アニメレビュー開始!

kage

2013/11/18 (Mon)

ここまで音楽CDレビューを続けてきたわけですが、
ここで一旦別の展開のレビューへと移ろうと思います。

音楽CDについては「765+876」で「1stVISION」が締めとなる、ということもあり
(正確には「DS」は「2ndVISION」なんですが…)、かつこのまま「2nd」のCDレビューへ
続けても、まだまだ先は長く、単調になってしまう…という風に思ったので、
ここで一旦止め、別のレビューをしてみよう、と思ったわけです。

そこで選んだのが「アニメ」です。

アイマスにおける「アニメ」というのは大きく4つあって、まず一つ目は悪名高き
「XENOGLOSSIA」、続いて「Live For You! オリジナル」、そして「2011年放映版」
「ぷちます!」という内訳になるわけです。

うち「XENOGLOSSIA」については当ブログでは取り扱い対象外ということにしているので、
実質3つ、ということですね。ただ、実際のところ「アイマスアニメ」といえば
「2011年放映版」を指すことになっているわけで、私としてもこれを中心に考えています。

「9.18」に端を発したアイマスコンテンツ崩壊の危機を救った救世主的展開であり、
現在のアイマス展開でもメインストリーム扱いとなっており、アイマスについて考える際には
絶対に外せないくらい重要な位置にあるわけです。そしてそんなアニメの劇場版が
2014年1月25日公開という形で控えているわけで、現在は再放送もしている状態です。

というわけでこのタイミングでアニメレビューを始めるのは、劇場版公開へ向けて、
ということも正直多大にあります。進め方としては、AパートBパートそれぞれで1記事、
つまり1話につき2記事書いていこう
と考えていて、とりあえず52回、52日分
かかってしまう計算になっています。・・・年内には書き終わらない、ということですね。

またそのレビューとしての見方ですが、私はアニメ放映以前に完全にアイマスにどっぷりの
Pとなっていたわけなので、「アニメ以外の展開」との絡め方というか、「アニメでの
アイマスの描き方」というものをクローズアップする形
になると思います、多分。
765プロのアイドル達の魅力を、アニメではどう表現し、既存層を納得させ、新規層に
その魅力を伝えようとしたのか、といったあたりに着目していくつもりです。

また、映像のキャプチャについて、基本的に予告で使われたものだけを使用していきます。
画像自体はいくらでもその辺に転がっているわけですが、本来は堂々と使うべき
ものではないはずですからね。なので文章として触れていても画像がないところが
大半になるわけですが、それはまぁご勘弁いただければと。予告なので重要な部分が
欠けていたり、それ以外にもアイドルの表情云々についてはその画像がないと
よくわからないはずですが、ご理解いただきたいと思います。

というわけでアニメレビュー、いよいよスタートです。音楽CDよりは数が少ないにしても、
大ボリュームになるはずのこのレビューですが、お付き合いいただければと思います。



アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アイドルマスター 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/27)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック