なぜ私はアイマスにハマったのか? ~後編~

kage

2013/06/24 (Mon)

アイマスにおけるファンの立ち位置、つまりプロデューサーというあり方。
これは本当にうまいものだと思います。

普通のギャルゲーのように、ヒロインを攻略し、恋人になるものじゃありません。
普通のハーレムアニメのように、ただブヒブヒ言ってればいいものでもありません。

自分たちがコンテンツ全体に対して能動的に動き、それによって初めて利益
‐この場合はアイドル達の輝く姿‐を得られる、このスタンスが見事なんです。

「自分がプロデュースをしている」という感覚を持たせる、
これがアイマスが今日の成功に至っている最も重要なファクターで、
私がアイマスにハマったファクターの最大の部分でもあると思います。

あのCDを買う、このゲームを買う。でもあのCDは買わない、このゲームはやらない。
このラジオは聴く、でも投稿はしない。このライブは行く、けどあのイベントは行かない。
何を「する」のも「しない」も、全てプロデュースになるんです。

この構造は本当に驚嘆すべきものだと言えるんじゃないでしょうか。
「アイマスは人生」とはまさにこのことでしょう。


最後は番外編的ですが、重要なこと。「中の人」についてです。

アイマス声優陣は、「アイマス声優」とカテゴライズされるように、
ほとんどのメンバーがアイマス以外の代表作があまり多くなく、
失礼ながら、「人気声優」とは言い難いようなキャリアです。

しかし、だからこそ中の人に愛着が持てる、という声もあります。
他のコンテンツに取られない、自分たちの声優。
あまりよい考え方ではありませんが、一理あるといえばあります。

実際、ライブなどの大きなイベントは、他の仕事が多ければ
頻繁には出にくいはずで、現にアイマス声優で一番の人気声優と言える
釘宮さんのライブ・イベント出席率は極めて低いです。

でも他の多くのメンバーは、大規模ライブには皆勤といって差し支えないほど
出てくれています。小さなイベントでも、メンバーは毎度異なりながらも、
複数人が出ています。ラジオに至っては、現在は3本、7人が毎週やっています。

こうなってくると、声優という職の人たちに特別に興味がない私でも、
やはり愛着が出てきます。私にとってはイベントよりもラジオ、ですが、
長く聴いていると、彼女たちに魅力を感じ、情が沸いてくるのです。

声優陣の個性がアイドルに反映されている部分も多数ありますし、
声優陣のアイドル達に対する愛というのもひしひしと感じます。

中の人は、普通の人間です。アイドル達とは違い、年もとります。
アイドル達ほどはビジュアル的に優れているわけではありません。
アイドル達は見せない、きれいでない部分が見えることもあります。

でも、だからこそ、そこに愛着が沸く。
彼女たちはアイドルではないから、生身の等身大の人間として見え、
一人の人間として応援したい、そんな情が沸く
んです。

この領域まで来ると、アイドル13人に、声優13人。
計26人分の個性が楽しめる、そういう風になります。
単純に2倍、アイマスにハマり込んでしまうんですよね。



色々書きましたが、「ハマった要因」が一つでも抜け落ちていたら、
多分ここまでこの世界にどっぷりにならなかったでしょうし、
もしかしたらどこかで抜けていたかもしれません。

しかし、その要因はいずれもアイマスを構成する重要な要素です。
そう考えると、自分がアイマスにハマるのは必然だったのかもしれません。

まぁ「公式にはしてやられた」、という感じもありますが、
こうなったらもう人生をかけてプロデュースしていくしかないんでしょうね。
アイマスがアイマスである以上、途中で抜けることはないでしょう。

公式は色々やらかします。でも、だからこそ、そこに異議を唱えながらも、
自分なりのプロデュースをしていく。もう、それしかありません。


傍から見れば完全なバンナムの犬でしょうが、それを分かりきった上で
やっていきます。バンナムの犬、大いに結構。
ここまで自分を見事に飲み込んでくれたコンテンツは他にないんですから。
そんなコンテンツに敬意を表し、犬を演じていこうではありませんか。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック