M@STERS OF IDOL WORLD!!2014 レポート 総括編 前編

kage

2014/03/04 (Tue)

というわけで7回にも渡ったライブ本編のレポートは無事終わりましたので、
今回はこのライブイベント自体の総括、という形になります。


チアリング上映会

結局のところ、ここで危惧した事態は現実となってしまいました。まぁ参加者はほぼ10割
被っているのでしょうし、当然といえば当然なのかもしれませんが…。ただ、この上映会自体は
試みとして非常に面白いものでしたし、ここで律子や美奈子の名前をちゃんと呼べた、
ということは自分にとっても大きなことだった
と思うので、参加できたことは何より。


物販

目的だったパンフレットも限定版CDも何一つ苦労することなく購入できたということで、
個人的には文句は一切ありません。しかしながら、毎度毎度出てくる「徹夜組」なる存在や、
そもそもの販売量の少なさなど、根本的なところが解消されているわけではないでしょう。

SSAでのライブは今回が初めてだったわけですが、過去に幾度となくライブイベントは
やっているわけで、その辺をちゃんと学習して、今後やっていってもらいたいものですね。


会場

自分の座席については前に書いている通りで、両日ともにまずまずで、特に二日目は非常に良い、
といってもいいくらいだったと思います。しかしながら、そんな座席でも問題はあって、
センターステージで、次の曲に控える人が非常に良く見えることとなってしまっていて、
そこが少し興ざめというか、せっかくの熱がやや下がってしまう、ということになりました。
これは登場前もそうですし、退場時も同様で、なんとかならなかったのかな、と思います。

また、音についても気になって、一番酷かったのは一日目のメドレーの「私はアイドル♡」で、
完全に「割れている」状態でした。このクラスの会場になるとある程度は仕方ないのかも
しれませんが…。二日目は多少改善されていたのでそこは良かったとは思います。

7thの横浜アリーナのときには全く気にならなかったこの会場問題、キャパの大きさによる
弊害以外の何物でもないのかもしれませんが、もう少しなんとかして欲しかったです。


ライブ内容

「今回は全員をちゃんとプロデュースしよう」という意気込みでしたが、案の定メンバーによる
温度差というのは出てしまって、それは前回までのレポートを見ての通り、というほかありません。
それでも、「せめて8thよりは」ということは実現できて、それは良かったのかな、と思います。

もう少し具体的にみるならば、765の12人は流石の貫録でしたし、シンデレラは驚きの
パフォーマンスであり、ミリオンはフレッシュさ全開
、というあたりで、それぞれに満足。

もっと具体的に曲名を上げるならば、やはり自分が涙してしまった「ⅰ」が印象的で、
これまでは特別な想いのなかったこの曲に、非常に深い思い入れができることになりました。

そして、二日目にはまさかのサプライズゲスト、戸松さん参戦、ということで、これは
やはり驚き。今回のライブが発表された際にはその可能性を考えていたくせに、その後すっかり
その可能性を放棄してしまっていた、というのは我ながら反省点、でもあるんですけどね。

私としては、765単独というのがやはり理想であって、今回の合同ライブが決して望ましいもの
ではなく、その気持ちは実際にこのライブが終わった後でも全く変わっていません。それでも、
今回は今回で、ということで、受け入れて、楽しめた、そこは良かったんじゃないかと思います。


プロデューサー達について

ライブ内容自体、声優陣のパフォーマンス自体には何ら文句がなくとも、気になるのはこちらです。
具体的には、前述のチアリング上映会であり、ライブレポートでも書いた最後の二曲でも
あるんですが、極度の「ウルトラオレンジ信奉」「コール信奉」が気になって仕方ありません

うち「M@STERPIECE」のウルトラオレンジに限っていえば、当ブログコメントでも、
ツイッターでもご意見をいただいて、一応納得はできたので、そこはまだいいのですが…。

アイドル達を、声優達を応援したい、プロデュースしたい、という気持ちはきっと同じで、
だからそれを批判したりするのはお門違いなのかもしれませんが、それでも、例えば
「IDOL POWER RAINBOW」では「みんなで歌って」と公式のアナウンスがあったはず
なのに、それでもコールを優先、というあたりはどうしても理解できません

喉の問題もあるのかもしれませんが、それならコールだってできないはずですし、自分の声で
声優陣の歌声を汚してしまう、とかまで考えている人は少なそうですし、それは考えすぎでしょう。

それとは別のレベルになると思いますが、例えば一人のステージが終わり、そして次の
人が既に準備しているのがはっきりわかる状態にもかかわらず、終わった人の名前を
そのタイミングで叫ぶ、という人も少ないながらいたわけで、それについてはもはや
閉口してしまいます。悪質サイリウムは今回排除されたようですが、声では排除できない
わけで、こうした「プロデューサー」ではない「イベンター」、「自分が目立ちたいだけ」の
人たちをなんとかできないものか
、と今回のライブで改めて感じました。
まぁ、実際にはなんともできないわけですが…。どうにかならないんでしょうかね。

アイドルマスターというコンテンツが大きくなり、ライブ会場が大きくなると、どうしたって
こういう人たちが出てきてしまうし、それは仕方のないことなのかもしれません。
それでも、それを「仕方ない」で終わらせないために、自浄作用が働くことを祈るばかりです。
祈ってばかりでないで、もうちょっと具体的になにかすべきかもしれないんですけどね。



続きます。
関連記事

この記事へのコメント

kage

音響の悪さについてはもうどうしようもないと思います。他のどコンサートでも音割れしてましたし...。東京ドームだともっと酷いです。
次のドーム作るときにでも配慮してもらうくらいしかないですね。

Posted at 22:08:36 2014/03/04 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

SSAはやっぱり音響は酷いんですね。私は今回が初なので、とても気になってしまいました。

東京ドームはそもそも野球場ですしね…。まぁ本当にそこまでいけるんならば、
もう音響がどうこう、というレベルでなく嬉しい舞台なので、我慢できると思います。

Posted at 22:11:44 2014/03/04 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

10周年ライブは、こうやって色々な展開をしてきて、大規模な合同ライブをやって、だからこそ765オンリーでやって欲しいですね
無理を承知で、サプライズゲストに、長谷優里奈さんが来ていただければ・・何も言うことはありません
マナーの問題は私も気になっています
劇場版の舞台挨拶のさいに、必要でないタイミングで叫んでいた人がいたことなどあたりから、違和感を感じていました
以前書かれていた、ライブでのサプライズとしてゼノグラシアの主題歌を歌う、というのは、個人的な考えですが、ゼノグラシアそのものが中村さんはじめ、アイマス声優の心や誇りを傷つけたと思えてしまうので、主題歌を歌う、などもしないで良いと思います

今後ともこのブログ応援させていただきます
お目汚し失礼しました

Posted at 07:12:53 2014/03/05 by

この記事へのコメント

kage

いつも楽しく拝見させていただいてます
今さらながらSSA2日間お疲れ様でした。2日目は300レベルで会場全体を見渡せたので気になった事が二点、一つは常にレインボー振ってるP赤単色だろうが青単色だろうがお構い無し…目立ちますね。二つ目はアリーナAブロック最後列で何も見えないのは分かりますが、
自分の好きな演者さんにはUOバルログぶん回しで周りのPにぶつけても止めない(流石に注意されてた)のに自分の好きな演者さんじゃなかったら燃え尽きたUO一本をダルそうに振る(振らないで突っ立ってればいいのに)明らかに目立ちたいからなんだと思いますが可哀想だなと思いました。その本人、周りのP、何よりそんな応援をされた演者さん達が。
あとはマスピですが初日後ツイッターでお話しさせて頂いた通り自分は多色の準備してたけどほぼUO一色の中多色降っても美しく無いと思いUO折りましたが、2日目はチアリング経験者も増えて自分も知人等に劇場版はカラフルで綺麗だったよねと言ったりしたので比率的に問題集だろうとレインボーしました。自分が振りたいから、自分が好きな色だから、よりやっぱり演者さんが見て喜んでくれるのか?頑張れるのか?を優先する派なのでアッパレやメドレーの一緒に歌おう曲で要所でコールと歌おうに別れた所は有りだと思いました。
演者さん、スタッフさん、P自身、周りのP、その全てが楽しめるなら何をしても正解なんだと思いますよ。その「全て」が難しいんですけどねw
長文駄文失礼しましたm(__)m

Posted at 07:14:50 2014/03/05 by 千早M@STER

この記事へのコメント

kage

たくさん持ちながらのクラップはだいぶ難しいです。
特に今回販売された13色ライトは太いのでそもそも多色持ちに適さないし。
事故の危険を考えると持ち数は少なくなるのも仕方が無いかと。
まあその少ない本数は推しの色にしたりすればいいんでしょうけど。

あと、声が枯れてていても一回一回叫ぶコールの方が歌うよりやりやすいというのはあると思いますよ。あとはメロディを覚えていないから歌えないとか。
それにあの感じだとどれくらいが歌っているのか分かり難かったし、多少賭けでもPだけのパートを作ったりした方が演出的に良かったかもしれませんね

Posted at 15:37:16 2014/03/05 by

この記事へのコメント

kage

曲が流れている際中でなければパフォーマンスを終えた演者の方に声援を掛けるのは別に悪いことじゃ無いと思いますけど?

Posted at 16:14:25 2014/03/05 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

3番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

10thはそうですね、ぜひとも765オンリーで、そして長谷さん登場、私もというのを大きく期待しています。
5thからちょうど5年にもなるわけで、可能性があるとすればここしかない、という舞台ですしね。

ゼノグラシアについては確かにそうですね。おっしゃる通り、中村さんたちの心情を
考えれば、相当に厳しい選曲です。今回なかった以上、今後もないとみていいでしょう。

Posted at 21:40:05 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

千早M@STERさん

コメントありがとうございます。

マナーについては今回やっぱり気になりましたよね。常にレインボーだった人には私も
気付きました。ルール違反ではなくとも、明らかにマナー違反で、目を覆うレベルでしたね。

「M@STERPIECE」のサイリウムカラーや歌/コールについてはやっぱり難しいところですね。
歌/コールに関しては…私としては中々納得いかないところです。声優陣を応援したい、
という気持ちが同じなのはわかるんですが・・・公式のアナウンスを無視、という姿勢がどうにも…。

ルール、マナーを守りさえすれば「人それぞれ」でいいというのはわかりますし、
私の考え方が少数派なのかもしれませんが、中々難しいところです。

Posted at 21:50:56 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

5番目のコメント方

コメントありがとうございます。

13色を多数持ち、というのは確かに厳しいというのはわかります。
だからこそ、私はあえて店売りの基本8色しか使っていないんですが、
公式サイリウムを使いたい、というほうが当然で、自然だと思うので、中々難しいですね。

私個人の喉としてはコールも歌も変わらないんですが、これも人によるんですね。
メロディを覚えていないなら、コールもできないはず…とは思うんですけども。

Pだけのパートというのがあれば、賭けとしては面白かったかもしれませんね。

Posted at 21:56:48 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

6番目のコメントの方

コメントありがとうございます。

私が指摘しているのは、「次の人が既に準備しているのがはっきりわかる状態」についてです。
終了直後に声をかけるのは極めて順当だと思いますが、それが一通り終わり、
さぁ次の人、という段階で終わった人対して声を上げる人のことを指摘しています。

静まったところで、空気を読まずに自分の声だけ届けばいい、という姿勢は「悪いこと」だと思います。

Posted at 21:59:57 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

呼ばれた気がします…。
「自分の声で声優陣の歌声を汚してしまう」になるかはわからないですけど「オーイングじゃなくて手でPPPしたい」「テンプレ対応じゃなくて曲調にあった盛り上げ方をしたい」と考えている人です←

Posted at 22:30:25 2014/03/05 by hina

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

hinaさん

コメントありがとうございます。

テンプレ対応である必要は全くないと思いますし、「曲調にあった盛り上げ方」は
それはそれで全然いいとは思うんですが…「程度にもよる」、となってしまいますね。

ルール・マナーを守りさすれば、ダメということはないんでしょうが、周りから明らかに
浮いていると、やっぱりどうなのとなってしまうところで、難しいですね。

Posted at 22:41:36 2014/03/05 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 22:52:29 2014/03/06 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

ライブ感を楽しむというのでしたら、ライブにおいては非常に大事なことだと思います。
それを他の方にも伝えたい、というのを押しつけてしまうのはあまり良くもないのかも
しれませんが、マナー・ルールに反さず、あるいは調子が大きくハズれたりしない限りは、
ご自身なりに応援する、というのは決して悪くないと思います。

Posted at 23:17:49 2014/03/06 by トリプルデイP

この記事へのコメント

kage

IDOL POWER RAINBOWについてですが、配信元がiTunes限定で、
それぞれの都合で手が出しにくい状態であったPが少なくないようです。
自分も、アップル機器に縁がなく、PCだけでiTunesを使っているというようなこともない状態から
1曲のためだけに導入して購入手続きに必要な入力をしてとまではさすがに、というような感じでした。
ツイッターでも同様の意見は見かけていましたし、
もう少し間口を広くとれないのかというような声も見られましたし、
自分も正直そう思いました。

そうなると、曲を十分に覚えることができないので歌詞が出ていても歌うに歌えない、ということになります。
しかし、コールというのはある程度はリズムなどに合わせてテンプレ打ちができてしまうので、
曲をほとんど覚えていなくても、もしくはフル版初公開曲でさえも
慣れていればコールを入れるのは歌うよりはやりやすいのではないかと思います。

なお、蛇足っぽいですが個人的には何でもかんでもコールを入れるつもりは毛頭なく、
じっくり聴き、最後に惜しみない拍手を送るような曲もあると思っています。

Posted at 23:18:19 2014/03/06 by

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私もアップル機器を非所持で、iTunesも未使用で、つまりはこの楽曲を所持していない、
フルで聴いてもいない、という状態で臨みました。

それでも自分は対応できました、という話なんですが、これじゃ単なる自慢話みたいですよね…。

今回の配信方法については私も不満はあるので、「フルで聴いていないので対応できない」と
いうのはある程度仕方ないとは思います。それでも、やっぱり単純な曲調だとは思いますけど…。
「曲が分からないならコールのほうがやりやすい」というのは仰る通りだと思います。

「なんでもかんでもコール」というのは私も反対で、例えば「Precious Grain」はやはり
違和感が強いです。このあたりが私の「アンチコール信奉」にもつながっていると思います。

Posted at 23:26:37 2014/03/06 by トリプルデイP

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック