モバマスとグリマスの違い 後編

kage

2014/02/13 (Thu)

そもそもこの二つが比較されるのは、まず「765プロ」という絶対的な柱があって、その上で
ソーシャルゲームとしてこの二つが存在するから
、ということが大きくあると思います。
決して「本家」という立ち位置ではない、という考え方がどちらも前提なわけですね。

しかしながら、私はその前提こそが間違いではないか、と考えているのです。もちろん
「765プロ」というのがアイドルマスターにおいて絶対的な存在であることは間違いありません。

しかしながら、シンデレラガールズはシンデレラガールズで、ミリオンライブはミリオンライブで、
それぞれもまた絶対的な存在である
、と考えるべき状態なのではないか、と思うのです。

確かにシンデレラは初期は765プロのアイドルという撒き餌があって立ちあがったコンテンツでは
ありますが、その後の765プロの扱いは全く良くなく、シンデレラのオリジナルのアイドル達が
中心となって動いていくコンテンツ
として現在は稼働しているはずです。

一方のミリオンライブは、765プロの13人がオリジナルの37人と並列、という扱いになっていて、
50人体制で初めて「ミリオンライブ」たりえる、という状況で稼働中のはずです。

コンテンツとしてのあり方、この時点でそもそも765プロの扱いが違っていて、そのことに対して
「優遇」などという表現を使うのは、やはりズレている、そう思えるのです。

同じソーシャルゲームで、それぞれモバゲーとグリーという2大フォーマットでやっていると
いうことから、この二つを比較したくなる、というのは当然と言えば当然かもしれません。
私自身、以前の記事ではそういった書き方をしているのも確かです。しかしながら本当は、
同じなのはあくまでもソーシャルゲームであること、これだけだと思うべきではないでしょうか。

アイマスには他にDSという展開があります。これは売上等の理由から大きく展開されることなく、
現在は細々と、という形になっていますが、仮にこれが興業的に成功していた場合、
これが第4(第2)のアイマスの柱となって、シンデレラやミリオン、そして765プロと
並列の位置に立ち、展開されていたのではないか
、そう思うのです。


アイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付きアイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付き
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る


DSというのはそもそも「2ndVISION」の展開です、765プロの設定等は「1st」と変わりませんが。
そしてその「2nd」というのはそもそも「アイマス」=「765プロ」ではない、さらなる広がりを
みせる展開としてのビジョン
であって、「765ありき」ですらない、と思ってもいいでしょう。

結局はブランディングの問題等から「765プロありき」になってはいますが、シンデレラに
関してはその「ありき」をしっかり脱出
していて、単独で展開しているわけです。

ミリオンについては「ありき」という表現ではなくて、「ミリオンの一部に13人がいる」と
いう形で、それこそが本来のあり方である
、とするべきはずの展開です。

シンデレラについても、ミリオンについても、「765プロありき」という考え方をするべきでは
なく、それぞれが「今のアイマスの柱」としてある展開だと考えるべきだと思うのです。

今回の映画について、ゲスト出演するのがシンデレラからではなく後発のミリオンからに
なったことに、シンデレラのPが立腹する、ということを理解できないではありません。

しかしながら、そういった「765が絶対的で、それが本流。そしてそこに迎え入れられる
ミリオンは優遇されている」という考え方そのものがズレている
、そう思えてなりません。

便宜上は765プロを「本家」と称するのがわかりやすく、私もそうしていますが、あくまでも
便宜上
です。本来は「765プロ」「シンデレラ」「ミリオン」がそれぞれに柱として存在して、
好きな展開をプロデュースし、好きでない展開はプロデュースしない、そうあるべきでしょう。

映画については、それこそタイミングであり、親和性でありがミリオンのほうがベターだった
という話で、彼女たちの役割自体、シンデレラをも背負ってのものだと私は思っています。

もちろん「世代交代」という大きな問題の影はちらつき、「3rdVISION」でいかなるビジョンを
提示してくるのか、というのでここまでの話は大きく変わるはず
です。しかしながら現在は
あくまでも「2nd」。この「2nd」における3展開はこうである、と私は思うのです。

今回のSSAに対し、石原さんは「オリンピック」という表現をしました。これは大きなイベントで
あり、同時に特別なイベント、ということであり、平時とは異なることを意味するはずです。

ならば平時は…となると、やはり3展開がそれぞれ別モノで、というのが今のあり方でしょう。
その一つが「ONE FOR ALL」であり、あるいはシンデレラの単独ライブであり、と思えます。

私がシンデレラを嫌いなように、何を好きで、何が嫌いかというのはもちろん人それぞれ。
ただ、コンテンツのあり方の捉え方は誤るべきではなく、そこについてはしっかりと
考えた上で、それを判断し、好き嫌いを述べるべきではないか
、そう思います。

まぁ、この私の考え方も誰もが納得する正しいものではないでしょうし、
これに対しての考え方自体もまた「人それぞれ」
になってしまうんですけどね。
関連記事

この記事へのコメント

kage

通りすがりで失礼します。
自分の周り、あるいは2ちゃんのモバマス本スレではあまりグリマス優遇という意見は見ませんね
まぁ4月にアニメ化あるいはCSゲーム化か、大きな展開がほぼ決まってるって事もあるのかもしれませんが
自分自身モバマス以外興味ないので、各人で好きなもの楽しむスタンスでいいんじゃないかなぁと
まぁ嫌い言っててもライブとかで触れて手のひら返すレベルのPばっかだし、どーでもいいんじゃないんすかね

Posted at 01:48:08 2014/02/14 by モバマスP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

本当にモバマスだけが好きで、他に何も言わない、っていう人はそれはそれで
素晴らしいあり方だと思います。しかし現状はそうでない人もいて…
というあたりが今回書いた記事になります。

まぁ私は色々重く考え過ぎ、というの多大にあると思うので、
そこはもう少し考え方を柔軟にすべきですね。

Posted at 20:47:18 2014/02/14 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

重く考えるというのは、それだけアイマス愛があるってことですから
素晴らしいことだと思います。
まぁ記事にあるように、結局答えは人それぞれで
同じ映画なのに、
「やっぱりこれからも13人メインで、モバグリはそれぞれ独立して行くんや!」的な感想の人もいれば
「ミリオンと合流するのが既定路線だね」的な意見の人もいますし
モバマススレでは「最後にしぶりん出たから次はモバマスや!」みたいな人もいました。
結局突き詰めればユーザーでしか無いPがあれこれ頭を悩ませた所で
バンナムの鶴の一声でコンテンツのあり方なんていかようにも変わるので
自分は特に何も考えず、与えられたもので好きなモノを気の済むまで楽しもうと思ってます。
ライブいけませんけど…orz

Posted at 00:00:51 2014/02/15 by モバマスP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

モバマスPさん

コメントありがとうございます。
今回の映画の捉え方というのは本当に「人それぞれ」ですよね。
ただ、公式側からの一つの答えが、次のSSAで出されることになると思いますので、
そこがやはり注目点になってきますね。

ライブ、参加できないというのは残念ですね。ですが、多分モバマスの
「次」の展開の発表も十分にありそうですし、「誰をも納得させる複数の展開」が
来ることを期待して待ちましょう。

Posted at 00:15:41 2014/02/15 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

はじめまして。自分はモバP寄りなのでこういう意見もあるのかと考えさせられます

>本来は「765プロ」「シンデレラ」「ミリオン」がそれぞれに柱として存在して、
好きな展開をプロデュースし、好きでない展開はプロデュースしない、そうあるべきでしょう。

しかし現実にそうなってるかというと・・・

個人的な意見ですが、シンデレラはもう765ありきからは十分脱却したでしょう。単独ライブだってやるわけですし。
しかしミリオンは765ありきというイメージがつきまとうことから逃れる術がないように思えます。
勿論50人全員の出番が均等であれば方針としては765ありきでは無いんでしょうけど、人気差はどうしてもあるわけですし。
そしてこの状況で気になるのは当然公式の采配であり、もしも公式がここにきて765ありきを認めるような事になったらシンデレラはもうやってられないわけです。ミリオン運営にはせめて姿勢だけでも765の13人からの脱却を続けてほしい。っていうかそうされないと困ります。

Posted at 06:16:38 2014/02/16 by 加蓮P

この記事へのコメント

kage

ちょっと訂正。
別にミリオンが本家に合流していく流れ自体はそれはそれでありなのではと思っています
嫌ですけど世代交代とか考える必要はあるわけですし。
ただ、その時に「やっぱりアイマスは765ありき。765じゃないシンデレラは要らない」という考え方になってしまう可能性があることが怖いのです。

ミリオンが「765プロのアイマス」後継者となることは十分に考えられますが、その一方でシンデレラやDS、おそらくはPSもここに来そうですが、とにかくそれらが「765じゃないアイマス」として存在を認められていけばいいなと。
そうでないなら先に述べたようにミリオンにも765とは別の柱として機能してほしいです。とりあえず現状のミリオンの扱いのなんとも言えない状況に答えを出して欲しいものです。

Posted at 07:22:59 2014/02/16 by 加蓮P

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

加蓮Pさん

コメントありがとうございます。

ミリオンについて、キャラ単位の人気で見れば「765ありき」から
脱するすべはないでしょうし、それはどうやっても覆せないと思います。

しかしながら、ラジオなどはミリオンのオリジナルメンバーだけで
きちんとまわしているし、765メンバーにおんぶにだっこ、という
状態では決してない、と言ってもいいのではないでしょうか。

「3rdVISION」がどうなるかはわかりませんが、映画を見る限りでは
「765ありき」でこれからのアイマスを進める、ということはないと思います。
「世代交代」でよりミリオンに注力、という可能性は否定できませんが、
だからといってここまで成長したシンデレラの切り捨てはないでしょう。

ミリオンは、まだ1年しか経っていないコンテンツです。これから
いくらでも可能性もあるし、やりようもあると私は思います。

なんにしても、一つの答えはSSAで出されることになるはずなので、
それが何であるのか、期待して待ちましょう。

Posted at 11:46:05 2014/02/16 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

これだけ長いコンテンツなんだから

以前私がTwitterに書いたことと重なるのですが。

最初のアーケード版稼動が2005年、箱○版登場が2007年。
これだけ長いコンテンツなんだから、世代交代みたいな大きな変化はあって当然なのかなと思ってます。
バンナムに「アイマスという世界を長く続けていく」という方針があるとするならば、何らかのリフレッシュなしに続けていくのは難しいだろうし、魅力を出し続けるにも限界があるのかなと思います。

ただ、アイマスを「キャラへの思い入れ」を強く持って見ているほど、そういう変化を受け入れにくくなるんじゃないかと思ってます。これまでの世代交代(モバマス・グリマスの稼動、アイマス2の竜宮小町の扱い)の事例を見てると。
私はおそらく、キャラ別よりも世界観全体としてアイマスを気に入っているので、今でも変化を楽しみつつアイマスに接しているのかなと思ってます。といってもそういう事実はモバマスが登場したことによって気づかされたのですが。

Posted at 12:06:32 2014/02/17 by 導線

この記事へのコメント

kage

Re: これだけ長いコンテンツなんだから

導線さん

コメントありがとうございます。

そうですね、「世界観」と「キャラ」、どちらに重きをおいているか、で
捉え方は随分と変わってくると思います。かくいう私は「キャラ」なんですが…。

今の13人できること、やるべきことがなくなりつつある、というのが抗えない
現実であるからこそ、「世代交代」は現実的に見えてしまうんですよね。

ただ、私同様に「キャラ」への思い入れが強い人も多数いるはずなので、
そこをどう解消するのか、というあたりが公式の手腕にかかっているのだと思います。
その「世代交代への移行期間」がにミリオンなのか、それとも…というところですね。

Posted at 22:12:57 2014/02/17 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 12:33:41 2014/09/25 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック