モバマスとグリマスの違い 前編

kage

2014/02/12 (Wed)

今回はモバマスことシンデレラガールズと、グリマスことミリオンライブについて、
色々と書いていこうと思います。コンテンツの展開の仕方と、それに対する自分の考え方、ですね。

さてまずはコンテンツの展開の仕方についてですが、これについては以前も簡単に書いて
いますので、それをほぼ丸々ここに引用しようと思います。以下の通りです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

シンデレラガールズ

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER お願い! シンデレラTHE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER お願い! シンデレラ
(2013/04/10)
CINDERELLA GIRLS!!

商品詳細を見る


まずはモバマス自体について簡単に。2011年11月28日にサービスを開始
当時アイマスのアニメ自体が放映中であったこと、そしてそもそもソーシャルゲーム自体が
大ブームを巻き起こしていたことなどからあっという間にユーザー数を増やし、
その勢力を拡大していきました。その一方でソシャゲ特有の「課金」が話題、
そして問題となり、負の側面も肥大化
していくこととなります。

また、ソシャゲ特有の「キャラの多さ」が「少数精鋭」の765プロと真っ向から激突。
キャラ設定、総選挙、CD商法なども相まって、従来の765プロとモバマスとには
明確な溝ができてしまった
感もあります。…もちろん両方好きなPも多数いるはずですが。

また、モバマスアイドルに声優がつくのも特殊なパターンで、基本的にはCD発売に
応じて、という形。そんなこともあり、ラジオ等々「中の人展開」は遅れを見せ、
765プロ声優との共演は中々見られず、「混ぜるな危険」と言われる始末。

しかしながら、2012年末のローソンイベントで共演が実現してからは一気に距離が
縮まり
、ラジオのゲストをはじめとして共演がみられるようになっていきました。


ミリオンライブ

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01 Thank You!
(2013/04/24)
765 MILLIONSTARS、765PRO ALLSTARS 他

商品詳細を見る


2013年2月27日にサービスを開始した、第2のアイマスソーシャルゲーム。
モバマスとは異なり、アイドル全員が765プロ所属、という設定で、従来の13人を含む
計50人が固定という形で展開。最初から全員に声優が付いているのもモバマスとの違いです。

「全員765プロ」という設定もあってか、当初から声優の共演は果たされ、
CDも従来の765プロメンバーを含む構成で販売。さらにはこれにイベント参加券が
ついており、このイベント参加者も当然765プロメンバーも含む構成で…というところで、
モバマスとは真逆とも言える展開をしてきたわけですが、これが「ゴリ押し」などと
言われる
ことも。また、「全員765プロ」設定は明確に諸刃であり、従来のPにも触れやすい半面、
最大の禁忌であるはずの「総入れ替え」が囁かれるところの主要因ともなっています。

-----------------------------------------------------------------------------------------

上記のように、同じソーシャルゲームであっても展開の仕方は随分違い、それにより
プロデューサー達の受け止め方も当然異なる、ということになっているのが現状です。

私としても、この二つの展開についてはそれぞれ違う考え方を持っていて、以前にそれについて
記事を書いてもいます
モバマスは完全否定、グリマスは基本否定・一部容認・期待
という感じですね。そして、LTP、映画等々でグリマスについてはさらに一歩受け入れています。

さて、その映画等について、「グリマスは優遇されている」という意見が主にモバマスPから
散見される
、というのが今の状況になっています。確かに今回の映画出演というのは
非常にインパクトのあるもので、「優遇」という表現も決して誤ったものでもないでしょう。

しかしながら、私としてはモバマスとグリマスのこの二つは非常に似てはいるものの、
全く別の展開である
、と思っていて、「優遇」もまたズレた表現であると認識しています。


続きます。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック