M@STERS OF IDOL WORLD!!2014 レポート ライブ編 その5

kage

2014/03/01 (Sat)

一日目

メドレー終了後は社長が登場し、休憩タイムに突入。過去のPVがモニターに流され、最後には
初披露となるOFAのPVやシンデレラやミリオンの新情報…となったのですが、詳しくは別に。


23.お願い!シンデレラ
(シンデレラガールズ)

一日目の後半戦トップバッターとなったのはシンデレラガールズで、この曲でした。
この曲についてはもちろん私も何度も聴いていてるので、シンデレラ楽曲の中では
もっとも上手くノっていくことができた
のではないかと思います。楽しい曲はいいですよね。


24.Orange Sapphire
(佳村・原)

二日目のところで書いている通り、全く知らない曲の登場に、結構戸惑ってしまいました。
それでも、会場全体がオレンジに埋め尽くされるその勢いには関心させられました。


25.Nation Blue
(福原・青木)

またも知らない曲が登場、というあたりで、中々ムズ痒い時間が続きました。それでも
こちらもタイトル同様に青一色に染まる会場が美しく、見事なステージだったとは思います。


26.Twilight Sky
(青木)

こちらはソロ曲ではありますが、なんとも聴いたことのあるようなないような、という感じ。
それでもロック調でノリのいい楽曲だったので、前二曲よりは適応できたかと思います。


27.S(mile)ING!
(大橋)

この曲こそ何度も聴いているし、うまく入りこめる楽曲でした。歌詞の世界もシンデレラの
立場だからこそ、というものであるし、可愛らしくも優しい世界観というのは印象的です。
大橋さん自身、シンデレラのセンターとして堂々たる立ち振る舞いで、素晴らしいステージでした。


28.Never say never
(福原)

こちらも8th幕張で聴いているので知っている楽曲でした。非常にスタイリッシュでカッコよく、
爽快感のある曲で、モバグリで一番最初にこの世界に入ってきた福原さんの立場だからこその、
先頭に立って引っ張っていくというような、そんな勢いすら感じられたのは何より。


二日目

二日目はメドレー終了後に中村さん、戸松さん、大橋さん、山崎さんの4人が並んでの
ステージで、戸松さんの紹介という場面になりました。「WORLD」の象徴でもありますね。

そしてPVは前日と同様のものが流されたのですが、最後に「SideM」のPVが登場。
まぁこの辺についても別途取り上げるので、ここでは割愛します。


23.Thank You!
(ミリオンスターズ)

一日目にここで「お願い!シンデレラ」だったので、当然二日目この曲だろうと思っていたら、
案の定この曲がここで来たわけです。この曲自体についてはもはや御託を言うこともなく、
全く765プロの楽曲と遜色なくノって行けるし、コールできる、そういう曲となっています。
私なりのミリオンへの想いをここに全力、ということは十分できたと思います。


24.お願い!シンデレラ
(シンデレラガールズ)

二日目にこの曲がこのタイミング、というのは全く想定外でした。「Thank You!」と入れ替え
だと思っていたので、ここで連続とは思いませんでしたからね。感想としては、基本的には一日目と
同じですが、ただ、二日目は11人の大所帯、ということで迫力も二倍に感じることはできました。


25.Romantic Now
(黒沢)

これまたどこかで聴いたのか聴いてないのか、という感じの曲ですが、記憶の上からはサッパリ。
ただ、電波系とまではいかない、特徴的ながら可愛い楽曲、というのはそれなりに良かったです。


26.DOKIDOKIリズム
(山本)

この楽曲は8th名古屋で聴いていますが、まぁそのときはまともに聴いていない…という
ことになりますが、それでも今回はちゃんとその楽しい雰囲気というのを体感できたので、
そこは良かったかな、と思います。電波過ぎないあたりでとどめているほうがいいですねやっぱり。


27.アタシポンコツアンドロイド
(松嵜・大橋・五十嵐・高森)

これは一日目から連続となったので、その意味でもスムーズに入っていけたと思います。
4人という多人数構成も映える楽曲なので、そこも楽しく思える一要因になったかな、という感じ。


28.Nation Blue
(福原・青木・黒沢)

これも一日目から連続、なのですが、中々印象としては残りにくい感じになってしまいました。
まぁタイトル通りの一面の青世界、というのは綺麗なものだな、とは思いましたけどね。


一日目・二日目 共通

29.MUSIC♪
(今井・福原・田所)

ここで再びバトンパスして、メイントリオの最後の一枠、ボーカルタイプの3人となりました。
そしてこの3人で披露されたのがそのまま「音楽」を歌うこの「MUSIC♪」でした。

「The world is all one !!」で「団結」を、「MEGARE!」で「アイドル」を、そして
この「MUSIC♪」で「音楽」を、メイントリオ×3で歌う、という構成となっており、
アイマスの共通テーマをこうした形で歌いあげる、その構成そのものが非常に印象的でした。

この曲単独でも、ボーカルタイプのメンバーということもあり、非常に伸びやかで爽やかな
空気感、世界観というものを、Pたちのクラップの中でうまく作り上げてくれたと、そう思います。


続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 00:41:20 2014/03/02 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

確かに今回のライブのメッセージ性というのは極めて強く、実際にその効果も
あったのだと感じさせられ、その意味で非常に良いライブだったと思います。

10thドームが今のままだと厳しい、というのは仰る通りだと私も思いますし、
そのためにまたミリオン・シンデレラ、は苦肉の策としてならアリだとも思います。

今回のライブを全てのPが納得したとも思いませんが、あなたや、あるいは私のように、
気持ちの上で何らかの変化があったPも少なくないはずで、やっぱり
このライブは大きな意義のあるものだったのだな、と改めて思いますね。

Posted at 01:31:09 2014/03/02 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック