曲の魅力でもあるわけですね。

そして765プロカバー曲1曲目は「私はアイドル」。アイドルらしいアイドルであるが歌うと
やはり映え、あの有名アイドルの天海春香さんの持ち歌をカバー、というのもらしいところ。

カバー2曲目は「GO MY WAY!!」。876プロでこのアイマスの代表曲を歌うのは、
やはりセンターである、というところでしょうか。もちろんその元気無限大の歌声と
この曲のテンションというのはこの上なく合う
わけで、まるで持ち歌かのように感じるくらいです。

最後は「ALIVE」。母であり、伝説のアイドルであり、コンプレックスでもある舞の歌ですが、
DSシナリオ上で、そしてこのCDでも見事に歌いこなして見せています。この壮大なバラードは、
のキャラクター的には合っているとは言い難いわけですが、それでも、だからこその
ストーリー性というものがそこにはあって、その世界観をなりに表現しきれている
と感じます。
「命」という壮大すぎるテーマを力負けせずに歌いきる、そこには貫禄すら見てとれるのです。

そしてボーナス・トラック・ドラマ。の独白、そしてそこに絵理が「アイドルレポート」で
やってくる、というところスタートします。レポーターの絵理からの質問に意外にも?緊張気味
ですが、二人の計らいもあって、あっという間にテンションはいつもの調子に戻っていきます。

そしてまたもが不憫…というよりもちょっといい思いをしつつ、どういうわけだか
ミニスカサンタに着替えて二人にプレゼントを渡す、という展開も。そしてそのプレゼントでも
がまた不憫な目に合う、という流れになっていくわけですが…。

そして最後は得意の大声で高らかに決意表明をしてくれます。


元気な歌が中心の構成で、まさしくそこには「らしさ」が存分に詰まっているわけですが、
やはり「ALIVE」という楽曲がそれを引き締めてくれているように感じます。圧倒的な世界観を
放つこの曲、ともすれば他の曲を食いかねませんが、そのあたりはうまくバランスが取れています。

元気一辺倒だけではなく、時には全力で泣き、時には全力怒る何事にも全力全開という
その姿勢はこのCDにもちゃんと当てはまっていて
、そのパワーを存分に感じさせてくれます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック