Vocal Collection 02

kage

2013/11/09 (Sat)

アイマス楽曲に限界なし


アイドルマスター  ボーカルコレクション 02アイドルマスター ボーカルコレクション 02
(2010/04/21)
ゲーム・ミュージック

商品詳細を見る


1.Virgin Load 歌:菊地真星井美希四条貴音
2.Looking For Love 歌:天海春香星井美希
3.仲良しでいようね♡ 歌:高槻やよい水瀬伊織
4.ストレートラブ! (961PRO Ver.) 歌:星井美希我那覇響四条貴音
5.黒い犬 歌:星井美希我那覇響四条貴音
6.Melted Snow (765PRO Ver.) 歌:如月千早萩原雪歩三浦あずさ
7.FO(U)R (REMIX-A) 天海春香高槻やよい星井美希
8.Looking For Love (天海春香ソロ Ver.) 歌:天海春香
9.ストレートラブ! (星井美希ソロ Ver.) 歌:星井美希
10.黒い犬 (我那覇響ソロ Ver.) 歌:我那覇響
11.Melted Snow (三浦あずさソロ Ver.) 歌:三浦あずさ
12.FO(U)R (REMIX-A) (如月千早ソロ Ver.) 歌:如月千早
13.CDラジ☆ショッピングマスター forever...


「01」同様にアニメイト系のラジオオリジナル楽曲と「Eternal Prism」オリジナル楽曲を
中心に構成されていますが、今回はこのCDオリジナル楽曲も収録。

1曲目は早速そのオリジナル曲、「Virgin Load」になります。ハードなロック調の楽曲で、
「強さ」を感じさせる3人が担当というのもあり、その激しさがダイレクトに伝わってきます。
「和製マドンナ」を意識したという曲調、見事にそれは果たされている感じですね。

2曲目はアニメイト系3代目番組「P.S.プロデューサー」の楽曲で、春香美希のデュオに
なるわけですが、これもまたハード系の楽曲で、これまでのアニメイト系ラジオ楽曲とは
一線を画す
ものとなっています。この時期だともはや初々しさは全くないのも特徴ですね。

3曲目は「仲良しでいようね♡」というCDオリジナル楽曲なわけですが、
この曲はもうタイトルのまま、濃厚すぎるやよいおりが楽曲として展開されるものと
なっています。この二人がここで歌うのは、このCDの他の楽曲で出番がない(少ない)ことと、
MLで他のメンバーにはあったデュオ曲がこの二人にはなかった、ということがあるでしょう。
しかしまさかまさかのやよいおりの雰囲気をそのまま楽曲化とは…ある意味究極の一曲です。

4曲目はEP01曲の「ストレートラブ! 」の961プロバージョン、ということで、01収録の765プロ
バージョンと比べてややロック調のアレンジ
で、また違った曲として効くこともできます。

5曲目はEP02曲で、こちらも961プロ側の曲。まったりとした童謡風の曲であることは「白い犬」と
変わりませんが、歌詞からより動的なイメージを受け、「961らしさ」も感じられます

6曲目はEP03曲のの765プロ版。歌唱力の高いとされるメンツが歌うこともあり、楽曲の持つ
儚さと物悲しさを強く感じられ、非常に高い完成度となっています。また、最後の歌詞が
961プロ版とは異なる
、ということももちろんポイントになってきますね、

7曲目はアニメイト系4代目番組「ラジオdeアイマSTAR☆」の楽曲のREMIXバージョン。
歌い出しがアカペラから始まるアレンジで、全編を通じてオリジナル版と比べ曲が
薄い感じの味付け
となっており、その歌声がより印象に残る感じに仕上がっています。

8曲目は「Looking For Love」の春香ソロバージョン。春香一人でこのタイプの曲、というのは
正直結構冷や冷やモノ
なイメージもあったのですが、なんとか凌いでいる、という印象。
というより春香じゃなくて思いっきり中村さんに聴こえてしまいます。ラジオ曲は本来そうなので、
決しておかしくはないわけですが…。「I Want」ともまた違った春香のハード曲ですね。

9曲目は「ストレートラブ!」の美希ソロバージョンということで、どんな楽曲もソツなくこなす
美希のマルチタレントっぷりを堪能
することができます。ストレートな恋愛曲は実は美希には
珍しい感じになるわけですが、違和感など当然なく、見事に歌いあげてくれています。

10曲目は「黒い犬」のソロバージョン。動物と言えばやはり、ということで順当な抜擢。
そういう意味で、「らしさ」を存分に感じられる曲と言っていいでしょう。

11曲目の「Melted Snow」のあずさソロバージョン。この楽曲を大人の雰囲気をまとい歌い上げる
ことで、さらに魅力を引き立たせ、流石あずさと言わざるを得ない出来に仕上げています。

12曲目の「FO(U)R (REMIX-A) 」は千早のソロ。歌声がより強調されるアレンジのこの曲、
やはり千早には合っており、非常に伸びやかに歌っているように聴こえ、清々しささえ感じます

そして最後はトークパート。「CDラジ☆ショッピングマスター」の第二回、となるはずですが…
初っ端から春香が不憫な展開となり、そして衝撃の事実が美希やよいから伝えられます。
それを聴いても春香は流石のポジティブシンキングを発揮するわけですが、美希やよい
またも謎のトークを展開してしまうがために、春香がついていけない、という流れに。
そこで気になるのはやはりやよいたん事件」。是非とも聴いてみたいものですが…。

そしてまたも明かされる衝撃の事実。流石春香を哀れに感じてしまうくらいのことです。
さらにその代償に与えられる超豪華な企画内容というのが…案の定のものとなります。

そんなこんなでキレ気味の春香「スーパー春香ちゃんタイム」を展開
とはいえその内容は…結局のところ不憫なのは変わらず、とうとう春香は泣きだしてしまいます。
しかしそれが功を奏して綺麗に話がまとまった…かのように見えたわけですが、
そうは問屋が卸すわけもなく、いつものようにオチがつく、ということになります。
最後の最後だけは、「次」を期待させてはくれるんですけども。


ラジオ楽曲やEP楽曲に新鮮味があるだけではなく、オリジナル楽曲2曲はそれぞれ別の
意味で刺激的で、
アイマス楽曲の幅というものを十二分に感じさせてくれます。

アイマスの世界というのは多層的で、それは楽曲に限っても同じこと。そのことを
感じるにはこれ以上ないCDとなっているわけで、その価値は非常に高いと言えるでしょう。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック